2015-06-05(Fri)

アイカツ! #136 その名も、あまふわ☆なでしこ

世界の中心でかわいい二人のユニット。

aikatsu_136_00.jpg

千年の都アイドル、藤原みやび再登場です。

aikatsu_136_01.jpg

ダンディヴァの活躍を口火としたユニット勢の盛り上がりを受け、講堂に集まった生徒たちへ学園マザー直々に「ユニットカップ」開催のおしらせ。

「スターライト学園中等部の生徒であれば誰でも参加できます」

アイカツランキングによる出場資格など無く誰でもオケオケオッケー、とはいえいつもの設定「中等部限定」には3rdシーズン(世代交代)の苦しさを感じます。そりゃ高等部の精鋭が参戦しちゃったら勝負にならないでしょうし、逆に勝負になっちゃったら高等部の立場が無いので現状こうするのがベストとは思いますが…完全フリー出場として2wingSやダブルエムが新人ユニットを瞬殺するシーンも見てみたいような気がする(大人げなし。それはそうと毎度細かいデザインまで凝っている本作にて珍しくダサダサなロゴにちょっと笑った。

ユニットカップのおしらせを聞いたみなさんはさっそく食堂に溜まって大盛り上がり。あかり&まどかのスキップス、ひなき&珠璃の情ハラもやる気マシマシ、雑誌の表紙を飾る超多忙ユニット・ダンディヴァに追い付け追い越せ!の勢いであります。それはそーと雑誌表紙のアオリに「アイドルとデザイナー二つの道 風沢そらインタビュー」とかあってちょっとほっこり。3rdシーズンではすっかりお見限りですがドリアカ勢も映らないトコで頑張っているのだなあ。というか「三ノ輪ヒカリ まぶしい太陽の下、水着~」のアオリが気になる(笑

「こんな楽しそうなイベント、見過ごすわけにはいかないわ!」

なーんて盛り上がってる所からいつしかスッと姿を消したここねは誰よりやる気マシマシで学園長室へ直訴に向かいます。アレコレ言う前にまず体が動く図抜けた行動力、このヒトコマだけで彼女が持つ「ローカルアイドルの泥臭さ」の片鱗がチラチラと窺えますね。口を開けて待ってるだけでは天下を取れない…デビューからプロモーションまで全てに恵まれたスタライ生には無いフロンティア精神、常にこういう思考で動いているからこそここねは時にウザいほど(笑)の自己主張を見せていたのかも。なるほど(勝手に納得。

aikatsu_136_02.jpg

「世界の中心はここね!」
「だよね~!」

ダンディヴァの二人を交えてランニングアイカツ中のレギュラー陣を一気に抜き去りお約束のキメ、今回はみなさん揃って「だよね~!」と返してあげてます。凛&まどかもノリいいな。するとここねは大上段からユニットカップ参戦宣言、その凄い勢いを軽く受け流し「パートナーは決まったの?」と冷静に返す温度差がいい味でした。早くもここねの扱いに慣れた?(笑

「もうすぐ到着するはずよ」
「到着?」

ってなやり取りの直後にパッと映った膝丈スカートのしゃなりしゃなり、そして長物を携えた椿の髪飾りの少女…言わずと知れた「藤原みやび」再降臨の瞬間であります。予告で判っていたものの約3ヶ月半ぶりの登場は素で嬉しい。

「みやびちゃん、会いたか…」
「会いたかったよ、みやびちゃん!」

ここねに被ったあかりの挨拶に笑顔を返すみやび、さらに新入生二人からの挨拶にも笑顔で応対し…せっかく再会したのに放って置かれて軽く拗ねるここねかわいい。そしてお土産の甘栗をもらってコロッと復活するゲンキンさもここねらしい(笑

aikatsu_136_021.jpg

スタライ基準だともの凄く長く見えますが、やはりみやびは膝丈スカートが似合います。

aikatsu_136_03.jpg

「『栗栖と藤原』ではどうだろう?」
「それじゃあお笑いコンビだよ」

みやびが考えたユニット名を即却下のここね。そりゃそーだろう(笑。この容赦ないツッコミはこれまた本作に無かったモノかも。ここね曰くユニット名にはかわいさ必須、ってトコで考えた名前はサブタイどおり「あまふわ☆なでしこ」で…その蕩けそうな名前をビミョーな表情で見つめるみやびがいい味出しまくり。するとみやびは引き攣った顔で冷や汗を浮かべながらも勢いに押されて了承、なんて様子にお構いなくさっそくユニット宣伝カツドウに張り切るここね、そんなここねに合わせて「お、おぅ~」と返すみやび…などなどこのヒトコマに二人の関係性が滲み出ていますね。あはは。それはそうとベッドの上で正座している様子がいかにもみやびらしくてほっこり。

