2016-06-22(Wed)

ばくおん!! #12 もしものせかい!!

オートバイが無い世界は少しだけ寂しい。

bakuon_12_00.jpg

1クールあっという間に駆け抜けた最終回です。

bakuon_12_01.jpg

bakuon_12_011.jpg

「私コケた事ないよー」

羽音の意外なヒトコトで始まった最終回冒頭は原作第39話「たちごけ!!」の一節から。原作だと教習終わりの聖&千雨と共にファミレスでダベるシーンで発せられるセリフですが、時系列が少々違うアニメ版ではこのセリフの前に交わされる「転倒」に纏わる会話を全部すっ飛ばし&部室シーンに改変されています。さらに「バイ太」の振りや布団バサミの蘊蓄や聖の新車についての話題も全てカットされサッサと帰宅と最終回も大胆にバッサリ。まあここでの会話はカットされても進行上特に問題ない(というか原作どおりだと時系列が歪む)ためテンポ&尺を考えれば正解か。とはいえせっかく聖の教習所エピソードをやったのに新車の話題が1mmも出ない=結局牛骨カブのまま終わってしまったのは残念至極、晴れて中免を取った聖が399バニガーレでみんなと走るトコ見たかった。

「うわあああああ!」

そんなこんなで明けて翌朝、由女ちゃんと共に玄関を出た羽音はめくれ防止の布団バサミを外してバイクカバーをガバッとめくり…引っ掛かって外れない布団バサミをグイグイやってるうちにサイドスタンドが外れてガッシャーン! 先のとおりコケた事が無い羽音は思いがけぬ初転倒(?)に大ショーック!でOPへ。いやはや他人事ながらこのコケ方は辛いキツい、羽音のこの顔に被る転倒音がまた心臓に悪かった(笑

bakuon_12_02.jpg

bakuon_12_021.jpg bakuon_12_023.jpg

「タンクに少し傷が付いてるけど…安心しな、これくらいなら私らで直せるよ」

あの倒れ方だとクラッチレバーは曲がるわヘタすりゃハンドルもウインカーもやっちゃいそうだけどそれはそれ、思わぬ初転倒をやらかし「どこか壊しちゃった?」と不安いっぱいの羽音はいかにもビギナーっぽく、一方恩紗はスーフォアをサッと見回し被害を確認するとさっそく修理にかかります。ところがガソリンを抜かずにタンクを外してしまったため女子二人の力ではヨ~ロヨロ…スーフォアのタンク容量は18Lなので比重七掛けとして約13kg、それにタンクの自重4~5kgを加えるとそれなりの重量なので女子には辛いかも。そしてゴールまであと僅かってトコでドンガラガッシャーン! うわキッツイ。転がっていくタンクをボーゼンと見つめる表情といい、この「やっちまった感」は整備ビギナーの通過儀礼かもしれない。

「バイ太? どうしたの? タンクだけになっちゃって」

傷だらけにしてしまったタンクの代わりとして、丁度都合良く在庫していた部品取りバイクのタンクが登場…というわけで教習所でお別れしたバイ太との再会が叶います。タンクキャップをパタパタ開けて成り行きを話すバイ太、しかしそのやり取りを傍から見ると羽音がキャップをパタパタさせていて、すなわち喋るバイクのファンタジーの暗黒面(笑)が明らかになるのでした。あははは。でも羽音にはバイ太の声が聞こえているのでしょう。格好付けの恩紗と違って(笑

「バイクは走りたがってなんていないの!」
「だからバイクに対して『おまえはもっと走りたいんだね』なんて話し掛けないで」
「もうあんな恥ずかしいセリフありゃしない。だから言わないでよ、絶対言わないでよ」

その後バイ太は延々と「走りたくない」とアピールするも羽音にはバイ太の本音がお見通し。いやよいやよもナントヤラと申しましょうか、熱湯コマーシャルと申しましょうか、キャップをパタッと閉じて黙ってしまったツンデレタンクをジッと見つめた羽音は――

