2015-07-05(Sun)

プリパラ #52 ふわり舞う!初ライブトリ!

厳しい厳しいプリンセス授業を経て…

puripara_52_00.jpg

ふわり念願のデビューライブへ。

puripara_52_01.jpg

夜明けと共に目を覚ます自然児ふわりの朝の日課。朝日を浴びて鉢植えに水やり、そしてヤギの乳搾り…なぜイキ顔? その後再びベッドにひっくり返って寝てるってのも凄い(笑

「トリコさんにもらった箱が鳴いてる? 歌ってるんだ!」

山育ちのふわりが携帯電話そのものを知らず、せっかく出来上がった新ブランドの連絡を受けられないってのは面白い仕掛け。着信音を鳴き声=歌声と勘違いして一緒に歌って踊り出すリアクションはふわりの純白さを感じさせます。世俗に全く穢されていない赤ちゃんみたいなもので、だからふわりは人を疑う事も知らない…と考えるとキッツイ展開しか予想できないのは本シリーズファンのサガであろうか。

puripara_52_op01.jpg

今回から新OPと思いきや始まったのはいつもどおりの「ドリームパレード」でありゃりゃ? 新OPは次回にお預けか…と画面をボーッと眺めていたら、サビパートの謎シーンがさりげなく差し替えられててアッと驚き。シルエットが解けて露わになったプリンス様&ふわりと共に覚醒ファルルががが! いったい何事! 1stシーズン最終回にて別のプリパラへ旅立ったファルルの復活、さすがにあのままサヨウナラって事は無いとは思いましたがこのタイミングでの復活には驚くばかりでありました。こりゃ本当に「プリパラで生まれたプリンセス=ファルル」説が濃厚に? プリパラ生まれのファルルは娑婆での実体を持たないため(中略)なーんて考えたらやっぱりふわりの悲劇しか予想できない。ううむ。

puripara_52_02.jpg

Aパートはプリンス様との約束を遂行すべく大神田校長大ハッスルのプリンセス授業がスタート。踏んだ踵を見咎められて一緒に連行されるらぁらお気の毒に(笑。そのプリンセス授業は言葉遣いから鉄ハイヒール&による鉄ティアラ(笑)所作レッスン、プリパラトリビアと称した大喜利大会、そしてお約束のプリンセス養成ギプスに至り…そふぃさんが言う所のぷしゅ~になってるらぁらかわいい。

puripara_52_03.jpg

クラゲ化しているらぁらの一方でいつの間にかトンズラして一休みのふわり。一人木に登ってしみじみ考えるのは故郷の動物たちの事…山から出てきて戸惑っている所で頼りのプリンス様から放置され、訳の判らぬプリンセス授業を詰め込まれては、いくらマイペースのふわりとてホームシックにもかかろうというもの。ってなトコへ大神田校長が探しに来て、慌てたふわりは木から落ちてしまいます! 危険があぶない!

「空から舞い降りてくるなんていったいどこの女神さま?」

ふわりのピンチを察知したプリンス様はバイクを飛ばして見事にキャッチ。放置のようで常に見守っている? ってな光景に黄色い声を上げているのは高等部の生徒たちでしょうか。制服地味ね。お姫様抱っこで連れられたふわりはプリンス様のお言葉にうっとり…ううむ、どうしてもふわりの純真さに付け入っているようにしか見えない(笑

そんなこんなでプリンセス授業に戻ったトコで再び箱さんが鳴き声を上げ、ふわり用の新ブランド完成がようやく伝わってさあプリパラへレッツイゴー!