「私たち、あまふわなでしこで~す!」

さっそく作ったユニットポスターやロールケーキ・マスコット・CDなどを手土産にまずはラジオ局へ営業をかける二人。最初にラジオ局へ行く辺りFM六甲山の経験によるもの? なるほどラジオ&有線への営業は新人の基本です。担当者を前にさっそくあまふわのキメポーズを披露、ここはノリノリでキメるここねと冷や汗半分で照れを隠せないみやびの温度差が素晴らしい。そしてポーズをキメた直後のビミョーな間がまた素晴らしいリアリティでした(笑。あまっ☆ふわっ☆の後に礼儀正しく宣伝を依頼するみやびが好印象、そしてこの連携こそ二人の持ち味である事が後に明らかになるのでした。というか禁断のスタライ制服を着たみやびがセクシーすぎて大変。スタイル良いから余計映えます(そういう所ばかり見ない(見るなと言う方がムリ

aikatsu_136_04.jpg

続いて大手CDショップへ同様の営業をかけ、さらに自撮りのプロモビデオ制作と、地道な営業カツドウを着々と進めています。ところがみやびは相変わらずの困惑顔を浮かべ…かわいさ全振りのポージングに乗り切れず、その姿を世界中に見られる恥ずかしさと合わせてイマイチ思い切れない。先の留学時にも描かれましたがみやびは自分のかわいさに自覚が無く、一方ここねはみやびのかわいさを誰よりも知っている故の温度差は、見方によっては無神経な強要vs渋々っぽくもあるので少々ツライ面もあったり。とはいえみやびは本当にイヤだったらキッパリ断る子なので、渋々ながら付き合っている辺りそれほど深刻ではなさそうで、現時点ではギリギリ破綻せず回っているけれど…いずれ限界が来る事が容易に予想できます。

「スターライトのアイドルはいろいろな面で恵まれているわ。けれどいつまでもそれに甘えていてはいけない」

ってなみやびの葛藤を知ってか知らずか教師陣はあまふわの逞しさを遠目に眺めて感心。学園マザーのおっしゃることもご尤もですが…甘やかしてる張本人がそれを言うか? 的な不条理を感じなくなくも(略。涼川さんの「ああいうのを見ると路上ライブしてた頃を思い出します」は、つまり今はもうバンカツしてないって事だろうか? 常勤教師となった今はバンカツの日々も懐かしい過去かもだけれど、その辺のウヤムヤをいつかハッキリさせてほしいところ。

続く営業カツドウはあかりも出ている「おはよウォッチ」のエンタメコーナーでした。ラジオ→CDショップ→そしてTVと着実に売り込みを進めるスタイルに気圧され気味のあかり…それにしてもスタライの制服はキワキワすぎる。みやび脚長えええ。何というか見てはイケナイものを見ているような気が(笑

aikatsu_136_05.jpg

「こんなかわいいドレス、私に似合うはずない」

さてここねの勢いに引きずられ気味のプロモカツドウにて、しかしみやびも譲れないトコは譲れずついに決裂!? それはお披露目ライブで着るドレスについての全面衝突でした。先のとおり自分のかわいさを知らないみやびはかわいすぎるドレスを断固拒否し、一方ここねはみやびのかわいさを知っているためかわいさ全振りのドレスをどうしても着せたい。お互い譲らぬ衝突はそれを黙っていたここねの嘘の発露を機に火に油…騙された事に不機嫌MAXなれど怒るほどでもないというみやびの心理状態は、この二人の関係をして絶妙なバランスを感じさせます。

