2015-09-06(Sun)

プリパラ #61 クールスキャンダル☆恐縮です

聞いて驚け、見て騒げ! 

puripara_61_00.jpg

そしてSoLaMi SMILE が神アイドルへ!?

puripara_61_01.jpg

みんなも知りたい! 私も知りたい! パプリカ学園新聞部! マスコミか!もとい徳田ねねが朝も早よからスクープ求めて例のマンションを張り込み、続いてそふぃが登校のためエレベータに乗り、すると何故か上へ進んで階上のプリンス様とご対面…第56話以降チラチラと見せていたとおりプリンス様の部屋はそふぃが住むタワーマンションの最上階(34階)である事が確定しました(イマサラ。そういやエレベータのボタンに以前は無かった王冠マークが追加されてて笑った。操作パネルから作り直させるなんてさすがセレブリティ。

「セレブフラッシュだ。キミのお父さんが追い求めていたあのパワフルうめ~ぼしを超える代物だよ。さあ召し上がれ」
「ごめんなさい。私レッドフラッシュはライブの前だけにしてるので…」

エレベータに乗ってきたプリンス様は軽く挨拶を交わすと突然の壁ドン! ぷしゅ~と逃げるそふぃを追ってさらに壁ドン!で迫ります。そふぃの才能を知る彼は平時も天才モードにすべく超強力レッドフラッシュを勧め、ところがそふぃは薬物依存から抜け出すべく摂取を自制しているため丁重にお断り…しかしプリンス様はそふぃの言葉など完全スルーで顎クイッからセレブフラッシュを放り込み、目が眩むほどの目映い光が放たれた次の瞬間超クールそふぃが爆誕! ってなトコでエレベータが1階に着き――

「はわわ…大スクープ!」

オートロック前で張り込んでいた徳田はエレベータ内の光景を目撃してハートのボリュームMAX上昇、確かに徳田アングルから見るとキスしているようにしか見えません。ていうかこの位置だと徳田の姿がエレベータホールから丸見えじゃ?(笑。一方そふぃはプリンス様さえ寄せ付けない超クールな態度で馬車馬に飛び乗り学園へ。いつもはヤギにもたれて運ばれている(笑)そふぃが馬に鞭打って疾走とはまた判りやすい変わりよう。というわけで超クールとなったそふぃ様の一日が始まります。

puripara_61_02.jpg

ほどなく学園に到着すると朝から凛々しいそふぃ様をみなさん訝しがるやら狼狽えるやら。親衛隊的にはこれぞそふぃ様!なので大歓迎、アホ毛の有無しか気付かないらぁらは平和なものです(笑。ここは唇を押さえられて言いくるめられるみれぃの表情も良かった。あぶないあぶない。

「ズバリ不肖徳田、朝からそふぃの熱愛をスクープしちゃいました~」

などなどそふぃの変化に戸惑ってるトコへ熱愛スクープを引っさげてドヤ顔の徳田。いきなりそんなん言われてもと取り合わないみなさんでしたが証拠写真を見せられて…みれぃの思いっきりなリアクションがいい味出しまくり(笑。そんな中レオナだけ「チューはしてないと思うけど…」と情況を冷静に見ている辺りやはり男脳なのかも。カバドンにアリクイの恒例ボケ(笑)に対して実演するレオナもいい味というかギリギリだなあ。絵面的にはオンナノコ同士のお戯れだけど実際は中二男子と小六女児なんだよね(笑。あぶないあぶない。

puripara_61_03.jpg

一方そふぃはビリビリオーラを放ちながら超クールモードで学園内を闊歩し、いつもならごった返す生徒たちに阻まれて何も買えない購買も今回はモーゼの奇跡の如く道が拓いてクールにゲットしちゃいます。そして凛々しい後姿から振り返ったそふぃはらぁら&みれぃに対してライブへの気合いを示すのでした。

「2人とも今日は覚悟してね。燃え尽きるまでライブするわよ」
「はぁ…いいけど」
「そふぃノリノリだね」

いつになくやる気のそふぃに対し、これから陥る地獄に全く気付かない2人は呑気なものです(笑。凛々しい姿にただただ盛り上がる親衛隊もお気の毒。

「安藤、例の薔薇を用意しておけ」

学園でのそふぃの様子を伝えられたプリンス様は安藤さんに謎の指示を飛ばします。例の薔薇とはいったい?

puripara_61_04.jpg

「SoLaMi SMILE は今宵神アイドルになるわ」

プリパラに着いて一瞬でプリパラチェンジを済ませたクールそふぃは、御機嫌伺いのクマを掴んで一直線に受付へ向かうと連続ライブの記録を尋ね、現記録の5回を倍上回る連続10回ライブを宣言します。そして「成功したら神アイドルへのランクアップ」を希望し、協議の結果その条件が受け付けられ、成功確率0.002%のライブマラソンが始まるのでした。この時めが姉ぇ後ろの掲示板の表示が本編のセットリストどおりで、アタリマエとはいえちょっと感動(笑

puripara_61_05.jpg

というわけで紫の薔薇が飾られたステージにてめが姉ぇさんによる開幕宣言、先にプリンス様が指示したのはこれ? というか勿体付けた割に大した意味は無かった。そしてほどなくSoLaMi SMILE の10回連続ライブへの挑戦が始まります。曲は「ドリームパレード」のショートバージョンでサクッと終わり、ライブ後の余韻もそこそこに次のライブスタジオへ民族大移動…早回しでプリチケスキャンしコーデチェンジすると2曲目のライブが始まります。ここはめが姉ぇの「とりあえずお似合いよ」の投げやり感に笑った。ってまさかホントに10回連続ライブを追うつもり!?

