2017-10-01(Sun)

アイカツ!シリーズ5周年記念企画 至高のプレイリスト

aikatsu_music-list_00.jpg

お気に入りアイカツ楽曲を選んじゃいまSHOW!

2012年10月、女児向けコンテンツとしてヒットしていたタカラトミーの「プリティーリズム」に対抗すべく同ターゲットへ向けたバンダイの新コンテンツ「アイカツ!」がスタートしました。当時はドラマ性やCGライブの出来に秀でた「プリティーリズムシリーズ」を視聴していた事もあり、本作には正直大した期待をせず、新作アイドルアニメは一通りチェックするのが慣例って程度の気分で視聴スタート。その記念すべき第1話は初回効果の良作画も相まって惹かれる部分はあったものの、作中CGライブのトンデモなさに失笑し、可能性を感じながらもこのままでは先行き厳しいか?っな印象でした。ただ当時のED曲である「カレンダーガール」の印象が鮮烈で、メロ・アレンジ・歌詞ともにドハマリしたこの曲を聴くため2話目以降の視聴を決めたと言っても過言ではないほど。また同第1話の劇中歌である「Move on now!」「アイドル活動!」も泥人形のようなCGムービーと裏腹に出色の出来で、当初から楽曲に力を入れている印象が強かったのを思い出します。

現にその後 先代シリーズ全178話&現行シリーズ75話を数えるエピソードにて使用された楽曲はライブムービー曲だけで91曲(アイカツ63曲+アイスタ28曲)に及び、もちろん数だけではなく多岐ジャンルに渡る各々楽曲のクオリティは毎度期待を上回るもので、アニメ本編の面白さに加えて視聴モチベーションを向上させる大きな要素となりました。初期から追い続けている人はもちろんのこと、シリーズ途中から視聴している方々でも本編ストーリーやキャラに纏わるお気に入り曲がいくつかあると思います。

というわけでアイカツシリーズ5周年記念として今回の表題「至高のプレイリスト」というテイで、これまで発表された数多の楽曲の中からお気に入りを数曲選んでみまSHOW!ってな企画であります。とりあえず凡例として現在私がローテしているプレイリスト――前アイカツから10曲・アイスタから5曲のお気に入り――を晒してみましたがこのフォーマットに細かい事は申しません。直球ストレートにお気に入り曲を並べるも良し、究極のベスト盤として曲順まで練るも良し、「ハートきゅんきゅん」や「スタイリッシュタフガイビューティ」や「ポップ☆ポップ!」などテーマを決めて選曲するも良し、もちろん単独シリーズだけで纏めるも良し、みなさまがお薦めするアイカツ曲プレイリストをコメント欄にてお知らせください。楽曲への思い入れ語りも大歓迎です。ダラダラとアイカツ曲を語りましょう♪ ちなみに以前選んだ「ライブパートで選ぶ、ベストライブ3」はこちら

--------------------------------------------------------------------------------

Move on now!
Move on now!
作詞:こだまさおり
作曲・編曲:田中秀和(MONACA)
ex.First Live!
今に続くアイカツ楽曲の源流。印象的なテーマリフから始まるハウスポップは初聴から早や5年も経つのに未だ鮮度が落ちません。何百回とリピートしているはずなのに聴く度にさぶいぼが立ちます。

カレンダーガール
カレンダーガール
作詞:こだまさおり
作曲・編曲:田中秀和(MONACA)
ex.Signalize! / カレンダーガール
上で書いたとおり番組視聴の理由になったほどドハマった曲。ポップなメロや奥深い歌詞ももちろん魅力的ですが、曲の肝は何と言ってもイントロっから鳴り響くファンキーなスラップベースでしょう。アニメソングって意外とスラップを使うのですがこれほどオサレ&ソウルフルに響いてくる曲はなかなかありません。

Wake up my music
Wake up my music
作詞:こだまさおり
作曲・編曲:岡部啓一(MONACA)
ex.FOURTH PARTY!
頭サビの一節の後、世界中の煌めきが弾けるようなイントロ入り。やがて流れるメロは果てしなく優しく、掛け合うボーカルの美しさもあって毎度聴き入ってしまいます。この曲は演奏するより聴く方が好きかも。

オリジナルスター☆彡
オリジナルスター☆彡
作詞:こだまさおり
作曲・編曲:田中秀和(MONACA)
ex.KIRA☆Power / オリジナルスター☆彡
畳み掛けるようなベースがベキバキ鳴りまくるファンキーポップ。アッパーな曲調どおり弾いててめちゃめちゃ楽しく、ふと気付くとニマニマしちゃったりして(笑

ハッピィクレッシェンド
ハッピィクレッシェンド
作詞:辻 純更
作曲・編曲:石濱 翔(MONACA)
ex.CUTE LOOK
キラキラのSEに乗った頭サビから4分打ちバス&ワブルベースが響く軽快なテーマリフ、そこからスネアがスコーン!と鳴ってのメロ入りまでで私のフェブリスゲージが振り切っちゃいます。半拍食いの躍動感とオンビートのキメが相乗効果で盛り上げるメロライン、絶妙な掛け合いによるボーカル構成も素晴らしく、ムービーを含めればこの5年間で最も好きな曲かもしれない。

Sweet Sp!ce
Sweet Sp!ce
作詞:辻 純更
作曲・編曲:oriori
ex.POP ASSORT
畳み掛けるようなドラムス&歪ギターが絶え間なく響くゴリゴリの骨太ロック、聴衆を煽るようなメロラインも合わせてアツい疾走感がたまらない。

