2015-09-22(Tue)

Go! プリンセスプリキュア #33 教えてシャムール♪幸せ叶える幸せレッスン!

元気のない人を励ますのもプリンセスの嗜み。

princess_33_00.jpg

例え戦う相手でもそれがエレガントというものよ。

princess_33_01.jpg

プリンセスたるものエレガントなメイクは必須、ってコトで今回はミスシャムールによるメイクレッスンが始まりました。お話の起点としてホント便利な設定です。メイク道具を前にテンション上げ上げのはるはるかわいい。ママのドレッサーに興味津々であろう小さいお友達にもドンズバのネタでしょう。そんなアバンから入ったOPの例のカットにキミマロがしっかり追加されてて笑った。ちなみに第31話分の花恵ちゃんもきちんと追加されてます。

OP明けてさっそく始まったメイクレッスンは予想どおりと言うかベッタベタお約束と言うか…モデルのきららは当然としてさすが素材&育ちの良い方々はメイクも手慣れたもので美人度がナチュラルにアップ、ところが(以下略。バッチバチのアイメイクにドギツイ口紅で嘆くはるはるはいかにもコドモのいたずらメイクの様相であります。あはは。そんな騒ぎの片隅で目を覚ました例の妖精くん、ロック時代の横柄さから打って変わって小さく怯えて箱の奧に引っ込んでしまいます。こういうおとなしい子ほどココロに秘めた絶望は大きいってコトだろうか。名前は「クロロ」で「ロック」の逆さ読み、つまりシャットさんが妖精に戻ったらトッシャ、クローズさんはズークロなのかな(変

princess_33_op01.jpg

キミマロ追加確認のついでに前回(第32話)からマイナーチェンジされた後期OPをチェックチェック。ちなみに画像左列が変更前、右列が変更後です。本編でのロックくん消滅&クローズさん復活に合わせてアップ画像が差し替えられ、シルエットだったストップ&フリーズがクリアに。その後のアクションカットではクローズさんのコスチュームが本編どおりマイナーチェンジされ、荒ぶっていた表情は威圧感マシマシに変更。チンピラが若頭になった感じ?(笑

princess_33_op02.jpg

各キュアのアクションカットではストップ&フリーズ挿入のため各々の相手がご覧のとおり変更されています。ゼツボーグに囲まれるフローラ&スカーレットのカットは背景修正&手前にツタが追加されています。とりあえずこれで完成形かな。

princess_33_02.jpg

さてどうにも上手くいかないメイクのアドバイスが欲しいはるはるはレッスンパッドを操作してミスシャムールを呼び出すも何故か反応がありません。

「ミスシャムールなら朝クロロと一緒にあっちへ行ったパフ」

あっちってどっち? 夢ヶ浜の街? ひょっとして街に出るの初めてなんじゃ? と心配になったはるはるご一行はバスに乗って街へレッツイゴー! ってなトコで「勝手にパッドの外 出歩けるんだ」とツッコむきららがいい味&いい顔してます。

そんなこんなで街へ向かう道中も車窓からミスシャムールを探すはるはる…いきなりいた! はるはるが見つけた次の瞬間降車ボタンを押すゆいゆいの連携さすが。しかしバスを降りて先の屋根を見ると既に姿は無く…ってなトコから見つけては離される、追い付きそうで追い付かない追跡劇が暫し続きます。はるはるの心配を余所にミスシャムールはかなり街に慣れている様子で、形態を人間モードorネコモードに変えながら街の人々と交流し、と同時にクロロに街を案内しているようでした。息も絶え絶え登り切った展望台ステージにてようやく追い付き、みなさん揃ってこの行動の理由を問うも、ミスシャムールは涼しい顔で――

「ミーは次の場所に行かなくちゃ。行くわよクロロ」

質問を華麗にスルーするとクロロを連れてサッサと次の場所へ。

princess_33_03.jpg

次の場所とはネコの集会でした。たくさんのネコの前に立ったミスシャムールはクロロを紹介、しかし当のクロロはいかにも人見知りっぽく呟くように挨拶するだけ。ってさっきは鳥と、今度はネコと普通に会話してる?

