2018-01-05(Fri)

アイカツスターズ! #88 お正月だゾ☆全員集合!

あけましておめでとうございます! 

stars_88_00.jpg

今年のアイカツスターズ!も隅から隅までずずずい~っと

stars_88_01.jpg

新年吉例の晴れ着挨拶から始まった2018年のアイカツスターズ! 今年は金屏風まで立てちゃって豪勢だなあと思ったら年始挨拶の収録だったというオチ(笑。そんな年末進行に一息吐いてヤレヤレも束の間、来る新年の生放送に向けてまだまだ気は抜けない! いやはや芸能人ってば大変よね。まあ年末年始のかき入れ時にTVに出ずに見てるだけの芸能人もツライものがありますが。

「だいじょ~~~ぶ!」

ってなトコへ現れた鳥坂ゆず先輩の一声。憂鬱な仕事始めを全て引き受けて後輩たちを休ませてあげると突然の宣言であります。番組ごとにキャスティングも段取りも決まっているだろうに勝手に乗っ取っちゃっていいの? なーんて野暮は言いますまい。

「お雑煮のお餅何個にする?」
「う~ん…3個!」

シーンはパッと進んで虹野家のお正月へ。実家のソファーでのんびり寛ぐゆめは餅3個にお節をひょいぱく(お行儀悪っ)…かつての正月太りの悲劇再び!? と思わせましたがそんな事は無かった。そして眺めるTVに不穏なアオリが!

その頃男子寮の一室でゆず先輩の番組を眺めていた望王子&朝陽くん。S4城に比べるとM4の寮は質素だなあ。男子寮でキッチン完備ってのも珍しい(笑。欠けた二人は連れ立って弾丸世界一周中、これって仕事と思ったらプライベート旅行のようで…かなた君付き合い良いなあ。それはそうと手際よくカレー雑煮を作って出す朝陽くんの女子力がハンパない、そして王子の物言いがいちいちキモい(笑

stars_88_02.jpg

などと優雅なお正月を過ごすみなさんの一方で孤軍奮闘する舞組トップの中継が始まりました。リタイア続出の「ニューイヤー寒中トライアスロン」にてバイクを漕ぐ水着姿はまるでしなやかな雌豹のようです。ゆず先輩かっこいいゾ! 弾丸の如くゴールへ飛び込むとそのまま優勝! ところが優勝インタビューのうちに見る見る顔が青ざめてバッターン!と倒れてしまいました。さすがゆず先輩は倒れ方まで豪快です。全力で遊んでいた子供がスイッチ切れたように寝ちゃうみたいな、体力の限り全力を出し切っちゃう辺りゆず様らしい(笑

「白銀さんは本当に上手ですね」
「いえ…ただ描くのは楽しいです」

そんなブラックアウト後に見た子供の頃の回想夢。花瓶の薔薇や林檎などよくあるモチーフの静物画をサラリと描き上げるちびリリィは幼い頃からゲージツ肌で、対するちびゆず様の絵は…こちらはこちらである意味ゲージツ肌かもしれない(笑。などと両者の絵を見比べたゆず様の表情が何となく不穏で、これは意外なコンプレックス展開?と思ったけれどこれまたそんな事は無かった。新年早々深読みしすぎ。

「やだ! やだ! やだ! やだ!」
「ダメです」

ほどなく意識を戻したゆず様は起きるなりアクセル全開! ところがベッドサイドの君はそんな無茶を許しません! 体力切らして倒れた直後に仕事なんてとんでもない!vs仕事へ行きたい!の決着はもちろん飼い主(笑)の言い分どおり休養最優先、とはいえあのゆず様がおとなしく休んでいるはずが無いのだけれど(前振り

一方その頃TV局では頼みの演者が倒れてしまって大わらわ。何せ全ての企画がゆず様ありきなので主役を欠いたら全て録画放送になってしまう、お正月の生放送番組でこれはさすがにマズすぎる…ってなトコに颯爽と現れた5つの影!

