2015-07-22(Wed)

Go! プリンセスプリキュア #24 笑顔がカタイ?ルームメイトはプリンセス!

笑顔を忘れたお姫様。

princess_24_00.jpg

vs 笑顔を忘れかけたトップモデル(候補)。

princess_24_01.jpg

「今日も一日頑張りますわ」

登校前のティータイムをゆったり過ごすトワ。下々の忙しい朝に比べさすが生粋のお嬢様は朝っぱらから優雅であります。そしてこのトワの顔がいかにも青山御大の絵でちょっと笑ってしまった。シリーズが変わっても隠しきれない青山絵、前回の担当が第16話だったので8週ぶりの登板です。例によって1人原画は1本300cutとすれば週に38cut、日曜休んで夜帰る青山氏なので平日日中だけで1日平均6~7cutくらい描いてる計算です。改めてすげー。

ってなトコへ朝の準備を急かすきららの声に一瞥、きっとこんな風に朝を急かされた事なんて無いんだろうなあ(笑。するとトワは片手を上げてパフを呼びつけ、着替えは当然メイドの仕事と言わんばかりにお姫様っぷりを発揮、

「何言ってんの? 自分で着替える! ほら!」
「自分で?」

と言うや稲やトワにバンザイさせてたくし上げるとそのカットに被すようにスカートが降りてきて一瞬でお着替え完了。上手い。さすが姫様は制服姿もエレガントで、なーんて相変わらず優雅なトワの手を引っ張って仲良く登校ダッシュ! でOPへ。そのOPの例のカットに学園長が参加、つい最近まで生徒会長すらご尊顔を拝んだ事がなかった存在がOPに並んでいるってのも不思議な感じです(笑。このカットもだいぶ狭くなってきましたがまだ増えるかな?

princess_24_02.jpg

「ごきげんよう。わたくし、この度ホープキングダムより参りました赤城トワと申します」
「この世界の事はまだよく判りませんが、皆様の希望の灯を守るために全力をもって尽くしたいと考えています」
「どうぞよろしくお願い申し上げます」

そしてお約束の転入シーン、自己紹介でやらかすのはもはや伝統か(笑。エレンの時とはまた別ベクトルのやらかしというか、本人による挨拶は真面目姫のトワらしいしっかり&エレガントなもので、言っている事は一分の間違いも無いのだけれど…いきなりそんなん聞かされたクラスのみなさんは唖然とするばかりです。きららの機転でどうにか誤魔化しその場は収まるも至って真面目に話してたトワ的には不本意だろうなあ(笑。例によってきららのナチュラルな「トワっち」呼びに戸惑う表情も良かった。あだ名で呼ばれるなんて始めてだろうし。

その後の寮部屋シーンにて本日の報告や「赤城」姓の謎(というほどでもない)が解かれ、ってなトコでドヤ顔のアロマが――

「トワ様のキーが3つ、全部合わせて何と12個全部揃ったロマ~!」
「それは違うわ…」
「私のキーは元々ディスピアが生み出したキーが変化した物。ホープキングダムを救うために必要な12個のキーには含まれませんわ…」

私もそれを思っていたけどあっさり却下。というかパフューム自体は本物ですし、なのでそれに適応するトワのキーはディスピア様が絶望の呪いをかけていた本物(トワの覚醒で呪いが解けた)と考えられたため、「元々ディスピアが生み出したキー」という正体は意外でした。ディスピア様万能だな。ともあれ懸念事項(?)だった「収集アイテムが中盤で揃っちゃった!?」がとりあえずクリアされて良かったかもしれない。この流れだと秋の箱物の頃に正規品が12個揃って何かが起きそう?

「きららちゃんの夢は世界で活躍するトップモデルなの!」

なーんて部屋に不在のきらら。ボワンヌショーの成功以来モデルの仕事が忙しくなり、雑誌の表紙も堂に入り…そんなきららの「夢」を聞いて雑誌の表紙を見つめるトワは何を思うか。そもそもホープキングダムに「モデル」という職業はあるのだろうか?(笑

princess_24_03.jpg

シーンがパッと変わって撮影中のきららへ。この真夏に冬物の撮影ってのがまた妙にリアルです。ボワンヌショーの時もオーディションから数ヶ月後に本番描写とか、きららの仕事描写への拘りはなかなか面白い。ってなトコへ美人編集さんがお声がけ。

