2015-10-20(Tue)

プリパラ #67 めがジーニアスって何パンダ?

怪盗ジーニアスに怯えてお披露目ライブ開催の危機!? 

puripara_67_00.jpg

ポンカンの秘策でオータムコーデを守れ!

puripara_67_01.jpg

「サマーに続いてオータムまで盗られるなんて僕やだからね!」

前回オタドリを制したオムライスチームは優勝記念のお披露目ライブへ…のはずが、怪盗ジーニアスの犯行予告にビビったドロシーは早々に不参加宣言。一方らぁらは「怪盗が来たら捕まえてサマーコーデを取り返せばいいじゃない!」とイケイケドンドン、小学生らしい無鉄砲もありますが両者の性格差がはっきり表れたヒトコマでした。まあ頼みの綱(?)のプリパラポリスがほとんどアテにならないのもドロシーの石橋ハンマーを重くしているのでしょう。あはは。

「優勝できなかったレオナたちの前でどうだすごいだろ~!って見せびらかしたいんだ。ふーん!」

そしてどうしてもライブをやりたいらぁらへドロシーのセリフがまた業が深い。もちろんらぁらは純粋にオタドリ優勝の喜びを伝えたいだけ=みれぃたちも一緒に喜んでくれると思っていて、しかしドロシーは「負けた人たち」が抱えるであろう負の感情を代弁…なるほどプライドが高く僻みっぽいドロシーが敗者の立場になったらきっと「見せびらかされた」と受け取るのだろうな。少女アニメにあるまじき狭量な考えですがある意味リアルというか、こういう生々しい感情発露は嫌いじゃありません。

「みれぃとそふぃとあろまは一度も優勝してないんだよ?」

そのジェラシー心理を根拠に敗者組を気遣う辺り少々ヒネているとはいえドロシーの優しさをチラリ。なーんて会話からしょんぼり落ち込むみれぃたちの姿を思い浮かべたらぁらは言葉を詰まらせ、みかんも俯き、コスモさんも「今回は仕方がない」と場の空気はすっかり不出場の流れに。

puripara_67_02.jpg

「私たちまたグランプリ取れなかったわね…」
「ええ。らぁらとドロシーは2回ともグランプリを取ったのに私たちはゼロ…」
「うん…きっと次は取れるよ」

一方敗者組の委員長は思いの外 沈んでいました。2度連続で取ったらぁら&ドロシーに比べて自分は1度も取れない、何故こんな差が?と真剣に考え込んでしまう。娑婆での素行が優秀なだけに勝てないダメージも大きいかもしれません。などと全てをカタく考える委員長に対し天才肌のそふぃは「きっと次は取れるよ」とクラゲの如くふわふわした考え方を表し…こちらはこちらで両者の性格差ひいては才能差を暗に示す事でみれぃの追い込みが始まります。

続いて委員長は生徒会日誌を届けに行ったプリンス様の部屋にて厳しい一撃を食らいます。まずはナルシストのプリンス様を見た委員長が「怪盗ジーニアスもナルシストだった」と軽いジャブ、するとプリンス様はオタドリの結果をして「2人の天才を擁するチームがグランプリを逃した理由」について「誰かが足を引っ張っている」と語り、さらに――

「才能のない者にできることは努力すること?」
「違うね。それは天才の足を引っ張らないことだ」

これは言うまでも無くみれぃに対しての言葉。勝てない事を気にしている真っ最中(おそらくプリンス様もその心理を想定しているはず)に「お前が原因」と突き付け、一方当の委員長も元々賢い子だけにその理由に薄々気付いていて、図星を突かれた苦しみから言葉を詰まらせ早々にプリンス部屋を立ち去ってしまう。あああココロがヒリヒリする。やはりみれぃのOPフィーチャーは伊達ではないのか。

「1人でレッスンぷり? 珍しいぷり! さては落ち込んでるぷりね?」

居ても立ってもいられずレッスン室に向かったみれぃはそこで一人レッスンに励むあろまとカチ合います。自分が一番落ち込んでいるくせにこういうセリフを吐いてしまう=まるで自分に対してのセリフみたいな。そしていろいろ理屈を付けながら「努力」に励むあろまに触発されてさらなる努力を重ねるみれぃ。彼女はプリンス様にいくら否定されようとも努力を重ねて天才に追い付かなければならないのです。だってその天才たちと一緒にライブをしたいのだから。しかしこの流れからの次大会でみれぃ「だけ」が取り残されたら強烈すぎる…。プリズムダイブの悲劇を越えそう。

puripara_67_03.jpg

シーンはパッと変わってらぁらの部屋へ。明日のお披露目ライブを全力全壊で楽しみにしているのんちゃんへらぁらは死んだ目で中止を伝え、するとのんちゃんは渾身のフライングボディアタックかららぁらをポカポカ叩きつつ――