「大丈夫です! ここは私たちに任せてください」

ゆず様の急を聞いて駆け付けた後輩五人娘! 何だか無駄にかっこいいぞ! まあ冷静に考えると元々この子たちがやるはずだった企画をゆず様が乗っ取って、それが元に戻っただけのような気がしなくなくも(略

stars_88_03.jpg

「Bon Voyage! 空と海とが重なる~♪」

暗転した画面に番組タイトルが浮かび、何故か流れる「Bon Bon Voyage!」のイントロリズムに合わせてフラッシュ&カメラがグーッと引き、Aメロ入りと同時に照明が点くとそこには黒スーツで立つ5人。ほどなく大階段を降りてステージ前列に並ぶとポンポン持ったスクールメイツ(懐)が背後を埋め、覇気の無い腕振りダンスを黙々と…アップの抜きまでドリフ大爆笑のOPマンマじゃねーか!(大爆笑。流れる曲と絵面のミスマッチがシュールすぎて呼吸が止まるかと思った。いや待て、これをして「ドリフ大爆笑」を思い出すか「新宝島(サカナクション)」を思い出すかで世代チェックを企んでいるのかもしれない。そういや「ド、ド、ドリフの大爆笑♪」をオンタイムで見ていたボーダーって何歳くらいなんだろ? と思って軽く調べたら本放送終了は1998年4月との事、つまり今の未成年者はほぼ全員知らない世代なのか! ガガントス! なーんて事より「1998年が20年前」という事実に軽く目眩を覚えた。

などと「Bon Bon Voyage!」が流れる中で五人娘の新春かくし芸がパッパとインサート、これまた限りなくシュールな絵面であります。皿回しならぬ瓦回しに奮闘の真昼、あこのけん玉アクションはカットを切り替え髪も揺れてやっぱり作画に気合いが入ってます。めでたい書道パフォのローラはある意味一番正月らしいか(笑。その後鳩を出す小春ちゃん→頭コマ回しのゆめと続いてかくし芸カーニバルは無事フィナーレ、どうせなら「さよならするのはつらいけど~」のアクションまでやってくれれば。

stars_88_04.jpg

「登場人物は9人。どれも配役はゆず先輩…」

さて後半の生ドラマ上演に備えてまずは台本チェック! ところがその芝居はゆず先輩の9人早替わり劇で、もちろんそんなん無理なみなさんは役を振るわけですが、そうするにも人数が足りないというピンチに! ってなトコへドドーン!と現れたリリエンヌ、続いてヴィーナスアークのおなじみのみなさん…この3人はもう四ツ星に入っちゃえよ! というわけで役者が揃って再び広げた台本は何と真っ白、唯一「ぜんぶ ゆずのアドリブ」と書かれた台本に絶叫するあこはまさに断末魔の叫びでありましょう。どーすんだこれ!? どうするって芝居も何も…と絶望の空気に包まれる控え室、なるほど脚本だけに脚元抜きなのか!(笑。ってなトコからリリエンヌ入学時の回想へ。

昨年2年生でS4だったゆず様は入学当時から図抜けていたようで、1年生ながらミッキー先輩とのダンス勝負に圧勝! なるほど予告で見せたミッキー先輩はこの回想でした。再登場を期待していただけにちょっと残念かも。ともあれキラキラ輝き宙を舞うゆず様を見つめるサーヤ先輩&有莉ちゃん先輩のヒラ制服が何だか新鮮です。顔つきも少し幼い? そしていきなりのミッキー呼びに慌てるミッキー先輩もいい味…こういう経緯があっての信頼関係だったのですね。などと入学早々先輩に勝ってしまったゆず様にリリエンヌは感心が止まず眩しくて仕方がない。一方そんな周りの目など気に留めず楽しい事をやってるだけと語るゆず様。そんな正反対の二人を包み込む薄暮の風景は二人の関係性を象徴するように限りなく優しい。良い雰囲気です。

「リリエンヌにだってリリエンヌにしかできない事あるんじゃない?」

秀でた幼なじみへ引け目を感じていたリリエンヌにハッと気付かせるゆず様の言葉。誰にでも得意不得意はあるもの、ならば得意な事=自分にできる事をやればいい。ダンスが得意ならダンスを、絵が得意なら絵を、読書が好きなら知識を極めればいい。「あれはできない」ではなくて「これならできる」をする、それがたくさん集まればやがて大きな「できる」になる。なるほど写生絵を見比べて沈んでいたのはこの考えに至る道程だったのです。

「今こそ自分にできる事をしましょう。ゆずのためにも」

などなどゆず様の教えを持ってゆず様の窮地を救うというなかなかアツい展開でAパート引き。さあいったいどんなお芝居を!? と思ったら(笑

stars_88_05.jpg

stars_88_051.jpg

「みんな~、こんにちは~! 小学二年生の虹野ゆめで~す!」

満員の観客が詰める会場ステージに現れたのは黄色い通学帽に赤い吊りスカート&ランドセルを纏った歌組トップでありました。何じゃこりゃー! というわけで予告で見せた幼女コーデ(笑)は芝居の衣装、それにしたって小学二年生て! 変に似合うからまた困る。続いて現れた幼女真昼にコーヒーを吹く朝陽くんもご尤も。