オトナモード
オトナモード
作詞:林奈津美
作曲・編曲:成瀬裕介
ex.CUTE LOOK
アンニュイなオケにスキャットを乗せたイントロ、そこから始まるしっとりしたメロはまさに背伸び少女の「オトナモード」を見事に描ききったもの。もう曲全体が大好きで仕方ないのだけれど、特に細かい事を言うならばオトナ少女の不安定な色気を感じさせる「お気に入りヒール鳴らし踊ってたいの」の「の」の半音、そして「ママには内緒のオトナモード」の「ド」の溜めが私的さぶいぼポイントです。

フレンド
フレンド
作詞:やまだ麻美
作曲:山崎佳祐 / 編曲:南田健吾
ex.CUTE LOOK
躍動感溢れるラップ調ポップロック。しかしこの曲の真骨頂は凝りに凝っているアレンジでしょう。重厚なドラムンベースが響く中 極浅いクランチを効かせて延々とリフを刻む左ギター、クリーン&ワウでアクセントを加える右ギター、要所要所で主張するホーンセクション、それらに加えて彩り深い様々な音色・SEが詰め込まれた、ヘッドホンで聴いていると脳髄をシェイクされるようなオケは雑多なようで見事に纏まっている南田マジック。氏の職人技を思い知った曲です。

Poppin' Bubbles
Poppin' Bubbles
作詞:AM42
作曲・編曲:ミト
ex.Joyful Dance
各方面で活躍しているミト氏の力作。ハンドクラップに乗った歌い出しからのイントロはゆったりしたスラップにて世界観を構築し、メロ入り後もベーシストであるミト氏らしくベースギターの様々な音色&ラインを駆使しストーリーを感じさせる曲展開を楽しませてくれます。目を瞑って音を合わせれば海中をたゆたう人魚の気持ちになれる逸品。

lucky train!
lucky train!
作詞:只野菜摘
作曲:中野領太 / 編曲:Integral Clover(agehasprings)
ex.START DASH SENSATION / lucky train!
古き良き70'sディスコナンバーの如くファンキー&ソウルフルな曲。曲名はおそらく伝説のダンス音楽番組「ソウルトレイン」の捩りでしょう(笑。イントロから通しでベキバキ鳴りまくるスラップベースにはこれまた初聴時にぶっ飛びました。アダルトチックなA,Bメロからハッピーなサビへの展開も大好き。

Dreaming Bird
Dreaming Bird
作詞:ヒカリツカサ
作曲・編曲:南田健吾(onetrap)
ex.アキコレ
バロックな曲調にプログレ要素を加味した、荘厳かつ疾走感溢るる名曲であります。目まぐるしく移り変わる拍子&追い難い譜割りはコドモアニメの枠を超えたというか、あんたらTV見てるコドモに歌わせる気ないやろ? とツッコまざるを得ないレベル(笑。展開を盛り上げる静と動の緩急も凄まじく、特にBメロ終わりの早口パートから畳み掛けるような盛り上がりには今ださぶいぼが止まりません。南田氏やりすぎ。

1,2,Sing for You!
1,2,Sing for You!
作詞:空谷泉身
作曲:秋浦智裕 / 編曲:南田健吾(onetrap)
ex.1,2,Sing for You!/So Beautiful Story
力強いドラムからディストーションギターのリフが走る正統派ロックチューン、若いエネルギーが炸裂するドライブ感迸る曲です。ギターパートを弾いてると20歳くらい若返っちゃう感じ(笑。シンプルなアレンジがいかにもロックバンドっぽくて心地よいです。そういやこれも南田氏アレンジでした。芸達者な人やなあ。

One Step
One Step
作詞:Amon Hayashi
作曲・編曲:Mitsu.J
ex.アキコレ
淡々としたヴォーカルラインからキラリ光るキャッチーなサビ、それを引き立てるべくAメロ Bメロ サビと緩急効かせたドラマチックなアレンジが面白い一曲です。ちなみにこの曲は聴き専(笑。シンセドラムがあれば楽しめそうかも。

Bon Bon Voyage!
Bon Bon Voyage!
作詞:辻 純更
作曲・編曲:石濱 翔(MONACA)
ex.STARDOM!/Bon Bon Voyage!
華やかなシンセリフが印象的な爽快エレクトロポップ。キラキラの電子音が飛び交うアレンジも石濱ワールド全開であります。辻氏作詞らしいボーカルの掛け合いも楽しい。フルバージョンを聴かないと判りませんが2番終わりの間奏後に移調→調を戻して華やかさを演出する構成も芸コマ。やはり石濱曲は良い良い。

MAKEOVER MAKEUP
MAKEOVER MAKEUP
作詞:こだまさおり
作曲:YUKI FUNAKOSHI / 編曲:C-Show / YUKI FUNAKOSHI
ex.Fantastic Ocean
煌めくオケに乗った伸びやかなボーカルが心地よく響くファッショナブルなダンスナンバーです。セオリーから少々外れた曲構成・メロラインは個性的で新鮮、オンビートの力強いサビメロから2拍→1拍食うクライマックスの躍動感も凄い。キラッキラのイントロから全編華やかな曲調はヅカのレビューのようで気分が上がります。

――というわけで私の選曲はこんな感じです。全部で10曲くらいに絞りたかったけれど無理でした(笑。ではではおヒマな方はどうぞお付き合いくださいまし。




関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

アイカツ!

