2015-07-03(Fri)

アイカツ! #140 アイカツレストラン

ぽっかり空いた胸の奥に詰め込むオムレツを食べさせる。

aikatsu_140_00.jpg

そんなアイカツレストラン、いろんな人がやってくる。

今回は1クールに1度のドラマ回。某NHKホールで催される初共演舞台のTV放映「舞台中継 アイカツレストラン」のテイで、おなじみのキャラがいつもと違った顔を見せてくれました。

aikatsu_140_01.jpg

近所に人気レストランができてしまったせいで今やすっかり閑古鳥の「アイカツレストラン」が物語の舞台です。その厨房で腕を振るうオーナーシェフ役が珠璃、そして歯に衣着せぬウエイトレス役(笑)にまどかというキャスティングでお話が始まりました。何はともあれまどかのウエイトレス姿がかわいすぎて大変、しかもキャラの持ち味を十二分に発揮した表情&セリフにまどかファンは狂喜乱舞ではあるまいか? 閑古鳥に青息吐息の珠璃もさすが女優魂を感じさせる表情作りを見せてくれます(笑

「これは幻の食材を求めて旅に出る展開だなYEAR!」
「旅に出たらますますお客が来なくなるんじゃないですか?」
「うふふ、どうかしらね?」

ジョニー先生の先読みを涼川先生がツッコんで学園マザーが微笑む。ってな具合に先生たちの会話をチョイチョイ挟んで単調さにアクセントを付け、このドラマが舞台中継である事を意識させる演出はなるほど。こういうカットを挟む事で自分も客席から見ているような気分になりますね。でもジョニー先生はもう少し黙って見て(笑

aikatsu_140_021.jpg

aikatsu_140_02.jpg

aikatsu_140_022.jpg

そんなアイカツレストランにグラサンをピカッと光らせた謎の女がやってきました。いかにも普通の客ではなさそうなその女は入店するや店内をぐるりと見回し、接客についての指摘をズバリ。その声に慌てて出てきた二人に対し謎の女は正体を表します。

「私はさすらいのスーパーウエイトレス・来栖ここね!」

潰れかけたお店を建て直すためにやってきたさすらいの以下略。怪しいコートをバッ!と飛ばして現れたウエイトレス姿もかわいい! 続いてお約束のキメゼリフに待ってましたとばかりに沸く客席がいかにも舞台っぽい。ところがいきなり「理由も無く立て直しに協力する」と言われても信じられないまどかは不審MAXのジト目を送り…この子はこういう表情が似合いすぎるかわいすぎる(笑。一方アツい直球勝負が信条の珠璃は感激MAXでスーパーウエイトレス・ここねの手を取り任せる気まんまんです。あはは。

aikatsu_140_031.jpg

aikatsu_140_03.jpg

そんなわけで始まった「お店建て直し計画 第1弾」としてまず占い師を呼んで店を見てもらう事に。ここでもまだ怪しんでいるまどかがいい味出してます。この表情はもはや演技じゃないでしょ?(笑

「見えますわ。オーナーシェフの紅林さんにウエイトレスの天羽さんですわね」
「そりゃ見えますよね。私たち名札付けてるし」

ほどなく現れた占い師役はスミレ、助手役に凛。店に入って早々いかにも占い師っぽく名を指すも冷静にツッコむまどかに笑った。スミレのインチキくさい表情も良い良い(笑。そしてテーブルに着いて暫し瞑想し、目をパッと開いて告げられた言葉は――

「オムレツが食べたい」

いきなりズコーッ!となるボケかと思いきや、メニューに無い品のオーダーを聞いた珠璃はいかにも何かありそうで…続くアプリコットティーのオーダーで答えが出る?と思いきや。

「今度こそ占ってらっしゃるわ」
「紅茶占いですか」
「楽しみだ!」
「おいしい!」
「感想…」
「先生はただ紅茶がお飲みになりたかったようです。占いはしていません」
「ズコッ!」
「本当に大丈夫なんですかこの先生…」

今度はただのオーダーだったというお約束で目眩まし。ここもまた各キャラの表情が良かった。高橋作画のスミレはやはり美人度が高くて眼福眼福。キツ目の凛も高橋作画に合っている感じ? というか相変わらずまどかの芝居が芝居に見えn(略。そして今度こそ本番の占い。