「私今度新しい雑誌を作るんだけどそのメインモデルやってみない?」
「やる! 絶対やります! よろしくお願いします!」

大きい仕事の可能性を引いたきららは大張り切り。夜遅くまでデザイン画を練ったり、バレエの授業中にポージングを練習したり…その一方でトワは堂に入ってるバレエのポーズやヴァイオリンでクラスメイトのハートをしっかりキャッチ、これが後の食堂シーンで活きるのだな。芸コマ。

「お疲れのようですね…パフ、お茶を!」
「やだなあ、もう冗談ばっかり!」
「冗談などではありません! お茶を飲めば眠気もスッキリするはずです!」

夜遅くまでデザインに没頭していた煽り&日頃の疲れで授業中ついつい大あくびのきらら、ってなトコで間髪入れずお茶の用意を命じるトワ。ここもまたトワ的には全く間違った事をしていないのだけれど、授業中の中学校の教室でやっちゃさすがにマズい(笑。ここでもまたきららはどうにかこうにか誤魔化して事も無し、とはいえ仕事の疲れに加えて教室でもこれではきららの疲れは溜まる一方です。予告で見せた目の下のクマは無くなってたけど(笑。制服の色パカも直ってますね。

princess_24_04.jpg

「仕事も忙しいんだけどね…」

疲れ顔でトレーを持ち、その先には紅い髪の後姿、そして影が落ちたきららのカット。などなど寮食堂シーンの導入でもきららの疲れ(とその対象)が強調されていました。

「トワちゃんご飯は?」
「まだお給仕されて来ませんが…」
「もうトワっち…食事はみんな自分で持ってくるの」
「まあ、自分で?」

などと言ってるうちに取り巻きたち(笑)が料理を運んできてウヤムヤに、するとすかさず――

「ダメだよトワっち。寮では自分の事は自分でやるのがルールなんだから」
「まあ、それは大変ですね」

きららの注意にまるで他人事のトワがまたいい味(笑。

「ここはお城じゃないんだからね。これだからお姫様は…」
「私だって…洗濯でも何でも自分でできますわ!

いつまでもお姫様モードのトワに釘を刺すきらら、一方そこまで言われちゃ意地になるトワ。きらら的には教室での出来事もあってキツイ一発をお見舞いした形? さらに煽るきららへトワが真顔で返してテーブルはビミョーな雰囲気になり…そんな空気にオロオロするはるはるゆいゆいがこれまたいかにもでした(笑。ってなトコへチャイムが鳴ってきららは大急ぎで仕事に出掛け、ビミョーな雰囲気のまま取り残されたトワは走り去るきららの後姿を見つめ…自由なきららと生真面目なトワの組み合わせはいい感じにドラマになります。

princess_24_05.jpg

そのきららは仕事場にて一層気合いビシビシ! さすが「美」のプリキュアを名乗るだけあって中学生離れした美人っぷりです。ってなトコへ例の編集さんがやってきて仕事の決定を告げ、きららはさらに張り切るわけですが…気合いを入れすぎて笑顔が不自然になってしまい、その不自然さから休憩を告げられるとコケて衣装を破いてしまったり踏んだり蹴ったり。このシーンのメイクが予告よりナチュラルになってて良かった。予告でのメイク顔はケバすぎましたもの。

「遅くまで忙しいんですのね」
「あの…きららの夢…」
「ごめん、今日はもう寝るね」

起きて待ってたトワの声を遮ってベッドに潜るきらら。溜まった疲れ+大きい仕事への気負い+失敗が重なってさすがのきららもKO寸前? ベッドでの表情はつい冷たい態度を取ってしまった自己嫌悪にも見えます。一方あんな事があったのに寝ずに帰りを待ち、多忙の身を心配するトワの何たる嫁力。いい子すぎるよ。

princess_24_06.jpg

洗濯係のシーツ干しで勝手が判らないトワの背後にヌッと現れてビシィ!と指導の白金さんは相変わらず謎が多い。「あなたの故郷もこんな空でしたか?」とはホープキングダムを知るゆえの問いか、それとも偶然ハマっただけか? ううむ。空を見上げてホープキングダムでの幼い日を思い返すトワ、なーんてやってるうちにシーツが風で飛ばされちゃってさあ大変です。飛んでくシーツをダッシュで追うきらら、そこから暫し間を置いてアッと気付いて後を追う間の取り方まで、いかにもおっとり姫様らしくて上手かった。というかアップのふくらはぎ綺麗。このアングル取りもニクいね。そして木に引っ掛かって止まったシーツを回収するきららの脇が(そういう所ばかり見ない。失敗&尻拭いまでしてもらって恐縮しきりのトワのしょんぼり顔も良し良し。あれだけ強気で「私だってやろうと思えばできる」と言った手前の大失敗=自分の何もできなさ(現実)を突き付けられて落ち込むってのも王道であります。