アイカツ!に関するアニログです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

思い出は未来のなかに♪

管理人さんさすがの選評ですね。というか演奏まで!どこまでわれわれの先を行ったら気が済むんですか(笑) 個人的にはAngel Snowとfashion check!が入ってないのが少々意外です。まあ自分が好きなだけなのですが。どちらもストーリーもあわせて思い出深い曲です。Angel Snowは半分くらいしおんCGの効果か(笑)

ちょっと趣旨から外れるかも知れませんが劇場版の楽曲はどう評価されるんでしょう。「輝きのエチュード」もさることながら流しの作曲家さんの「グッバイ・ティアーズ」とか、何気に名曲揃いだったのではないかと。BGMもきらびやかで良かった。こないだのコラボ回も劇場版のBGMが流れてましたね。

でも曲でベストを選べと言われるとやっぱりカレンダーガールかもしれません。歌詞も良いですし本編で掛かるシーンがどれも珠玉なんですね…、カレンダーガールが無くユリカ様(笑)も不在ならみすみすアイカツをスルーしてたのではと思うほど。

れすれす

>tamanoさん
選評お褒めありがとうございます。「Angel Snow」は初期の名曲ですねー。真冬の寒さを吹き飛ばすような弾むリズムは聴いてるだけで楽しくなってきますし、キメの「なんてねっ☆」の破壊力も凄い。「fashion check」…実は当落線上だったのですが石濱率(笑)調整のため泣く泣く削ったのでした。どこを切り取ってもオサレでかわいいフレンチポップ、しかしかわいすぎておっさんのリストにはそぐわないような気もして(笑。劇場版の「輝きのエチュード」はいちご祭りのクライマックスを飾るに相応しい大作です。御大へのメッセージをしっとりアツく歌い上げるボーカル力、また絶妙なアレンジによって紡がれるドラマ性も凄い。特にボーカルの音域に近いストリングスの響きは情感を引き立てますね。ただ曲テーマが壮大すぎて日常的に垂れ流すには少々重いかも。

またまた遅ればせながら・・

私なりのプレイリストを思い浮かべながら記事を読み進め・・管理人さんのスターズ曲は?と見ると、ほぼ被りで笑いました。
前作の曲は知らないので、とりあえずスターズから単に好きな10曲☆

スタートライン
1,2 Sing for you!
Dancing Days
One Step
MAKEOVER MAKEUP
Dreaming Bird
スタージェット
おねがいメリー
Halloween night magic
10曲目は、今週放送後で反則ですが「森のひかりのピルエット」入れておきます。

南田さん率高め笑
Dancing Daysのリフかっこいいな~!と思っていて、元ネタ(良い意味)をずっと考えていたんですが、夫がルーリードの某曲を教えてくれて勝手に「これだ!」と笑

DCDでプレイしていて気持ちよい曲
ダンスが好きな曲
カラオケで歌いたくなる曲
など・・
他にもテーマ考えましたが、キリがないですね笑
普段は、スターズ曲で季節ごとのプレイリスト作ってるんですが、曲順めっちゃこだわって「ここがB面の頭」とか(昭和)
曲間自由に調整出来ないのが悔しかったり・・
色々楽しんでいます。

そうそう、新OP曲のレビュー楽しみにしてます!笑

良企画

本当にアイカツは楽曲が良いですよね。折角の企画なので、私もお気に入りの曲発表させてもらいます。※数字は順位ではありません。
①カレンダーガール
EDテーマとしての印象は勿論、♯50のあおい姐さんが校門前で涙落とすシーンに、どれ程涙腺崩壊したことか。女児向けアニメにこんなに涙流すとは思わなかったですよ。
②Wake up my music
#47のヒメ&ミヤのステージは圧巻。今でも見るとさぶいぼが出ます。 
③fashion check!
ステージでは5人が入れ替わりで楽しい様子のCGが印象的でした。当時の娘の18番で、躍りも完コピで私に見せてくれたのが懐かしい…
④フレンド
いちご&セイラの時は琴線に触れなかったんですが、#171の凜&まどか回の時のストーリーと歌詞、まどかのかわいさにやられました。
⑤SHINING LINE
この曲を聞くと、ゆめやローラ等スターズのメンバーにも繋がってるのがすごい伝わってきて、曲を口ずさむ度に涙が出そうになります。
⑥STARDOM!
「憧れは次の憧れをうむ~」これぞまさにTHEアイカツ!

良い楽曲が多いと改めて思いました

はじめまして。いつも楽しく拝見させて貰っています。
アイカツとスターズは良い曲が多く、選曲が大変ですよね。せっかくなので管理人さんの選曲以外で私のお気に入りの5曲を。
ダイヤモンドハッピー
単純にトランペットで吹くと気持ちがいい(笑)アップテンポで弾けたスカとジョニースマイル。耳と目で楽しめる楽曲だと思います。
Blooming Blooming
あかり→さくら→あかりの順で見せることで、力の差と成長を上手く表現したステージが印象的です。またサビからの明るい盛り上がりも気持ち良い。
エメラルドの魔法
スミレの強さをオズの魔法使いで表現したステージ。最後のフィーバーアピールにチャレンジする精神と失敗してもスミレならきっと大丈夫と思わせるバックグラウンドを作った曲だと勝手に思っています(笑)
episode Solo
S4のカッコよさをガツーンと印象付けた楽曲であると共に「アイカツは終わったけど次はスターズが始まるんだぞ」という制作側の意気込みをメッセージにしていると思えました。
未来トランジット
何か耳に残るんですよね(笑)リラックスした状態で聞けるので、落ち着く曲だと体が覚えたのかも(笑)

これからもレビュー楽しみにしてます!