「ミスシャムールは様々な学問に詳しいけれど、特に語学は得意としていますの」
「あれも語学のうちなのね」

トワ&みなみんの素のボケツッコミがいい味すぎ。これはこの二人ならではの芸風でしょう(笑。「この街のネコたちの集会にときどき参加している」と聞いたきららの「そんなにしょっちゅうパッドを抜け出してたんだ…」のツッコミも良かった。あはは。そうこうしているうちに三毛猫vs黒猫のケンカが始まっちゃってさあ大変! ところがそこはさすがミスシャムール、慌てず騒がずレッスンフェアリーパワーを発動してレッスン空間を出現させると――

「勝負はおしゃれでつけましょう」

白黒付けたいならおしゃれ勝負でエレガントに。どんな時でもエレガントを忘れない心掛けはさすがロイヤルティーチャーであります。ネコとおしゃれにどんな関係が? とナチュラルな疑問に対し「毎日の毛繕い」を根拠におしゃれ心の大切さを説くミスシャムール。するとネコたちは戸惑いながらも了承し、一方戸惑うばかりの人間たちでしたが各々担当を決められるとノリノリで参加…みなさんノリが良すぎる(笑

ここから暫し取っ替え引っ替えのコーデ合わせが続き、ところがモデルのクロロは相変わらずの沈み顔で「おしゃれなんてしても意味が無い、王国に帰りたい、みんなに会いたい」と嘆くばかり。ここで絶望したら再びロックくんになってしまうのだろうか? と書いたトコで本当にそうなるような気がしてきた。ともあれようやく聞けたクロロの悲しい本音にはるはる&みなみんはしんみりと言葉もありません。

「ミーも同じ気持ちよ。でも悲しんでいても願いは叶わないわ」
「じゃあどうすればいいロロ?」

さすが同郷のミスシャムールはクロロの悲しみに同意しつつ、途方に暮れて沈み続けるクロロへ意味深な微笑みを向け…希望を持てず後ろ向きフルアクセルなクロロのケアこそミスシャムールの今回の目的なのでした。

その頃ディスピア城では新たな人間関係(?)の歪みが発生。メイクを中断されて食ってかかるシャットさんを一睨みで黙らせて絶望収集を「命令」するクローズさん、一方その迫力に呑まれて思わず「はい」と答えてしまうシャットさん…ディスピア様の意向とはいえこれまで対等の立場だったクローズさんに命令される屈辱は相当なものでしょう。いい感じにストレスが伝わってくるヒトコマでした。なるほど予告で映したノーメイクの目はこんな経緯だったのね。というかホントにメイクだったんだ(笑

princess_33_04.jpg

各チームのコーデもキマってどっちが勝ったか結果発表! の前にハブアブレイクタイーム! ってコトでミスシャムールがネコ棒をくるりと振るとお菓子やお茶がボカン!と出てきて青空天井ティータイムが始まりました。そこで振る舞われたお菓子はどれも屈指の美味しさ、特にドーナツはドーナツにうるさいきららも驚くほどの出来で…マーブルドーナツそっくりのそれはミスシャムールが街を食べ歩いて研究した結果とか。しょんぼりしていたクロロもドーナツをひとくち食べると笑顔を浮かべ――

「願いを叶える方法レッスン1。美味しいものを食べること」

腹が減ってはナントヤラ。まずはしっかり食べる事が元気にハッピーになる近道よん。という具合にミスシャムールはしょんぼりMAXのクロロを元気付け前を向いて立ち上がってもらうため、またシャムール自身がいろんな知識を勉強・吸収するため街をうろうろしていたのでした。勝手に抜け出して遊んでたわけではないのです(笑

「何がハッピーだ!」

そんなほんわかティータイムにシャットさんが登場。メイク途中で邪魔をされ、以前と違って手下扱いで蹴り出されてきたイライラは、いつもの高慢・余裕を感じられないほど荒ぶる口調に表れています。

