2015-11-17(Tue)

プリパラ #71 誕生日の約束、かしこまっ!

思い出に浸るなお。新しい思い出へ駆けるらぁら。

puripara_71_00.jpg

ずっとずっとず~っと、お誕生日は一緒にお祝いしようね!

puripara_71_01.jpg

「そういえばもうすぐよね、らぁらの誕生日」
「そっか、もうそんな時期か~」
「今年はどうするのカプレーゼ?」
「もちろんなおと一緒だよ」

アバン冒頭は真中家の朝食風景。11月生まれのらぁらが「もうそんな時期か~」とか…ふと気付けば今年も残り1ヶ月半を切ってしまい、結構本気で「もうそんな時期か!」と驚く次第でございます。1年が早すぎる。ともあれらぁらは当然のようになおちゃんと一緒に誕生日を過ごすつもりで、のんちゃんの「バースディライブイベントは?」との問い掛けに対し、ジーニアス騒動を理由に「プリパラは今 私の誕生日どころじゃない」と鼻息荒く全面否定。なるほどこの辺かららぁら自身の意識と周りの意識の差をさりげなく印象付けていますね。

「あっ! 誕生日ケーキか!」

ほどなく通学の道すがら、なおちゃんはケーキ屋のショーケースにあるバースディケーキを遠い目で見ていました。もうこの時点で切なさMAXリラックスであります。ってなトコへ合流したらぁらはケーキを見つけて大はしゃぎ、そこから思い浮かべた歴代お誕生会に映るちびらぁら&ちびなおちゃんがかわいすぎ。ほんとずっと一緒にお祝いしていたのだね。先のとおりらぁらは今年も一緒にお祝いするつもりで、しかしなおちゃんはらぁらの人気を気遣って――

「でもらぁら今年は…」
「今年は何ケーキがいいかなあ? なおは何がいい?」
「え? らぁら、一緒にお祝いできるの?」
「当たり前でしょ? 誕生日は幼稚園の頃からずっとなおと一緒なんだもん。ね?」
「うん!」

二人の意識差が浮き彫りになるも、らぁらの考えを知って喜ぶなおちゃんでしたが。

puripara_71_02.jpg

Aパート冒頭は盗まれたコーデチケット再発行が無理だったおしらせ。まあここで再発行できてしまったらお話にならないので当然ちゃ当然です(笑。いんぽっしぶる!

「夏秋冬そして春。各季節のプリンセスが決定する時点で全てのコーデが揃っている必要があります」
「つまり一つでもコーデが足りなければその先のパレードは中止です」

ここでまた後付けのルールがいきなり示されました。そんな話あったっけ? というかグランプリ自体のルールが曖昧MAXリラックス状態なので今後どんな後付けが来ても「そういうもの」として受け容れるしかないのでしょう。ただやはりこんな風に後付けルールでピンチを作ってもイマイチ燃えず、めが姉ぇの「システムですから」を聞いた後のように脱力苦笑いするしかなく、つまりキャラたちがチケット奪回にどんだけ張り切ろうと空回りに見えてしまう。そもそもグランプリ自体に興味が…(それは言わない

「らぁらバースディイベント実行委員会?」

シーン変わって東屋にてらぁら抜きの緊急会議の様子を暫し。まあお誕生イベントと言えば本人に秘密のサプライズがお約束ですものね。ってやっぱりイベントやるんじゃん。しかしその主目的は一致団結して開くイベントをジーニアスに見せ付けるため…もちろん祝う気持ちは本当だろうけど、シオンの言い方だとらぁらをダシに使ってるみたいでビミョーな感じかも。ううむ。続いてドロシーがジーニアスのバースディを想像してこき下ろし――

「寂しいナルシスト、はははは」

その「ナルシスト」からある人物を思い浮かべた頭脳組二人でしたがお約束どおり「まさかな」「ぷり」と呟いて思考の外へ。そしてドロシーの一声でドリームシアター貸し切りの盛大なバースディイベントがけってーい! そんな簡単に。

puripara_71_03.jpg

「え~、私の誕生日に貸し切りライブ?」

もちろん簡単に貸し切り許可は下り、戸惑うらぁらは告知CMの撮影に引っ張られ…いきなりサプライズ無しか!(笑。しかもどうせなら全国の11月生まれ全員とバースディを祝っちゃおう! とイベント規模はますます膨れあがるのでした。