れすれす

>Two Stepさん
スターズからの5曲はホント厳選でした。Tow Stepさんが挙げた以外でも「TSU-BO-MI」「ドリームステージ☆」にドハマリなので、削った曲は点数で言えば小数点以下2桁くらいの差で選から漏れた感じです。まあ選べと言っても選べませんよね(笑。とはいえ選曲の傾向は各々あると思ったため記念のシャレ事程度に企画してみた次第であります。「Dancing Days」のリフは私も何だかモヤモヤしてたんですよ(笑。ルーリードのアルバム何枚か持ってたので引っ張り出してみたら…ひょっとして「I'm Waiting For The Man」のリフじゃないですか? あと「B面頭」とか判ります! A面の2曲目っぽい曲とかA面ラストっぽい曲とか、A,B面の概念が無くなって久しいのにどうしても考えちゃいます(笑。新OPのレビューはさっき上げておきましたのでおヒマな時にどうぞ♪

>アイカツ年齢5歳おじさんさん
同じ5歳同士って事で選曲がシンクロしますね(笑。初期からの視聴者として「カレンダーガール」はもはや別格、まさかのヒメミヤライブで受けた衝撃も判ります判ります。ヒロインの母ちゃん&学園長が復活ライブするなんて反則もいいトコですよ(笑。「SHINING LINE*」はシリーズに共通するテーマ曲みたいなものですね。劇場版の冒頭ライブも圧巻でした。

>toraさん
はじめましていらっしゃいませ。「ダイヤモンドハッピー」はホーンが吹けると楽しそうです。私は小学生時代の鼓笛隊でトランペットをちょっと吹いた程度なので悔しい(笑。選評でもちょいちょい書いてますが楽器で合わせられる曲は思い入れが深まりますね。「Blooming~」のステージは全カット見比べて成長を確認(笑)した憶えがあります。ビッグバンド風の盛り上がりが爽快でラッパ吹けるとこれまた楽しそう♪

No title

どれも好きで選べないと思いながらも、こういう企画すごくワクワクします。

私は鍵盤楽器専門なので、曲はいっぺんに全部のパートが耳に入ってきてしまうのですが、さらっと理解できるようなシンプルな曲って一切ないため、毎回頭グルグルになりながら「凄すぎ!」とか「適わない」とか誰と戦ってるんだオマエって状態で聞いています。

で、nobumaさんがアイカツから10曲、スターズから5曲選んでおられたのに倣って。

アイカツ(順番に意味はありません)
1.カレンダーガール
 初めてアイカツを視聴した24話もこのED、初見でガッチリ掴まれました。
 本編のエンジョイ♪オフタイムが素晴らしくて、このED曲だけが視聴の理由ではありませんが・・。
 OPのsignalizeもこの曲も初見殺し・・・。なんだこのアニメは!とびっくりしたのを覚えています。
 
2.fashion check!
 これも心地よいメロディーによく合った、5人の超絶可愛いキャラクターを代わるがわる見せるCGパートがすばらしかった。1stと2ndシーズンでそれぞれ1回あるなかで、2Dに近い完成度なのは当然2ndなのですが、個人的には1stもかなり好きです。

3.SHINING LINE*
 これは曲もさることながら、映画のオープニングで流れたのが印象Upにつながっています。
 映画開始数秒で涙が出るとは・・・。これが聞きたくて映画3回見に行きましたもん(家族で見た1回目以外は内緒で)。
 映画は2番も歌ってくれるのですが、すごく期待していたCメロが省かれたのが返す返すも残念。
 これを書くにあたって改めて聞いているのですが、ホント素晴らしい曲。

4.オーロラプリンセス
 コード進行(+ベース進行)が凝ってて、一見シンプルなメロディーラインも絶妙な味わいがあって大好きです。マリアちゃん推しなのも理由ですが(笑)
 
5.笑顔のSuncatcher
 ビートが心地よく、CGととてもよく合っている感じが最高に気持ちいい。
 
6.ハートのメロディー
 マリアちゃん(略。バージョンのほうをよく聞いていたのですが、あまいあまい歌い方にとろけそうです。
 歌詞の内容ととても合っているところも好きでした。
 
7.Passion flower
 珠璃ちゃん推しとしては、珠璃の曲はどれも入れたいのですが、ソロでかっこいいこの曲を外すわけにはいかないかと。フラメンコ(?)のような曲調と珠璃のCGのダンスがすごくかっこかわいい。
 
8.Poppin' Bubbles
 初見でCGの可愛さにノックアウトでした。手の動き、水の中をたゆたう人魚の様な優雅さ。全編どこをとってもかわいすぎる。
 
9.はろー! Winter Love♪
 6人で舞うCGの振り付けがすばらしい。コーラスが曲をワクワクさせてくれて、曲全体の豪華さにつながっています。 

10.START DASH SENSATION
 この曲を聴くとクイーンカップの最後でSランクのアピールを出したあかりちゃんの晴れ舞台を思い出します。
 (その直前のスミレちゃんとの男前のやりとりも)。この曲だったら負ける気がしない大舞台曲であることがアイカツの〆として外せないと思いました。
 
アイカツスターズ
11.episode solo
 スターズ1話のEDでいきなりすごいものを見せてもらった印象の曲。その後も何回もグレードアップしたCGで見れたしあわせ。歌詞の出色のすばらしい出来だと思います。
  
12.Dreaming Bird
 4拍子3拍子7拍子!の目まぐるしい変化が今改めて聞いても気持ちを締め付けてきます。
 佐々木博史さん大好きプログレ大好きな私はこれを子供の歌に・・・?と内心ニヤニヤしながら子供そっちのけで聞きまくっていた曲です。これだからアイカツは止められないと改めて認識した曲でした。
 