「このお店は何か大切なものを忘れている」

水晶玉を覗き込んだスミレのボンヤリした答えはいったい何を意味するのか? 店の命運を左右する「大切なもの」とは? というトコで

aikatsu_140_032.jpg

「待たせたな諸君」

名探偵役のあかりが来店してCMへ。パンツスタイルの探偵コスが良く似合っています。ボーイッシュなあかりって珍しいかも。

aikatsu_140_04.jpg

いきなりの名探偵登場に「名探偵?」「なぜ探偵?」と至極ご尤もな疑問を放つ二人。するとスーパーウエイトレス・ここねは「捜し物といえば探偵」とドヤ顔で返し、件の「大切なもの」を見つけるべく調査が始まります。それにしても高橋作監回のあかりは高橋絵まる出しでちょっと笑える。当然ながら他キャラでも手癖の傾向が見られますが、どうにもあかりには手癖が現れやすいのか、特にキッとした表情をさせるとヘタすりゃ別人レベルにまで…高橋絵独特の目力(黒目の上辺が見えているのも効いてる?)が良くない方へ作用しちゃってる感じ。

「お父さまの時代にあって今この店に無いものって何か心当たりはありますか?」

お父さんが開店した店の二代目シェフである珠璃へ当時との違いを訪ねるあかり。すると珠璃は先の反応どおり「オムレツ」の曰くについて、父親の腕前から落ちる自分のオムレツをメニューから外した事を話します。それを聞いたまどかは「ズバリ、オムレツなんじゃ?」と問い掛けますが当の珠璃は目を逸らし…もちろんそんな簡単な答えではない事が判りますね。

aikatsu_140_051.jpg

aikatsu_140_05.jpg

続いて現れたフードライター役のひなき。こちらも高橋絵の特徴がよく出ていますが、何故か高橋ひなきは気にならないどころか超かわいかったりするから不思議です。オシャレ番長らしく美人度が増すからかな?(笑。ともあれひなきの登場は、雑誌に記事を載せてお客を呼べば忙しい頃の気持ちを思い出し「大切なもの」も思い出すという作戦でしたが――

「ただで記事は書けないぜ」

ステマレベル(笑)松竹梅のメニューを示して袖の下をせびるゲス顔がじつにナントモ素晴らしい(笑。訝しげに見つめるまどか&珠璃もいい顔してます。足元を見て迫るひなき、正体を知って戸惑うまどか、すると珠璃は凛々しい表情でキッパリ断り、例によって三段キメで「お客さんに嘘は吐けない!」とゲスな要求を突き返すのでした。いよっ、かっこいいぞ珠璃! その答えを聞くとゲスひなき(笑)は表情を一変させ――

aikatsu_140_06.jpg

「オッケー、そうこなくっちゃ」とシェフの心根を試していた事をネタバラシ。ああお約束(笑。そして運ばれてきた料理を試食するとどれもこれも美味しくて、だけになぜ客が来ないのか? 常連客すら足が遠のいてしまった謎は深まるばかり。それはそうと先ほどから表情を一変させて料理を絶賛するひなきがかわいすぎてどうしよう。

「父のオムレツの味は優しかった父そのものだった」

人気メニューだったオムレツを出さなくなったのはそんな父の味を上手く再現できなかったから。ふわりと柔らかくてホッとする、食べただけで暖かい雰囲気に包まれる癒やしの味。

「オムレツはシェフととお客様を繋ぐ絆のひと皿だったのね」

aikatsu_140_07.jpg

aikatsu_140_071.jpg

答えに迫った次の瞬間店のドアが開いてあかり探偵が再登場、そして謎を解くキーアイテムである「オーダー鐘」を差し出し…店の改装時に処分した件の鐘を引き取った常連客役としてみやびが登場。マダム姿が似合いすぎ! でもここはかわいいかわいいふりふりウエイトレス姿でキャスティングするべきだったのでは? それじゃ恥ずかしがっちゃって芝居にならんか(そこが良い。ともあれ件のオムレツがただのオムレツではなく、お客さんとの絆=もてなす気持ちの象徴だった事に気付いた珠璃は、マダムみやびのオーダーどおりオムレツを作り――

aikatsu_140_08.jpg

「おいしい。懐かしいわ。間違いなくこの味よ」

その気持ちが入ったオムレツを認められ、さらにオムレツ復活を聞きつけて集まったかつての常連客に囲まれて一件落着。そして最後のネタバラシ、スーパーウエイトレス・来栖ここねの秘密について。

「こうなれたのもこの店のおかげだわ」

ウエイトレスの仕事に疲れた時に食べたこの店のオムレツに救われた、料理には人を元気付ける力があるともう一度思えた、だから私は料理と元気をお客様に運び続ける。スーパーウエイトレスの大切な一部だったオムレツの意味を二代目に気付かせ、と同時に店を救って恩返しも果たせた。こういう恩返し系の仕込みもお約束ですね(笑。というわけで潰れかけたレストランを舞台としたドタバタ人情話はマダムのお言葉で綺麗に締められます。