「みやびちゃんのわからず屋!」
「た…大変だ!」

そのままプイッと何処かへ行ってしまったみやび、残されたここねは追うでもなく拗ねて叫び…ってな仲違いの間に思いがけず挟まったあかりの「大変だ!」が何だかツボに入ってしまった、と思ったらこれとダブったのか(笑

aikatsu_136_06.jpg

Bパートはみなさん揃って先の騒ぎの対策会議、こんな風に本筋にあまり関係が無いキャラの出番を自然に作ってくれるのが大知シナリオの妙であります。みやびvsここねのすれ違いが他人事ではない凛&まどか、かわいい服が似合わないvs着せたい闘いは日常的らしく、しかも――

「照れてる凛がかわいくてついやりすぎちゃいそうになるんですけどね」
「そんな事思ってたの!?」
「うふふ」

やはりまどかの方が一歩上だったという(笑。ともあれみやびvsここねの闘いも凛vsまどか同様お互い悪気が無いのは判っていて、だけど似合わない(と思い込んでいる)ドレスを着て人前に立つのは無理すぎるため相容れず、ケンカに発展するほどでは無いけれど噛み合う事も無いという、妙にリアルな関係性を保っているのでした。わかるわかる。見ているお友達もこういうファジーな心理に共感するトコがあるのではなかろうか。

というわけで二手に別れて各々の話を聞く事に。まずみやびサイドの取り調べ担当(笑)はあかり&ダンディヴァの生真面目組(?)です。当のみやびはもちろんここねに悪気がない事を判っていて、むしろ断った事を悪いと思っているほどでしたが…思う前に行動してしまうここねの性分を知りながら、それがここねの良い所と知りながらもいきなり言われちゃムリムリムッリー!ってこと。

「みんなで綺麗な景色を見ながらおだんご食べよう!」

スタライへ来ても「世界の中心」たるここねの性分をみやびが初めて知ったのはローカル番組のアイドル山登り企画で一緒になった時。やっぱり本作のアイドルは山に登ってナンボなのか!(違。前回チラリと映した山登り企画をさっそく回収? その山登り中にてヘバって座り込む他のアイドルへみやびは理屈で説得するも聞き入られず、対してここねは「おだんご」の話を振って満面笑顔&楽しそうに誘うのでした。

「気付けば周りを巻き込んで、最後はみんなを笑顔にする」

理屈ではなく直感で人を動かし、しかも本人にその意識がゼロというホンマモンの天然ジコチュー(良い意味で。みやびはそんなここねの性分を知っていて、ここねが「みやびはかわいいドレスが似合う」と本心から思っている事も判っていて――

aikatsu_136_07.jpg

「そうこれはレトロクローバーの中でも一番女の子っぽいデザイン」
「一目見た瞬間、これはみやびちゃんのドレスだって思ったんだ」

「凛として近づきづらいように見えて、実は優しくて天然な所もかわいいし、それにね…」
「みやびちゃんが側にいるとすっごく安心するの」

一方ここねは件のドレスを本心から似合うと信じていて、またみやびの事を判っているが故に信頼し、世界を広げてくれる事を信じ、今回のユニットカップに誘ったのでした。そういや先の生真面目組に対してここねサイドの聞き役がバラエティ班(笑)ってのはいかにも。

ここでの回想もまたみやびと同じく例の山登り企画でした。おそらくKO寸前のアイドルたちをおだんごで釣って引っ張り込んだあと、後を気にして振り返るここねに映ったのは疲れた子を一生懸命励ますみやびの姿…勢いで巻き込んだ後をしっかりフォローしてくれるみやびを何より頼もしく思ったのでしょう。人を動かすきっかけ作りに長けているここね、動き始めた後のフォローに長けているみやび、なるほどこの二人の組み合わせは人の心を掴み動かす事が何より重要なアイドルにとって結構最強かもしれません。などと同じ現場・経緯を各々違った視点で捕らえ、各キャラの個性に反映させたシナリオの妙に感心。ケンカにならないレベルのすれ違いってのもいいトコ突いてますし、やはり大知氏は上手いとしみじみ。