13.TSU-BO-MI ~鮮やかな未来へ~
 香澄姉妹のエピソードが浮かぶこの曲は、ランウェイ曲らしい華やかさとメロディアスな部分がゴージャスで印象深い曲。
 
14.Bon Bon Voyage!
 曲単体でもすごくかっこよく、エルザ様のにっこり顔やウインクもかなり印象深いのですが、やっぱりEDのかわいいアニメーションと合わさって最強の曲です(とくにローラがキャリーケースをひっぱってる姿がかわいい)
 
15.Message of Rainbow
 出だしすぐの「Say Ho-!虹まで」で落ちました。ゆめちゃんらしい元気なセリフありの展開と構成がどれもとても心地よく、何回聞いても飽きません。
 
以上、アイカツから10曲、スターズから5曲を選んでみました。
長くなり、すみません。

れすれす

>アイカツスターズパパさん
鍵盤屋さんの耳は判ります! 同じ音楽を聴いても鍵盤と棹と太鼓で聴くトコが違うんですよね。鍵盤(シンセ)パートはコード展開もややこしいし音色もややこしいし音を拾うだけでも大変そう。私は棹物一筋(笑)なので鍵盤できる人を尊敬しちゃいます。

熱の入った選評楽しませていただきました。選曲が被ると何だか嬉しかったり♪ 「Passion flower」は珠璃のアツいキャラにマッチした情熱的な曲で、ステージの格好良さも相まって一気に引き込まれた事を思い出します。というか子供アニメの挿入歌で本気のフラメンコギターを聴けるなんて凄い作品ですよ。これは他ジャンルの曲にも言えて、ゴシック系にせよハウス系にせよカーニバル系にせよスタッフ各位の妥協の無さが伝わってきて、その本気の拘りこそがアイカツ曲の魅力でありおっさんの耳にも響く(笑)理由だと思います。最近の顕著な例だとやはり「Dreaming Bird」でしょうか…ってなトコでまさか佐々木博史氏の名が! 今や懐かしい曲ですが「Concertino in Blue」は筐体バージョンもDIMENSIONバージョンもよく聴いてます。プログレから外れちゃいますがあの頃のコナミは矩形波古川氏の曲も好きでした。私自身J-Fusion畑なので歌入りのCDはほぼアイカツ曲くらいしか買ってないかも(笑

度々すみません・・
確かに10曲とか選んでも、あれもこれも入れたかったってなりますよね笑
でも楽しい企画でした!
ちなみに娘は多分「未来トランジット」かな。この曲からファンになったという感じなので。

そうそう、改めて i'm waiting for the man聴いたんですが、なるほど!!でした。こういう話はとても楽しいです。ありがとうございます☆
私が思ったのは、White light,White Heatで・・ベルベットアンダーグラウンドの曲ですが、ソロになってからのライブ盤Rock' n' Roll Animalに入っているやつなんです。YouTubeにもありました。

管理人さんは職業なんなんでしょう?笑
色んなことに、造詣が深く、楽器の演奏もされるんですね。凄すぎです!

れすれす

>Two Stepさん
会話はキャッチボールなので何度でもどうぞ♪ 「未来トランジット」がお気に入りの娘さん、子供受けが良さそうではないマイナー曲に目を付けるとはなかなかお目が高い。今回選曲については…試しに候補曲を聴くとアニメ本編やムービーの思い出が蘇ってきて「やっぱ良いなあ」ってなっちゃうんですよ。全曲。なので今回は単純に楽曲の好みだけで選出しました。前作も良い曲ばかりなので機会があったらぜひ。ルーリードの件はソロのライブ盤を聴いて思わずおおっ!と(笑。しかし子供アニメBlogのコメント欄でルーリードの名前が出て来るなんてここくらいなものでしょうね。ベテランが多い?(笑。。楽器は大昔にブラックモアのギターに魅了されて以来テキトウに遊んでます。その後FUSIONにハマってベースを触り始めて今に至ると。鍵盤はまるでダメ、太鼓は普通の8ビートくらいなら刻めます(笑

No title

また書いてしまいます(^^;

nobumaさんと選曲が被ると嬉しいのはこちらです。
nobumaさんの選曲にはリアルタイムでこれまでのレビュー記事を思い出しながらたのしい時間を過ごさせてもらいました。

さて、Concertino in Blue!
Dreaming Birdの部分を書いているとき、まさにこれを聞いていました。
ここで書くと脱線してしまうのですが、佐々木博史氏の曲、めっちゃ緻密で魂削って?天才的に?という部分(どはまりの対位法とか)と、即興的なさらさらと書いたような、ダサかっこいい(褒め言葉!)ところが圧倒してくるって感じなんですよね(全部聞いているわけでないので独断と偏見ですが)。で、聞き終わっても、一つ一つのノートをおさらいしたいって感じになります。

鍵盤ばかりやってきたのでフレットレスベースとか未知の世界です(羨ましい。
ルパートばっかりじゃマズイと、ドラムは少しかじったのですが、わたしも8ビートが刻めるくらい・・・です。

さいごに、アイカツ楽曲のすごさ、いつも、自分の子供時代にこんなの聞きたかったって思います。
子供心に巷の曲って幅が狭く、初めて聞いた曲でも次の展開を予想して、だいたいそうなるって感じでした。
今はアイカツに限らなくても、ピリッとしたコードが入ってる子供曲とか、割とよく見かけるようになって、いい世界になりましたよね。
それなので子供たちが何回もリピートして聞いているのを、温かい目で見守りたいと思っています。

アイカツレビューも5周年ですね

大変ご無沙汰しております。
以前の「ステージベスト3」の時から、今回の企画を密かに期待していました!遅まきながらぜひ参加させていただきたいと思います。

アイカツシリーズが5周年ということは、nobumaさんのアイカツシリーズのレビューも5年間続いているのですね。
ブログのカテゴリを見たら、アイカツシリーズで合わせて265本の記事!凄いです!

