2017-01-23(Mon)

BanG Dream! 機材チェック

絶対ここでライブします! 

bang_dream_01_00.jpg

星の鼓動を追いかけてアニメ版スタート。

長きに渡った事前広報期間が終わり2017年1月期新番ラッシュの2週遅れでようやく始まったTVアニメ「BanG Dream!」。何やら他新番が3話切りされるタイミングに合わせての変則スタート戦略との事ですが、面白い作品ならいつ始まっても同じような気がするだけに、はたしてこの戦略が吉と出るか凶と出るか? ともあれ新番組が続々と始まる中で半月以上続いていたプロモーション特番が歯がゆいやらクドいやら、作中バンド「Poppin'Party」のリアルライブを見られたのは良かったけれど、中の人にほぼ興味が無い私としては正直それほど面白いものでもなく…鍵盤以外は結構弾けてたのには驚きましたが、今の声優さんはガチのバンドまでやらされて大変だなあって程度でした。まあこれだけ焦らすのだからアニメの出来はよほど自信があるのだろう? と必要以上に期待を煽られた=余計なハードルを上げただけだったような気がする。

せっかくなのでアニメのデータを少々。原作クレジットの「ISSEN」はブシロードとOLMが組んだオリジナルアニメ開発事業との事。監督は「To LOVEる ダークネス」「WORKING'!!」「れでぃ×ばと!」「かのこん」を手掛けた大槻敦史氏、このラインナップを見れば演出の傾向が想像できるというものです。シリ構はアイドルものに強い綾奈ゆにこ氏、キャラデ担当の仁多マツコ氏は…何者なのかよう判りません。スタッフ的におそらくXEBEC関連のアニメータさんと思われますが、とりあえず「To LOVEる ダークネス」の録画を調べてみても原画スタッフとしてすら参加しておらず迷宮入り。ううむ。ググっても全く情報無し、ひょっとして誰かの二つ名だったりするのかも? アニメ制作はISSEN×XEBECってコトで品質的には大丈夫でしょう。制作予算は結構ありそうですし(笑

というわけで今回は作中で描かれたライブ(OP映像)を見ながら機材チェックを軽く。じつの所リアルライブで使用している機材については機材提供のESPさんが既に紹介しているためイマサラ感が果てしないのだけれど、そこはまあリアルライブとビミョーに違うアニメ版の機材を見ていくってコトでひとつ。

bang_dream_01_op01.jpg

今回本編ラストに流れた、本来ならばOPとなる「ときめきエクスペリエンス」。始終流れているCMや事前特番で既に耳に馴染んだ曲なのでせっかくの初披露なのにあまり新鮮味がありません(笑。また作中ガールズバンド「Poppin'Party」の既存曲同様「Elements Garden」プロデュースによる曲なのでこれまた耳に馴染んでいる感じ。ちなみに作曲は上松範康氏(Elements Garden)、編曲は藤間仁氏(Elements Garden)とエレガの主軸が張ってます。上松氏といえば奈々さんの「ETERNAL BLAZE」以来何やかんや耳に馴染んでいる作曲家さんなので今に至るPoppin'Party各曲も「なるほど上松節だなあ」、そして今回新曲も平たく言えば良くも悪くも「上松節だなあ」という印象でした。

さて注目のOP映像は「BanG Dream!」の札を持った5人娘が並び順を違えてドタバタのヒトコマから。どうせなら「Dr」の札はドラムの子に持たせればいいのに。そこから番組タイトルをフラッシュさせながら個人カットをパッパと入れてまずは軽く顔見せし、続いて彼女たちの日常を細かいカット割りで詰め込んで各キャラの人と形を軽くアピール。香澄の妹ちゃんの大胆ポーズには驚いた。りみと一緒に登校するロングヘアーの女の子は今回ライブハウスシーンで演奏していたギタボの子「牛込ゆり(CV.三森すずこ)」さんのようです。お姉ちゃん? バタバタとした登校シーンはご覧のとおり脚アピールが凄まじい。今回本編の演出傾向も同様だったためおそらく監督の拘りなのでしょう。どうやらミニスカジョシコーセーの大根畑を毎週拝めるコトになりそう。

bang_dream_01_op02.jpg

bang_dream_01_op03.jpg

楽器を構えた各キャラの紹介カットはこの系統のアニメのお約束か。ではこれに合わせて各キャラの機材をチェックしていきましょう。まずは本編主人公たるギタボ担当「戸山香澄(CV.愛美)」が構える赤い変形ギターから。Gibson ExplorerFlying Vを足して二で割ったようなESPの代表モデル、かの高崎晃(LOUDNESS)が使っていた事でも有名な「ESP ランダムスター」のカスタムモデルです。フレットマーク以外にも星を散らしたデザインは目を引きますね。リアルライブだと電飾仕込みの星がピカピカ光るとか。

香澄のギターアンプはリアルライブでは業界ド定番のMarshall JCM2000 TSL100を使用しているようですが、アニメ内ではメーカーロゴが「Marshmallow(マシュマロ?)」とされ、またツマミ配置などからMarshallで言うトコの
JCM2000 DSL100(JCM2000の安い方)に変更されているっぽい。

続いてクールビューティ・リードギター「花園たえ(CV.大塚紗英)」が構える青いギター。これもESP製の「SNAPPER」カスタムモデル。ちなみに改造前はこんな感じ。ノーマルでも良いギターつことるなあ。3S仕様ピックアップのブリッジ側をシングルハムにしているのが大きな変更点です。いやシールドジャックの位置的にこっちがベースかも? 青いイルミが格好よろしいアンプはリアル&作中共にhughes & kettner TRIAMP MARK3、パッと見たとこ作中のロゴもマンマみたいです。扱いが機材協力のパール楽器さんなので「Marshall」と違ってマンマでいけるのかな。そういやローランドさんが噛んでるだけに足元のエフェクター類もBOSSで揃えてるっぽい?