一方らぁらとのバースディに向けてプレゼントを用意するなおちゃん。するとTVに映ったらぁらが件のイベント告知を始め…お誕生日は一緒にお祝いするはずだったのに何故? と一瞬戸惑うなおちゃんでしたが、カメラ越しの指名を聞いて再び笑顔に。ああ揺れる揺れる。

puripara_71_04.jpg

「誕生日ライブだって? お気楽なものだな、冬のグランプリも近いというのに」

例によって生徒会日誌を届けにプリンス部屋を訪れた委員長はプリンス様の物言いに火花ビシビシ! 校則を盾に言い返す委員長を鼻で笑うプリンス様、ってな態度に激高しドアをバタンと閉めて帰る委員長。もはやお互い感情を隠さなくなってきました。

一方プリパラでは告知した噴水前に11月生まれの子が続々と集まり始めて思いの外の大盛況…どころではなかった! そりゃ概算で全人口の1/12は11月生まれなのだから全国規模で考えれば噴水広場を埋め尽くすくらい押しかけても不思議ではありません(笑

「ら…らぁら?」

ってなトコへ例のプレゼントを手に現れたなおちゃんは、群衆の中心で担ぎ上げられ揉みくちゃにされる様子を見て改めてらぁらの人気を思い知り、立場の違いを突き付けられて孤独の淵へ。これはキッツイ。

puripara_71_05.jpg

Bパートはドリームシアターにて始まったバースディイベントの様子をつらつらっと。あじみ先生のゲージツネタに続いてふわりのヤギ合唱隊、世にも不幸なトリコの話、ハム先輩のヒマワリの種演奏、ファルルによるガァルルのモノマネなどなど…バースディイベントっていうか隠し芸大会じゃん?(笑。松原禎子ユニットによる「ハッピーバースディ恋人岬」の一節から、例によって衣装に同化しているNew&Mewへサインをねだるあろまの一幕はちょっといい話でした。今でもファンなのね。

「本日の限定ユニット! その名も南みれぃとプール5! 曲は『東京ゴビ砂漠』ぷり!」

その曲名どおり(?)メンバーは、ニュウ! ミュウ! きゅぴこ~ん! ちゃんこ! ルノワールーベンスーラーンジェロダ・ヴィンチ! と語尾キャラのてんこ盛りで――

「くだらない、くだらなすぎる!」
「なぜだ…こんな無駄な事に力を注ぐとは、何故なんだ?」

そりゃ中継を見ていたプリンス様もカップを落とします(笑。しかもプリンス様的に誕生日など何の役にも立たないものらしく、らぁらたちの盛り上がりを全く理解できずどよんどするばかり。そういう点ではシオンの宣言は正解だったのかも。

puripara_71_06.jpg

カメラは再び大賑わいのドリームシアターへ。みんなに囲まれプレゼントの列に笑顔を向けるらぁら、しかし列が進んでもなおちゃんは現れませんでした。きゅぴこーん☆。それはそうと栄子ちゃんの手彫りカップに込められた愛が重すぎる。どうすんだこれ。

「らぁら、よかったね。みんなにお祝いしてもらって。おめでとう」

その頃なおちゃんは自宅で一人アルバムを眺め思い出に浸っていました。二人で過ごした時間を振り返り、今や近付く事すらできない人気者のらぁらを遠くから見つめる様子はじつに切ない。一方らぁらは忘れ物を口実に現場を抜け出してなおちゃんを探し始め、しかしプリパラのドコを探しても姿は無く――

「もしかして!」

走りながらふと思い付いた先は娑婆の家、ここは走りながらの変身解除&風景変化が絶妙でした。駆け抜ける商店街の駄菓子屋も妙にリアルです(笑。それはそうと会場を後にするらぁらの背景モブの作画に唖然、作画監修のみなさんはこれを修正するのか…。

puripara_71_07.jpg

そしてアルバムを眺めるなおちゃんの回想によって二人の出会いと歴史が描かれていきます。幼稚園の年中さんに転入してきたなおちゃんに誕生日をきっかけに話し掛けるちびらぁら、奇しくも同じ日と知ってさっそく仲良しとなり、それ以来毎年一緒にお誕生日をお祝いするようになった。ソファに掴まって手を振るちびのんちゃんかわいい。7年前なので2~3歳くらい? この時かららぁらには手作りリボン、なおちゃんには手作りパラカッパ(笑)をお互いプレゼントし合うのが恒例になったようです。こんな小さい頃からパラカッパが好きだったのね。