さて、私のベスト5を挙げさせていただきます。全て初代の楽曲です。
主に車の運転中に聴くのでアップテンポな曲が多いです。

「KIRA☆Power」
私が視聴を始めたのが2年目で、その時のOP曲。最初の伸びやかなあおいの歌声に惹かれました。

「笑顔のSuncatcher」
オトナモードとすっごく迷いました!ゴージャスな印象だった美月の、新しい魅力が見られた曲です。
美月担当の、りすこさんの歌声は安定していて安心して聴けます。

「アラビアンロマンス」
Kira・pata・shiningとめちゃくちゃ迷いました。少女達らしい歌詞が好きです。

「Chica×Chica」
2番サビの後、盛り上がっていく間奏が良いです。
薄紅デイトリッパーも2番の間奏が鳥肌が立つほど素晴らしくて、散々迷いましたが、DCDで遊び倒したこちらを選びました。

「チュチュ・バレリーナ」
スミレの曲の中で、メロディも歌詞も一番好きです。アニメではステージCGの光の演出もきれいでした。

もう、アイカツシリーズはどれも良い曲ばかりで、絞り込むのにかなり悩みますね。それもまた楽しかったです。
素敵な企画をありがとうございます!長文失礼しました。

れすれす

>アイカツスターズパパさん
「Concertino in Blue」は譜面というより設計図みたいな、計算され尽くした美しさのようなものを感じます。理系楽曲の極みというか。一方当時は「DAY DREAM」など泉陸奥彦氏のプログレ曲も強烈で、こちらは佐々木氏と正反対に野性的・ギタリスト本能丸出しで突っ走る感覚がたまりませんでした。いやはや懐かしい。「子供時代に~」はホント同感です。昔のアニソンってベタな4分でタイトル連呼してるような曲ばっかりでしたし(暴言)。耳が固まる前に多彩な音楽に触れる事は音楽への興味や音感の成長など良い影響が数多ありそう。アイカツをきっかけに音楽好きの子に育ってくれたらまさにSHINING LINEの具現かと☆

>アッサムCTCさん
前作178話・スターズ76話、他に単発ネタ数本で計265本ですか。毎週書いているとあまり気に留めませんがふと振り返ると膨大なデータベースが構築されてた感じ。何事も継続ですなあ。自分で言うのも何ですがステージ曲リストと各話レビューを紐付けたのは非常に便利な仕様だと思ってます(笑。閑話休題ベスト5、そういえば私も車中で聴く事が多いためノリ重視の選曲になりがちかも。「KIRA☆Power」は「オリジナルスター☆彡」とセットで大好きなOP/EDでした。「笑顔のSuncatcher」は西海岸ステージにマッチしたカラッとした暑さを感じさせる曲で、ツインボーカルを活かしたステージングもWMの強キャラ感が溢れていた事を思い出します。ノリも良いので車中で聴いたら自然に鼻歌歌っちゃいますね(笑。「Chaca×Chaca」の間奏も判ります! アツいフラメンコギターにダンスを乗せたムービーを見てみたい。あと間奏の凄さと言ったら「硝子ドール」でしょうか。フルバージョンを聴いた時に「これを幼女に聴かせるのか?」って絶句しましたもの(笑

No title

残念ながらスターズは未視聴なのでしばらくご無沙汰しておりましたが、WUG関連でなにかあるかしら?と久々にお邪魔したところこんな企画があるではないですか。
これは乗るしかない。
基本的に運転中に聞くプレイリストです。アップテンポで耳心地のよさ重視ですね。前に選んだCGライブ3選とはまるっきり違いますが、全部好きなんだもん、しょうがないじゃん!ってことでひとつ。

1. Signalize!
言わずと知れた初代OP曲ですね。管理人さんは色々と物申したいこともあったでしょうが、個人的にはこの曲をOPに持ってきたスタッフのセンスが大好きですね。異世界感というか、「何かが始まる」感じをとても感じます。フルで聞くと印象がまるっと変わるのも特徴ですな。

2. Move on now!
いやぁ、かっちょいいです。あれだけ色んな曲調をやってきたアイカツですがラップが入ってるのはこれだけ?スターズはどうなんだろ?CG転換期だった9話のソレイユverも好きなんですが、音源がうたバッジしかないっていうのがもうね・・・

3. G線上のShining Sky
順位は決めないつもりでしたが、これだけ例外。不動のベストナンバーです。とくにBメロからサビにいくところが聞いてて気持ちよくて・・・。当時のCMでもその箇所が流れてたのが印象に残ってます。ほんとに好きな曲なんですが、それだけに劇中ライブがアレなのが悔やまれます。ジョニーよぉ・・・

4. Take Me Higher
自分がアイカツにドはまりするキッカケになった一曲。これ、ほんとに女児アニメの歌か?!ってな衝撃を受けたのを覚えてますねー。歌詞もコーラスもカッコよさにパラメーター全振りのような感じ。トライスター復活ライブも良かった・・・。

5. オリジナルスター☆彡
これはCGライブがどれも印象的だったんですけど、曲調もノリノリで聞いてて楽しくなっちゃいますね。けどやっぱりいちごあかりverが泣けてきます。(何故?)

