2009-03-22(Sun)

WHITE ALBUM #12 縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと

1期も終盤にていよいよ修羅場が見え隠れ。

whitealbum0321_00.jpg

ライブ直前に精神ズタズタの理奈、そして冬弥は…。

whitealbum0321_01.jpg

事もあろうに弥生さんとの逢い引きを理奈へ告げた冬弥。理奈はどうにかそれを止めようとしますが冬弥は聞く耳持たず。現役アイドルの誘いを蹴ってしまうほど弥生さんの体は魅力的なのか!? まあ覚えたての男子たるもの絵に描いた餅より以下略ではありましょうけれども。

「彼女は誰も愛せない人。由綺以外は…」

弥生さんってそっちの人? というのは置いといて、常に人形然とした態度からして「冬弥が好き」でそういう関係になっているわけでは無いのは明らか。もちろん由綺のことを第一に考えて冬弥を囲い込んでいるのでしょうけれども…ストーカーの件もあって単に「それだけ」ではなくなっているのも確か。ああ難しい。

冬弥をデートに誘うべくエコーズへ押し掛けた理奈は例の隠し部屋にて待機。この時の理奈は冬弥への恋愛感情ではなく「冬弥を弥生さんと会わせないため」に来たはず。先の会話では断られても実際に顔を見せれば気が変わるかも?と一縷の望みがあった? しかしバイト終了を過ぎても冬弥は来ません。その頃冬弥は弥生さんと帰宅の後、部屋へ引っ張り込んでアレコレなわけで、それがわかっている理奈は意気消沈MAXでありました。

雨の中を走る理奈は自分を虐めまくり。制止する冬弥を吹っ切るように、自身の中のややこしい感情を吹っ切るように走る。息を切らせて上下する胸の描写がなんと生々しい。エコーズにて時間を確かめた腕時計、その腕を振ると画面が突然暗転しシーンチェンジです。おそらくこの時理奈は決意したのでしょう。

whitealbum0321_02.jpg

==================================================
藤井冬弥様。

ごめんなさい。
本当は書かなくてはならない言葉はこれだけですが、わがままでずるい私は、いっぱいの気持ちをみんな書いてしまえば、ひょっとしたら、許してもらえるんじゃないかと思っています。

冬弥くんの胸を、どきどきさせるためには、自分の胸をこんなに痛く、寒くしなければならないことに、やっと気付きました。

「冬弥君を驚かせる用」なんてもったいぶって、やきもきさせて、自分まで悲しくなって。すぐに言って二人でお祝いすれば、冬弥くんのいろんな表情、いっぺんにみられたのに。ほんとに私は馬鹿な子です。

もたもたしているうちに、冬弥君はもう知ってるんですよね。とっくの昔に「驚かせる用」じゃなくなっているのに、それなのに、今でもまだ打ち明けようとすると、心臓が口から飛び出しそうです。

がんばって言います。

あのね。

クリスマスイブに、由綺は、生まれて初めてのコンサートをやります。びっくりしたでしょ? なんちゃって。つまんなかった? ひょっとしたら、コンサートもつまらないかもしれません。驚かせるなんて何もない、歌もお話もへたくそで、ドジばっかりの、いつもの由綺が立ってるだけかもしれません。でも見に来てください。今までの由綺と、これからの由綺を、見守ってください。

近頃よく同じ夢を見ます。コンサートの夢です。イントロが鳴って、もう始まってるんです。由綺はステージに立ってて、お客さんもいっぱいで、歌わなきゃって思うんだけど、鳴ってる曲がまだ覚えていない知らない曲で、歌詞もわからないから、声も出なくて、怖くて怖くて、そんなとっても嫌な夢です。

歌えないのは、レッスンを怠けた自分のせい、それがわかっているのに、怖いから、ステージに出たくないって思ってる。夢の中の由綺が、嫌なのです。
怖いのは、側に冬弥くんがいないから。冬弥君がいれば、きっと慰めてくれるのにって、夢の中で思っているんです。まだまだ甘い、甘ったれだなって、起きてから反省するんです。

だからお願いです、イブまでの今年最後の由綺のわがまま、聞いてください。ダメな由綺を突き放してください。もう会いません。電話もかけません。
だから、ごめんね。

森川由綺
==================================================

理奈は由綺から冬弥へ宛てた手紙を暗唱して聞かせました。何という記憶力! 余計なカットを挟むことなく長回しで一気に聞かせる手法は思い切った演出です。文章が進むに連れて少しずつズームアップする後ろ姿から理奈の複雑な思いが伝わってきます。

その内容は何と切ない。すれ違いの連続でろくに連絡も取れぬまま「驚かせる用」に取っておいたコンサートの話は空振り、自分から言わなかったことで冬弥が不安を感じるのではないかと気遣い、冬弥に頼ってしまいそうな自分を責める。前回見せた「由綺の悪夢」で囁かれていた言葉「突き放してください~」などは手紙の文面でしたか。これほど純粋に冬弥を想っている由綺を…さすがにこの手紙を読んでしまったら昨今の冬弥の所業は何と許し難いことか。ぐぬぬ。そりゃ理奈も怒ります。