puripara_52_04.jpg

puripara_52_041.jpg

ふわり用の新ブランドは「Coco Flower」、デザイナーのコスモ姉さんの仰せのとおりカントリー調のかわいいデザインはふわりにぴったりっぽい。プリパラにはありそうで無かったデザインですが某ア○カツのマ○アのコーデに以下自重。さっそくコーデ登録済みのプリチケを通してプリパラチェンジ! キメ絵にやっぱりヤギが(笑。続いてめが兄ぃさんから曲をもらってデビューライブの準備は完了。

puripara_52_05.jpg

「最後の紙幣が我が財布との別れを惜しんでおる」

ってなトコでプリパラカフェのアロマゲドンをチラリ。例によってプリンとカレーうどんを注文するみかんへココフラワー誕生記念プリンアラモードをお勧めするめが姉ぇさん。ここでふわりの名前が出るとアロマもまたふわり獲得を目論み…アロマに限らずろくに知りもしない子を五人チームのためだけに奪い合う最近の展開はやっぱりどうも馴染めない。何かきっかけがあって「この子と組みたい!」ってならないとチームも何もあったものでは。これでは完全にモノ扱い、私利私欲に走っているだけです。まあ時勢を考えればある意味リアルとも言えますが少女アニメにそんなリアルは要らないと思う。それはそうとみかんの無茶オーダーに関して財布を開けたアロマのヒトコトが結構衝撃的でした。プリパラ内の買い物って現金決済だったのか!

そしてネガティブ全開のトリコさんから奪取したサイリウムチャームを手渡し、どうにかこうにかエントリーを済ませてふわりのデビューライブが始まります。

puripara_52_06.jpg
puripara_52_07.jpg

待望のふわりライブは曲タイトルからして「コノウタトマレイヒ」と個性押し押し。パルブスの大自然をバックにカントリー調のコーデがよく合っています。思いっきりヨーロッパ民謡風のアレンジは本作(というかアイドルアニメ)に無いタイプで、これまた個性的&キャラマッチングはチリバツですが少々面食らったのも確か。いつヨーデルが入るのかと構えてしまったよ(笑。2ndシーズン曲は全体に対象年齢が下がったというか「みんなのうた」っぽくて、作中で見る(聴く)分には良いけれど音源だけ聴くには正直少々ツラいかも。

映像的には毎度クオリティの高さに感心。初見時には曲調の割りにバタバタ動きすぎのような気もしましたが、曲に慣れるにつれて次第に見入り、特に「ヘイ!」のポーズからサビに入ってジャンプアクション→ふわりほっほっほ~の一連がノリも良くかわいさMAXで何度もリピートしてしまった。あとやっぱりローアングルが多い(笑。長めのスカートで脚が丸見えだと返って(以下略

メイキングドラマは四ツ葉のクローバを泉にポンと投げ入れて現れた楽器たちと遊ぶ「不思議な泉のオーケストラ」…ジュネさま!(違。続いてチャームを輝かせてサイリウムチェンジ、スカートが短くなった分キワどさが増して(そういう所ばかり見ない。金髪赤目は暗めのサイリウムステージによく映え、結構派手目なアクションで楽しげに歌い踊る姿はなかなか見応えがあります。しかしこの曲ってふわりソロ以外では使えない?

puripara_52_08.jpg

puripara_52_081.jpg

というわけでデビューライブは無事に成功し、イイネが集まって緑色に光ったチャームの属性は「ナチュラル」とのこと。新属性来ました。そしてアイドルランクはデビューから一気に「しんじんアイドル」に急上昇…アロマゲドンもそうだけれどこう簡単に上がってしまうとランクの重みも何も無く、ゲームとの絡みもあるのでしょうが完全に形だけになっちゃって残念。まあここからランクをコツコツ上げてらぁらたちと同じライブに出られるのが数ヶ月後ではお話にならないけれど、それにしてもこのランクインフレには少々シラけてしまうかも。そのためにランクリセットしたんじゃないのかな。というか今のらぁらたちってアイドルランクどの辺だっけか。

「SoLaMi SMILE とサマドリグランプリの優勝を目指そう!」
「Dressing Pafe と組むんだよね? ね~」

デビューライブの感激もそこそこにふわり争奪戦をおっ始めるSoLaMi Dressing のみなさん。キミらこないだまでアロマゲドンを取り合っていたのに…ううむ。先にも書いたけど新キャラ登場即争奪戦は何だかビミョーな感じです。