ドリフ大爆笑の流れか袖から引いてきた舞台セットはいかにもコントの教室風で、そこに集うクラスメイトたちもコメディ特化のキャラ付けがされています。メガネ+エビフライお下げに緑の衣装を纏ったあこ委員長が某律子さんに見えて仕方がない(笑。また見るからにガキ大将のローラ、頭がお花畑のアリア、ザマスメガネに鞭を振るうリリエンヌ先生などなど確かに各キャラの持ち味(できる事)を伸ばしている、と言えなくもなくも(笑。新任教師への古典的な洗礼にドキドキの一瞬、しかし敵も然る者マジンガーZよろしく床が開いてニュッと現れ一同ズッコケ…これをわざわざアングル変えた3回回しで見せる辺りコント番組の作りに忠実です。でもこれって生コントなのよね(野暮

海 海 西 河
驢 豚 瓜 馬

着任早々の学力テストはさすが読書家のリリエンヌらしく難読漢字をずらりと並べ…生徒の設定は小学二年生だよね?(笑。見ていたお友達は何問解けたかな? 一方教室のみなさんはもちろん誰も答えられず鞭を振るってキーッ! しかし優しい優しいリリエンヌ先生は設問レベルをグッと落として次の出題へ。

東 南 北
京 京 京

すると頭の花がパッと開いたアリアが「ぺきん」を答え、花に驚いたあこ委員長が「なんきん」を答え…100人中120人が判っているであろう古典オチをゆめが答えてどっとはらい。何だか今回はいろいろ懐かしすぎて泣けてきた(笑。ゆめの誤答にリリエンヌ先生のヒステリーが再燃し震えるきらら、ってなトコへ現れた保健の小春先生がッ! 新年早々ブロードウェイ☆ドリーム再びのセクシーカットは何事かと。色気迸るストッキング脚組みに固まるみなさんもいい味。みんなして小学生に扮している中 小春ちゃんだけこれって!(笑。しかもそんな空気を完全スルーしきららに近づき顎クィッの破壊力たるや!

「それではコマーシャルの後は体育の授業です」
「いいですか! チャンネルはそのままですよ!」

stars_88_06.jpg

リリエンヌ先生の厳しい言いつけ(笑)から作中CMタイムへ入るとカメラがパッと病室へ。ところが毎度お馴染みめでたいたいのCMが流れる病室のベッドは既にもぬけの殻で…まああんな面白そうな芝居を見せられてゆず様がおとなしく寝ているはずありませんもの(笑。そんなこんなで正月コントの第二幕はセットを体育館に変えてスタート! どんぱふ~!

「みなさん、今日は跳び箱のテストを行います」
「またテストですの?」
「お黙りなさい!」

開始早々安直な進行(笑)への苦言を鞭で突き返すリリエンヌ先生が妙にハマってて笑う。最近寒いから絶好調なのかな(笑。そして妙に枚数を奢った指パッチンアクションから始まった跳び箱のテストは…正月恒例のモンスターボックスじゃねーか! もう見境無くパロってますなあ。移動中に照明へ当たって揺れる光、そしてアリアに迫る影など跳び箱の巨大さを引き立ててます。すごく大きいのだ~!

《これは私にとっての壁。この壁を乗り越えてこそ本当にゆずの代わりを務めた事になるのです》

あまりの大きさにたじろぐみなさんの中でリリエンヌは一人気を吐き覚悟を決め――

「見ていてください! これが新任教師 白銀リリ子の生き様です! はぁ~~っ!」

照明背負ってビシィ!とキメるとモンスターボックスへ生き様を懸けるのでした。ってあれ? この跳び箱は生徒たちへのテストじゃなかったっけ!? いつの間にそんな流れに!? なーんてアドリブ芝居の行き当たりバッタリ感を堪能しつつ、キメ顔と裏腹にドタドタ走るアクションからビッターン!(お約束)までリリエンヌの独演に大笑い。しかし文系キャラなのに体張ってるなあ…と思ったらこれも仕込みの一つという芸コマ。

