2008-12-28(Sun)

かんなぎ #13 仁、デレる

柔らかい夕日に包まれたお迎えの瞬間。

kannagi1227_00.jpg

「貴女様は生死を告げる鐘の音」

年の瀬も押し詰まり10月期アニメが次々と最終回を迎える今日この頃、かんなぎもいよいよ今回で一区切りです。最終回は原作第十七幕「エフェメラル」後半と十八幕「仁、デレる」のミックスですがアニメでのサブタイトルは「仁、デレる」のみ。まあ「エフェメラル」は語句として分けようがありませんし原作に於いても「エフェメラル」の意味である「短命」「儚い」を表現した部分は十七幕の前半パートなのでいつものアニメサブタイトルパターンから外れてもかまわんでしょう。

kannagi1227_01.jpg

仁の家を出たナギは上森家に転がり込んでいました。花壇を手前にジッソーしつつうずくまるナギをロングで映し、続いて逆アングルからシルエット風に映し、徐々にカメラが寄って苦悩する表情を見せていました。逆光のアングルがナギの苦悩を引き立てていますね。

続いて昇降口の仁&つぐみ。極端なパースを効かせた下駄箱の消失点に2人を配置してキャラをクローズアップの後、表情を見せずにつぐみの追及を黙って聞いている仁のアップ、しつこい責めに耐えかねた仁は立ち上がって靴を投げそのまま立ち去ります。一人残されたつぐみの両サイドに立つパースの効いた下駄箱が彼女の精神状態を強調していました。アニメかんなぎはカメラアングルの妙、絵作りの妙に注目していましたがさすが最終回は通常以上に力が入っていますね。

kannagi1227_02.jpg

教室入口に立つ貴子先輩たちに気付いたつぐみをクラスメイト越しに抜きショットで見せ、合流後は足元の描写のみでしばし会話。このカットも立ち話中の脚の動きが妙にリアルで面白い。某らきすたのOPに似たようなアングルがあったような気がするけどそれは置いといて。仁の異変に気付いた貴子先輩による事情聴取に答えようが無いつぐみ、さらに「姉弟だし私たちに踏み込めない所もある」と言われ昇降口の一件で叩き付けられた無力感が増幅?

クラスメイトが朗読する夏目漱石の「こころ」、この一節を使ったつぐみの覚醒シーンはいい演出でした。仁の拒絶に強く踏み込めなかったつぐみは「あなたの心はとっくに昔から既に恋で動いているじゃありませんか」との言葉を聞いて仁に対する行動原理を思い出したのでしょう。仁が好きなんだからあれこれ考えず行動しよう、「お前には関係ない」と言われても世話を焼くのが私の恋心と。

この一連の教室シーンはアニメでの追加ですがつぐみの心理変化を丁寧に描いていて好印象でした。

kannagi1227_03.jpg

さてここから原作の流れに戻ります。さっそく行動開始のつぐみは公園にて仁にお説教、つぐみにとってナギが帰ってくることは全面的に歓迎ってわけではないはずなのに強い口調でハッパをかけ、つぐみの言葉を聞いた仁は自分の正直な気持ちにようやく気付き猛ダッシュで捜索開始です。捜索をサポートするつぐみに対し「ありがとう」と言葉にするのはアニメオリジナル、それを聞いたつぐみの反応がまた素晴らしい。けれどもそれは報われぬ以下略。

言葉どおり草の根を掻き分けてついにナギを発見。ここのナギが喪服姿である意味が奥深い。

kannagi1227_04.jpg

見つかってしまったナギは仁から離れようとしますが腕をしっかり掴まれて逃げられず。表情を描かずに立ち去ろうとするカットから溢れる感情を隠さず泣きじゃくるカットまでのナギの変化が見どころ。ここはアングルをいろいろ変えて単調な会話シーンに変化を付けています。ナギ捜索の前に上がった雨はいつしか青空に変わり、まるで二人の和解を祝福している風でありました。その晴れた青空が一連のキーアイテムである川の水面に映り込んでいるのも印象的です。

一件落着のところへ謎の女性が登場。

kannagi1227_05.jpg

彼女の正体はシゲ婆ちゃんでした。昔の風景を語るシーンから自殺騒動の顛末、神木視点のアングルで見せる風景描写がナギの確かな記憶を表していました。そして「お迎え」のシーンへ。

柔らかい夕日の中、シゲ婆ちゃんの視点で描かれたナギの姿が神々しい。ナギはそのまま婆ちゃんに近付いて優しく抱きしめオムカエデゴンス。一連の絵作りを含めてナギの神たる由縁を上手く見せていたと思います。

kannagi1227_06.jpg

立ち去るシゲ婆ちゃんの向こうから2ケツのチャリが走って来ますがすれ違う頃には既に彼女の姿は消えていました。ここのカット割も面白いです。ほんと今回は懲りすぎってくらい凝ってますね。