その後「HAPPY ぱ LUCKY」→「Pretty Prism Pradise!!!」→「HAPPY ぱ LUCKY」と4曲続けるとらぁら&みれぃはKO寸前に。あらら。やはり現記録5回の壁は高かった?

puripara_61_06.jpg

「体力無いわね小鳥ちゃんたち。活を入れてあげるわ」

楽屋で伸びてる2人にビリビリオーラのそふぃがスッと近付くと突然のエネルギー補充、具体的にはほっぺに電撃キッス! 何これ何! これにてズギャーン!と復活した2人はすっかりそふぃモードと相成って5曲目のライブへ。曲は「太陽のflare sherbet」のラストキメだけでしたが(笑

puripara_61_07.jpg

ところがキスの効果は1曲で終わってしまってバタンキュー、ここから先はそふぃ単独で継続する事になりました。これってチームでやらないと意味が無いんじゃ? と思いつつ始まった6曲目はそふぃソロの「Make it!」、ワンフレーズに満たないカットでしたがこれは貴重な! 続いて「Love friend style」のそふぃパート、「HAPPY ぱ LUCKY」のキメ、そして9回目はめが姉ぇによるアナウンスのみ…先のセットリストによれば9曲目は「Love friend style」ですがソロパートをさっき使ってしまったためオミットされた? ううむ、尺による巻きはともかく、毎度嘆いている持ち歌の少なさが露見してしまった感じ。使い回しの現実とシンクロしちゃって何となく切ない気分に。

楽屋で伸びてる演者と同様、客席で応援しているファンたちにも疲労の色が思いっきり表れていました。ってゲッソリしすぎやろ! その一方で相変わらずエネルギッシュな徳田は10回目に向かうそふぃを付け回し、マイクを突き付け件の熱愛スクープについてのコメント取りに燃えていました。ところがケンもホロロにあしらわれると「徳田得意の早とちり? てへ!」とあっさり引き下がっちゃって肩透かしもいいところ。いいのかそれで。スクープ絡みでプリンス様の闇に斬り込むのかと思ったのに残念。

puripara_61_08.jpg

そしていよいよ10回目のライブへ。そふぃは変わらぬクールさでステージに立つと「太陽のflare sherbet」のイントロが始まり、これを走りきれば宣言どおり神アイドルに! ってな歌入りの瞬間セレブフラッシュの効果が切れて盛大にぷしゅ~! あららら。結局神アイドルへの挑戦は失敗に終わり、しかしそこへ至る経緯をTVで見ていたプリンス様はそふぃの天才性を確信し満足げで…要するに今回の騒動はプリンセス候補としての見極めだったのですね。

「小鳥ちゃんたちに愛を込めて」

一方楽屋に寝かされたそふぃは「応援してくれたみんなのためいもう一回ライブをしたい」と立ち上がり再びステージへ。帰りかけてたファンたちはステージからの声に振り返りますが、明らかに疲れ果てた顔を見ると返って気の毒になってしまった(笑

puripara_61_09.jpg

そんな中で唯一元気いっぱいなみかんの体力たるや。またコスモさんの顔に窶れが見えないのはメイク技術の賜物? そして極限まで窶れたちゃん子ちゃんさんは最初誰だか判らなかった(笑。ちなみにこの画像、左列が使用前、右列が使用後です。みんなよう頑張った。

puripara_61_10.jpg

お礼ライブの曲は「Pretty Prism Pradise!!!」、ドラマは閉じ込められた檻がサメの海に吊された夏バージョン(?)の「解放乙女ヴァルキュリア ビューティビーナス」でした。この情況だと「助けてよ!」が結構切実だったり(笑。それにしてもこのドラマの檻の2人はメッチャかわいいな。ってなトコへ鍵を持ったそふぃが助けに入ってキメの止め絵はサンドロ・ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」のパロで、第42話でのパロに続いてボッティチェリシリーズ?

