2015-10-12(Mon)

Go! プリンセスプリキュア #36 波立つ心…!みなみの守りたいもの!

みなさま、初めてお目に掛かります。海藤みなみと申します。

princess_36_00.jpg

博士との出会いで気付いた本当の夢。

princess_36_01.jpg

今回はみなさん揃って海藤家主催のみなみんお披露目船上パーティへ。この歳で社交デビューとは財閥令嬢も大変です。ゆいゆいは今回も連れてきてもらえて良かった(根に持つ。そういや件のカナタくんもさっそく同行、アロマ&パフはすっかりカナタくんに張り付いててゆいゆいの立場が微妙に? 航行中の巨大客船にクルーザーからどうやって乗り込んだのか?は深く考えず、ほどなく海藤家頭首夫妻とご対面。金持ち喧嘩せずを絵に描いたような穏やかで上品な佇まいはさすがみなみんのご両親か。そりゃこれだけセレブオーラを放出しまくる家族を前にしたら自己紹介も噛みます(笑。その点ホープ兄妹の優雅な挨拶は王室育ちらしく…カナタは王子の記憶を失えどカラダで覚えてるって事かな。

princess_36_02.jpg

「みなさんの笑顔が私たちの喜びなんです」

客船の豪華設備にテンション上げ上げのはるはるへ穏やかな笑顔を向けながら海藤夫妻のお言葉。みなみんが目標とする「人の役に立てる人」の象徴として申し分無いスタンスであります。成り上がりの金持ちとは違う上品さ。続いてみなさんはオープンカフェに移動して優雅なティータイムへ。セレブリティ~。ここで先の夢を語るみなみんへカナタが「夢?」と戸惑う一瞬が印象的でした。

「ティナ~!」
「あなた凄いね。野生のイルカがそんなに懐いている人初めて見たよ」

そんなティータイムにティナの鳴き声が割って入ってウインドサーフィンのお姉さんが登場。ティナと戯れるみなみんへフレンドリーに話し掛けるお姉さんは今回のゲストキャラ、軽~く獣医を名乗る「北風あすか(CV.坂本真綾)」さん。出合った早々仕事を理由に行ってしまう流れでしたが…大切なパーティを控えてご遠慮申すみなみんに対し、目ぇキラキラさせて誘うはるはるがかわいい。この甘えた瞳で見つめられても責務を外さないみなみんさすが。ってなトコでカナタ王子がご両親への伝令役を名乗り出てみなさん揃って水族館へ。

princess_36_03.jpg

「あの魚、少し動きが鈍い気がするんですけど」

水族館の大水槽を前にキャッキャのはるはるご一行。そんな中みなみんだけは北風さんと並んで水槽をつぶさに観察し、アシカ水槽でも真剣に観察し…その様子を見ていた北風さんはみなみんの真剣な眼差しに気付き始めます。ここでさりげなく入ったアザラシとアシカの豆知識(アシカは前ヒレで泳いで耳たぶがある)はさすが子供番組って感じ? というかそんなの知らなかったよ(笑

「ごめんね…食べた!」
「かわいい! でも少しかわいそうですわ…」
「そんな事を言ってたら何も食べられなくなるよ」
「私たちは他の命をもらって生きてる。魚だけじゃない、他の食べ物もそう」
「だから感謝の気持ちを忘れなければそれでいいのさ」

続いてペンギンへの餌やりにて命を戴く大切さ・ありがたさをサラリと語り、飼育レポートを通じて獣医の仕事の難しさややりがいを語る北風さん。この辺の流れは成田シナリオの真骨頂? そんな言葉をみなみんは目を輝かせて聞き入り、一方北風さんは――

「みなみちゃんはどう? この仕事向いているような気がするけど?」

先のとおりみなみんの適性をズバリ見抜いて直球のお誘い。どうしてですか?とキョトンのみなみんでしたが、ティナとの触れ合いや水族館での様子を見れば全身から適性オーラを立ち上らせてますって(笑

princess_36_04.jpg

Bパートは当初の目的であるみなみんの社交デビューパーティから。メインのみなみんはもちろん、家族一同正装に着替え、はるはるたちもドレスに着替えてハイソなパーティが始まりました。壇上で挨拶を述べるみなみん、すると人垣の向こうの壁に普段着の北風さんを見つけます。この飾らなさはいかにも学者さん?(笑

「おお! これは北風博士!」
「博士?」
「こちら世界的な海洋学者で獣医の北風博士よ」

というわけでフレンドリーな獣医のお姉ちゃんの正体は世界的な海洋学者でありました。海藤グループは北風博士の能力を評価してグループへの誘いを掛け、加えて研究資金提供などの好条件を提示すも、当の博士は何かに縛られる不自由さを嫌いグループ入りをキッパリお断りするのでした。