「怪盗なんかに負けちゃうなんて最低! 弱虫お姉ちゃんなんて大っ嫌い!」

プリチケがまだ来ていない自分たちはTVで応援するのが楽しみなのに! 2回連続でグランプリを取るなんて凄いと思っていたのに! そんなのんちゃんの叫びを聞き、さらに栄子ちゃんからお披露目ライブの応援電話を受けたらぁらは「ファンの気持ち」を受け止めて覚悟を決めるのでした。

明けて翌日すなわちお披露目ライブ当日。らぁらは先の決意どおりライブ開催の意志を伝え、しかしドロシーは相変わらず中止の意志を曲げません。ファンの気持ちとオータムコーデの危機、さらに「みれぃたちの前でやりにくい」というビミョーな心理を天秤に掛けてどちらを選ぶか? などと答えが出ない葛藤に思い悩むみなさん。すると当のみれぃ検事から電話が掛かってきました。

「まだ学校にいるの? こっちは準備万端よ!」

puripara_67_041.jpg
puripara_67_04.jpg

大急ぎでプリパラに入場したオムライスチームはさらに厳重になった警備と、アイドル検事&アイドル剣士の力強い歓迎を受け…ドロシーの懸念が杞憂だった事が示されるとともに、誰一人としてライブ中止を考える者がいない事を知るのでした。ここまで望まれてライブをやらないなんてアイドル失格もいいところ、さんざグズっていた(笑)ドロシーも一転してエンジンが掛かり、お披露目ライブ中止は中止! つまり予定どおり開催の運びに。そういやOPでも超目立つプリパラナースはプリンス様側の秘策と思っていたら救護班として普通に出てきてちょっと笑った。その程度の扱いなん? ポリスvsナースの闘いみたいな展開を期待していたので少々拍子抜けだったり。

「怪盗に勝つ方法、閃いターナー!」

頼りなかったプリパラポリスのポンカン(笑)もハム先輩の回り車を見て秘策が閃きグッドデザイン賞。なるほどここで後の逆転秘策の前振りをしていたのね。

puripara_67_eyecatch.jpg

今回のA終わりアイキャッチはプリパラナース仕様でした。これはライブで見たい!

puripara_67_05.jpg

というわけでオムライスチームのお披露目ライブが早々にスタート。曲は前回と同じ「オムオムライス」、コーデ含めたライブ映像も前回マンマのお披露目ライブは滞りなく終了し、するといつもと違って出臍のセリがグッと下がって上がって、再び現れたオムライスチームはオタドリコーデから通常コーデにお着替えを済ませていました。これならジーニアスが現れても大丈夫! ってドリチケを掲げていたらいたら同じ事じゃん? と思ったのも束の間。

「最高です。じつに素晴らしいライブでしたね」
「コーデも無事で何よりでしたね」
「すぐに安全な場所に移しましょう。お預かりします」
「よろしくダ・ヴィンチ」
「最高です。じつに素晴らしいライブでしたね」
「あ…あれ?」

オムライスチームのライブを賞賛しながらステージに現れためが兄ぃさん、すると反対側からもう一人めが兄ぃさんが現れました。めが姉ぇさんが量産型だけにめが兄ぃさんが複数いても不思議じゃないとは思うものの、これまでの描写で複数現れた事がないのでどうリアクションしていいのか一瞬判らなかった(笑。結局シンプルな「ニセモノ」話で、お約束どおり互いに「私が本物」と言い合い、間に挟まれたらぁらは天性のカンで「こっち!」と片方のめが兄ぃさんにドリチケを手渡してしまいます。なんつーテキトウな!

puripara_67_06.jpg

ところがそのめが兄ぃさんはマンマとニセモノで、変装を解いたジーニアスは五人のオータムコーデを持って宙へ逃げてしまいます。あらら。そこから本物めが兄ぃさんvsジーニアスの空中戦が始まり、すると2階席最前列から乗り出した客が盛り上がりすぎて落下! ってなトコで各々が落下客を助け、その結果ジーニアスのファンが発生するというイベントが…ジーニアスが純粋な悪人ではない事を示すのは良いけれど、この情況でジーニアスを応援しちゃマズいんじゃ? まあこういう描写は本シリーズらしいっちゃそうかも。そしてドン!と照明が落ちるとジーニアスは姿を消し、オータムコーデもそのまま宙の彼方へ。ところが――

puripara_67_07.jpg

「心配ないダ・ヴィンチ。本物のオータムコーデはここにアールヌーボー ダ・ヴィンチ!」

先の着替えのタイミングでらぁらが持ってたオータムコーデはニセモノとすり替えられていて、つまりジーニアスはまんまとニセモノを掴まされたということ。これこそあじみが閃いた「秘策」でした。オータムコーデの無事を知ってホッと一息のみなさん、しかし敵も然る者、リナちゃんの姿が無い!? と大神田校長が気付いた次の瞬間――