とはいえここは冬弥へクビを告げる直前に一瞬振り返った表情、出て行った後に握りしめた手を開きチケットの破片を見つめる表情など理奈の感情表現が印象的でした。由綺が切実な思いで「冬弥君、見に来てください」と書いているのにおそらく同封されていたチケットの件に触れない理奈。何と複雑すぎるオトメゴコロでしょう。

由綺との時間があった頃を回想する冬弥。ラストに一瞬映ったのは「森の中の少女」? 冬弥は覚えていないはずですがやはり意識の底には残っていた、ということ?

whitealbum0321_03.jpg

冬弥からの留守電を聞いてショックの由綺。そりゃ手紙で渡したはずなのに「理奈からの伝言」と言われたら「なぜ理奈ちゃんが手紙の内容を知っているの?」と考えるでしょう。由綺からしたら理奈は尊敬する先輩でありますが…強引に彼氏を付き人に据え、目の前で誕生日プレゼント贈呈を見せられ、さらにこの仕打ちを受けたらさすがの由綺もややこしい感情を腹に据えそうな。そんな時でも自戒を守る由綺の涙がこれまた切なすぎ。

由綺ライブのチケットは無事にソールドアウトした様子。しかし冬弥としては喜んでもいられません。あちこちのプレイガイドに電話をしてもチケットは手に入らずマナへ愚痴を…と思ったら伝言ゲームの要領でトントン拍子に3枚のチケットをゲット。しかしマナのルートはともかく、結果的に美咲先輩やはるか等の友達全員がライブに来ないことになっちまうわけで…それはそれで由綺が気の毒のような。ちなみに美咲先輩のチケットは「1階9列25番」、はるかのチケットは「1階9列26番」と友達関係は連番のようです。対してマナ母経由のチケットは「1階4列12番」となかなかの良席、ソールドアウト後にこんな席を用意できるってのはさすが業界のコネか。S席2800円という料金も時代を感じます。

美咲先輩の誘いに乗ったチケットを破り捨てた春原、この一瞬で春原はダメ男と確定しました。私的に。

whitealbum0321_04.jpg

マナの母親はM3の社長でしたか! それでM3所属の歌手をボロクソに言うてたのですね。以前の寿司桶描写のとおり母親とは折り合いが悪いようで「ママって呼ぶのはお願いする時だけね」とのセリフが二人の関係を端的に表していました。このお願いとは由綺のチケットの件、折り合いが悪い相手に頼み事をしてまで冬弥にチケットを都合する? マナもまた冬弥に惹かれているのでしょうか。どこがいいんだまったく!(笑

電話の話によると桜団のチケットは捌けきっていないようですね。由綺の公会堂はソールドアウト、もちろん理奈のカルマもソールドアウトでしょうし、あとはスタジアムの集客次第で十分ひっくり返る? しかし肝心の理奈が精神ズタボロっぽいのでライブ本番に波乱がありそう?

一枚の絵を眺めるマナ母を意味ありげに大学風景とクロスカットで見せてました。何か意味あるのかいな?

常月部長がついに行動に出た! これは立派な傷害事件なのでケーサツに届けた方がよろしい。小道具のナイフとはいえあの勢いで刺しかかったら…本が無ければ普通に刺さってるでしょアレは。

その「美咲先輩を救った本」を見て春原が故障しました。

「冬弥、いつもお前そうやってしゃしゃり出てくるんだよな…」

二階桟敷での乳繰り合いを除きほとんど描かれてませんが…美咲先輩を巡って冬弥と春原は過去に何か因縁がある? とはいえこれまでの様子から春原が勝手に思い込んでいるだけのような気もしますが。ともあれ壊れた春原を前にして美咲先輩はどうすんだろ。いろんな意味で危険が危ない人たちです。

whitealbum0321_05.jpg

エコーズからの帰りに弥生さんを部屋へ引っ張り込んだ冬弥。理奈からの牽制を受けてこちらは半ばヤケクソなのか? 「由綺の代わりは無理でもなれるものがある」とは…ベッドサイドのティッシュ箱が生々しすぎてどうもこうも。由綺との写真をそのままに事へ及ぶ描写もキッツイです。

不埒を繰り返す冬弥へついに鉄拳制裁のエコーズマスター。この人は全ての事情がわかっているだけに冬弥の所業を許し難いのでしょう。寡黙な人なのにやることが熱い。

鉄拳制裁を受けようが弥生さんから離れられない冬弥。いわゆる「肉食女子」の勢いで冬弥を舐め回す弥生さんが強烈にエロすぎです。このただれた関係はいつまで続くのやら。「どうして拒まないのですか?」と聞かれても…男は頭と下半身が別の生き物なので仕方ありません。これで片付けちゃったらこの作品を全否定ですけど(笑

ラストカットは由綺のコンサート会場でした。満員に埋まった客席を見た冬弥は「今の本当の由綺」を知り、ますます自分との距離を感じた? ってなところで次回は1期最終回です。いったいどういう形でとりあえずの幕引きを見せてくれますやら。修羅場の途中でブツ切りされて秋までの半年を悶々と過ごすのは勘弁ね。

   

関連記事
スポンサーサイト




↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

WHITE ALBUM 第12話「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」の感想。

WHITE ALBUM 第12話 「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」 評価: ── 今日の・・・女神・・・...