「ちゃんと話せばきっと判ってくれると思う」

みやびに対する信頼を聞き入ったみなさんは、言葉足らずの独断専行ですれ違っている現状に「ちゃんと話せば」とアドバイス。まあ何かと勢い勝負の珠璃がそれ言うか?とは思いましたそれはそれ(笑、関係無いけど珠璃のスタイルの良さが際立つシーンでした(ほんまに関係無い。

aikatsu_136_08.jpg

「世界中のみんなに教えてあげたいんだ」
「私の大好きなみやびちゃんはこんなにもかわいいんだぞ!って」
「でもドレスの事はちょっと強引すぎたわね…」

というわけでシーンはお披露目ライブ当日の楽屋へ。ユニットの未来についてアツく語るここねは、みやび大好き!かわいい!をさらにアツく語り、しかしドレスの件は反省し自ら退いてゴメンナサイ。

「今日のお披露目ライブ、このドレスを着させてもらおう」

一方ここねの思いを受け取ったみやびは例のドレスを承諾します。お互いの信頼は既に鉄壁なのできっかけ一つですれ違いはあっさり解消され、思いが通じたここねはみやびに駆け寄ってギュッと抱き締め…何だかイケナイものを見ているような気が(笑

そして二人並んでフィッティングボックスに立ってコーデチェンジ。キメはもちろんユニットバージョンの「あまふわ☆なでしこ」…キメポーズで照れるみやびの破壊力が凄い。こりゃズルいよ(笑

aikatsu_136_09.jpg
aikatsu_136_10.jpg

ほどなく始まったお披露目ライブの曲は前回と同じ「恋するみたいなキャラメリゼ」でしたがもちろんここね&みやびのユニットバージョン、リアルの歌唱はえり・れみさん…この組み合わせって第74話の「オリジナルスター☆彡 (おとめ&さくら)」、第121話の「薄紅デイトリッパー (みやび&さくら)」と同じと思うと何やら感慨深いモノが。

アーケード版のムービーを見た分にこの曲は複数キャラで映えるとは思っていましたが予想以上の出来に驚くやらニヤマリが止まらないやら大変でした。前回のソロバージョンでも曲&ムービー共にかなりのお気に入りだったけれどデュオになってお気に入り度は倍どころか三倍四倍アタリマエ、非常に個人的見解だけれど石濱曲は「fashion check!」「KIRA☆Power」「ハッピィクレッシェンド」「SHINING LINE*」とフォーメーション変化が凝っている曲が多く、曲の良さに加えて多人数ならではのステージングを楽しませてくれるため大好きだったりします。さらに今回は禁断のみやび映像がてんこ盛りで、かわいさ全振りのみやびを眺めているとついニヤニヤしちゃってホントきもちわるい(俺が(ほっといて。というか普段隠れている脚を晒してこの振り付けは反則&破壊力高すぎです。始まる前は「みやびのキャラとのギャップはどうなの?」と少々不安でしたが、蓋を開けてみればそんな危惧など鼻歌で乗り越えてお釣りだけで丼飯三杯いけるほどのドハマリ。確かにここねが言うとおりみやびはこんなにもかわいかった。

ソロの振り付けでも気に入っていた「思わず Ah ほっぺに Uh」のパートが入れ替わりアクションとなり、他にもデュオならではの振り付けアレンジや頻繁に交わされるアイコンタクト・表情描写、先のとおりフォーメーション変化を気持ち良く追うカメラワークなどなど見応え十二分のムービーに仕上がりました。というかこのユニットカップの行く末が本気で判らなくなってきました。平たく言うとどの組も魅力的すぎて優勝を選べない。もう全組優勝でいいです(ゆとり

「ユニットカップが超盛り上がってるって聞いて私も参加しようかなって」

お披露目ライブを無事終えて、あまふわ☆なでしこの話題で盛り上がるスタライの一角に突如現れた見慣れた子(笑。ユニットカップの盛り上がりを聞いたユウちゃんが留学中にも関わらず帰って来ちゃいました! いいのか!? ユウちゃんは帰って来ちゃうしみやびは単独ナチュラルに参加してるし、もはや交換留学という設定が根底から覆されてる感がなくなくも(略。ともあれ参加は絶望的と思われたユウちゃんの帰還にハートのボリューム急上昇、こうなったら例え止め絵一枚でもいいからユウちゃんのステージ姿を見たいものです(控え目な希望。