6. 笑顔のSuncatcher
夏のドライブには最高ですね、これ。爽快感がたまらないです。劇中では・・・へそ!わき!ってイメージ。

7. Let's アイカツ!
アイドル活動!的な基本曲のハズなんですが、やけにカタルシスを感じちゃうんです。劇場版効果か!?「キラキラリ☆」が大好き。

8. Good morning my dream
耳心地のよさ重視の最たる例。イントロからサビまでアレンジもメロディーも全部気持ちいいです。

9. MY SHOW TIME!
なんていうか、往年の久保田利伸ですとか杏里なんかのテイストを感じるおっさんホイホイな曲ですな。えぇ、大好物です。

10. サマー☆マジック
おっさんホイホイその2。なんか懐かしい・・・。これも聴いてて耳心地がいいんですよ。


あとはこれらに混ぜて、娘ふたりのリクエストで硝子ドールだったり、Chica×Chicaやら薄紅デイトリッパーなんかをクルマで良く聴いておりますな。

久々に覗いてみたらスターズも気になってきた・・・。楽曲とライブだけでも追ってみようかなぁ。

では!

No title

楽曲派アイカツおじさん(笑)を標榜する私にとっては、まさに願ってもない企画…!ありがとうございます。
というわけで、私からも思いついた順に10曲。

1.Good morning my dream
個人的には田中秀和氏の最高傑作。特に125話のソレイユ版が最強です。
まずイントロが気持ちよ過ぎ&美し過ぎ。
イントロだけで既に昇天モノですが、サビでぶわーっと視界が開けていくような展開も感動的です。
シリーズ通して一番好きかもしれません。

2.ダンシング☆ベイビー
女児向け作品の枠をいくらなんでも逸脱し過ぎなアイカツ屈指の奇曲。
変拍子と幻想的で官能的なサウンドが中毒性バツグン。ずっと聴いてるとトリップできそう。
アニメで流してくれなかったのが遺憾なところですが…。浜渦さん、もう一回アイカツに曲書いてくれないかなぁ…

3.G線上のShining Sky
懐かしげで優しい曲調は、サラッと流す分には心地よいのですが、腰を据えてじっくり聴くとなぜか泣きそうになってしまいます。
曲調に反してゴリゴリなベースも絶品。
「レッツアピール!」の幻聴が聞こえるのはご愛敬(笑)

4.オトナモード
艶があって情感のこもったもなさんのボーカルがとにかく素晴らしい。聴いているとサビの部分で思わず歌い出しそうになってしまう危険な曲でもあります(笑)

5.硝子ドール
間奏で「Dream Theaterやんけ!」と腰を抜かした想い出。曲の素晴らしさは言うまでもなく、アニメでも筐体でも使われない部分にここまで注力する姿勢にも胸を打たれます。

6.新・チョコレート事件
この曲も何気に間奏がカッコいいんですよね。かわいいだけでなく、随所にこだわりとセンスの光る名曲だと思います。
あと「とんでもなぁ~いぃ~」の所の歌い方がすごく好きです。

7.魅惑のパーティー
妖しい雰囲気、冷めたサウンド、スリリングな展開、全てがたまりません。NARASAKIさんもいい仕事するなぁ、と。
こういう曲って、ジャンルはなんていうんですかね?

8.ハローハロー
元気で明るくポップながらもどこか胸が詰まるような曲調がこの上なくひなきらしくて大好きです。
歌詞からも、初登場からずっと悩み続けてきたひなきの確かな成長が感じられて感慨深いですね。
キャラソンとして見たときの完成度で言ったらこの曲が随一かと。

9.ミエルミエール
渋谷系っぽい曲は他にもありますが、この曲が特にツボです。
全体的に演奏にユルさというか、遊び心みたいなものが感じられて好きなんですよね。
アニメでの、ギミック全開のトリッキーなステージも印象的でした。

10.prism spiral
あおいちゃん推しとしては、この曲を外すわけにはいきませんでした(笑)
アイカツにおいてオシャレでエレクトロな曲は多々ありますが、源流はこの曲ではないでしょうか。
後発の曲と比べるとかなりシンプルですが、不思議とこの曲が一番ノれるんですよね。まさにエヴァーグリーンな傑作。

スターズはまだ未視聴ですが、何曲か聴いてみたところ、
リフが激烈にカッコいい「Dancing Days」、流麗でドラマチックな「Summer Tears Diary」、安心と信頼の石濱サウンド「Episode Solo」「Bon Bon Voyage!」あたりが気に入りました。

素晴らしい企画にウキウキで書き込んでいたら、つい長くなってしまいました。
それでは!


れすれす

>ロコじじいさん
お久しぶりです。いろいろお好みはあると思いますがスターズも面白いですよ。WUG新章は…何を書いても面倒くさい人を呼び寄せそうなコンテンツなのであえてノータッチにしました。CG化されたライブムービーやMONACA曲についてだけでも触れようか?とも思ったんですけどね。それはさておきアイカツ曲、今となっては耳に馴染んだ「Signalize!」ですが開始当初は戸惑いましたねー。子供向けアイドルアニメのニューウェーブとなった以後と照らせばあの革新的な曲も納得し得るものなので、要するに私の頭が固いって事なのでしょう。ラップ成分については韻を踏んだ歌詞やスクラッチなど「フレンド」がそんな感じ。おっさんホイホイ判ります! というかアイカツ曲の半分くらいはおっさん向けのような気も。「Shining Sky」は曲一覧のジョニー先生をいつか差し替えようと思っているのにいつまでも放置中(笑