「歌とメイキングドラマは次から変えましょう」

TV越しにふわりのライブを見ていたプリンス様はホットラインで大神田校長へこう告げます。ふわりとツーショットの時とは打って変わった表情でグランプリへの対策を口にするプリンス様の本音はどこにあるのか? 紫の薔薇ならぬ紫のヤギをもらって喜ぶふわりが何だか不憫でなりません。考えすぎかもしらんけど。

puripara_52_ed01.jpg
puripara_52_ed02.jpg

そして今回から変わったEDは「胸キュンLove Song」、歌唱はADのED「Happy GO Lucky! ~ハピ☆ラキでゴー!~」以来のSUPER☆GIRLSであります。これにてついに番組枠からプリズミー色が消えた!? 季節柄一枚絵も夏モードに変わってかわいいかわいい、でもすぐ実写に変わるんだろうな…と構えて見てたらいつまで経っても実写にならず、結局通しのイラストEDで二度ビックリ。初見時には見ていて妙に落ち着かなかった(笑

前述どおり夏全開の絵柄はどれもこれもえらい肌色面積でどうしたものか。全編に流れているテロップがこれほど邪魔と思えるEDもそうそうありますまい。いやはや久しぶりの2DEDがこれとは思い切りましたなあ。眼福。さてちまちまとテロップを消しますか。

         

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

ファルルが遠くないうちに帰ってくるとなると、
これで2チーム作れる数のメンバーは揃う事になりますね。
ソラミ・ドレシ・アロマゲ・ふわり・ファルルでちょうど10人です。
OPのシルエットは解禁になりましたけど、
どう観てもファルルと黄色のシルエットは
シルエットの形・シルエットもろもろ違いすぎるので
前にあった黄色のシルエットキャラは
OPが変わる頃までおあずけという感じだと思います。

ふわりに関してはサマーグランプリまでに
プリンス関連の決着に期待したいです。
ふわりはプリンスの事が大好きというのはよくわかります、
でも、今回の話を観た限り、プリンスの期待に応えすぎると
ふわりらしさがなくなるんじゃとも思えてきます。
ふわりのMD「不思議な森のオーケストラ」は
彼女のパルプスに対する想いから生まれたMD、
そんな、ふわりらしいMDをプリンスが求める
プリンセスらしいMDにでも変えたりしたら、
ふわりはひびきの理想のプリンセスになれる事と引き換えに、
ふわりは自分らしさを失うと思えてくるんです。

ここからは個人的な願望ですけど、
今回の曲とMDを変える案がふわりに伝わった時、
ドロシーが彼女の力になってほしいです。
ドロシーなら相手がふわりでも例えプリンスでも、
言いたい事ははっきり言うのでメインキャラの誰よりも
ふわりの力になれると思うんです。

OPのシルエットが解禁・・・と思ったら最後の一人はファルルに差し替えられているようで・・・該当キャラは作中のファルルの再離脱と同時期に登場→OPでファルルと差し替えになるのでしょうね
プリンス、プリンセス云々はもうどんどん進んでいてセカンドシーズンの中心となる話題のようですが今のところ関係のないアロマゲドンが今後どう関わるのか気になります、今は大人の事情かのんびりしてますが

そしてある意味今回の本編とも言ってしまえるインパクトのED
事前情報でSUPER☆GIRLSと聞いて思い浮かぶのはやはりADの初代EDであり、となるといつも通り実写かーといざ蓋を開けてみれば凄まじいイラストの肌色率
いつ苦情が来てもおかしくなさそうでした・・・

No title

やっぱり今回のメイキングドラマはジュネ様を思い出しますよね~w楽器が現れた時は「あれ、まさか」とリアルで言ってしまいましたw
ファルルは正直読めてました。まさかここまでキャラをぞんざいに扱うわけがないですし、それにファルル自体リアルな子供たちから人気高いですからね。でも黄色いシルエットとはまるで別人なんだよなぁw
とにかくこれでひびきの目的がある程度わかった気がします。もしかしてプリンスはふわりを利用してプリパラを牛耳ろうとしているんではないかと個人的な見解を。語尾がないと言うふわりへの目を付け方も今となってはそうとしか思えないwそれに今回のひびきの動きと「まぁ、初ライブにしては上出来か」と言っていた時の声のトーンからしてラスボス臭しかしませんw
しかしいろいろ展開が急すぎてサマードリームアイドルグランプリに間に合うのか正直不安になります。未だ立ち位置がうやむやなふわり。そしてファルルの凱旋となると展開は猛スピードになりそう。

