2017-04-14(Fri)

アイカツスターズ! #52 狙われたアイドル!?

ローラを侮辱する人の所へなんて絶対に行きません!

stars_52_00.jpg

上から迫るエルザ様、対する歌組トップは?

stars_52_01.jpg

前回堂々のインパクトで登場したヴィーナスアークそしてエルザ様、その第2回目冒頭カットはいきなりステーキ皿が映って何事かと(笑。分厚いステーキをお上品に平らげてナチュラルに発せられたセリフは「今日のモーニングは?」…これが朝飯!? 朝っぱらからステーキって、なるほどいわゆるセレブのモーニングステーキですか! セレブの記号たる叶姉妹が語っているのを聞いた事がありますが、まさか登場早々こんな小道具でヴィーナスアークのセレブリティをアピールしてくるとは(笑。ごちゃごちゃセリフで語らずとも絵面一発で彼女たちの浮世離れっぷりが伝わってきてアバンから感心しきり。

ってな成田シナリオ&こだま演出の妙技を形にする作画は予告っから丸判りだった高橋氏、ツリ目美人が得意な氏によるエルザ様が非常に楽しみでしたが、思った以上に美人でキツくてエルザ様の魅力が画面から溢れ出してくるようです。こりゃハマった。レイはキャラデより目が大きめ、きららの作画はかわいい系を意識しすぎて少々幼めと、言ってしまえば三キャラ三様で手癖丸出しであります。どの子を見ても高橋作監って丸判り。などなどパッと見たトコ新期も総作監無しで行くようです。

「ひめを手に入れるために、ユメ・ニジノ…まずはあなたを頂くわ」

そんな朝食風景で語られたのはゆめ勧誘の真意について。まあこの辺は前回でもガッツリ語られていましたが改めて宣言する事で小さいお友達への強い印象付けとなるでしょう。ちょっとした会話ノリから側近二人との関係性も窺え、エルザ様渾身の悪い顔(笑)をグッと見得ってOPへ。

stars_52_02.jpg

一方四ツ星学園ではヴィーナスアークの噂話が広がり、すかさずアンナ先生が制するも動揺は収まりません。というか一年生を抑えられないなんてアンナ先生ダメじゃん(笑。そして生徒会室もまたヴィーナスアークの話題、お歴々の前に立って熱弁を振るうローラが逞しい…というテイでヴィーナスアークの何たるかを軽く説明。例の船で世界を回って各地のトップアイドルをスカウトしまくるアイドル海賊、その魔の手はひめ様やゆめにも伸びた今日この頃、係る火の粉を振り払わんといきり立つ副会長!(いつの間に!?

「ですよね? 生徒会長!」
「面白いじゃない」
「面白くありません!」

ローラのお株でサラリと返すゆず様、対して真顔で返すローラが美味しすぎた(笑。売られたケンカは買うゾ!と腕を振り上げるゆず様は全力で楽しそう、引き続き真顔でいきり立ってるローラと対称的で笑えます。などとさんざん煽った挙げ句「後は任せた!」と仕事に出掛けちゃうゆず様のフリーダム、こりゃ生真面目ローラの先が思いやられる(笑

stars_52_03.jpg

というわけで例の出陣セレモニーを経て仕事に出掛けるS4のみなさん。後輩たちの黄色い声に手を振るゆめはなかなかサマになってきましたが、プライベート空間に入るとまだまだ新米のホンネを漏らしちゃったりかわいいものです。慣れない体裁を保つのって大変よね。乗り込んだ白リムジンは革張りソファにAVシステム完備のさすが豪華仕様で、先のヴィーナスアークに対抗して四ツ星S4のセレブリティをアピール?