「ユー! そのメイクは何なの!? ホワイ!?」
「アイメイクが途中よ! みっともないわ!」

痛い所をいきなり突かれたシャットさんは妖精相手にも関わらず全力で狼狽し、続いて周囲のネコたちをぐるりと見回すとみんなしておしゃれにキメていて…ここでクロロをチラリと見て何か気付くかな?と思いきやそんな様子は無く、つまりシャットさんはロックの正体を知らなかった。シャットさんの正体が妖精さんか人間型か不明ですが、どちらにせよロック同様ディスピア様に強力な記憶操作が掛かってると思われます。1度浄化・消滅した後 復活したクローズさんの正体がどういう扱いになるか結構楽しみかも。

そんなこんなでネコ相手のシャットユアドリーム! は先に渡された二重錠前によって新タイプゼツボーグ(二眼型?)を一人で出せる仕様に。とはいえ発動したゼツボーグは黒猫たちの夢「お魚いっぱい食べたいな」の具現化で…セミの時よりマシとはいえシャットさんこういうパターン多いね。仕事選ばんなあ(笑

princess_33_05.jpg

そこからのバトルアクション(?)はコメディタッチのドタバタ劇で…お魚ゼツボーグを相手にドタバタ戦う様子はセミの時のがマシだったかもしれない(笑。その一方で絶望エナジーを吸った絶望の種が不気味に芽吹く様子をチラリ。ゼツボーグに目を向けさせてきっちり地雷を育てている辺りなかなか周到な作戦かもしれない。ディスダーク的に当面の戦果はどうでもよい=事情を知らないシャットさんのピエロ感が高まりますね。一方何も知らずにゼツボーグを退治して良しのプリキュアサイドもいい感じにピエロです。そのうちみなみんorトワ辺りがこれに気付くイベント来るかも?

ってなドタバタアクションの一方でシャットさんvsミスシャムールの戦い。荒ぶるシャットさんをひらりとかわし、バレエの如く宙を舞うミスシャムールのエレガントさに思わず「美しい…」と呟いてしまうシャットさんステキ。美しいものに惹かれる気持ちは敵も味方も無いのです。

princess_33_06.jpg

「身だしなみの乱れは心の乱れ、今あなたの心はとても乱れている!」
「誰に邪魔されても信念があればやり通せるものよ」
「それができないほどに今あなたは自信を無くしている! イエース?」
「何か悩みがあるのじゃなくて?」

またしても痛いトコを突かれて狼狽えるシャットさんへ厳しいお説教から温かい言葉をかけるミスシャムール。このメリハリに墜ちてしまうのだなあ(笑。その言葉を聞いたシャットさんは膝から崩れ、するとシャムールはドレッサーセットをパッと出してメイクを勧め、辛い辛い職場環境に泣き崩れるシャットさんを元気付けます。どーいう展開だこれ!?

「シャムールは何をしているのかしら?」
「メイクのレッスンしているみたい?」
「ええっ!? 何それどういうこと?」

ってな様子を戦いながら見ていたみなさんのリアクションがご尤もすぎる(笑。一方シャムールは全く動じずメイクレッスンを継続、シャットさんが選んだ色を褒めつつも「無難ね」とアドバイスし…出来上がったアイメイクは何とも華やかで、悪役の凄みなどどこかへ吹っ飛んでしまうほど。その出来を見たシャットさんの「お前なかなかのチャレンジャーだな!?」に笑った。

「笑顔を守るのがプリンセスプリキュアの使命。元気のない人を励ますのもプリンセスの嗜みよ」
「例え戦う相手であってもそれがエレガントというものよ」

シャットさんへのレッスンはまさにロイヤルティーチャーたるミスシャムールの信念を体現したもの。何よりもエレガントを尊ぶスタイルはプリキュアたちの心にも響き、そしてそのプリキュアたちの姿はクロロの心にも響き――

「願いを叶える方法レッスン2、心を強く持って前向きにGO!よ」

沈んでいた瞳はミスシャムールの教えに輝きを取り戻し、その瞳に見送られたプリキュアたちは一気にキメへ。

princess_33_07.jpg

お魚相手でも容赦せずパレスを起動しエクラエスポワールでフィニッシュ。それはそうと処刑台とお魚の組み合わせがシュールすぎて変な笑いが。ってなバトルと別の流れでメイクに没頭していたシャットさんはその仕上がりにキラッキラ、そしてミスシャムールの合格印をもらうと嬉しそうに帰って行きました。いいのかそれで(笑