「暇潰しの余興にはなったよ。ご協力ありがとうお嬢さん」

宙を駆けるジーニアスはリナちゃんの吸引力を利用して本物のオータムコーデをまんまと手に入れてドロン。掃除機まで手懐けるとはジーニアスおそるべし! もちろんみなさん一斉に追跡を始めるも、発信器まで使った追跡の甲斐なくいつもどおり逃げられてしまいます。笹の自販機って何だよ!(笑。ともあれこの逃走段取りにて地下鉄ホールの照明まで制御していたプリンス様サイドはほぼ完全にシステムを掌握している感じ。一方追跡側としては今回目の当たりにした逃走パターンからこのエレベータが怪しいと気付くはずで、さらに言うなら以前のハンバーガー屋の振りと合わせてみれぃが「裏ルート」に気付くのも時間の問題でしょう。みれぃvsプリンス様 因縁の対峙(?)が見られる日も近い?

遅れてエレベータホールへ雪崩れ込んできたみなさんの中にあろまだけいないのは描き忘れか伏線か。単に体力が尽きたか?(笑。というわけで対ジーニアスに気合いマシマシの中、次回は定番のハロウィン回であります。ジャックオー蘭たんからもう1年経つのだね。早っ。

         

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

プリパラ「第67話 めがジーニアスって何パンダ?」

プリパラ「第67話 めがジーニアスって何パンダ?」に関するアニログです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

今回の話で、みれぃが一番危ういと自分も思いました。
ひびきの発言を気にしているというのもありますけど、
他にも、そふぃが言った「次は、きっと優勝できる」発言も
悪い方向に働くんじゃないかと思えてくるんです。
そふぃの事だから、次は優勝とポジティブに考えて
それ以上の意味はないんでしょうけど、
逆に次のドリームグランプリで、そふぃは優勝出来て、
みれぃは優勝できなかったら?と考えてしまいます。
今回さらっと出てきたプリパラナースの方も
冬の開催まで時間はまだあると言っても、
今後、この3人で活動する機会が増えれば、
ナース3人とあと2人でドリームチームが結成される可能性もありますし、
ひびきに狙われはしないけど、それとは別でみれぃにフラグが立ってる気がするんです。

ジーニアスについては完全に予告通りでしたね。
オタドリコーデを盗んだのはもちろんですけど、
サマドリの時にばら撒いた「君の心は今度盗もう」
というメッセージカードもその通りに実現してると思いました。
モブアイドル達の中にはすでにジーニアスにメロメロのアイドルもいますし、
リナちゃんも使われた後に赤面してたのでこっちも予告状通りだったので。

No title

そういえばおよそ1年前はレオナが男か女かで大盛り上がりだったなぁと思うと、季節は進んだなぁと思ったり。
ドリームグランプリ回が若干残念な仕上がりになっている→その次の回で話が動いて面白い という流れになっていますが、個人的に思うにそれだとプリパラというアニメ自体の根幹を揺るがしていると思います。新要素であるドリームグランプリが描写不足などでイマイチ盛り上がりに欠け続けている中、ドリームグランプリが近付くにつれてなんだか不安というより恐怖の感情が出てくるレベル。まぁそのあとの回で話が動くんで別にかまわないんですが、個人的にドリームグランプリに対する描写はもっと丁寧にやってほしいです。
しかし今回もひび…怪盗ジーニアスに手玉に取られたわけですがみれぃの悪堕ちがいよいよ現実味を帯びてきましたね。チャームにも見放され続け、ひびきの言葉を果たしていつまで受け止めきれるのか、そのあたりが気になりますね。そしてみれぃがもし悪堕ちしたならば、一体誰が救いの手を差し伸べるのか?お決まりなららぁらですが…
そしてドロシーのお披露目ライブ中止に踏み切る理由も意外と大人で、彼女も成長したなぁと。シオンやレオナのみならず、みれぃやそふぃに気を遣うあたり彼女の成長が伺えます。もしかしてこの立ち位置をずっと維持し続けているドロシーが今後のキーパーソンになるのかも?と淡い期待。

長文&乱文失礼しました~

No title

今回は、久しぶりに一度原点に返った話のような気がしました。プリパラアイドルが何のためにステージに立つのかという命題を含みつつ、各キャラの意思・思惑が関わり合いぶつかり合うこの感じはちょっとプリリズに似てるなとか思ったり。
今回は、みれぃに各キャラとの関わり役をさせたのと、らぁらとジーニアスを対峙させたのが印象的でした。らぁらもみれぃもメインキャラであり、いずれ話の核心に触れ、ひびきと対決することにもなるのでしょうが、何から何まで全然違う二人がどういうアプローチで核心に触れ、どうひびきと対決するかというのが面白そうな予感がします。