「バイ太…バイ太はもっと走りたいんだね…」

bakuon_12_03.jpg

bakuon_12_031.jpg bakuon_12_032.jpg

その後ピカピカのパールピンクに塗り直されたタンクをスーフォアに付け、バイ太と一緒に走れる喜びに溢れる羽音…最終回だけに最後のサービスか凛も聖もえらく涼しげな(笑。ところが押して出る時ズルっと滑ってあわや転倒! ってなトコを仲間たちに支えられ、しかし当人は相変わらずマイペースというオチ。あはは。

bakuon_12_041.jpg
bakuon_12_04.jpg

「バイクもポケベルみたいに無くなっちゃう時代が来るのでしょうか?」
「大丈夫、人類はそこまで賢くはならない。つまりバイクもずっと残るって事さ」

Bパートは今回サブタイどおり原作第44話「もしものせかい!!」なのですが、原作に無いカブの蘊蓄や「バイクが無い世界」を匂わせる会話がアニメオリジナルで追加されていました。これら追加シーンは単に悪夢の夢オチである原作エピソードの補強として機能し、ひいてはアニメシリーズを纏めるエピソードとして上手く纏まったと思います。走行しながら「バイクが無い世界~」を話すくだりは各キャラの顔を映さず、そんな中で「オートバイに乗れればそれで十分」と語る羽音だけ満面笑顔を見せる意味深な演出にニヤマリ。それにしても早川さんじゃないけど「女子高生が本田宗一郎のモノマネをする(アニメが放映される)日が来ようとは」。

bakuon_12_05.jpg

みなさん揃って本屋へ出掛けてバイク雑誌コーナーへ。ちなみに原作はこのシーンから始まります。女性向けの新雑誌を見つけてキラキラの羽音、カタナ特集を険しい表情で立ち読みする凛、バイブルならぬバイブスを買ってる例の神様との再会、そしてレジ前で大恥かかされた神様のご乱心までほぼ原作マンマに描写…まさか「お毛毛が!」を言わせるとは思わなかった。それにしても顔よりでっかい凛のブレストガードが改めて凄い(笑

「ところで佐倉羽音、キミはもしこの世界からバイクが無くなったらどうする?」

これまで何度か会っているとはいえ名前を知る機会など無かったはず、なのに羽音をフルネームでズバリ呼ぶ辺り本当に神様なのか。一方羽音は神様からの問い掛けを深く考えずそのまま帰宅。

bakuon_12_06.jpg

bakuon_12_061.jpg bakuon_12_062.jpg

bakuon_12_063.jpg bakuon_12_064.jpg

ところが明けて翌朝 世界は一変していました。羽音のヘルメットは自転車用に変わり、街には何故か自転車が溢れ、ほどなく行き会った恩紗も凛も自転車に乗っていて、昨日買ったバイク雑誌は自転車雑誌に変わっていて…神様が言っていた「バイクが無い世界」に放り込まれてしまったのでした。ちなみに凛が乗ってる星形キャストが眩しい自転車はスズキスカイヤング(1978年発売)、当時の少年たちが羨望した「ウインカー自転車」時代の末期に登場した新機軸であります。セミドロップハンドルやらトップチューブのシフトレバー、ペダルを踏まなくても変速できるFF機構とか懐かしすぎる。ちなみにスズキバイクの代名詞たる星形キャストホイールが登場したのは1978年なので本当に同時期、自転車から750ccまで統一デザインなんてワクワクが止まらんじゃないですか。ほどなくチラリと登場した聖が組んで磨くだけの盆栽=金持ちの道楽を体現していてまた笑う。千雨の父ちゃんが「あっちの中野」ってのも気が利いてる小ネタですが若い人は判らんかも。そんな心配イマサラか。などなど「こっちの世界」のみんなは相変わらずなれど唯一違う所がありました。