さて戦い済んで日が暮れて家へ戻った仁&ナギ。仁に対しナギが素直に「ありがとう」と告げたところで仁の青少年スイッチが入ってしまいました。これは先に仁がつぐみに対して言った「ありがとう」と対になっているのでしょう。

kannagi1227_07.jpg

そりゃ一つ屋根の下で気になる女子が風呂に入ってりゃドキがムネムネもしますがな。入浴中の物音一つで超反応、気を紛らわせようとテレビを点けるとすっかり蚊帳の外のざんげちゃんが名調子で唸ってますが一向に収まらず。ざんげちゃんのボックスに合わせるように卓袱台の周りをぐるぐる歩く仁がナントモ(笑

kannagi1227_08.jpg

風呂のナギも思うところがあるようです。しかし着替えを忘れてさあ大変、カメラアングルもここぞとばかりさあ大変。そしてさらなる試練が仁を襲う!

kannagi1227_09.jpg

タオルのはだけたナギの上半身カットから仁の下半身へ、さらに鎖骨周辺を見つめて生唾ゴックン。いちいち反応がリアルすぎる(笑。ここのカット割もラストスパートをかけているのか力入りまくりですね。いよいよ仁が覆いかぶさりナギも覚悟を決めた? ってなタイミングでナギの表情を隠すように氷を映り込ませるアングルがニクイ。

kannagi1227_10.jpg

そんな所へつぐみが登場、玄関先でいきなりこの風景を見てしまったらそりゃ魂も抜けますわ(笑。逃げ出すつぐみと暴れるナギ、ドタバタのままアニメかんなぎ一巻の幕であります。あー面白かった。

原作の面白さに加えてアニメならではの演出や追加シーンによってますます楽しい作品となりました。時折ハメを外しすぎ?と思われる自虐ネタ等も見られましたが世間が騒ぐほど私的には気にならず。10月期の作品の中では上位に位置する出来だったと思います。

DVDのセールス好調なようですしラストショットで「またね」とあったため2期の制作も視野に入っているのでしょうか。続きをやるならぜひ見たい作品です。

  

関連記事
スポンサーサイト




↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

◎かんなぎ第十三幕「仁、デレる」

昨夜のことで困惑する仁は、心配して声をかけてくれたつぐみにも冷たくあたってしまう。しかし、それでもめげないつぐみの激励のおかげで、仁は自分のすべきことを見出すのだった――。つぐみにいわれ、ナギさまを探す。そして、ナギサマをみつけて仲直り。ナギサマの面倒...

かんなぎ 第13話 感想&「今期(12月終了アニメ)を評価してみないか?3」参加用エントリー

「仁、デレる」 終わってない。終わってないよ! 色々と伏線を残したまま最終回を迎えたかんなぎです。 予想通りというか、仁とナギの仲直りでひとまずの幕となりました。ナギが本当に神かどうかと言った部分ははっきりとは語られないままでしたが、それはまあ別に良い...

かんなぎ 第13幕 仁、デレる

かんなぎ 第13幕 仁、デレる 最終話。 つぐみがいい女すぐる。 基本的にざんげ...

かんなぎ 第13話(最終話)「仁、デレる」

とりあえずハッピーエンドですね!

かんなぎ 第13話 「仁、デレる」

かんなぎ 第13話(最終回)キャプ感想です。 つぐみに幸運あれ(笑

【最終話】かんなぎ 第13話「仁、デレる」

ラストシーンでのつぐみちゃん、振り子のように、口をぽか~んとした頭を右へ左へ。ここ、可愛かったなぁw この後、泣きながら疾走するわけですが、振り返ってみれば、つぐみちゃんはこんな役ばかりだったなとw たしかにちょっと虐めたくなるタイプではありますがw ...

かんなぎ 第13話(最終話)「仁、デレる」

かんなぎ 3 【完全生産限定版】 [DVD](2009/01/28)戸松遥下野紘商品詳細を見る かんなぎ 4 【完全生産限定版】 [DVD] かんなぎ 5 【完全生産限定版】 [DV...

かんなぎ 第十三幕 「仁、デレる」

私は、ココでデレました。  あいまいな自分の存在、思い出せない過去の記憶。ナギは、あのおばぁちゃんの家に居た。そう神薙神社の氏子である「せんべい、ぼた餅おじさん」の所である。 ・すっかり凹んでるナギ状態。 ・こっちもナスビのヘタ状態。 ...

かんなぎ 13話 最終回「仁、デレる」

「おい、母さん。あの家出娘、いつまでいるんだ?」 おばさんが言うには、おばあちゃんの知り合いらしい。その家の縁側にはナギがいた。 お...

かんなぎ第十三幕「仁、デレる」感想

かんなぎ最終話。仁デレってことでかなりわかりやすいサブタイだけど・・・。かんなぎ3(初回生産限定)早速感想。仁・・・デレたか?まぁつぐみに渇を入れられ本気モードになりました。回想を交えたあの流れ、とっても印象的。そしてナギと仁のご対面。・・・めでたしめ...