「なお、これからもずっと、ずっと、ず~っと、お誕生日は一緒にお祝いしようね!」

これこそ今回のサブタイトル「誕生日の約束」で、清々しいほどストレートな約束に二人の純粋さが見えてほっこりが止まらない。棚に飾られた歴代のパラカッパが年を追うごとに上手くなってるのもほっこり。この棚を事前にチラリと映しておけば今回エピソードがもっとアツかったかも?

「なお、いた~!」

ってなトコでなおちゃん宅に到着したらぁらとのご対面へ。ドアを開けるなり思いっきり抱きつくらぁらに気持ちが乗りすぎていて、このヒトコマだけで画面が滲んで大変です。とはいえ感激の対面が済むとらぁらは「なんで?」と訴え、するとなおちゃんは理由を話すのでした。

「らぁら人気者になっちゃったから今までみたいにはいかないのかなって…」
「だから一人で誕生日やってた」
「なんでそういう事 勝手に決めちゃうかな!」
「だってバースディイベントは? ライブだって…」
「ライブも大事だけどなおはもっと大事だもん!」

らぁらの人気に遠慮して身を引いたなおちゃんと、そんなの関係なく以前と変わらぬらぁらとのすれ違い。まあよくあるシンプルな話っちゃそうですが、お互いにお互いを大切にしている事がストレートに伝わってくるこのシーンに画面が滲んでさあ大変。これはズルいわ。お互いの気持ちを吐き出したトコでらぁらは恒例の手作りパラカッパをプレゼント…ドコから出した!?(笑。返す刀で手作りリボンをプレゼントしたなおちゃんはそのままらぁらの手を引いて、みんなが待ってるプリパラへレッツイゴー!

puripara_71_08.jpg
puripara_71_09.jpg

「じゃあらぁら頑張ってね!」
「かしこまっ☆ 世界中に届くように歌うよ!」

そのまま二人でデュオライブ!? と思いきや当然のようにステージと客席に別れてあら残念。別れたらぁらはシアター前で待ち構えていた仲間とともにシアターへ入り…今回は6人いますよ! 5人ライブがデフォのシアターにて6人ってのはいったい? と思ってもどうせ「システムですから」と返されるだけなのでいちいち深く考えない。

始まったライブは第48話以来の「ラッキー!サプライズ☆バースデイ」、赤カーテンが開いての導入部に黒板絵があったり、メンバー変更に伴うキャラ入れ替わり・追加があったり、あろま仕様の小道具(笑)が消えてたりしますが、映像そのものは第48話分の使い回しです。まあいつもの事とはいえバースディイベントのライブが使い回しってのは何だかちょっと残念な気が。

以前マンマにケーキの箱がパッと開いてステージチェンジ。ここに6人はちょっと狭い?(笑。続いてサイリウムエアリーが発動するとみなさん一斉にシアター内を飛び回り、そしてここでまさかまさかの演出ががが!

「なお!」
「わぁ!」

みなさんに続いてケーキを飛び立ったらぁらは客席に手を伸ばすとなおちゃんの手を取って宙へ昇っていきます。何というサプライズ。

「届いたよらぁらの気持ち。今までで一番ステキな誕生日だった。ありがとう!」

仲良く着地し顔を寄せ、笑顔を交わしてフィニッシュは何よりの思い出になったことでしょう。しかしせっかくなおちゃんのモデルがあるのならEDの新曲でデュオライブを見てみたかったかも。この1シーンだけの出番なんてもったいなさすぎ。

puripara_71_10.jpg

ライブを終えると会場のみんなにケーキを配ってイベントの締め。ってな様子を眺めていたみれぃ&シオンが巨大モニタを見上げるとそこには生まれたばかりのらぁらが映し出され、生後まもなくからのんちゃんとの砂場遊び、入学式、そしてプリパラでの日々と、らぁらの思い出を綴る特殊EDが始まります。流れる曲のタイトルは「Thank You Birthday」といかにも誕生日仕様で…返す返すもこの曲で新ライブを見たかった。ううう。それにしてもこんな風に振り返られると最終回の走馬灯みたいで何だかフクザツな気分。