ところが手を振るゆめの後に映ったモニタが車内のあの位置って事は、まさにあこたちが座っている側のシート部分が左リアドアなわけで、簡単に言うと車両の構造が四次元。おそらく12m級リムジンをイメージした車内装備だろうけど、作中サイズのリムジン(6m級?)のシートって普通は進行方向垂直に座席が向く(横置きベンチ)はず。何せ作中みたいな縦置きベンチシートだと乗降でけんし…まさかシートごとドアが開くのだろうか(笑

続くお仕事描写では毎度お馴染み「マキコの部屋」で巻かれた後、サイン色紙の大量生産やグラビア撮影などなどS4の激務に追われて青色吐息の新米たち。優雅に見えた前S4も裏側ではこんな風にドタバタ働いていたのだろうか?(笑。というかあれだけ振ったのだからこのメンツで例の「絆の木」に集まるヒトコマがあっても良さそうなモノ。後のピンチ(?)に取ってあるのかな。

「ゆめ先輩、お疲れ様です!」

S4業務が一段落すると今度は後輩たちの指導へ。留守を預かるローラ&有莉ちゃん&リリエンヌに割って入ってトップとして振るまうゆめを見ていると何だかむず痒いというか妙に居心地が悪い。立派な指導しているリリエンヌからカメラがスッと引くと見学者だった、ってのはお約束ギャグみたいなものとはいえこれも何だか居心地が悪い。春先からこの調子では仮にS4になっても激務に耐えられるわけがなく、一方ドタバタしながらも仕事をこなしているゆめの方が明らかに上である事を証明してしまっているのだから。

「レッスンを続ければできるようになるよ」

そして歌組名物、第2話以来の空気椅子レッスンへ。一年生たちがバタバタと倒れる中 涼しい顔で空気椅子に座り続けるゆめはさすがS4! と言いたいトコですがいつの間に!? あれから1年経ってこの結果に至ったのは感慨深いけれど経緯が完全中略なのでイマイチ伝わって来ないのよね。ううむ。

stars_52_04.jpg

一年生たちへもっと何かしてあげたい、ならば実際にステージを見せてあげるのが一番じゃ? というわけでローラと一緒にステージを披露する運びとなり例の東屋で作戦会議。コーデ選びの会話は難儀しているプレミアムレアドレスデザインへの溜息に変わり、ってなトコで最近気になるデザインとして例の翼コーデの話題になり――

「あれはスタープレミアムコーデ」
「パーフェクトなアイドルだけが纏える特別なコーデよ」

再び四ツ星へ乗り込んできたエルザ様一行と御対面であります。開口一番上から口調で翼コーデの蘊蓄を語るエルザ様、チラ付かせたカードは何やら「金星」のカードとの事で…一番星取られちゃってるじゃん! そういや星座ドレスなんてのもあったなあ(懐。今度はどうやら太陽系惑星モチーフ、となるとおっさん的にはセーラーナントカを思い出してしまう。もちろん当時物のアニメもドハマリでしたが、25周年企画でやってたCrystalも面白かった。特に3期は高橋氏キャラデなので美人揃いで眼福の極みでした。話戻してスタープレミアムコーデ、DCD情報によればリリエンヌが冥王星、きららが水星なのは確定済みみたいですが他のキャラはどうなるのだろう。

マーキュリー:きらら(確定)
ヴィーナス:エルザ様(確定)
ムーン;真昼
マーズ:ローラ
ジュピター:あこ
サターン:小春
ウラヌス:レイ
ネプチューン:夜空様
プルート:リリエンヌ(確定)

なので勝手に予想。キャライメージのまま当てはめてたら主役の分が無くなってしまったというかセーラーナントカを引きずりすぎ(笑。ともあれあと少なくともゆめ、ひめ様、ゆず様の枠が必要なのね。ゆず様はリリエンヌ曰く「私の太陽」なので太陽でいいか。ゆめ&ひめ様は輝きで言えばシリウスとかカノープスでもいいだろうけど他キャラが惑星の中で恒星はズルいかも。ううむ。でも恒星名コーデ:「アルタイルの翼」とか「ペテルギウスの翼」とかやたら格好いいな(笑

さて閑話休題。ここで今回最初のヤマ場を迎えます。例によってゆめにグイグイ迫るエルザ様に割って入った勇敢な騎士ローラ、ってなトコで――

「ブランドを持っていないような子に興味は無いわ。下がりなさい」
「その子からは何のオーラも感じない」

吐き捨てるように投げかけられた鋭利な言葉に何も言い返せずココロを切り裂かれてしまう。これはキッツイ キツすぎる。面と向かってここまで言わしますか。まあ普段どれほど頑張っていても結果(実績)が無ければ対外的には三下扱い、ってのはじつにシビアでリアルな感じ。そんな相手に緩急取り混ぜて迫るエルザ様の表情といい、対して一瞬で曇るローラの表情といい、カットごとの表情変化が素晴らしくココロに迫って来た。中でも「下がりなさい」の一斬にエルザ様の立ち位置が凝縮されてる感じ。