「いつでも大海原に飛び込めるように自由でありたいの」

その言葉に衝撃を受けるみなみん。海藤グループの仕事に「夢」を感じていたみなみんにとってこれは大きすぎる衝撃でしょう。自分の夢が他人の夢を縛る事もあり得るなんて考えもしなかったはず。

princess_36_05.jpg

そして今回のストップ&フリーズタイムへ。今回のターゲットはもちろん(?)北風さんで、デッキをほてほて歩いているトコへ現れたストフリによって絶望の檻に閉じ込められてゼツボーグ発動! からのみなさんデッキに飛び出してプリンセスエンゲージ! こんなパーティの真っ最中にバトルをおっ始めちゃって大丈夫? ゼツボーグの懐に飛び込んだマーメイドが掌底→キックのコンボを決めた次の瞬間海藤パパがバトル中のデッキに現れ、いつもどおり一般人向け避難誘導役・ゆいゆいの「逃げてください!」に対し――

「先に逃げなさい。私にはこの船を守る義務がある」

某セ○ール号の船長に聞かせてあげたい責任感。しかしどれほどの責任感があろうともゼツボーグの攻撃には敵わず、割って入ったマーメイドの進言によって乗客の避難誘導へ走るのでした。というかこの世界でのプリキュア&ゼツボーグに対する認識ってどうなってんだろ? 本シリーズは結界を張らず衆人環視のド真ん中でバトルが始まり終わる訳ですが…開始当初は記憶操作?っぽい描写もあったけれど最近はその辺がウヤムヤなのでよう判らなくなってきた。この辺をきっちり線引きしておくとお約束の「正体バレ話」が来た時の切実感がじつに盛り上がるので一度ハッキリさせておいて欲しいかも。今回バトル後にご両親が「バケモノ」や「青い女の子」について言及していた辺り異能バトル(笑)の認識はしているようで、毎回こんな感じだけれど、そこからもう一歩のツッコミが無いままふんわりと着地してしまうのだなあ。

princess_36_06.jpg

ペンギンゼツボーグが連射する魚ミサイルをフルムーンバリアで受け、手羽攻撃を受け止め、ってなトコへスカーレットのいいキックが入ってゼツボーグは海へ落ち、バトル会場は海中へ。海の中はマーメイドの独壇場ってコトで水を得た魚の如く肉弾&個人技を駆使してゼツボーグをフルボッコ。さすが海のプリンセスです。

「この船にはみんなの幸せを願うお父様とお母様の夢が詰まっている」
「決して壊させはしないわ!」

そしてマーメイドはバトルを通じて自分にとって最も大切なモノに気付くのでした。その勢いでゼツボーグを海上へ蹴り出しフローズンで動きを止めると四人揃って処刑台送りでフィニッシュ。などなど割とあっさり終わったバトルシーンでしたが、配分としては今回メインのマーメイドの見せ場を作りつつ、他キュアもそれなりにバトっていたので印象は悪くない。というかプリンセスのバトルシーンはメイン以外の棒立ちパターンがほとんど見られないので割と評価してます。おそらくタナカリオン氏もその辺拘っているのではなかろうか。

princess_36_07.jpg

「じつはあなたにもう一度会いたかったからパーティに来たんだ」

そんなこんなでシーンはバトル後のデッキへ。北風さんはみなみんに自分と同じモノを見つけて海洋学の世界へ誘い掛けるも、一方でみなみんの夢「海藤グループで家族と一緒に働く」をきちんと理解しスッパリと身を引きます。海や海の生き物に惹かれる気持ちは共通していても最終的に「守るべきモノ」は違っていて、結局二人は別の道を歩む事に。互いに別方向へ歩き出すカットは判りやすい演出でした。後ろ髪を引かれるように風に吹かれて振り返るみなみんの締めも良かった。

海への思いを再認識しココロが揺れた事で本当に目指すべき場所が見えた。この経験はタダでさえ年齢離れしているみなみんの精神熟度をより高めたに違いありません。などなど他にもプロモデルのきらら、本物プリンセスのトワ、そして本物プリンスのカナタと、はるはるの周りはスペックも意識も高い子ばかりで大変…なのに拗ねず腐らずその中心で常に笑顔を咲かせるはるはるは改めて凄い子だなあと。

    