一方その頃例の編集さんトコにロックくんが現れてゼツボーグ発動。きらら回のゼツボーグはモデル関連になりがちなので総じてスタイルがよろしいな(笑

princess_24_07.jpg

「懐かしい…小さい頃によく遊んだ場所を思い出しますわ」

シーンは洗濯娘に戻ってノーブルの森の中へ。木に引っ掛かったシーツを外して広がった森の風景はトワの思い出に重なり、そのひとときの安らぎは張り詰めていた心を解し、絶望の淵で忘れてしまった「笑顔」を少しずつ取り戻していく。ここは木漏れ日のスポットライト効果も効いて非常に良い雰囲気のシーンでした。

「笑うってどうすれば良いのでしょう?」

なるほどトワはきららの夢「トップモデル」を聞いて「笑顔の作り方」をずっと訊きたかったのですね。だから笑顔に溢れた雑誌の表紙と窓に映った自分の顔の差に沈み、半分ケンカ別れした後もそれを訊きたいため寝ずに待っていた。もちろん多忙なきららを案じる面もあったでしょうけれど、いかにも疲れ顔のきららに「あの…きららの夢…」と問い掛けるほど必死だった。何という生真面目な子。

一方不意な問い掛けに戸惑うきららはトワの胸中を聞くと表情を一変、手のシーツを巻き付けてワキワキとくすぐり始め…この時の手の動きがいかにも青山絵でまた笑った。

「きらら、笑うというのはこういう事ではなくて」
「笑えてるんだからいいじゃん! 余計な事なんか考えないでさあ」
「あっ…そうだよね。笑い方を忘れてたのは私だった」

キャッキャ悶えるくすぐりシーンでふと気付いた自分の空回り。仕事への気負いから本当の笑顔を見せられなくなっていた事に気付いて「トワっち、ありがとう」の流れはじつに綺麗でした。一段落ついた後の笑顔の交換も良かった。きみら顔近いよ!(笑。不穏な雰囲気から定番のケンカ展開に持っていかずこういう形で収めてしまう、きららのさっぱりした性格とトワの生真面目さが綺麗にシンクロしたオチに感心しきりであります。

princess_24_08.jpg

そんなキャッキャのトコへアロマによる招集が掛かってサッサと現場へ。さすがファッション業界ゼツボーグはキメのポーズのキマってます。でっかくなってるロックくんを見て点目になってるはるはるかわいい(笑。そこからの変身シーンは4人モードが初披露、4つ並んだ脇はなかなか壮観です(そういう所ばかり見ない。その後の変身シーン自体は例によってキリバリですが、やはりスカーレットの「炎」はインパクトが強烈で目立ち度は頭一つ抜けている感じ。尺も多め? 4人モードのぶわーっ!のカットは思わずさぶいぼ。そこから顔を起こすカットがスカーレットだけ横長だったのはこういうカラクリだったのね。なるほど。

しかし詰め詰めで実測117秒(キー出現から「お覚悟決めなさい」まで)のバンクは見応えあるけど制作的にはその尺が苦しそう。それプラス必殺技バンクが複数あるので、Bパートの本編尺が10分としてもバンク以外は6~7分くらいしか取れないんじゃ? まあいつもの事とはいえ制作の苦労がしのばれます。ちなみに今回の必殺技はミーティアハミング、スカーレットフレイムが各々12~3秒+フェニックスブレイズが80秒、変身バンクと合わせると4分弱、Bパートの本編尺は約11分なのでバンク以外のストーリー部分は7分程度しかありません。これではアクションがバンク中心になっちゃうのも仕方ないか。

princess_24_09.jpg

四人揃って初めての共同作業(笑)からフローラ&マーメイドが攻撃を仕掛けるもあっさり返され赤ペンチェックに襲われ、すると仁王立ちのトゥインクル&スカーレットがフロントに出てアイコンタクトから猛攻スタート。ミーティアハミングの星をスカーレットフレイムの炎が包んで総攻撃の図はゼツボーグが気の毒になるレベル。こりゃたまらん。