墜落したリリエンヌ先生へ駆け寄るみなさんが思わず「リリィ先輩!」と呼んじゃう辺りもリアル&芸コマで、ゆず様のために限界を超えてしまったリリエンヌを素で心配するみなさんvsそれでも止めないリリエンヌ=無茶をしすぎて倒れたゆず様の顛末の鏡映しという構図でもあります。そういや先々から気になっていたけどローラの赤白帽の被り方(ウルトラマン被り)が懐かしすぎ。こうして被る子クラスに1人は絶対いたよね(笑

「待たせたな!」

ってなトコへホイッスルの音と共に颯爽と声が響き、次の瞬間客席ナメの後扉がパッと開いて光が漏れ――

stars_88_07.jpg

「体育教師としてやってきた二階堂ゆずおだ。よろしくな!」

客席階段をゆったりと下りてステージへギューン!と舞い降りた黄色ジャージのニクいヤツ。軽い自己紹介の後に「後は任せろ」とモンスターボックスの前に立ったゆずお先生は軽い身のこなしでひらりと飛び越え…煌めく照明を背負った跳躍姿とそれを追うリリエンヌの対比は「眩しすぎて直視できない」と語ったリリエンヌの深層を掘り起こすに十分な絵面であります。あれほど頑張っても超えられなかった壁をあっさり飛び越えてしまった。周囲のみなさんはそのヒーローを取り囲んで賞賛し、輪から外れた自分は遠巻きに眺めるだけ。やっぱり私は教師失格です。

「そんな事ありません」

リリ子先生は国語が得意なのだからお互い足りない部分を補い合って生徒を指導していけばいい…というわけでオンオフ共に今回のテーマに帰着し、コント番組だったはずがいつの間にか感動ドラマで大団円。この流れは新喜劇に通じるものが無きにしも非ズ? というか感激屋のゆめにサッとハンカチを渡す小春先生いつの間に!?

stars_88_08.jpg

今回のライブステージはゆめソロの「MUSIC of DREAM!!!」でした。この流れならゆず様&リリエンヌのデュオだろう?と思いつつ、新年明けってコトで既存ステージも止む無し? また初披露の第85話から日も浅いので丸バンクかな? と思ったらイントロ入りでいきなり弾けるエフェクトに驚いた。引きショットが増えてライブ感が増した新ver.は前ver.より曲調に合っているかも? ちなみにサビの「あなたに届けたい~」辺り(天空☆ステージ俯瞰カット)から先はSpA含めて前ver.のバンクでした。ツバサ絡み以外でこういう編集は珍しい。

「あ、ゆめちゃんだ!」

そんなステージを空港のTVで見ていたすばる君は、同じTVを見ていた女の子の笑顔を見てアイドルの何たるか…見知らぬ土地の見知らぬ誰かを笑顔にする仕事の奥深さを知る。というドタバタからの綺麗な締めで2018年のスターズが始動しました。2ndシーズンも残り1クールとなって全体の纏めも気になる今日この頃、絶頂のようで実は深淵まっただ中のエルザ様はどうなってしまうのか? いまいちパッとしない男子組とのアレコレ(笑)はどうするのか? 出番を溜めまくっているひめ様は? そして肝心の決勝トナメの行方は? などなどツバサ編の決着に目が離せません。

それはそうと「Bon Bon Voyage!」を聴く度にドリフ大爆笑の絵が浮かんで困る。大好きな曲なのにどうしてくれるんだ!(笑



関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

アイカツ!「第88話 伝説をつむぐ場所」

アイカツ!「第88話 伝説をつむぐ場所」に関するアニログです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

小春先生!😍

 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。m(__)m

 新年一発めのアイカツ、楽しいながらもまとまった回でしたw

 色々解説ありがとうございます。テーマがなんとなくしか理解できなかったので、助かりました。

 5人がスーツで階段を降りるシーンは、どこかで見たことがあると思ったら、ドリフでしたか(笑)。

 ゆず先輩がリリエンヌに嫉妬していたのは意外でしたが、この掘り下げは良かったです。

 すばる君のシーンもよくわからなかったので、説明を読んで納得しました。感謝。

 とにかく、今年もレビューが完走できるよう応援しています!(^人^)

新年明けましておめでとうございます。当年もレビュー楽しく読ませて頂きます。宜しくお願い致します。

さて。
新年の挨拶から始まった今回ですが、いきなり髪型どうした⁉︎笑。特に小春ちゃんのアレンジヘアがなんとなく珍しくなってしまい、あれどうやってセットしたんだろう…。