「やっぱりいいお店ね」
「ありがとうございます!」

固定セットの雰囲気や、次々と現れる訪問客が話を動かすコメディ主体のお芝居からいい話風に纏めて幕の流れなどなど、全体的に吉本新喜劇っぽい? ラストのみやびのセリフ→珠璃&まどかの締めの瞬間は新喜劇のそれとまるで同じ気分になりましたし(笑。血ぃ吸うたろか?役にそのマンマの配役とか、地上げ屋役に美月さんとか出てきたら面白かったかも。というか普通に参加していたみやびはどういう扱いになってんだろ。

ともあれ全体に楽しく面白く、珠璃&まどかの愉快な掛け合い(笑)も堪能できて満足っちゃ満足だった今回ですが…3rdシーズンのドラマ回は言ってしまえば単なる劇中劇(アイカツキャラによるイベントムービー的な?)になってしまって、そういう意味では面白味に欠けるかもしれない。以前のドラマ回のようにドラマ自体がアイカツの一環になっている作りの方が作品テーマにマッチしているような気がする。

※突発企画、アイカツ!勝手にUnit Cup 開催中。
 押しユニットに1票どうぞ♪





         

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

観客席で観劇するのとTV中継された舞台との温度差が良くあらわれていたと思います。セリフの間や店から出て行く時のドアベルの鳴るタイミングが舞台らしくて凄いと思いました。
舞台に立ち続けている3人の中にあかりスミレひなきが一人もいなかった事や、本物の火を使ったり壁の時計に針が無かった事が非常におもしろかったです。しかし味は負けてないのに客は来ないというセリフはアイドルアニメのセリフとしては重いですね(笑)

No title

まどか・ここねの女の子コンビ可愛いですね。基本的には良い子の優等生が多かったアイカツキャラの中で、言いたい事ズバッと言ってくれるまどか、「「私はアイドル!」ってな自信満々のここねはやっぱり見ていて爽快です。

恒例のアイカツ8大投票の中間発表が出てましたが、そこでもまどか、ここねが大人気でしたね。2人が出てきたことによる雰囲気の違いを女の子なりに感じ取っているのでしょうか。ただここねは新キャラの割に推されすぎなきもしないでもない。ちなみになぜか美月さんが3位にこっそりランクインしていて面白かった(笑)ジュリやひなきなどがランクインしてないのはちょっと納得行きませんでしたが、まああれこれ言っても仕方ないか・・・。

本編ですが、人気はともあれ各キャラそれぞれの味わいが出ていてよかったですね。まどか、あかり、みやびはハマり役のキャスティングだったと思います。まどかのズケズケ行っちゃう感じは閑古鳥店のウェイトレスはまっていましたし、みやびのおばさまぶりはそのまま世界〇作劇場に出てきそうな感じ(笑) あかりは役というより衣装とのマッチングが驚異的だった。これもフィアンセ(?)瀬名くんが作ったのかな?

あとは管理人さんも他の方も仰っていますが、ところどころ舞台らしさを意識した演出が光っていましたね。全体的なキャラ芸⇒いい話っていう締め方とかが新喜劇っぽいってのはご指摘の通りで、まどかの芸⇒拍手みたいな流れは完全にチャ〇リー濱か池〇めだかか、って感じでしたね(めちゃ懐かしい…!!)。

最近やってるアニメの中ではアイカツはほんと楽しみです。ユリカ、さくら、かえでと登場キャラが増え始めてきたころの適度に賑やかなアイカツが帰って来た気がしますね。思えばあの頃が一番見ていて楽しかったかも。

No title

前回に引き続きコメント失礼いたします。
ユニットカップが終わったのになぜみやび・ここね両名がまだスターライトに居座って(笑)いるのか気になりましたね…!ちなみに、ユウちゃんの方はどうなっているんでしょう…。帰ってきた際にスーツケースを所持してなかったあたり、あのあと引き続きエトワールで頑張っていそうです。