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

Go! プリンセスプリキュア「第36話 波立つ心…!みなみの守りたいもの!」

Go! プリンセスプリキュア「第36話 波立つ心…!みなみの守りたいもの!」に関するアニログです。

Go!プリンセスプリキュア 第36話「波立つ心・・・!みなみの守りたいもの!」

Go!プリンセスプリキュアの第36話を見ました。 第36話 波立つ心・・・!みなみの守りたいもの! みなみの家族から豪華客船でのパーティにはるか達は招かれ、船の中にプールやダンスホール、映画館まであることに驚く。 そんな中、海で仲良しのイルカ・ティナを見つけ喜ぶみなみは海の生き物達の医者であるあすか先生と出会う。 野生のイルカがみなみに懐いていることに驚いたあすか先生...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

「組織に属することのメリット・デメリット」とか小さい子に分かるのか?と見ていてちょっとビックリしました(笑
進路悩みネタは割りと青キュアに多いですけど、今回のみなみの悩み方は歴代でも高度な部類でしたね。

端的に言えば「家を継ぐか、家を出る道を選ぶか」がお話の軸なのですが、決してどちらにも優劣をつけず、どちらも魅力的に表されているのが良かったです。
みなみパパをはじめ、ノブレスオブリーシュ&家族愛を見事に体現している海藤家を描くことで、これならみなみが憧れるのも自然なことだ、と頷かされ、
一方で、北風博士が見せてくれた新たな世界と新たな生き様に、みなみが目を開かされる様子も丁寧に描かれる。
グランブルーの空の下、静かに歩み去る二人の姿が印象的でした。
みなみの心に立ったさざ波(リップル)がこれからどう動いていくのか楽しみです。

プリキュアやゼツボーグの認識については、どうなんでしょうね。「記憶操作が行われているのは夢が浜だけ」とかだったら妄想が捗るんですけど(笑)

余談。
あすか先生は、例えば、きららの社長さんとはまた違ったかっこよさがあって素敵だったんですが、「この仕事に向いてるかも」だの「あなたに会いたくて来た」だのと効果的にジャブを打ってくるあたり、「今ツバをつけとけば、十年後にこの子から援助してもらえるかも」なんて考えてるんじゃなかろうか、と小賢しい想像をしてしまうのは、私が汚れた大人だからですね、ハイ(汗

No title

今回成田先生ですか。気づかなかった。でも今回、感想を見た感じだとまじめに感動してる人が多かったみたいですね。確かにみなみの将来の夢ってわりとぼんやりとしてたので、こういう形で押し付けがましくなく考える機会を与えたのは良かったかも。「海藤グループで海を守る人になる」っていう大きな路線は変わらないでしょうが、終盤にはもう少し具体化されてくるのかもしれませんね(とはいえ、そろそろ終盤で寂しい限り・・・)。

記憶を失ったとはいえカナタは王子様でしたねね。でも重要な記憶だけ抜けてるような感じで、がますます操作されてるのではないかという疑惑が強まりますね・・・。「夢!?」って戸惑ってたのがちょっとフラグっぽかった。

れすれす

>そらみたけおさん
そういえば進路ネタは青キュアの定番ですね。今回は組織に関する自由と不自由なんてオトナでも即答し難い話をよくぞ子供アニメに落とし込んだものです。海洋学に惹かれた事で自分の夢を見つめ直す流れはよく出来ていましたが、おっしゃるとおり小さいお友達には難しいお話だったかも? 高学年になったとき見直して膝を叩くようなお話というか。ちなみに「ツバ付けとけば~」のくだりはまさに私もそう思って見てました(笑。まあ下世話な話はともかく、これだけ解り合えていればお互い気持ち良い協力体制を作れそうではあります。

>tamanoさん
通例だとクリスマス前辺りから最終ステージに入るのでキャラの日常を描ける話数は残り10話を切った感じ。つまりみなみんの当番もあと1~2回来るか?ってトコでしょう。ああ寂しい。カナタ王子の「夢?」のカットはいかにもなフラグでした。あと終盤に向けて気になるのはホープ兄妹のご両親=王・王妃の消息。回想にすら出て来ないのは大ネタを控えているからとしか思えないけど如何に?

お久しぶりです!
忙がしくなると同時に風邪もらってダウンしてました(涙)
海藤ファミリーのパーティーにお友達として東西コンビが居なかったのが残念!
せっかく北さんも出てきて全方位コンプリートやったのに(笑)
今回みなみが結論を出さずにうまい具合にちょいもやっとしながら先送りにしたのが良かったです!
結論と言うかあらたな選択肢のあいだで迷いが生じた感じが人間味があって素敵でした♪
変な時期に書き込み失礼しました;
管理人さんも風邪には気を付けて下さいね!

れすれす

>かえで寿司さん
このところ気温の変動が激しいですからね。ご自愛くださいませ。
東西ペアには気付きませんでした。なるほど彼女たちが参加すれば全包囲揃いましたね(笑。せっかく幼馴染み設定を活かすチャンスだったのにもったいなかったかも。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2