「そっか、オートバイが無い世界には来夢先輩はいないんだ…」

bakuon_12_07.jpg

bakuon_12_071.jpg bakuon_12_072.jpg

その後も「バイクが無い世界」を呑気に楽しんでいた羽音でしたが、バイクの話題に対し全否定されると少しずつ寂しさが募り始め…初代オデッセイの逸話として先に話していたカブの逸話を絡め「月3万台でしょ?」と返すくだりはみんなとのすれ違いがブーストされてかなり切ないヒトコマでした。さらに理詰めのバイク不要論をマシンガンのように浴びせられ――

「賢くなれ羽音。自転車ってのは優れた人間しか乗れないんだからな」

現実と正反対に賢くなってしまった恩紗が呟くと、走り抜けていった100万円自転車を追ってみんな走り去ってしまいます。一人ポツンと残された羽音はそんなみんなを寂しげに見送りながら理詰めのバイク不要論に納得し、それでも「オートバイが無い世界は少しだけ寂しい」と涙を落とす。この一連もまるっと原作マンマですが動画と音と上田さんの演技で不覚にも目頭が熱くなってしまった。まさかばくおんで泣くとは!

さらにアニメオリジナルで追加された「口バイク」のシーンは、第1話で描かれたバイクに乗り始める前の口バイクとシンクロし、バイクが無い世界に一人取り残された羽音の寂しさを一層引き立てます。最終回に第1話との対比シーンを入れてキャラの変化を描くのは結構お約束な手法ですが、まさかほとんどギャグだった口バイクを拾ってこれほど切ないシーンに繋げるとは全く読めなかった。やられた。そして羽音のバイクへの強い思いによってついに顕現した、これまたアニメオリジナルの来夢先輩のカットも気が利いてます。この来夢先輩の顕現によって単なる夢オチではない何かを想像させる余地ができました。じつに良い改変。

やはり尺に余裕があるとこういう描写ができるのだなあ。ちなみに尺配分を見るとオリジナル要素が追加されているとはいえBパートだけで15分弱、つまり原作を丁寧になぞるとこれくらいの尺(アニメ1話で原作2話がせいぜい)を食ってしまうのですね。このペースでアニメ版全12話を逆算すると原作第24話まで、つまり聖がカブに乗ったエピソードでタイムアウト=千雨の出番が無いままアニメが終わってしまう。TVアニメ化自体が奇跡みたいな作品で2期など最初から想定外の外でしょうし、どうにか千雨を出してキリが良いトコで締めるため巻きに巻いたのも仕方ないとも思えます。難しいトコですね。

bakuon_12_08.jpg

bakuon_12_081.jpg bakuon_12_082.jpg

「遅いぞ羽音」
「今日ツーリングだってこと忘れてないでしょうね?」
「あら? まだパジャマですのね」

バイクの音で目を覚ました羽音は嬉しそうに階段を駆け下りるもヘルメットが無い下駄箱を見てしょんぼり沈み、しかし意を決してドアを開けると以前と変わらぬバイク部のみんなに迎えられ…アニメで追加された下駄箱カットは「バイクが無い世界」を一瞬思い出す羽音の機微をヒトコマで表す好演出で、こんな繊細な演出が出来るスタッフがあんな無残な原作カットを続けてきたと思うと本当に残念。そしてバイクカバーをめくって以前と変わらぬスーフォアと対面&バイ太と朝の挨拶を交わし、ってなトコへメットを持った由女ちゃんが来て締め。

bakuon_12_09.jpg

出発と共に始まったEDは各キャラ&バイクを舐めるように映し込んで最後の挨拶? メーカーロゴの連打を眺めているとこれまで描かれてきたバイク部のドタバタが走馬灯のように浮かんできて何だかしんみりしちゃいます。さらにサブキャラたちのバイクライフをチラリと映し…貴重なRZV500にドリル付けちゃダメ!(笑