トラマのオーディションではなく舞台とはなんか新鮮で、女優のじゅりと強新人まどかの動きと表情がとてもゆたかで、歌手、ダンサーのすみれと凛は無理にいじらずいい感じで良かったんですが、あかりが美人過ぎる!落ち着きすぎでベテラン女優みたいでした、なんかもっとうわずってて慌てん坊でやらかしちゃいそうな…なんか馴染みのオムレツが無くなった感じですよ(笑)
でもラスト1クール、ソレイユのツアーも7月まででしたっけ?もうそろそろ帰ってきそうだし、あかりの成長に置いていかれた気分です、と言うのもサラブレットのいちごでも美月とタメ張れるようになるのに実質3年掛かってるのに、ここであかりがいちごとも張れるようになりスターライトクイーンにまで登り詰めたならこの子達とのお別れを意味しつまりは来期はまったく違ったアイカツになるのかと不安と寂しさでいっぱいになると言う、あかり成長ジレンマに陥ってしまうわけですよ(涙)
せめてあと一年くらいは観ていたいですかね
みやびは中二で落ち着きすぎ(笑)
吉本新喜劇で思い出したのですが、つい二~三週間前に新喜劇みてたら最後の緞帳が降りるときにアイカツのフィッティングルームの音楽が流れてビックリしました!

予告の「いつでも熱くアイドルカツドウ」ってじゅりでしたね、最近気にしてなかったけどあかり以外も言うんですね、ここんとこじゅりの活躍が沢山観れて嬉しいです♪

No title

お恥ずかしながら吉本新喜劇ってほとんど見たことがないのですが、こういう感じなのですね。勉強になります。
黒いひなきがハマってました。めまぐるしく変わる最新情報を発信する立場として、モデル業とライター役がうまくリンクしていました。
その分ゲスい(笑)駆け引きでは、普段の彼女が前向きに一生懸命努力しているからこそのギャップに惹きつけられました。
淑女みやびはどストライク!「まあまあ珠璃ちゃん」の語り方が本当に上品なおば様でした。以前もマキシ丈スカートを見せてくれましたが、みやびはロングスカートが似合いますね。

れすれす

「Blooming・Blooming」のオフボが格好良すぎてループしまくり。
以前のミニアルバム曲のオフボアルバム出してくれないかな。

>ぼらさん
解説のジョニー先生がいい味出してましたね。舞台では女優が本業の珠璃に新人まどかがよく付いていきました。むしろ珠璃を食っちゃってたかも(笑。

>tamanoさん
今年のアイカツ8は本編で使うのかな。CMバレで新しいユニット展開が見えてしまったため、10月までの残り尺を考えると入れる間が無いような…。まあ去年の8もヤッツケ気味だったのであの程度ならいっそオミットしてしまった方が良い気がします。今回は全体の演出からキャラ芸までまさにアイカツ新喜劇(笑)で、肩肘張らない舞台中継として上手く作っていたと思います。賑やかさの一因である馴染みすぎてる留学生はどうせだからキリの良いトコまで期間延長しちゃえばいいのに(笑

>三日月さん
みやびは最初4週間で帰ったので今回で6週間目のここねもそろそろお帰りの時期? のはずだけど帰る気配がありませんね。みやびもドサクサ紛れに居着いちゃってますし(笑。その辺無理やりな説明でもいいから何か理由付けが欲しいトコです。

>かえで寿司さん
名探偵あかりは美人というよりイケメンだった気が。高橋絵の影響でキリリ感3割増しくらいでしたし(笑。Soleilのツアーは4月から約半年の予定だったので今シーズン終了間際に帰ってくるくらい? CMバレを見る限り少し早めに帰ってくるかも? とはいえあかり世代がSoleilに勝つなんてまだまだ無理ゲーっぽいのでしばらくは大丈夫(?)だと思います。フィッティングBGMはあちこちの番組で結構聴きますが新喜劇でも使われてるとは…本家がやってるならアイカツ新喜劇でもやれば良かったのに(笑

>アッサムCTCさん
今回舞台の雰囲気は新喜劇マンマでした。各々個性的なキャラ芸を活かすに絶好の舞台だったかも。舞台ではひなきやまどかの黒さが光ってましたが、私的には占い師スミレのどこかすっとぼけたような表情もツボだったり。みやびおばさまはハマりすぎてて怖い…同い年の珠璃が「おばさん!」「おばさん!」って連呼しても全く違和感が無いんですもの(笑

失恋レストラン

まさかの失恋レストランとは。同年代かもしれません。
最近少し見始めましたが、珠璃の大仰なアクションが面白くて好みです。

先読み

ここねとみやびはあと3週間くらいでしょ。カードゲームの第5弾が終わるから。

れすれす

>永山さん
ツッコミありがとうございます。ネタが古すぎたのか誰もツッコんでくれなくて寂しかったです(笑。珠璃は私もお気に入り、最新話(第141話)もアツい珠璃を堪能できて良かったですよ。

>ねこさん
ここねは第142話(7/16放送分)で帰るようですね。せっかく馴染んだのに寂しいです。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2