ベース担当「牛込りみ(CV.西本りみ)」のお道具はギター衆と同じくESP製「VIPER」のカスタムモデル(カラーリングのみ)。ちなみに元はこんな感じです。って34万もすんのか! 上の二本を含めて彼女たちのお道具を見ると唯のレスポールが安く思えてくる(笑。使用アンプはリアルライブではAmpeg SVT-4PROだったり3PROだったりしますが、作中ではこれまた定番品の450Hを使っているようです。キャビネットはお約束の810Eかな。作中ではロゴが「Snail(かたつむり」に)改変されているようです。

鍵盤&ドラムは専門外なのでカンタンに。ドラム担当「山吹沙綾(CV.大橋彩香)」の太鼓はパール楽器さんのドラムセットですがモデル名など詳細は判らず。2タム+フロアタム+スネア+バスドラム+ハット+ジルジャン数枚の標準セットです。というかドラムに関してはセット内容よりもリアルライブでのプレイヤーの腕前に目が行ってしまった。大橋さんてこんなにドラム上手かったのか。

キーボード担当「市ヶ谷有咲(CV.伊藤彩沙)」のお道具はリアル&作中共にRorand JUNO-DS61、リアルライブではエレピFP-80を加えて二段でやっているようです。

bang_dream_01_01.jpg

第1話本編ラストを飾ったライブハウスシーン、たえがバイトする「LIVE HOUSE SPACE」でのライブシーンも軽くチェックしてみます。開演前ステージにセットされてるキーボードはRorand JUNO-DS61、ギターアンプはMarshall JCM2000 DSL100、ベースアンプはAmpeg SVT-450H、そしてパールのドラムセットと、言ってしまえば「Poppin'Party」のアリモノを色変更して流用? スタンドに立っている白いギターはE-II STREAM Gの白仕様、黄色いベースはESP APっぽい。などなど棹物はESPで揃ってるから調べるのラクかも(笑

ほどなく始まった「Glitter*Green」のライブはオール手描きで驚き。他のアイドルアニメのようなダンスアクションが無く、またステージ上のカットがかなり限られていたとはいえ、手描きのロックバンドライブは大変だろうなあ。ギターなんて置物描いても歪むし。お話が動き始めれば「Poppin'Party」の対バンがいろいろ出てくるでしょうし、おそらくその度に手描きライブが発動するのかな。アニメータさんがんばれ。それにしてもライブシーンまでダイコン畑でちょっと笑った。あと一応ロックバンドのライブなのにアイドルよろしくサイリウムの海ってのは少々面食らった。まるで地下アイドルの集会場です。作中の男子禁制ギャルバン聖地はそういう場所って事だろうか。

それら作中描写(ギャルバンの扱い)とは別に今後への懸念として、前述どおりバンドライブにはアイドルアニメのようなダンスアクションが無いため、絵面として地味になりがちなライブシーンをいかに華やかに見せられるか?が鍵になりそう。楽器演奏のアクションなんて基本的に突っ立って腕を振ってるだけですもの。「Poppin'Party」の既存曲ムービーを見ても今回のOP映像を見ても、寄って引いて回って回ってばかりなのでイマイチ見応えを感じません。そういう点では大胆アングルの手描きで攻めた「Glitter*Green」ライブの方が瞬間の迫力を描けていたかもしれない。こりゃやっぱり火を吹いたりニワトリの首を落として生き血を啜ったり櫓から飛び降りて脚を折ったりチェンソー振り回してステージを破壊しまくるしかないか。

本編の展開としてはランダムスターと運命的な出会いを果たした香澄を中心とする「Bang Dream!」のストーリーが次回から本格始動? メンバー集めてバンドを組んで…楽器・練習スタジオ・ライブ関連などなどバンド運営のネタをきちんと入れ込んだ正統バンドものとなるか? はたまたかわいい女の子がテキトウにギターを弄びながらゆるゆると日常を過ごし、ヤマ場を迎えるといきなり超絶演奏するなんちゃってバンドものになるか? とりあえず第1話を見た限りでは後者の確率がかなり高そうだけれど、まあ肩肘張らず緩~い目で見守っていこうかと。

   

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

道端に貼られた星を追う→不法侵入する→質蔵のギターを勝手に持ち出す→ギター裸でライブハウスに行く→バンド始める
主人公は頭おかしい

れすれす

>様子見さん
アニメキャラに役割ながらのデフォルメは必須で、またギターやライブとの出会いに関してオリジナリティを模索したのは判りますが、その結果香澄の行動が突飛すぎておっさんの理解範囲を大きく逸脱してしまいました。路傍の星に導かれて倉庫を覗き、放置されてるギターケースと出会うトコまではそれほど悪くなかったと思うんですけどね。裸のギターを抱き締めてドタバタやってるくだりはもう…。変わった事させて初回インパクトを狙ったのは良いけどベクトルを間違えてしまったような気がします。もう少し普通(?)でよかったのに(笑
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2