「バイクが今の人々に乗られるようになってたった100年。まだもうちょっとだけ彼らの手に委ねておこうか」

アニメのラストを締めたのは羽音たちに気付いたバイクの神様のヒトコトでした。つまり先の「バイクが無い世界」は神様が人類のバイクに対する思いを試した=その代表としてたまたま逆鱗に触れてしまった羽音(笑)が選ばれたという事かも。その結果「バイクがある世界」を取り戻し、仲間たちと楽しいバイクライフを送る姿を確かめた神様は満足げに一人どこかへ走り去り、一方何も知らないバイク部の面々は行き先の決まらないツーリング=未知のバイクライフに思いを馳せてアニメばくおんの幕引き。最終回にこのエピソードを持ってくるのはある程度予想していたけれど予想以上に綺麗なラストでした。ああ面白かった。

bakuon_12_eyecatch.jpg

最終回のアイキャッチは前回に続いてヘルメットでした。来夢先輩でおなじみのSIMPSONからSPEEDWAY RX12、そしてAraiと並ぶ日本のトップメーカーSHOEIからJ.O、羽音が使っているJ-FORCE IIは廃盤モデルのため同じSHOEIのジェットヘルとしてこれになった?

bakuon_12_endcard.jpg

エンドカードはバイク部揃ってピースサイン、ツーリング先で一瞬交わされるライダー同士の挨拶=一期一会の挨拶でお別れってのはじつにバイクアニメらしい。ここで掲げられている「UW」の看板は広井てつお氏による名作バイクマンガ「W1ララバイ」のヒトコマからの引用でしょう。ほんと洒落たラストメッセージでした。ちなみにW1に乗って旅立ったセブンティー爺ちゃんはこの後(以下ネタバレ自重のため削除


※軽く総評

アニメ化の報せを聞いた時はせいぜいコミックス付属のOADか、それとも単発の企画アニメで茶を濁すか、要するにせいぜいその程度の規模と思っていたのですが…それがまさかのTVアニメ化と知ってしこたま驚き、次の瞬間「こんなんTVでやって大丈夫なん?」と心配が募り、そんな日々を暫く過ごして4月早々放送が始まったと思ったら あっと言う間に1クール駆け抜けてしまった。早いねー。アニメシリーズ前半は無残すぎる原作カットに毎回毎回愕然としながら見守り、後半も引き続き激しいカットながら次第に塩梅が良くなってきて、そして今回最終回を迎えてみれば終わってしまうのが非常に寂しい。基本ネタである「バイクあるある」と並んで本作の見どころである「毒」も予想以上に盛り込まれ、見ているこっちがヒヤヒヤする「愛あるdis」もしっかり楽しませていただきました。

作画クオリティは正直言って今どきのアニメ作品にしてはやや低め安定でしたが、作画には結構ウルサイ私でもそれほど気にならなかった=作品の面白さは作画が全てではない事を再認識させられたと言ったら褒めすぎか。キャラ的にはやはり凛の存在が大きかったですね。原作でも見せ場が多いキャラですが、アニメ版でもいろんな意味で派手なキャラ性が炸裂して目立つ目立つ。東山さんの声もよく合ってました。これを機にスズキの知名度が少しでも向上すれば保菌者(笑)として本望であります。みんなスズキを選べ、スズキを買えー! あと特筆すべきはこれまでのバイクアニメから突出した感があったバイク描写か。これは3DCG技術(&作画との合成技術)の進化が前提なれど、原作設定に忠実なモデリング+実車録り走行音という拘りもあって、作中キャラの愛車として良い芝居を見せてくれたと思います。