れすれす

>通りすがりさん
サマドリ勝者:ふわり、シオン、らぁら、ドロシー、レオナ
オタドリ勝者:あじみ、コスモ、らぁら、ドロシー、みかん
つまり現時点で勝っていないのはみれぃ、そふぃ、あろま、ファルル

プリパラナースは今回ドタバタの賑やかしで終わるとは思えず、おっしゃるとおりナースチーム+2人でチームを組んで以下略な展開が来そうな感じですね。星取り表を見る限りナースチーム追加(?)の2人があろま&ファルルだったら…その一方ポリスチームはアイドル検事&剣士がハマりすぎているので

ナースチーム:そふぃ、レオナ、ふわり(+あろま、ファルル)
ポリスチーム:らぁら、ドロシー、みかん(+みれぃ、シオン)

仮にこのチーム編成でポリスチームが負けたらみれぃ的にはプリズムダイブ以上のダメージが来そうな…。あ、こういう予想ネタは本文記事に書けば良かったかも(笑

>バタフライさん
何せこのシリーズにハマったのが東北震災の年ですもの。プリパラ2期も何だかんだ半年過ぎちゃって、ほんと光陰がマッハすぎて恐ろしい(笑。ドリームグランプリのヤッツケ感は私も気になっていた所です。まあシーズンごとの大会は予選みたいなもので、メタ的には大会前後の話を動かすきっかけみたいな位置づけと思っていても、もう少し大会自体の盛り上がりが欲しいですよね。

いや大会よりも係るチーム結成がヤッツケ(ご都合)に見えすぎてしまうのがツライかも。普段からもっと気軽に5人チームを組んで可能性を試す=見聞を広げる的な展開だったなら大会前のヤッツケチームもそれほど気にならないかもですが、1・2クールでやってた事はエゴ丸出しの新キャラ取り合いでしたからねえ。それもこれも本作テーマ「みんなともだち」のアンチテーゼ=ひびきの主張どおりの行動をらぁらたちが無意識に行っていた、正しいのはどちらなのか? なーんてトコへ繋がるとドラマになりそうですがはたして。

>適当にフォローさん
ドタバタが続いた2ndシーズンにてようやくドラマ要素が回ってきた感じですね。OPでさんざ振っているみれぃのドラマをどう転がすのか楽しみだったり不安だったり。作風がコレなのでズンドコの淵まで墜ちる事は無いとは思いますが、普段の(無理な)明るさからの落差は相当効きそうですし…そんなみれぃを救うのはおっしゃるとおりタイプが真逆のメインヒロインのお仕事でしょうね。

No title

67話視聴しました。久しぶりにシリアスな展開でしたね。脚本はシリーズ構成をしている土屋さんなので、釣りとかではないと思います。

自分はあろまをひびきが選ぶとはやはり思えないです。むしろみかんと共にポリスチームに選ばれるのでは?と考えています。
その場合はみれぃのポジとして考えられるのは、オタドリのふわりの位置ですね。ふわりは天才なのでヤギとチームを組んでピンチを脱出しましたがみれぃは・・・。もしかしたらグランプリを取るチャンスすら与えられないかも。
みれぃは次のグランプリに向けて努力をしていますが、チャーム、ベルといったシステムは努力ではどうにもならなそうですからね。あろまとみかんが仲良くドリームチームを組めた所を見せつけられるんじゃないでしょうか?

今までのドリームグランプリが茶番臭プンプンだったのは、みれぃの努力に結果がついてくるような大会ではないことを暗示するためのものだったのかなぁ、などとかなり良心的な解釈をしています。

まぁ、可能性の一つですが、もしそうならかなりシリアスな展開も来るかもしれません。結構楽しみです。

れすれす

>いろなさん
あろま&みかんがポリスチームで揃うという予想はこれまたキッツイ。

ナースチーム:そふぃ、レオナ、ふわり(+シオン、ファルル)
ポリスチーム:らぁら、ドロシー、みかん(+あろま、あじみ)
客席:みれぃ

仮にこう編成するとナースチームは思いっきりひびきが押す天才メンツ、対するポリスチームはひびきが嫌うBAKAメンツなので対決軸としては判りやすいかも。しかもポリスvsナースの対決を客席から一人見ているみれぃの絵面は相当な破壊力でしょうし。このパターンだとナースチームが勝たないとひびきの筋が通らないので結局あろまも全敗のまま…今回のレッスン風景を努力組否定の前振りとすればみれぃ&あろまのアツいドラマを期待できそう?
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2