2016-01-18(Mon)

Go! プリンセスプリキュア #48 迫る絶望…!絶体絶命のプリンセス!

五人目の戦士ゆいゆい、ついに覚醒!? 

princess_48_00.jpg

自分の夢だもん。叶えたいなら戦わなきゃ!

princess_48_01.jpg

前回ラストでノーブル学園を見下ろしてニヤリのディスピア様。そこからの今回はいつの間にか空を覆った暗雲から絶望の荊を地上に打ち込み、御身自ら学園へ降り立って最終決戦の舞台を整えます。ってな様子に息を呑むゆいゆい、ホープキングダムのプリキュアチームと分断されていよいよピンチか? と思いきや次のカットで普通に帰ってきてちょっと笑った。そこは王国で足止めして分断でしょ? 何やってんのディスピア様。

「お前達の夢は絶望に変わり、全て私の力となる」

根を下ろしたディスピア様はそのまま絶望の花を咲かせて絶望城の体を作り、例によって威圧的な口調で征服を宣言します。ペース早っ。そう言われてハイそうですかとは口が裂けても言えないプリキュア勢はさっそく臨戦態勢に走るも、制服姿での帰還が仇となって周囲のみなさんに止められてしまい――

「どうしよう…変身できない」

princess_48_02.jpg

そんなこんなでシリーズ恒例(?)の正体バレ展開へ。とはいえここに至るまで正体を隠す理由も意味も係る描写もほとんど無かったため、何というか特に衝撃も感慨も無く、単にお約束を進めているだけっぽく感じなくなくも。むしろ白金さんや学園マザーは気付いていなかったの? とすら思えたほど。変身バンクの合間合間に各々縁のキャラたちが驚くカットを入れたのは面白かったけれど…きららの縁者がらんこだけってのはどうなのか(笑

「はるかちゃんたちは私たちの夢をずっと守ってくれていたの」

学園生たちの目の前でプリンセスエンゲージ!からディスピア様へカチ込むプリキュアたち。後を追う王子や妖精ズの正体もこれにてバレ、ってな様子をしみじみ見やるゆいゆいへみなさんの視線が集まると、意を決した観測者はこれまでの経緯を説明するのでした。正体バレの際には大抵プリキュア本人からの説明=衝撃の告白!が入りますが、本作は第三者視点のキャラがいる事で話がサクサク進みます。

princess_48_03.jpg

「クローズ。行け、私はまだ動けぬ」
「これも連れて行け。小賢しいだけの失敗作だったが多少の使い道はあろう」

一方のディスピア様サイド。あれだけ派手に降臨して「まだ動けぬ」とはディスピア様先走りすぎです(笑。そして一枚のボロ切れをクローズさんに渡し…予告で映した今回の魔物(?)はロックの再生品と判っていましたが、まさかこんな破片一枚からの再利用とは思わなかった。ロックくん浄化によって妖精体に戻ったは良いけどほとんど見せ場が無かったクロロを巻き込んでの再闇堕ちとかちょっと期待していたので。

「ロック…」

再生した途端プリキュアたちから個人技フルボッコでもてなされる異形ロックくん。さすが終盤アクションはどのカットもいちいち気合いが入ってます。しかし気合い作画と裏腹にプリキュアたちの攻撃はことごとく跳ね返され、トゥインクルバリアも破られ、自我を失いディスピア様の操り人形と化した再生ロックくんの猛攻に圧されるばかり。一方その様子を影から見ていたシャットさんは、変わり果てたロックくんをきっかけに自分たちの在り方について考え始めるのでした。

princess_48_04.jpg

暴走状態のロックくんにトリニティ エクスプロジオンをぶっ放して攻守逆転? と思いきや、バトルを見守る学園生たちに気付いたクローズさんは次の瞬間みなさんの前に現れて絶望の種をバラ蒔き、あれよあれよと檻に閉じ込められたみなさんから絶望エナジーを吸い上げてロックくんへ供給開始。あららら。だから「安全な所へ!」って言ったのに(笑。抵抗していたゆいゆいもほどなく収監され、絶望パワーがみなぎってますます巨大化したロックくんはフルパワーの絶望ビームをぶっ放し、その強大な力によってプリキュアたちの棒&バイオリンが砕け散っていよいよ大ピンチであります。

princess_48_05.jpg

「そうだよ…私、もうこんな所に閉じ込められてる場合じゃない!」
「自分の夢だもん。叶えたいなら戦わなきゃ!」
「助けてもらってばかりじゃダメだ!」
「戦うんだ私も。はるかちゃんたちと一緒に!」
「ウワァァァァ!」

CM明けは檻の中。虚ろな瞳で目を覚ましたゆいゆいは、得物が砕けても諦めず戦い続けるプリキュアたちを見て瞳の輝きを戻し、そしてついに覚醒へ! 思い返せば第41話でいいトコまで行ったけれど叶わなかった自力脱出をついに成功させた五人目の戦士、5度に至る捕らわれ経験(笑)がまさかここへ至る布石とは。そして檻を掴んで叫んだ彼女の言葉こそ本作の重要テーマでありました。夢を覗かれ捕らわれる度プリキュアに助けられ、しかしいつまでもそれではいけない。自分の夢は自分で守らなきゃ。

princess_48_06.jpg

「相原くん! 起きて相原くん! みんな目を覚まして!」

檻から出たゆいゆいはプリキュアたちのピンチに気付くと周りの檻に駆け寄って目を覚ますよう呼び掛け始めます。私だってできたんだからみんなだってできる! 最初は無茶と言っていた妖精たちもゆいゆいの気迫に押されて意志を固め、みんなで手分けして檻に声を掛けるのでした。いやはや何というアツさ。開始当初から注目してきたキャラのここ一番の見せ場に感慨を禁じ得ない。ゆいゆい輝いてるよ!