「みーんな友達! みーんなアイドル!」
「消せ」

満面笑顔のらぁらで締めると思いきや、カットがパッと変わって一瞥斬り捨てのプリンス様へ。この落差・温度差は強烈でした。そしてBAKA箱の縁から落ちたドールを受け止めると厳しい口調でらぁらの属性を語り――

「こいつは天才でもバカでも語尾でもない、僕の敵だ!」

これまで様子を窺っていた風でしたが決定的に敵認定、らぁらドールを「敵箱」に放り込んでの締めはいい感じに穏やかじゃありません。

         

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

プリパラ「第71話 誕生日の約束、かしこまっ!」

プリパラ「第71話 誕生日の約束、かしこまっ!」に関するアニログです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

これはいいらぁなお回。しかもそれだけでなく今後の展開をにおわせる伏線もあったりと、個人的に安心して見れた回でした。にしても、らぁらの両親が喋ったのっていつ以来でしたっけ…?w
らぁらとなおの微妙なすれ違いを上手く描けているなぁと感心しきりです。テレビを見ながら満足げに笑顔を見せるなおがいい子すぎていい子すぎてもう…!そのなおの思いが届いたのか、家まで全力ダッシュするらぁらの必死さ、そして再会後の目に涙を浮かべながら話すらぁらのどストレートな演出にこっちの目まで潤んで困った困った。途中からなおがひびきに狙われるんじゃないか?とまで寂しい演出ばかりでしたからある意味ホッとしてます。
そしてひびきにはっきり決別されたらぁらですが…これでひびきのドリームチームはどうなるか、またわからなくなってしまいましたね。未だにレオナ、あろまがどこのカゴに入れられていないのも気になる。ただこのスローペースだとウィンタードリームグランプリでお目見え!なんて展開にはならなさそう?そもそもウィンターグランプリが近い と言われているだけでいつかも分かっていませんが。

長文&乱文失礼しました~

No title

今回はライブ・EDとサプライズ多くてよかった。
6人ライブは今後の布石?もしかしたら冬は6人チームだったりするのでしょうか?そうすると、ますますドリームチームの展開が読めなくて難しいです。

後みれぃも昔はこだわりが強くて、ぼっちの時期があったので、今は無理でもひびきとはいつか分かり合えそうだなと思ったりしました。ひびきを改心させるのはらぁらではなく、みれぃなのかもしれないと今回思いました。

ひびきは無意識にらぁらに嫉妬しているじゃないでしょうか?

ドリームシアターで6人ライブについては貸し切りの許可をとってたからできたんでしょうね。
なおのCGについては制作側の人のツイートによると
こんな事もあろうともこっそりコツコツ作ってたらしいです。
今回の話で思った事は、ひびきがらぁらを気に入らない理由って
もしかして、天才であるひびきが持ってないものを
バカでも天才でも語尾でもないらぁらが持ってるからじゃないでしょうか?
ひびきは自分の誕生日も冷めた感じで考えてましたけど、
誕生日の過去回想のお客は誰もひびきを見てない、
ふわりを落とそうとしていた時期も寄ってくる女はまがい物ばかりみたいな事も言ってたので、
無意識のうちにらぁらに嫉妬してるんじゃないかと思うんです。
天才だけど、ちゃんと自分を祝ってくれたり見てくれる人がいないひびき、
天才ではないけど、皆に好かれ、友達を大事にするらぁら、
無意識に嫉妬の感情が芽生えていても不思議じゃないです。
見切りをつけたはずのふわりに24,5時間TV回で
気を止めたのもそれが理由だと思います。
見切りをつけても、ふわりを自分色に染めようとしたりしても、
それなのに、ふわりの事で未練があるのは、
地位とか名誉じゃなくちゃんと自分を見てくれた
ふわりへの想いは本心だったからと思うんです。