そして!私が大好きなゆず様が体を張って頑張る姿はカッコよかったです。あんな風にパッと番組代わりにやる宣言は、ゆず様以外にできるキャラが見当たりません。

そして、「Bon Bon Voyage!」のシーン。あの腕の振りは何だろう?と思っていたのですが、ドリフ?という番組があったのですね。1998年は、実はまだ生まれてないものでして。
モンスターボックスのシーンは、番組を視聴したことがあるのでわかりました。数えてみたところ、20段ほどあって驚き。それを一発で飛び越えてしまうゆず様流石です‼︎
そういえば、呼び名がリリィ先輩!に戻ってしまうシーンですが、一番キャラがすぐ戻ってしまいそうな天然アリアちゃんが、役柄をキープしたことにびっくりです。案外素質があるのかも笑。

次週はエルザ様ちゃんと出てくれそうですね。新年一発目にもかかわらず、予告まで一言も台詞なし、本編にも不参加なので、マジか〜と。来週からは更に闇堕ちを期待します。

前記事のレスですが、ほんとネバギバのオフボーカル・・他の曲も良いのですが、CD買ってからこのオフボーカルばっかりリピートしてます(笑)車で聴くと飛んで行ってしまいそうに。

もう私もドリフに大爆笑!!ただ、全く分からない娘の隣でしたので「何が面白いの?」と追求されそうで必死に堪えました!
他にも懐かしネタ満載でしたが、ローラのウルトラマン赤白帽、先日近所の小学校でやってる子を見かけて!こういうのって何年も受け継がれていくのか、思い付く子が定期的に現れるのか(笑)

セクシー小春ちゃんも久しぶりでしたね。前回は恥ずかしくて出来ない~のシーンも強調されていたので、サラッと演じてる辺り成長なのかな♪

空港のすばるくんも良かったです。きっとバレンタイン時のゆめを見て・・今はアイドル道を突き進む彼女を見守るスタンスに決めているのでしょうか。アイドルとしてのゆめと、一人の女の子としてのゆめ、どちらへの思いも感じられて良いシーンでした。ゆめに変化が表れてからが2人の進展?なら来期の放送も、、、

No title

新年おめでとうございます。今年も楽しく拝見させていただきたいと思います。

今回は止め絵中心のローカロリー作画をネタ感満載の進行で上手くカバーしていましたね。
ドリフの大爆笑、ウルトラマン被りとか、いちいち出てくる小ネタに
コーヒー噴き出しながら視聴してました。
朝日の「地球に生まれて良かった」は、織田裕二でしょうかね。

ネタだけでなく、ヒラ制服のゆずや幹部達、髪をおろしたゆずなど
普段見られない画も見られたのも良かったです。

一方、シナリオの方は、「やれることをやろう」と言ったかと思えば
どう考えてもやれなさそうなモンスターボックスに挑んで
「これを乗り越えてこそゆずの代わりを務めた事になる」などと
最後の結に繋げるための持って行き方に若干モヤモヤする所はありましたが
今回はそんな部分さえ覆い隠してしまうネタのパワーで面白く視聴できました。

それにしても最近のリリィは、遊ばせ甲斐のある良いキャラになったものです。
リリ子先生は半分地獄ミミ子入っていて、妙な感覚に陥りました(笑)

ちなみにドリフのシーンについては、当然ドリフの大爆笑を知るはずもない
ウチの娘達も「何?この変な場面?」と訝しげだったので
元ネタ動画を見せて理解してもらいました。

>「だいじょ~~~ぶ!」
ゆず先輩、中指立てたらだめですって!(慌

No title

新年あけましておめでとうございます。
ああ今回は全力で遊ぶ回なんだなと思いきや、
リリエンヌとゆずの掘り下げも同時にこなしたのはお上手だなと思いました。
今シーズンも残り少ないのでこれからはエルザ様との決戦へ進み、
M4やひめ絡みの話は3rdシーズンのお話になりそうです。
例の謎の力もあれで完全解決にせずキッチリ触れて欲しいです。

れすれす

みなさま新年あけましておめでとうございます。
今年もゆるゆるとよろしくです。

というわけで1月新番が続々スタートの今日この頃、今のところ南極と高木さんかなあ。
特に南極(宇宙より遠い場所 http://yorimoi.com/)は面白い。
1話2話とも全てのカットでいしづかコンテが冴えまくってます。キレッキレです。
そしてラーメン小泉さんのED元ネタがなかなか揃わずもどかしい。

>セイリュウさん
ゆずエンヌの掘り下げはいろいろできそうですがイマイチ本筋に絡まないのが残念だったり。これから佳境のランキングも不参加ですし…決勝トナメのメンツがある程度決まっちゃってるせいかイマイチ気分が上がりませぬ。ううむ。