ラストシーンはグラウンドで走り込む二人。疲れて休みたいここねをドーナツで釣って引っ張るオチは山登り企画の裏返しですね。あはは。

aikatsu_136_11.jpg

次回はユニットカップ始動? それにしても珠璃は存在自体がキャッチーですなあ。いるだけで面白い(笑

※突発企画、アイカツ!勝手にUnit Cup 開催中。
 押しユニットに1票どうぞ♪





         
関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

アイカツ!「第136話 その名も、あまふわ☆なでしこ」

アイカツ!「第136話 その名も、あまふわ☆なでしこ」に関するアニログです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

ここまでキャラ被りほぼゼロ(当社調べ)のアイカツですが、みやびだけはどうしても蘭を思い出してしまいますね。まあ、蘭ちゃんみたいなツッコミいじられ兼用キャラ(失礼!?)はぜひ一家に一台欲しい所ではあるのですが。ここねの地道な行動力はローカルアイドル設定と絡んでるんですね。ほんとアイカツは設定と各話演出の一貫性が徹底してるよなあ。改めて感心です。ユウちゃんの即時帰国は謎でしたが笑。さすがにトレード要員扱いは可哀そうになったってところなのかな?

まあ、とは言いつつも、今回は次回予告のハラペーニョの意味が分からなかわいすぎて、そちらに心を持って行かれてしまった。なんなんだそのペット一気飲みは・・・。かわいすぎる…。あとは思わずキャプりたくなる珠璃クオリティですね。

ほんと照れみやびの破壊力がすごかったですねぇ。うぉお!ってなりましたよ…あれはズルい。
決めポーズでの仕込みは初期あかりちゃんを思い出しました。他に何かあったっけ?
ステージのカット割りやアングルなんかは前回のソロのほうが凝ってた印象ですが、やはりデュオでの華やかさ可愛らしさが段違いですな。みやびちゃんのスカートが短くてなんだかイケない気分に…。思春期の頃、テレビで歌うアイドルを下から覗きこんだ気分のような、あんな感じ?

それにしてもここねの主人公力が高いですねー。
見た目の印象はロゼ…おとめちゃんに似てるなーと思ってたんですが、周りを巻き込んで笑顔にするパワーというのはいちごちゃんを彷彿とさせます。これでもっと天然だったら…
あかりちゃんもっと頑張れ!てなわけで自分はSkipsを応援していきます。

No title

敵地?で戦う戦友のため遠い京都からはせ参じた雅。
バレー部キャプテンにかわいい服を着る勇気を与えた雅にかわいい服を着せてあげたここね。
観客に見せるためというよりパートナーのためのユニットというのがあっても良いですね。
ここね自身は男の子役となり女の子グレーテル役を雅に譲るところも良かったですし、優しさと強さを併せ持ったあの花と対決ライブをした雅のためにつけたようなユニット名も良い感じです。

ユウちゃんは戻ってきてから武者修行で鍛えた実力を見せ付けるのか、それとも一旗あげての凱旋帰国なのかと期待していましたが、なんかあっさり帰ってきてしまいました(笑)さすがにCGステージは無いと思いますが、無いと言い切れないところがアイカツ!の凄いところですね(笑)
「目指すはグラシアス」「つまりユニットカップで最高に輝いて応援してくれるみんなにありがとうって気持ちを伝えたい」のセリフが光ってました。
ひなきには、もしかするといいことを言っていたかもしれない過去の珠璃のセリフの解説もお願いしたいです。

れすれす

突発的にユニットカップ投票を設置しました。
お気に入りユニットにぜひ1票♪

>tamanoさん
いじられて味を出すキャラは常駐してほしいですね。また3rdシーズンは容赦ないツッコミキャラがいないのでその点も…ってな二役にあまふわの二人がきっちりハマっている辺り制作陣もいろいろ考えてるトコがあるのかも? ハラペーニョいいですよね(笑。「Poppin' Bubbles」も大好きですがユニット色に合わせた新曲がぜひ欲しい。

>ロコじじいさん
あかりのキメポーズ芸 懐かしい。そういや他に…ひなきのプレミアムキメが芸と言えば芸かもしれません(笑。デュオでのキャラメリゼ良かったですねー。みやびの破壊力も相まって私的に今期三本指に入りそうなステージでした。ここねの牽引力は確かに。考える前に動いちゃう行動力もいちごっぽいかも?