ただこれほど綺麗に終わっただけに第5話の中途半端な駆け足編集が非常にもったいなかった。もちろん尺やその他諸々の都合もあるためツーリング内容の編集はある程度仕方ないけれど、ドタバタ走ってろくに観光地も回らず終わった北海道行きをクラスメイトにツッコまれた末の羽音の言葉――このエピソードの最も肝心な部分であり全てのツーリストの行動原理を代弁する「いーっぱい走るために行ったんだよ!」をスッパリ切ってしまったのは本当に本当に残念。その後の水着泡踊り(笑)をオミットしてもこのセリフ(シーン)だけは絶対に切ってはいけなかったと思う。全体的に振りが無いままオチだけ描かれるような歪な原作カットが多々見られた中、件の北海道編は振りだけでオチが無い非常に据わりが悪い改変で終わってしまった。私が監督ならTV本編は件の羽音のセリフで締めて、洗車泡踊りはBDの映像特典に回すけどなあ(笑

というわけで奇跡のTVアニメ「ばくおん!!」は今回でオシマイ、レビューもこれでオシマイです。原作ファンとしてまだまだ言いたい事はあるけれど予想以上に楽しめたのも事実なので、最終回を迎えた今は制作スタッフ各位に感謝する気持ちのが大きい。おそらく2期は無いだろうけど…億が一来るようだったら惜しくもオミットされてしまった特段に濃いぃエピソードをアニメで見てみたい。ではでは楽しい作品を作り上げてくれた制作スタッフ各位、そして相変わらずダラダラ長い記事にお付き合いくださった数少ない読者のみなさま、お疲れさま&ありがとうございました。

        

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

ばくおん!! 第12話(最終回)

ばくおん!!の12話は最終回。CB400のタンク交換のAパートと、バイクの無い世界のBパート。バイ太と神様の再登場です。

ばくおん!! #12 「もしものせかい!!」 <終>

実際のところ女子高生のどれくらいが本田宗一郎を知っているだろうか? 「ばくおん!!」の最終話。 まだ転けたことがないという羽音にビックリの千雨。 しかしその日は突然やって来る、どうでも良いような理由で・・・ タンクに傷が付いてしまい恩紗と修理することにするが、外したタンクを 転がしてしまいトドメに。別のタンクがないかと父親に泣きついた恩紗に ちょうど新しい中古のタンクが入...

ばくおん!! 第12話「もしものせかい!!」[終]

評価 ★★ バイクは馬鹿にしか乗れん!            

ばくおん!! 第12話(終) 『もしものせかい!!』 まさかのバイタ復活...と思ったらバイクが全部消滅!?

前回チャリンコdisっていたのに。まさかの自転車天国になっていた。恩紗も凛もチャリンコ乗ってる。来夢先輩は…どこにも居ない。最終話に相応しく、バイ太、神様、自転車100万などゲストキャラも多数出演。他方でたづ子出番なかったですね。あとみんな薄着になってる、夏が近いからかな。凛や聖の胸元は凶器です。  私コケたこと無いよ。そういや今まで転んだの見たことないですね。バイク...

ばくおん!!「第12話 もしものせかい!!」

ばくおん!!「第12話 もしものせかい!!」に関するアニログです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

来夢先輩の正体

原作における「バイクの無い世界」が"夢オチ"という方向性だったのに対し、このアニメでは"神の御業"という性格をかなり明確に打ち出してきたのが非常に印象的でした。
これは推測ですが、アニメにおける来夢先輩は「神の意志に背いて人間にバイクという禁断の果実を与えた堕天使(サタン)」という位置付けだったのかな、と。
堕天使来夢の所業に怒った神は、人間からバイクを奪い返し来夢サタンを抹殺した。ところが羽音のオートバイへの思いは強く、神の力をもってしても彼女のオートバイに関する記憶を消すことが出来なかった。そしてオートバイを求める羽音の涙によって来夢サタンが復活。神の思惑を打ち破り、バイクを人間の手に取り戻した、と。
不合理の塊で"良識的な"人々からしばしば批判の対象とされるバイク。そんなバイクを愛する人間のココロをキリスト教に言う「原罪」に重ね合わせ、神(合理と良識の権化)とサタン(不合理を愛する人間の守護者)の戦いが一人の少女の涙によってサタンの勝利に終わる、というシナリオを通して、人間の不合理な精神の素晴らしさを讃える。そんな意図がアニメスタッフにあったのではないでしょうか。
もし、この憶測が当たっているとするならば、北海道ツーリングの後日談エピソードをアニメで採用しなかったのは「原作よりはるかに重いエンディングを用意した分、シリーズ途中のエピソードは原作より軽くしないとバランスが取れない」と判断した為なのかもしれません。
まあ、私も後日談エピソードは是非アニメで取り上げるべきだったと思いますが。