そんな中次回…正直、どういう展開か読めました。CMでの告知、そして法律という「あの人」っぽいテーマ。…でもらぁらとドロシーのカップリングって珍しい気もしますね。

長文&乱文失礼しました~

No title

トップ絵ここでしたかw確かにこの絵は何かインパクト強くておかしかったです。やってたことは割りとよくあるおかしなレッスン物なんでしょうが、絵とらぁらふわりのコンビの似通った者同士のやり取りがおかしかったです。
ふわりの初ライブでしたが、ふわりらしい曲であることは間違いないのでしょうが、曲のジャンルも含めてふわりらしさが出すぎてるような、これアイドルとしての曲だろうか、うーん・・・とか思ってたら、ライブ後にふわりが故郷を思って歌ったと言ってなるほどと納得し、さらにひびきが曲とメイキングドラマの差し替えを指示してさらに考えさせられました。ひびきもひびきでプリンセスとしての曲として相応しくないと思ってるのでしょうが、ひょっとしたら視聴者の多くが感じたであろう違和感を先読みしてこのような流れにしたのかと勘ぐってしまいます。
ひびきは悪役とは限らないのでしょうが、間違いなく腹に一物持ってるラスボスの風格を漂わせてきました。今後の話を動かすのは間違いなく彼でしょうし、いずれプリパラのステージにも立つものと思っています。ならばみーんなトモダチになれるのでしょうか。話の行方が興味深いです。

れすれす

>通りすがりさん
謎の黄色いシルエットと全く関係なさそうなファルルのOP再登場。OP変更直前のタイミングでわざわざ晒した意味は何なのでしょうね。ふわりの曲&ドラマを一瞥して変更指令のプリンス様にはただならぬモノを感じました。記事本文で何度も書いてますが純真なふわりが泣く(闇堕ちする)ような展開は勘弁…。ドロシーは同じクラスの設定もあってふわりに一番近づきやすそう。毎回の掻き回し役としてコンスタントに出番はあるけどここ一番の見せ場に恵まれない子なので、このふわり展開での活躍を期待したいところ。

>通りすがりさん
ふわり関係が一段落するまでアロマゲドンは待機でしょうか。話が新キャラ中心になるのは仕方ないけれど…何だか補欠落ちみたいでビミョーな気分だったりして(笑。しかしソラミ3人・ドレシ3人・アロマゲ2人・ふわり・ファルルのまま5人組み合わせてもパターンに限りがあるので、いずれはバラける=元チームの絆云々はどうすんだ?的な難しさがありそう。その辺どうすんでしょうね。

>バタフライさん
ジュネ様のプリズムライブはインパクトありましたもの(笑。ファルル再登場は旅立った時点で約束されていたようなもの(笑)だったけれど、まさかこのタイミングでOP差し替えて再登場予告(?)とは全く予想していませんでした。このままSoLaMi SMILE+ふわり+ファルルのチームだと急造もいいトコなのでいまいち入れ込めないかも? というか天然キャラが多すぎてみれぃの負担が今から心配(笑

>適当にフォローさん
トップ絵は普通にかわいいふわりの画像を用意していたんですが結局こっちに(笑。本作らしくドタバタが極まったプリンセス授業はらぁらのぷしゅ~がお気に入り。鉄ヒールで二人揃って床に寝転んでいたカットは息が合ってて大笑い、何か通じるモノがあるのでしょうね(笑。ふわりの曲はらしさは出ていたけど5人チームで歌うには無理がありますね。というわけでプリンス様の判断は至極妥当とは思うのですが、その時の表情・口調などがいかにも穏やかじゃないので不安ばかり先走ってしまいます。
プロフィール

Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2