>ゆでめんさん
一目で聴き込みが判るラインナップですね。「Good morning my dream」は夢現で微睡む朝の雰囲気が心地よい曲。田中氏の守備範囲の広さが窺える曲でもあります。「ダンシング☆ベイビー」はアニメ派の私には馴染みがないのですがアルバム内での異様な存在感(笑)はハンパありませんね。アニメ本編で使われなかった理由も何となく判るような。スミレジェラートちゃんの妖艶な笑顔が思い浮かぶ「魅惑のパーティー」も難しい曲ですがさらにジャンルですか。乏しい知識で直感的に当てはめるならイントロ入りはミステリアスなワルツ、その後ドラムンベース→シューゲイザー…全体を見渡すとやはりオルタナティブロックとしか呼びようが無いかも。初期の「prism spiral」も大好きです。細かい事を言うと「舞い上がるロマンス~」の「ス」の半音に痺れました。というか「Move on now!」→「prism spiral」の流れで子供アニメを超えた何かを確信した気がします。スターズの曲も彩り豊かなのでぜひいろいろ聴いてみてください。

ずいぶん時間が経ってしまいましたが

かなりのお久しぶりです!
プリキュアの記事等々でお邪魔させて頂いてたものです。
スターズに絶賛ハマり中の私からも、遅まきながらこの企画で久々にコメントさせて頂きます。

で、その選曲なのですが、皆さんと少し毛色の違う選び方をしようかなと。
というのも私、リアルのアイカツイベントが開催されるとわかるや、足が向かってしまうという妙な体質になってしまいまして(笑)
そんなイベントでのライブで印象に残った曲なんかを挙げていこうかなと思います。

episode Solo
今年3月のパシフィコ横浜でのライブ、
前曲が終わり暗転、刹那「♪アウト~ロ~が~」と同時に後方からの強烈なライトで浮かび上がるS4衣装を着た4人のシルエット…!
EDの見事な再現に、会場全体のテンションがガン上がりしたのを覚えています(笑)

ドリームステージ☆
個人的にこの曲のゴージャス感が好きですね。ステージも華やぎます。たぶんそんな企画は来ないだろうけど、オーケストラの生演奏付きとかで聞いて(見て)みたい。

アニマルカーニバル
リアルライブでの屈指の人気曲。この曲のイントロが聞こえてくると大盛り上がりです(笑)これもビッグバンドとかの演奏をバックにしたら楽しそう。

Forever Dream
90年~00年代に続々出てきた歌姫系J-POP感が自分にはグッサリ刺さります。先日ラゾーナ川崎で行われたフリーライブでの披露時、たまたま通りがったお兄さんの「宇多田!?」と驚いた声に自分も驚きました(笑)

STARDOM!
同じくラゾーナでのライブ、AIKATSU☆STARS!メンバー全員で披露されたこの曲。間奏過ぎて、ゆめ担当せなさんの「♪ひとひらの蝶が~」の辺りはCDと同じですが、転調でキーが上がるラスサビ、ひめ担当るかさんがセンターにやおら踊り出て「♪憧れは次の憧れをうむ~私はここだよ~」ですよ!
もうね…キャラ的にもボーカリスト的にも、SHINING LINE*的な粋な演出にシビれましたね(涙

アイカツ☆ステップ!
ライブでこの曲は大抵ラストにメンバー全員で披露されるのですが、ファミリー向けライブのみ、間奏に突入すると客席にメンバーが降りていって子どもたちにハイタッチをしていくんです。
それを最近知ったんですが、何とほほえましい面かと(涙) やっぱりアイドルはもっと子どもたちに門戸を広げるべきだ、なーんて謎の使命感を抱いてしまったり。

ラン・ラン・ドゥ・ラン・ラン! ~NEXT LAP~
ライブでの人気曲その2。「サビで手持ちのタオルをフリ回す」という性質上、大きなお友達向けでしかやらない一曲です(笑)
アニメでこの曲を流すのは…うーん、挿入歌でもCGライブでも合わせるの難しそう。

START DASH SENSATION
前作はそれほど熱心に見てたわけではありませんが、アイカツ!集大成を飾るにふさわしい曲だなと。
特に、曲全体を彩るピアノアレンジや間奏のギターリフが涙腺を刺激します。生バンドでやってくれちゃったら、曲終わる頃には崩れ落ちてます(笑)

企画の主旨をちょっと外れてる上に、なんだか妄想&思い出語りになってしまいました。すみません(笑)
確か管理人さんはどこかで、「現場派じゃない」とおっしゃられていたかと思いますが、リアルライブも趣向が凝らされていて楽しいですよ。

ではでは、長文失礼しました。
会場でお会いしましょう(笑)

すみません、
×ギターリフ
→ギターソロ、ですね
お恥ずかしい…

れすれす

>あすの予告先発さん
お久しぶりです。スターズも見ていらしたんですね。しかもアイカツイベントにまで足を運んでらっしゃるとか。私は興味無いわけじゃないんですけど…そもそも演者が楽器弾かないライブってほとんど行った事が無いんですよ。というかボーカルのライブって矢沢くらいしか記憶にないかも(笑。というわけで選曲を拝見。ライブ視点の選曲とは私的にかなり新鮮で興味深いです。「アニマルカーニバル」や「ラン・ラン・ドゥ・ラン・ラン!」がそんな人気曲なんて知りませんでした。言われてみればサンバ調の「アニマル~」は確かにライブで盛り上がりそう。ゴージャスな「ドリームステージ☆」は私も大好き、さらに「Halloween Night Magic」もリスト候補に上がっていたのですが、スターズ5曲中4曲がアキコレではバランスが悪いと思って泣く泣く削ったという(笑。ちなみにスターズのCD単位だと「アキコレ」と「Fantastic Ocean」の回転率が非常に高いです。前作だと「CUTE LOOK」と「Joyful Dance」かなあ。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
09  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2