「え?」「なに?」
「みなさんの絶望が止まったんですわ!」
「ゆいがみんなの絶望の檻を開けちゃったパフ!」
「えぇっ!? 開けた!?」

みんなの檻が開くと同時に目映い光が輝き、すると暴走ロックくんは見る見るしぼみ、プリキュアたちを拘束していた荊も解け…何が起きたか判らないプリキュアたちにパフの報告はあまりに衝撃的でした。「みんなの夢を守れるのは私たちだけ!」と叫んだ後の、文字どおり手も足も出ないピンチをひっくり返した鍵が一般人ってのはホント良くできています。ドラマ作りのお手本みたい。

princess_48_07.jpg

ディスピア様の呪縛に苦しみもがくロックくんに先の異形シャットさんを重ねるフローラ。自我を奪われコマの如く操られる悲しい姿はフローラのココロに何かを訴え…その溜めからカットがパッと変わって断末魔のロックくん&静かに覚悟を決めるシャットさんを映す演出はなかなか渋かった。

princess_48_08.jpg

「ロックはこれまでだな…まあいい、お前たちもこれで終わりだ!」
「ハァッ!」
「シャット! てめえ何のつもりだ!?」
「うるさいっ!」

一方クローズさんは今際の際のロックくんにサッサと見切りを付けて絶望砲をぶっ放し…ってなトコへ割って入ったシャットさんがいい一発をぶち込み、続けて――

「ロック! 貴様さんざん私を馬鹿にしておきながらそのザマは何だ!?」
「あれだけ偉そうにしていた貴様はどこに行った!?」
「見ろ! 私たちが落ちぶれている間にプリキュアどころか妖精も人間どももどんどん変わっていく!」
「変わるぞ、私たちも。ディスピアの呪縛から抜け出すのみ!」
「だね…」
「プリキュア! 今だ! ロックを!」

第46話での引き方からしてシャットさんの改心・見せ場は予想でき、それはおそらくピンチのプリキュアを守る形で描写されると思っていましたが、まさかこういう形で…ディスピア様に弄ばれるだけだった幹部仲間たちに対しての意識改革=誰かに依存したままてはいけない、自分の事は自分で考え 変わっていかなければいけないという、こちらもまた作品テーマに則った離反劇を演じてくれるとは。シャットさんアツいよ! もう何なのよ今回は! この大詰めだってのにプリキュア以外が美味しいトコ全部持ってっちゃった(笑。そして瀕死のロックくんをトワの実家の処刑台に送ってフィナーレ。浄化されてボロ布に戻ったロックくんに救いはあるのか?

「おのれプリキュア。だが時は来た」
「みんなの夢は消させない。ディスピア、さあお覚悟はよろしくて?」

というわけで絵面や声にド迫力はあるものの実際は大した脅威になっていなかったディスピア様がついに本気を出してくれそう? これまで伏線らしき描写も無かったのでディスピア様の正体がドラマに絡むような衝撃的展開も来ないでしょうし、後はお約束どおりラスボスの猛攻に刀折れ矢尽きたプリキュアたちが謎の力で最終形態に変わり、究極技で大逆転→大団円でオシマイかな。王国関係がほぼ片付いている上に、娑婆のみなさんまでいつになく強まっているため最終決戦への緊迫感がほとんど無く、何となくテンプレ消化試合っぽく感じてしまうのは少々残念。残り2話、綺麗に締めてくれるといいなあ。

    

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

Go! プリンセスプリキュア「第48話 迫る絶望…!絶体絶命のプリンセス!」

Go! プリンセスプリキュア「第48話 迫る絶望…!絶体絶命のプリンセス!」に関するアニログです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

Goプリも最終回が近いですね。

ゆいゆいはプリキュアに変身しなくても一般人でも立ち向かう力を持つことができる、と説得力がありましたね。

毎年プリキュアは見てましたがシナリオの構成も内容も作画の力の入れ所もかなり良いプリキュアじゃないかなと思います!お約束展開に感じるのは見慣れすぎもあるんじゃないかなと(ry

残り2話 どんな物語でENDを迎えるのかとても楽しみです。

No title

(笑)今回のトップ絵はこれしかないですね!