「ローラを侮辱する人の所へなんて絶対に行きません!」

ってなトコでゆめのブチ切れ! グイグイ迫る猛獣相手に戸惑い怯える小動物状態から一転して牙を剥くゆめ、親友を小馬鹿にされてスイッチが入っちゃうなんてどんだけ熱血ヒーローなのか。良い顔してます。そんなゆめの言葉に思わず瞳を潤ませるローラも良い良い。一方思わぬ反撃に興を削がれたエルザ様の表情も良いなあ。一人プンスカのきららが振り向きざまに「メー!」ってのもかわいい(笑

stars_52_05.jpg

Bパートはさっそくライブ当日へ。新入生相手のステージ企画かと思ったら普通にいつもの四ツ星ホールでお客さんも大入り…そりゃ一応S4のステージだから客も入るか。集客に四苦八苦するゆめをもう見られないと思うとちょっと寂しいかも。すると強烈なオーラを纏った例のご一行が来場! アイカツシステムを通さずともこんなキラッキラ☆とはおそるべしエルザ様。

「私たちの力を見せ付けてやらないと!」
「それは別にいいんじゃないかな?」

エルザ様来場を知ったローラはますますいきり立ち、ところが隣のゆめは穏やかな表情で対抗心を否定。些細な対立よりも見てくれるフアンたちに喜んでもらうのが一番とトップの貫禄をもって答えるのでした。おいおいどうしたゆめ、何か悪い物でも食べたか? ってくらい完成されちゃってます。なるほど「器が人を作る」とは良く言ったものだけど少々速成すぎるような(笑。というかもう少しダメS4のジタバタドタバタが見たかったなあ。そんなゆめに毒気を抜かれて拳を下ろすローラ、こうして二人足並み揃えて歌組を引っ張っていくのでしょう。新期早々頼もしい限り。

ちょうど1年前の第2話で見せた腹筋チェックの回収も良かった。当時はボロクソ評価だったゆめをトップとして認め、しかも使うコーデはスクールドレス…立派なドレスを使わずともここまでできると教えたい、という理由でしたが、メタ的に見るとこれは二人が初めて一緒のステージに立った時の再現であります。1年前とは実力も立場も変わった二人が今も変わらずステージに並び立つ、そう思ったら何だかじんわり来てしまった。昨年は新入生として立っていた二人が新入生を導く立場となり、すなわち憧れのリレーを継いでいるという点も感慨深い。

そして二人並んでフィッティングシーケンスへ。昨年バージョンと比べるといろいろ変わっていて面白いです。ボリュームアップ&結び目がちょっと上がったゆめの髪は同アングルで見比べると貫禄差が歴然で、ド派手なS4制服に負けない存在感が出た感じ。幹部服になったローラは本編での印象と同じくカラーバランスが良く、二人並ぶと色味が対になっていてお互い映えますね。

stars_52_kime.jpg

髪型変更に伴いモデリングも修正されています。ゆめは髪のボリュームアップ&揺れ修正、ローラの方はモーション全体も微修正が入っているようです。背景のダイヤがハートに変わった(戻った?)のはどういう事だろう。スクールドレスのひらひら感が危ない。ちなみに比較画像はゆめ:左列第49話・右列第52話、ローラ:左列第48話・右列第52話です。

stars_52_06.jpg

というわけで始まったゆめ&ローラのライブは「STARDOM!」、ご存じ新期OP曲が早々の登場であります。暗いステージに立った二人はイントロ始まりと共にキラキラを纏いつつ照明に浮かび上がって頭サビ&ダンススタート、と同時に発動したオーラはトップ&幹部らしく以前よりグレードアップしている? イントロのハンドクラップで飛び散るキラキラ☆も綺麗なれどほんの僅かズレてるようで惜しい。おそらく1,2フレーム程度だけどこういうの気になっちゃうのよね。