「レッスン3、今を大事にしながらよく遊びよく学ぶ。そうすればきっと夢に繋がるわ」
「僕も頑張るロロ。王国に帰れる日までいっぱい勉強して元気に楽しむロロ!」

というわけで元気を取り戻し、夢を叶えるため立ち上がったロロ。これでロックくんを彷彿させるようなイタズラ小僧の復活だったらえらいこっちゃ(笑。一方上機嫌でディスピア城に帰ったシャットさんはテンション上げ上げでクローズさんに美しさをアピール! まあクローズさん的には絶望の森が育ちさえすればいいので手下の増長など気にも留めないのでしょう。以前のクローズさんだったらボロクソに言うトコだろうにナニゲに大物っぽくなってきました。しかしこんな扱いである事をシャットさんが知ったらどうなってしまうのか? 何だかディスダークのこの二人の関係性が面白くなってきました。ていうか次回以降もこのアイメイクで出てきたら大笑いなんだけど。

「カナタがこの近くにいる!」

助けてくれたお礼として猫組から渡されたキラキラ輝く綺麗なもの。それはホープキングダムの紋章で、つまりカナタ王子の存在を示すものでした。第31話ラストカットのシルエットはやはりそういう事だったのですね。まあ近々再会するとして、カナタ王子はどんな状態なのか? ひょっとしたらあえて娑婆に送られているのではないか? それは絶望の種の起動装置(コア?)的な…どちらにせよすんなり再会おめでとう!とはいかないでしょうし、今後どんなドラマが待っているのか楽しみです。

    

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

Go! プリンセスプリキュア「第33話 教えてシャムール♪幸せ叶える幸せレッスン!」

Go! プリンセスプリキュア「第33話 教えてシャムール♪幸せ叶える幸せレッスン!」に関するアニログです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

 そうだよな、美しさが大事なのに敵味方もないよな・・・これ、いいシナリオだな・・・とか思っていたら成田氏!ここまでバッチリ予測が当たったのは久しぶり。ちょっとひねりつつも基本は教訓調なトーンが体に合っているのかも(笑)。シャムールみたいに人間の出来たマスコットが出てくると心が異様に落ち着きますね~(笑)

 そうですね、「レッスンよ~ん」ってお話的にはナイスな振りだと思います。しばらくレッスン不要のトワ様祭りだったので影が薄かったですが、最近またシャムールが出てくるようになって嬉しいです。高貴組⇒(以下略 はあまりにテンプレな流れですがそれも含めて振りなんでしょうね。今回は三美女のメイクで卒倒しそうになるサービス付き。
 しかも今回は、シャムールに焦点を当てつつクロロを慰めたりシャットを励ましたりを全部おしゃれ絡みでつなげる器用なつくりで、これがさすがベテランプリキュア脚本家なのかという感じでした。ロックの人間バレもありましたし、今回の展開は今後の幹部陣の扱いの伏線になってそうです。

 お魚とのバトルは本当にコントでしたね。セミバトルは相手がパフとアロマだったからそれなりに見られる(?)ものになりましたが、今回は運動会の借り物競争かと思いました。あとパフのヘアメイクはもうささすがにお休みなんでしょうか?新製品でも出てくるのかな・・・。

れすれす

>tamanoさん
今回のシナリオは成田節が冴えてましたね。さすが説教に定評があるライターさんだけに教官がメインのお話だとセリフ回しも立て板に水と申しましょうか(笑。ともあれ敵味方関係無くエレガントを貫く姿勢に天晴れ。登場が早かった割にあまり動きが見られなかったミスシャムールのさらなる活躍が楽しみです。パフのヘアメイクはさすがにネタ切れなのでは? むしろ半年もよく続いたと思います(笑

No title

タナカリオン「『洗脳無罪』と言う言葉は嫌いなんですよ。いくら洗脳されてもそれはお前の罪だろ」って言ってたのに
クロロ洗脳無罪じゃないですかー!やだー!
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2