「スカーレット!」
「はい!」

ゼツボーグがひるんだ瞬間、トゥインクルの声にスカーレットが即応えてモードエレガント→フェニックスブレイブでフィニッシュ。さすが完全に息が合ってます。もう二人だけでいいんじゃないかな?レベルの強さかも(笑。ともあれトゥインクル&スカーレットの組み合わせはいい感じ、フローラは相性オールオッケーとして、興味深いのはマーメイド(みなみん)との組み合わせか。接点があまり無い真面目同士が組むとどんな化学反応が起きるやら。

princess_24_10.jpg

「今日のきららは昨日の千倍かわいいよ~」

朝の身支度を上機嫌で済ませた昨日の千倍かわいいきらら、そして今日は自分できちんと着替えてきららを待つ…いや待ってないトワ(笑。

「あっ、ちょっと待ってよトワっち!」
「待てません」
「あぁ~、もう! つかまえた!」
「あらあら、しかたありませんわね」

すっかり自然な笑顔を取り戻したトワときららのキャッキャウフフにKOされて今回の締め。きららが一方的に引っ張っていったアバンとの対比も効いてます。ああほっこりした。

    

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

Go! プリンセスプリキュア「第24話 笑顔がカタイ?ルームメイトはプリンセス!」

Go! プリンセスプリキュア「第24話 笑顔がカタイ?ルームメイトはプリンセス!」に関するアニログです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

きららは元々可愛いのに化粧したらとんでもないですね!でもなんか違和感あったのが、ここで比べていただいてスッキリしました!
予告とかわってるんですね、あーゆーことってよくあるんですか?予告との違いを探す楽しみができました(笑)
一番小さいはるかが一番いっぱい食べてるのも可愛かった♪しかもナイフとフォークで(笑)
オープニングに学園長いらっしゃいましたね、白金さんも謎が多いけど学園長はその比じゃないですね!
懐が深いとかそんなレベルじゃないですよ(笑)
やっぱりディスピアがピッコロ大魔王みたいに産み出したキーは12個に入らないんですね、そーするとあと3個見つかった場合トワだけパワーアップに乗り遅れてまた闇…(笑)
四人同時の変身良かったです♪
今回は終始トワときららのラブラブっぷりにつきますね(笑)
その反動で次回予告のみなみさんハイテンションやったんですかね?(笑)
なんかあおいやさくらちゃんと同じ臭いがするかも(笑)

トワさま回が続きますね

ここのところトワさま絡みの回が続きますね。トワさまだけで1クール消費する勢いじゃないでしょうか(笑) しかし何週間にもわたって美少女軍団にケアされてうらやましい(笑) さすが本物のプリンセスです。

きららのモデル描写は確かに本格的ですね。設定もそうなのですが、動きや顔が決まってるとか決まってないとかを作画の表現に落とし込むのって難しそうですが、今回は「カタイ笑顔」がハマってました。ふつうなら記号的な表現に逃げてしまいそうなところですが、やはりプリンセス軍団にはそんな甘えは許されない!?

ぶっ飛び自己紹介ってのも鉄板ですね。全く臆することのないトワさまはさすがです。伝統なのかーと思ってふとエレンのやらかし回も見てみたのですが、こっちは自己紹介でほぼ丸々1回使ってるんですね。(笑) こちらはこちらで可愛らしくていいですが。

れすれす

>かえで寿司さん
予告でのクマとケバ化粧(笑)が印象に残っていたので修正されてすぐ判りました。ちなみにプリキュアで予告と本編の絵が違うのは結構多いんですよ。というかアイカツやプリパラでも頻繁に見られます。4クール休み無しなのでおそらくスケジュールがカツカツなのでしょう。12個のキーはコレで揃っちゃったら話が終わっちゃう(笑)ので想定内っちゃ想定内ですね。今や4人いるのに残り3つというビミョーさはおっしゃるとおり。まあ箱担当をスカーレットにすれば…。

>tamanoさん
まあ秋の箱物までヴァイオリンを売らないといけないんで(笑。作画の青山氏は超々ベテランだけに細かい動きや表情付けが絶妙、手癖が気になる時もありますがそれを補って余りある表現を見せてくれるのでローテ復活は嬉しいです。次はまた2ヶ月後かな。エレンのやらかしは面白かった。それを含めて善転び後のエレンはいちいちかわいいので見ててほっこりします(笑
> その反動で次回予告のみなみさんハイテンションやったんですかね?(笑)
> なんかあおいやさくらちゃんと同じ臭いがするかも(笑)
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2