顔アップを見ると全体的にかわいくなってモデリング改善の跡を感じますが髪が盛られた効果かもしれないのでナントモ(笑。それにしてもやっぱりウインクが多い。かわいい娘にはウインクさせろと言いますが(以下略。大観衆に囲まれたキラキラステージは閉塞感も感じず良い雰囲気で、前向きな曲調によく合っていたと思います。ポジションチェンジを絡めながら伸びやかに歌い踊る二人はいかにも仲良く、節目節目でアイコンタクトしちゃったりしてデュオライブの臨場感アリアリ。コピペモーションを使わず各々が各々の動きを魅せるアイカツライブらしいトコです。ローラのしなやかな指先から伸びる五条の光帯も綺麗でした。ってなトコからカメラがグッと動き光が弾けてサビへ。

stars_52_07.jpg

照明が落ちスポットライトに浮かび上がる二人&キラキラエフェクトはサビの盛り上がりを派手に演出。ステージ面のハートの脈動からハートエフェクトもド派手にキメます。さすがS4? 足元オーラが出っぱなしなのは実力の表れかな。サビが終わったアウトロ入りでピョンと跳んでSpA入り、キュート&クールのアピールをデュオで連続とはこれまたなかなか派手であります。などなどスクールドレスの可能性を示したライブに一年生たちは大感激、先輩としてのファーストステージは大成功で幕を閉じるのでした。

stars_52_08.jpg

「ヒメ・シラトリだけかと思っていたけどユメ、ローラ…四ツ星学園には他にも有望なアイドルが隠れているかもしれないわね。ふふっ、楽しみだわ」

敵情視察を終えたエルザ様はゆめ&ローラの実力を認め、さらに他にもと…いかにもメインキャラ総ざらい(笑)を匂わせる不敵な笑いで視察を締めます。限りない上から目線でも認めるトコは認める辺りお約束ですが大物ぽくて良いね。ベッタベタのキラーン☆も良い味。

「四ツ星学園をしばらく休学して世界を見てくるわ」

シーン変わって学園長室にひめ様のお姿。いったい何を?と思ったら突然の留学宣言でありました。このタイミングでの留学(一時離脱)はストーリー進行上正解だろうけど留学キャラが多すぎてちょっと笑ってしまう。まあいつか美味しいタイミングで翼コーデを引っさげて帰ってきてくれるでしょう。対するゆめは大きな支えを失って不安が募るばかり…「自分に足りないもの」を思い詰めるあまりヴィーナスアークの妄想、エルザ様に付いて世界へ出る妄想を走らせてしまう辺りゆめらしいというか、やはりそう簡単に鋼の魂は手に入らないって事(笑。すかさず我に返って否定を叫ぶゆめ、を見ていた学園長の胸の内ははたして?

stars_52_09.jpg

さてここまで進んで予告映像の小春ちゃんがまだ出てきません。いったい? と思ったらついに出ました紫髪の君! 冒頭モーニングステーキを食らっていたカフェスペースにてデザイン画を描く少女は絶妙アングルで顔を隠しながらエルザ様と短いやり取りの後――

「あなたの言うとおりね、小春」

ミニスカからパンアップで映ったヴィーナスアーク生は紛れもなく小春ちゃんでありました。紫ミニスカ&白ジャケットが強烈に似合って…というか小春ちゃんのためにデザインされた制服と言っても過言ではありますまい。はたしてどんな経緯で乗船(入学)したのか? どうやらデザイナー待遇のようですが本人のステージはあるのか? 四ツ星学園へ向ける強い瞳の真意は? などなど新期早々の復帰劇に視聴テンションは上がるばかりでございます。





関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

アイカツ!「第52話 おかえり♫ストロベリー」

アイカツ!「第52話 おかえり♫ストロベリー」に関するアニログです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

「こんなことくらいで四つ星学園はびくともしない」
うん、全然これっぽっちも信用出来ないぞ!www
うっかり傾かせかけたくせにwww
先生方たくさんいてもほんとに「頼りになる大人」に見えないのがツライ。