>ぼらさん
駆け足ながらみやび&ここねの繋がりが見えた良回でした。記事本文でも書きましたが「ケンカするほどでもないすれ違い」が二人の関係性を描くに良い塩梅だったと思います。ユウちゃんは意外とあっさり帰ってきましたね(笑。私としてもCGステージをぜひ!とは思いますが、現実を考えると止め絵一枚あれば御の字…なーんて言っててホントにCGが来たら久々に全カットキャプを作りますよ(笑

今回はみやびちゃんとここねちゃんがユニットを組む話でしたね〜
みやびちゃんは正直、もう出てこないのかと諦めていた所に、、、
なんとみやびちゃん登場〜
これには本当にビックリしました〜
ましてや、スターライト学園の制服を着たみやびちゃんをまた見れたと思うと感激です。。
ユニットカップ…。これ本当にどのユニットが優勝出来るなんて決められませんね〜
私もユニットカップゆとり賛成です

ここねちゃんはやっぱり可愛いです〜。もうなんだか二人とも帰って欲しくないww
ステージでグレーテルフラワーコーデを着たみやびちゃんですが、なんだか違和感がとれず…。
桜色花伝を着たみやびちゃんが見慣れているせいか、グレーテルフラワーコーデは似合わないような………
そんな感じがいたしました。
まぁ、新しい面が見えたのでこれでもよいかと思っていますが。
次は情熱☆ハラペーニョの話になりそうですね〜楽しみです〜
あと、企画投票させていただきました〜(^-^)これからも投票させていただきますね〜

No title

みやびが可愛い回でした。
スターライト制服のミニスカにユニット決めポーズの赤面、何よりユニットドレスのスカートはここねより短いじゃありませんか。けしからん(笑)
みやびが飴ちゃんで攻撃してきそうなユニットアピールも好きです。

ユウちゃんのユニットが見られそうで期待大!?
交換留学の途中で帰ってきてしまうのはやや強引な気もしますが、ユウちゃんユニットVSあまふわなでしこという交換留学生同士の対決があったら面白そうですね。

みやびポージングで赤面って!録画中に焦って早戻ししそうになりましたよ(笑)
雑誌の表紙とか毎回楽しませてくれますよね♪ここねの机にポートタワーみたいの飾ってあったし(笑)
売り込み時のみやびの可愛いこと、たまにしか会えないからか破壊力凄すぎて一気に持っていかれてます、言ってもこのユニットカップが終わったらラスト1クールで何らかの節目が訪れるわけですよね、もう最後までみやび達居てくれないかな♪
ゆうちゃん戻ってきたってことはユニットカップに絡んでくるだろうし止め絵程度は有りそうですね♪
来週は熱くなりそうですね♪

れすれす

>アイカツLoveさん
私もみやびは気に入ってるキャラなので再登場が嬉しかったです。しかもここねとユニットなんて二重の美味しさ…でも関西への帰還も一緒だと思うと少々寂しかったり。まあ先の事はとりあえず置いといて、今は二人のユニットを存分楽しもうと思います。グレーテルフラワーコーデのみやびは持ち味の和風キャラから大きく離れた印象ですが、私的にはそんな意外な一面=ユニットの魔法と解釈して見ていました。エンジェリーシュガーを着たユリカ様の意外なかわいさに近いかも。企画投票どうもです。各ユニットなかなか拮抗してますね。

>アッサムCTCさん
そうそう! ここねより短いスカート丈にハートのボリューム急上昇!(笑。ロリポップを振り上げたSpAキメも笑いました。ありゃ勇ましすぎ、というかドーナツここねに襲いかかってるみたいな…。ユウちゃんの晴れ舞台は期待しすぎない程度に期待してます(笑

>かえで寿司さん
キメポーズの頬染めは反則ですよね。あれ一発で持って行かれた…と思ったらライブ本編の破壊力に完全KOだったという。なんかもういろいろズルい(笑。あまふわの二人はこのまま定着してほしいけれど、キャラが増えすぎて扱いがぞんざいになるなら一旦帰還したほうがいいのもかも?とも思ったり難しいトコです。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2