本日11回目(笑)のライブが終わるとスクープの否定記事からシーンは例の部屋に移り、次のターゲットにニヤマリのプリンス様で締め。まあここまでは既定として残り2枠は誰が挙がるのだろう。

         

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

プリパラ「第61話 クールスキャンダル☆恐縮です」

プリパラ「第61話 クールスキャンダル☆恐縮です」に関するアニログです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

まずは指摘コメントで一言書きますけど、画像別リンクと文章が1つごっちゃになって合体してますよ。
上から数えて3つ目になるであろう画像。

個人的にはそふぃって何気にMDでは優遇されてますね。
バージョン違いとは言え、開放乙女ヴァルキュリアの亜種が2つもありますから。
開放乙女プリマヴェーラと開放乙女ヴァルキュリア ビューティビーナス。

ひびきが狙う残り2枠は誰を狙うかですか。
今まで出てきたキャラで他に天才と呼べるキャラがいるなら、
コスモ辺り、案外狙われるかもしれないですね。
若くしてカリスマデザイナーとして有名で、
デザイナー業でアイドル活動は基本はしてなくてもメジャーランクアイドル、
天才と呼ぶには十分な設定を持ってますから。

No title

今回は最近の中で特に面白かったのではないかなと思いました。
色恋沙汰を交えたテンションと、超クールそふぃの行動のテンポがよかったのではないかなと。とにかく1シーンごとに何かしら笑わせたり驚かせたりする要素が盛り込まれててあれよあれよとこのドタバタ騒ぎを笑って見てるだけでした。おかしい所が多すぎますw
このアニメの脚本を書かれる方は何人かいますがそれぞれの人の個性というか味の違いがあるような気がします。同じ「おかしい」でも前回と今回では何かおかしさの方向性が違うような。
とにかく毎回毎回これだけわらかしてくれるというだけでも凄いアニメだと思います。

No title

ソフィー回は安定のカオスですねー。
プリパラっぽい回でした。野生児ふわりもげっそり。

いつもシステムですからとしか言わないめが姉が「確認します」と言って、そしてOKになったのは怪しいです。ソフィーの熱い思いに心を打たれた、とかなら平和なんですけどね。

残り二人のメンバーも天才型アイドルを選ぶと思います。
天才型アイドルといえば
キュピコン 大神田校長 北条コスモ まさかの、のんちゃんデビュー!?
まぁ冗談はおいといて予想はみかんですね。
あろまはやっぱり努力型なので、選ばれないと思います。ふわりも自分の理想のプリンセスとは違ったので、語尾はもう重要ではないのでしょう。
もう一人はひびき自身と予想してみます。

No title

今回面白かったですね。クールらぁらとクールみれぃが可愛すぎでした。そふぃはいろいろ面白いところあるのにもったいないなあとかねがね思っていましたが、今回は炸裂してくれました。ついでに徳田の早とちりもちょっと可愛かった。自認してたのか…。

No title

本当毎度毎度どこから突っ込めばいいのやらw
今回は最近の話の中でもかなりぶっ飛んでるんじゃないかと思います。先週とは違う意味で。
とにかく感心したのは声優さんの演技力ですね。全く違う二面性のキャラを演じ分けるのがすごい。みれぃもそふぃも声質からして全然違うもんなぁ。しかし回を重ねるごとにポンコツになっていくみれぃはどうにかならないものかwクールモードのらぁらとみれぃはむしろかわいくて何回も見直しましたが(
先週もそうでしたが最近のレオナの男の子アピールが増えてきましたね。顎クイから本当にキスするんじゃないかと思って無駄にドキドキした…w
次回はシオン回。…言ってしまうとどうせ新曲は出なさそうだし期待はしませんwとにかく話の流れが面白ければそれでいいと思います。

長文&乱文失礼しました~

P.S 5つ目の画像の次の本文。正しくは「体力ないわね小鳥ちゃんたち。活を入れてあげるわ」です。 一応気になったので…

れすれす

>通りすがりさん
リンクミスは修正しておきました(閉じ忘れ)。ご指摘ありがとうございます。解放乙女は亜種もそうですが初登場からの進化も見せ場でしたし、長期に渡って使い回されている割に飽きが来ませんね。あとはボッティチェリシリーズがドコまで続くか(笑。天才枠予想はコスモさん、なるほどあのそふぃの姉さんだけにデザイナーの実績も含めて天才の資質もありそう?

>適当にフォローさん
さくさくと進むテンポとギャグのノリは私も1stシーズンの勢いを思い出しました。超クールそふぃをさんざ引っ張っての10曲目も強烈(笑。でも一番笑ったのは2曲目コーデチェンジの早回し&めが姉ぇの投げやりな説明セリフかも。それにしてもプリパラってライブスタジオがいくつあるんでしょうね?(笑

>いろなさん
そういえばめが姉ぇが「システムですから」でシャットアウトせずわざわざ確認してくれたってのは珍しいパターンです。まためが兄ぃがその決定を下したってのも地味に意味深かも。みかんは確かに天才タイプっぽい。特にフィジカル面ではプリパラ随一でしょう。何せ10回連続ライブにも平気で付いてってましたし(笑

>tamanoさん
クールらぁらがクールを通しきれないのも良かった(笑。徳田の早とちりオチはあっさりすぎてポカーン、せっかく久々の出番だったのでもう一捻り欲しかったです。

>バタフライさん
久々のクールそふぃはプリパラへ行く前の「燃え尽きるまでライブするわよ」の口調に笑ってしまいました。どんだけターボ効かせてんのかと(笑。レオナの壁ドン→顎クイは確かにドキドキMAXリラックス、あの時のレオナの意識は男なのか女なのか気になるトコです(笑。「渇」は修正しておきました。ありがとうございます。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2