確かにここまで来ると正体発覚展開に予定調和という感はないではなかったです。みんなプリキュアに気づいてなかったのか、というのは思いましたし、そもそもこれまでそこまでして隠す意味もあまりなかったんじゃ?それでもはるかが真っ先に歩み出たのはしっくりきましたし、ゆいゆいが最後の最後でサプライズをかましてくれて面白かった。
それと終盤に来てこれまで各話で育ててきたサブキャラが花を咲かせたようで嬉しくもあった。らんこは終盤妙に出番多かったですね。最後まで某先輩感が漂っていて、時間が90年代に戻ったかのような安心感があった(笑)

シャットの変化もうまく展開に嵌っていましたね。心の整理の付いた彼の表情が凛々しくて何よりです。最終的に幹部陣はどういうオチになるんだろう。彼らもある意味で自分なりに悪なりの理想を貫く形になるんでしょうか。個人的にはそれもプリリズRL最終話っぽくて好きですが(笑)

そう言えば今回は作画が気になりました。アクションが上手く、眼がかなり大きく、かつフローラに例のポーズ(笑)が出たので作監は昔なじみの人かな?と思ったのですがどうも若手の人みたいですね。Goプリらしい端正さみたいなのは控えめだったかもですが、特にキャラの表情にかなり迫力がありました。
特にゆいゆい、序盤から目付きにただ事じゃない感じが出ていたので、これはもしかして48話にしてプリキュア化なのか?と見当違いな思考に誘われた(笑)

れすれす

>通りすがりさん
ゆいゆいアツかったですねー! 一般人枠でこれほどの活躍は初めてかも? 今年のプリキュアは始まりからここまで毎週毎週楽しませて頂きました。私的には歴代で数えてもかなり上位です。

>tamanoさん
オンタイムで見ていた時から今週のトップ絵は決定。それにしてもこの終盤でまさかのゆいゆいメイン回(と言ってしまって良いと思う)が来るとは…感慨を通り越してTVの前で狂喜乱舞でしたよ(笑。シャットさんの見せ場も単に隷属からの叛逆に止まらず、作品テーマに沿った変化をきちんと見せてくれて感心しきり。作画に関しては始終凛々しいゆいゆい&シャットさんと、ゆいゆい覚醒後の丸いプリキュア衆(笑)が印象的でした。などなど全体的に見た事ない絵柄だったので作監誰だろう?と思ったら見た事ない名前で妙に納得したり。東映生え抜きの若手さんなんですね。

これ程1年で終わってしまうのが惜しいプリキュアも珍しいですね
企画でですが鷲尾さんが帰ってきたから、もしかしてハートキャッチ以来の2年目来るか!?と期待してましたもの

神木さんという初の女性プロデューサーから、次回のまほプリは再び男性プロデューサー(新参)に戻ってしまいますが、予告を見る限り雰囲気はハピプリっぽいのかな?

No title

ゆいちゃんが自ら檻から出たシーン
そして、ゆうきくんに手を差し伸べたシーンで、
「あぁ、ゆいちゃんがプリキュアにならなかったのは本当にちょっとした運命の糸の綾だったんだな」と思いました。
はるはるに負けないほどの強メンタル!
感服いたしました。

シャットさんの変節も非常にしっくりくる感じでよかったです。

そして何よりノーブル学園の生徒たち。
ゆいちゃんたちの助けがあったにせよ、ちゃんと自力で檻から抜け出していましたね。普通なら「ご都合主義展開だな」と思うところですが、今回はそうは思いませんでした。それは彼らが自分たちの「夢」に誇りを持っていることがこれまでの40数話のエピソードでちゃんと描かれていたから。
この子たちならきっと絶望に打ち勝つことができるだろうという説得力がきちんと裏打ちされていたから。

ただ、そうするとnobuma様のおっしゃるとおり、味方サイドが心強すぎるのが逆に難点ではありますね^^;

例え世界中をイバラで覆ったとて、はるはる達の心を縛ることなどもう二度とできないでしょうからね。

ここは、やはり暗黒女王七瀬ゆいに登場いただくしか(ぉ


追記。
確かに今回の作画はクセがありましたね。
とはいえ、嫌な感じはしませんでした。
何より、ゆいちゃんに「ありがとう」とお礼を言う場面のフローラがやたら可愛くてかわいくてならなかったです!

れすれす

>通りすがりさん
毎年の常とはいえ1年間見守った作品が終わってしまうのはホント寂しい。今年は特にドハマリだったので寂しさもことさらです。新プリキュアはどうでしょうねえ。変身バンクの華やかさはかなりのものですが本編を見てみないとナントモ。

>そらみたけおさん
一般人としてプリキュアと行動を共にしていたゆいゆいは言うなれば視聴者の代表みたいなポジションで、そんな彼女が今回見せた大活躍の意味はきっと小さいお友達にも伝わっていると思います。と同時に他の生徒たちも夢をきっかけに強く成長し…おっしゃるとおり強くなりすぎちゃって終盤の盛り上げが不安だったりして。作画のクセは全体に安定していた本作には珍しい感じ。以前は毎回のブレが凄かったですよね。当たり外れが激しくて、逆に言うと上手い人の名前を覚えやすかった。今は基本的に綺麗なのでパッと見だと腕前が判りにくいかも(贅沢な
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2