あっという間に終わってしまいました。

アニメ本編だけでも楽しんでみてきましたが、やはりこのブログによって見方のヒントをもらえたことにより存分に楽しめることができたと思います。ありがとうございます。

最終回も迎えたということで結局原作も全巻買うことになりました。この作品はアニメ>原作>再度アニメと一粒で二度も三度もおいしく楽しめたのでそういう点でも良かったですね。原作を事前に知らないことでの楽しみを満喫できたと思います。

この作品はやはりバイク会社が協賛ということもあって音源がよかったですね。ほんと結構際どいネタが多いのに協賛してくれる会社の度量にも感謝ですね。疾走感とか音とかはアニメならではの良さだったと思います。あるあるネタの数々もよかったと思いますしキャラ紹介が一段落ついて本来ならこれからがまた楽しい時期なんですが二期、、、は難しいのでしょうかね。あると嬉しいですが。

もともとプリティーやアイカツの感想を見に来ていたのですが、管理人さんの見方は私には違う切り口角度を提供してくれるのでレビューをされている作品というだけでも見るかという気にさせてもらえます。実際見ていなかった作品でも幾つかはディスクを購入させていただいてますし。また何か気になる作品あればレビューしていただければ幸いです。

れすれす

>スズキちゅうたらマイティボーイさん
スズキのマー坊とでも呼んでくれ! SS40T懐かしい。ケツが軽いからすぐロックしちゃうんですよね。ともあれ今回最終回、原作からちょいと改変された事でお話の意味合いが結構変わって、いかにも西村監督らしく締めてくれた感じです。来夢先輩の立ち位置についてはマー坊さんが書かれたほど壮大ではないにせよ私も似たような事を思いました。結局来夢先輩はセリフを一言も発さず終わってしまいましたがその存在感は誰より強烈でしたね。全編通してまさにサタンレベル。

>TANAさん
そう言っていただけるとダラダラ書き続けてる甲斐がありました。こちらこそありがとうございます。本作については珍しく原作既読&原作ファン視点でレビューしたため全体的に差異についてクドくなってしまいましたが、その辺は原作差分の視聴ガイド的に捉えていただけると助かります(笑。バイクの走行音については西村監督自身がかなり気遣ったようで、氏曰く「気持ち悪くさせない」映像作りはほぼカンペキだったと言えましょう。ほんとこれまでは絵面がTZRなのに走行音がドルルルル!みたいな作品がほとんどでしたからね。その辺のお話は下記インタビュー記事に詳しいので未読でしたらぜひどうぞ。

西村純二監督に訊くアニメ制作エピソード
http://news.mynavi.jp/articles/2016/06/24/bakuon/

ありがとうございます。

監督のインタビュー記事の紹介ありがとうございます。
早速拝見しました。バイク乗りやバイク屋の倅がいた現場というのはこの作品にとっては非常に良かったですね。
他のエピソードは切ったのにこんなギリギリのエピソードオミットしないの?という疑問にも回答があって、ああ。そうかあえて攻めてたんだな。と得心しました。

れすれす

続いて中の人インタビューも上がってました。こっちも結構深いですよ。特にスーパーカブ破壊シーンでの聖の成長をきちんと判って演じてくれていたのは嬉しかったり。
http://news.mynavi.jp/articles/2016/06/25/bakuon/
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2