かんなぎ 第十三幕 「仁、デレる」

いろいろ盛り上がったかんなぎもとうとう最終回。 仁から離れたナギが住み着いた家は前回出てきた上森さん家。お母さんが心配するも、...

かんなぎ 第13話「仁、デレる」(最終回)

ピュアな仁がよかったですね~ かんなぎもいよいよ最終回です。 仁に冷たい態度を取られてもめげないつぐみはなんていい子。 でも最後まで報われませんでしたねw 仁も罪作りだよなあ… つぐみの一喝で目が覚めた仁は再びナギを探し… 一喝後のこの表情が好き...

かんなぎ

 第13話 「仁、デレる」  ついに最終回! いつも書き忘れてしまうので最初に書いときますが、 楽しい作品をスタッフの皆さんありがとう...

ナギ様、最終回で全裸大サービス♪かんなぎ最終第13話

宮城県民として折角なので最後くらいかんなぎの感想を(^^; 最終話1月8日とか待てないしねw シリアス展開が続いてましたが、無事ナギと...

かんなぎ 第13話(終)

第13話『仁、デレる』かんなぎ 3 【完全生産限定版】 [DVD]かんなぎも、今回で最終回。ナギは戻ってくるのでしょうか?

かんなぎ 第13話(最終回)「仁、デレる」 感想

かんなぎ 第13話(最終回)「仁、デレる」 感想 やっぱり笑顔がイチバン つぐみ乙w

かんなぎ 第13話(最終話) 『仁、デレる』 感想

■かんなぎ公式HP/かんなぎトラコミュ 『ナギさんは仁の家以外帰るとこ無いんだよ!!』 最終話なのに何故そのタイトル!!? つぐみは...

かんなぎ 第13話「仁、デレる」

大切なこと。

かんなぎ第13話「仁、デレる」

 ナギが姿を消し探し回った仁。しかし見つからず、自宅には「騙していたすまぬ」という内容の 置き手紙があった。突然居なくなりしかも自分を騙していたと言われ困惑したまま夜が明けた。その頃ナギは、仁が訪れた神薙神社の管理人を務める上森家に身を寄せていた。「お...

「かんなぎ」第13話(終)

第十三幕「仁、デレる」(終)昨夜のことで困惑する仁は、心配して声をかけてくれたつぐみにも冷たくあたってしまう。しかし、それでもめげないつぐみの激励のおかげで、仁は自分のすべきことを見出すのだった・・・。二人一緒なら・・・。ナギは上森家にいた。仁はつぐみ...

かんなぎ 第13話 「仁、デレる」

最終回も鬱々引きずってます・・・ って!ナギの家で先立木&くじら家!? ただのモブキャラじゃ~なかっただ!! そんなナギの居場所も知らず 相変わらず落ち込んでる仁、つぐみも心配するが・・・ あ~~~切れちゃったよ仁 さすがの貴子さんたちもナギと仁の...

かんなぎ 第13話(最終回) 『仁、デレる』(感想)

「つぐみ、コワレる」 仁とナギのいけない関係(?)を目撃してしまいコワレるつぐみ

かんなぎ 第13幕 「仁、デレる」 感想

かんなぎもこれで最後!! 最後はもちろん笑顔で♪

かんなぎ第13話(最終話)感想

かんなぎ#13(最終話)「仁、デレる」 ♪しり、だね ぺたんこムネ、だね♪ ナギ

『かんなぎ』第13話最終回

第13話「仁、デレる」最終回にしてこのタイトルは・・・ナギの正体は分かるのでしょうか?

かんなぎ 第十三幕(13話・最終回)「仁、デレる」

かんなぎ最終話の感想です。無事に終わって良かった良かった。

かんなぎ 第13話(最終話) 「仁、デレる」 感想

「またね!」に期待です。 そんな訳でタイトル的にはちょっと心配な所はあるのですが、中途半端な割にはよくまとめていたと思います。 …と...

(アニメ感想) かんなぎ 第13話 「仁、デレる」

かんなぎ 3 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る 昨夜のことで困惑する仁は、心配して声をかけてくれたつぐみにも冷たくあたってしまう。しかし、それでもめげないつぐみの激励のおかげで、仁は自分のすべきことを見出すのだった――。

[アニメ]かんなぎ:第13話(最終回)「仁、デレる」

 いやぁ、かんなぎらしい最終回で満足です。  オチはギャルゲーのお決まりのパターンでしたが、それがまた、ギャルゲーを少し皮肉っていて、ヤマカンなら、やりそうな次へとつながりそうな終わり方。  前回に引き続き、シリアスな展開の中、どうしても、寂しくなりが...

かんなぎ 第13話 「仁、デレる」

ナギを連れ戻すよう仁に渇をいれるつぐみ。 幼馴染だから仁の気持ちがわかっての行動。 回想シーンを交えての流れが丁寧。 前半パートはつ...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
09  03  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2