>隠れゆず様推しさん
こういうドタバタ回にゆず様のキャラは必須ですね。突然電池が切れる倒れ方もゆず様らしくて(笑。復活のゆずお先生もいちいち格好良かった。なるほどドリフ大爆笑を知らない世代ですか…いや基本的に知らない世代が見る番組なんですけどね(笑。Youtubeとかで検索するとすぐ出てくると思うので見比べてみるのも一興かも。エルザ様の墜落は私も楽しみ、というかこのシリーズでどこまで落とせるか? じつに興味深い。

>TwoStepさん
歌入りももちろん良いのですが私は半分以上オフボーカルで聴いてるかも。音を拾いやすいですし、オケに合わせてギターorベースでメロ乗せて遊んだり。あと関係ないですが「ネバギバ☆」聴いてるとついハンドクラップ入れちゃいません? そしてドリフ大爆笑が判る世代きた! 今回はサブタイからして「全員集合」でしたがまさかあそこまでやっちまうとは。こうなったら次のドラマ回はドリフ定番の長屋コントや商店街コントをやってもらわないと(笑。今に伝わるウルトラマン被りには笑いました。なるほどいつの時代にもいるんですね。

>peachiさん
新年明けらしいドタバタコメディが楽しかったです。跳び箱シーンのシナリオ不整合はまさにアドリブ芝居の「流れで」みたいなノリで見てました。漢字テストから跳び箱テストへ安直に繋ぎ、しかしいざ現物を前にするとそれが乗り越えるべき「壁」に見えて…みたいな。そして鳥坂先輩を知ってる世代きた! ムービーや本編演出の解説時などゲラで「逆光は勝利!」「世はなべて三分の一!」とか書いちゃってますが判ってくれる人がいなそうなので上げる前に毎度消してます(笑

>なめこさん
あれだけドタバタ遊んだにも関わらず話の筋をきちんと通して綺麗に纏めたのは大したものだと思います。3rdシーズンはどうなんでしょうね。せめてあと1シーズン続いてくれたら嬉しいけれど…どちらにせよ決定の報が欲しいトコ。

まあ、私も10代後半なので、アイカツ対象年齢ではないんですけどね笑。
ドリフ大爆笑、YouTubeで見ました!オープニング本当にそのままでしたね、ちょうど5人ですし。

少し前に、「アイカツフレンズ」というのが商標登録から見つかりましたが、新シリーズでしょうか…。少なくとも‘アイカツ’と付いているので、関係はありますよね。発表が楽しみです。
けものフレンズの2期が決定、プリティーオールフレンズの発表も控え、フレンズ祭りです笑。

れすれす

>隠れゆず様推しさん
ドリフ大爆笑OPをやるにしてもあの絵面に「Bon Bon Voyage!」を流す発想が私にはありません。というかイントロリズムの点滅だけで選んだんじゃなかろうかと(笑。「アイカツフレンズ」の件は私も聞いてますが実態が未だ判りませんね。新シリーズというより家庭用ゲームタイトルみたいな気がするけどナントモ。まあ4月改編に関わる商標なら近々正式発表があるでしょうしじっくり待つしか。フレンズ祭はテレ東 細谷Pの仕掛けとすればアイカツが正規継承者っぽい? プリパラは大分前からムービーしか見てないので今どんな展開になってるのかサッパ判りません(笑

確かに、イントロの点滅はぴったりでしたね。「Bon Bon Voyage!」があんまにシュールになるとは思いませんでしたw。

家庭用ゲーム!その発想はなかった。言われてみれば、それっぽいですね。
プリパラは、アイドルタイムになってから私も全然見ていません。たまに、YouTubeのおすすめに曲が出てくるので聞いています。アイドルタイムになってから1年しか経っていませんが、プリティーオールフレンズが発表されてしまったので、アイドルタイムは終了かもしれませんね。まだ1年目なので、可能性は低いと思いますが。

れすれす

>隠れゆず様推しさん
プリパラの方はSwitchでソフトを出すみたいですね。まあうちにある最新ゲーム機は無印PSなので全然関係ないんですけど。PS2が安くなったら買おうと思っているうち18年も経ってしまった(笑。アイドルタイムの継続はどうなんでしょう。Kids視聴率は以前から壊滅的ですし、そもそもアーケード筐体自体ほぼ4年経っているのでいつ終了しても不思議じゃない感じではあります。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
11  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2