ゆめがエルザにきっぱりと断ったところ、理由も含めて良かったですね!
一期できっちり友情を深める描写を積み重ねた成果が
ここで見られた感じがしました。

逆に残念だったのは空気椅子。
アイスタは旧アイカツと違い、どちらかというと精神面>肉体面だったようで、
旧アイカツにおけるトランポリンと違い特訓場面がほぼ出てこなかったため、
なんとも塩っぱい絵面に見えてしまいました。
それにもう少し絵的に動きのあるものだったらなぁ。

STARDOM!ですが、前回から繰り返し聴いてます。
一期の曲はいまいち心にひっかかる曲が無かったんですが
STARDOM!にはいきなりじわっと掴まれました。
早々にゆめローラでやってくれて嬉しいです。
DCDの三人バージョンの振り付けも好きです。
今のところ、画面に閉塞感を感じなくてイイですね。
この感じのままでステージングしてほしいです。
クラップ音がちょっと浮いてて耳にうるさく感じましたが・・・
ズレてたってことなのかな?

あれ?ひめ退場・・・?
小春ちゃん、ほんの少ししか出なかったのに、完全に黒幕臭出してた!
何あの落ち着きっぷり。後ろに控えるラスボスって感じで、前に出ていく
エルザが中ボスに見えたよ!ww
何やらかしてくれるのか楽しみですね。

ローラと小春

きっとローラはヴィーナスアークに移籍することでしょう
今回はその布石
あまりに雑魚扱いしすぎているのが違和感ありまくりでフラグ見え見え
そしてゆめとラスボス対決
逆に小春は復帰または違う道へ
二人は方向性が違うから、小春がラスボスにはなりえない

と勝手に予想

ゆめのあの一言は

けっこう効いていたんでしょうか、エルザの表情が印象的でした。正論で突かれると意外と打たれ弱い面もあったりするとすれば、それが彼女の陥穽になるのでしょうか。

あと、ローラがヴィーナスアーク入りするとすれば、それはもしかして謎能力がらみ?ひめやゆめのように自然に出すことはできなくても、素質さえあれば訓練次第で同等な能力を引き出すことができて、エルザはその方法を知っているとか?でもそうなると、ローラがプリリズADのりずむみたいになってしまいそうですね。以上私も勝手な妄想してしまいました。

れすれす

>小春日和さん
たくさんて学園長除けば教師4人しかいませんやん(笑。いくらセルフプロデュースが売りでももう少し教師らしいシーンが欲しいですよねえ。例の空気椅子は最初の登場時はインパクトあったけれど全然活かせず1年後にいきなりドヤ顔ってのは何だか。これも経過の描き方次第ではいいシーンになったでしょうに…。STARDOM!のステージは私も気に入りました。エフェクト盛り盛りで煌びやかなのはいいけど今からこんなに持っちゃったら後半どうなっちゃうんだろ?と危惧してたり。小春ちゃんの黒幕臭は確かに(笑。ラストカットの含みある表情がなかなか意味深ですよね。

>勝手に予想さん
ローラ移籍はどうなんでしょうね。エルザはひめ様以外眼中になかったためローラの存在自体を知らず、だからこそ今回のザコ扱いだったような感じですが。そもそもローラの性格からして移籍は無いような気がします。小春ちゃんはどうなんでしょうね。暫くキーパーソンとして動きそうですが最終ポジションはまだ予想つきません。

>まちえさん
高飛車キャラが意外と打たれ弱いってのはお約束みたいな(笑。おそらくこれまでの生活の中にあんな真正面から逆らってくる相手がいなかったのでしょう。しかもひめ様を釣るエサ程度の相手に全否定されて面白くないでしょうに、その不機嫌を誰にもぶつけずサッサと帰る辺りエルザ様のプライドみたいなものを感じました。反面「怖いもの知らずの子猫ちゃんお手並み拝見」程度の意識で軽く見ていて、しかしステージ後に二人の実力をきちんと認めた辺り性根は悪者では無い感じ。そういやまちえさんもローラ移籍派ですか(笑。なるほどVAが人工的な「あの力」を開発していたとすればなかなか魅力的ではありますね。とはいえ誰かと比べて云々の呪縛から解かれた今のローラが悪魔の装置(笑)に惹かれるかなあ。正直なトコりずむ化したローラを見てみたい節はあるのですが(笑
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2