No title

今回はありのまま良い話すぎて口を挟みづらいw・・・ちょっと泣きそうになりました
みーんなトモダチというのも大事だけど目の前の一人のトモダチを大事に出来てこそなんですねえ。らぁらの友情の厚さが素晴らしかったと思いました。
ライブ映像の曲目・人選はここまで、諸般の事情(主に販促かな)を鑑みて、やることやらないこと出来ること出来ないことを取捨選択しつつ作り続けられてきたんじゃないかなと思います。そういう意味でなおちゃんのCG化はちょっとしたサプライズでした。特殊EDもよかったのですが、歌詞を見るに曲が再び用いられることがあるのかちょっと疑問ですね。
そして、ひびきがらぁらを「敵」と言ったのが自分の予想にドンピシャはまってくれて何かうれしかったですwトモダチ・友情というテーマにしてもいつかは敵対・対立するであろう二人の今後の展開が楽しみです。

そらみドレッシング版サプライズバースデーからのthank youバースデーの流れはらぁらデビュー一周年ライブ(リアルの方)の流れで思い出が蘇りました。
その一周年ライブDVDも発売されるとかで楽しみです。
ある意味一番のサプライズだったなおのCGにはAD50話での阿世知社長(若)を思い出しました。あれは新人CGスタッフの教育のために作らせたと以前読んだ記憶がありますが、ハロウィンCGのように減価償却もとい再利用でのなおライブもあるのか期待ですね。
さて、らぁらを本格的に敵認定したひびきもそろそろ筐体でのデビュー間近でどんな行動をとるのか?はたしてプリンス様の性別は?と気になることばかりです。

私も同じくなおのCGモデルがあったのにサプライズ、中の人的にライブしてくれたらなとは思いますがまあ望みは薄い
ゲームにはひびきが参戦しますが紹介文を見ると王子様「のように」かっこいいひびきと露骨に匂わせる紹介だったのでいよいよアニメ側でもバレが来るのでしょうか

れすれす

>バタフライさん
玄関先での涙の叫びはズルいですよね。あんなの見たら泣くに決まってます(笑。お話自体はシンプルなすれ違い劇でしたが、それだけに互いの気持ちがストレートに伝わってきて、涙目で頬が緩むようないいお話だったと思います。ウインタードリーム開催はパターン的にはクリスマス前くらいでしょうか。つまり残り4話程度で天才チームの件を片付けなければならない…この期間でメンバー確定やひびきの正体バレまでやるのは厳しそう?

>いろなさん
6人ライブは誕生日サプライズだけと思いますが、「システムですから」と言われたら言い返せない世界観なのでこの先どうなりますやら。OPで意味深すぎるみれぃの見せ場は追々来るでしょう。そしてそれはおそらくひびきとの絡みだと思います。

>通りすがりさん
まあ言ってしまえば「貸し切り」ゆえにイレギュラーなライブが可能だったのでしょうね。システム的に6人ライブに対応していたってのが不思議ではありますが(笑。誕生日の客やセレブリティ4はともかく、ひびきをきちんと見ている存在として安藤さんがいるので、ひょっとしたら彼(彼女?)が今後のキーパーソンになる可能性もありそう。まあ王道としてらぁらが決め手になるとは思いますが。

>適当にフォローさん
らぁらのリボンにあんな曰くがあったとは! ってのが一番の衝撃だったかも。今後あのリボンを見る度にほっこり気分に襲われそう(笑。CGライブのなおちゃんは短い出番でしたが結構なサプライズ、でもそれだけに今回限りの新曲(ED曲)でデュオライブを見たかったです。それが無理なら止め絵でいいから一緒に歌ってるトコ見たかった。

>通りすがりさん
そういえば阿世知社長のCGはサプライズでしたね! OVAでいいからオーロラドリーム シーズンゼロを作ってくれないかなあ。それはそうとひびきの筐体デビューって…それまでに性別がはっきりするって事でしょうか。どっちに確定しても一騒動ありそうな予感(笑

>通りすがりさん
そう言われてゲーム公式サイトを見てみたら「王子様みたいにかっこいいひびき」と…これまたビミョーな。レオナの時の判断材料だった睫毛の法則を鑑みれば性別は自ずと予想できますがはたして?
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2