WHITE ALBUM 第12話感想

・WHITE ALBUM 第12頁「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」 どこまでも苦いアニメだなあ・・・恋愛関...

WHITE ALBUM(第12話)

最大の見せ場は楽屋で理奈[ CV:水樹奈々 ]が由綺[ CV:平野綾 ]の手紙を読み上げるシーン。アニメでありながら動きは理奈にズームするのみ。背景のハーモニクス処理によって一層クローズアップされる理奈の姿。そして水樹奈々の演技。「静」の演出ほどアニメで難しい表現は...

WHITE ALBUM  12話 「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」

崩れる関係

WHITE ALBUM #12「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」

心の関係、体の関係 個人的に性が絡む恋愛も好きだったりします。ドロドロ感が増して(マテ ではホワイトアルバム感想です。 WHITE ALBUM VOL.1 [B...

WHITE ALBUM 第12話

第12話『縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと』WHITE ALBUM VOL.1 [Blu-ray]今回も、弥生さんと・・・

WHITE ALBUM(ホワイトアルバム) 第12話 『縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと』感想

WHITE ALBUM(ホワイトアルバム)  第12話 『縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと』 伝わった気持ち...

WHITE ALBUM 第十二頁「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」

 まともでなくなっていく人たち  色んな人がぐちゃぐちゃな動き方をして、  カオスっぷりが激しくなっていますね。  もはやまともな人...

WHITEALBUM 第十二頁 感想

「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」TVアニメ「WHITEALBUM」キャラクターソング2緒方理奈早速感想。冬弥の迷走っぷりがすさまじい。弥生との関係を危惧する理奈。デートに誘うも、弥生さんの先約があると・・・。アイドルとしゃべ...

WHUTE ALBUM  第十二貢 「縛ること、欺くこと。奪うこと、与えること。どれより辛いのが、待つこと」 感想

弥生との関係を口にしてしまった冬弥。 あの人の誘いに乗ってはダメと理奈に言われますが・・・ ネタ王「若い男にそれを断る勇気と忍耐力は無い」 知らなければ何を言わなくていい シン「バレなければ大丈夫って

(アニメ感想) WHITE ALBUM 第12話 「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」

WHITE ALBUM VOL.1 [Blu-ray]クチコミを見る 由綺のクリスマスコンサートが近づいてきましたが、恋愛模様のほうもドロドロしてまいりましたよ・・・。弥生という思わぬ伏兵の参戦によって、由綺と理奈はどうする!?

WHITE ALBUM 第12話「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」

理奈から破かれた手紙の内容を聞かされ、さらに理奈の解雇宣言で、冬弥は絶望のどん底へ。

[アニメ]WHITE ALBUM:第12話「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」

 長セリフがマジで長いわw。  長いのはサブタイだけではなかったわ。ずっと静止画で、セリフだけを聞くという、アニメでは珍しいシーンだったなー。微妙にズームアップしているけど、このシーンだけで、3分くらいは続いたよね。  良く覚えられていたなーと、理奈に?...

WHITE ALBUM 第12話

第12話「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」 もう救いようがないバカ主人公ですね。 冬弥は。 ヽ(`Д´)ノ\(*`∧´)/ヾ(。`Д´。)ノ 由綺別れたほうがいいよ… 30分ダメダメ主人公を見せられてうんざり。 こ...

WHITE ALBUM 第十二頁「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」

自業自得 WHITE ALBUM 第十二頁「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」 の感想です。

WHITE ALBUM 第12話 「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」 感想

あとには引き下がれない―

WHITE ALBUM 第12話「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」

WHITE ALBUM VOL.1 [DVD](2009/04/22)平野綾水樹奈々商品詳細を見る 弥生との逢引を続ける冬弥。そのことが理奈にばれてしまいました。いっしゅん言葉を...

WHITE ALBUM 第12話「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」

衝撃の事実発覚! マナちゃんのお母さんが~! 桜団の事務所の社長だったなんて・・・! 嘘だ~( ;∀;) どうしよう。ぜんぜん似て...

WHITE ALBUM 第12話

「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」を観ました。 冬弥は由綺からの別れ話を伝えられました。

WHITE ALBUM 第12話

もう冬弥は、夕凪湾に沈めるエンドでいいんじゃない? 2期は主人公変更でいいよ(笑) すっかり弥生の手玉にとられてる冬弥。 そのことを...

WHITE ALBUM 第12話 「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」

「明日、エコーズに行きます。デートしよ?藤井くん」 弥生さんは危険で由綺しか愛せないと忠告しますが・・・

「WHITEALBUM」第12話

  第12頁「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」ひょんなことから、理奈は冬弥が弥生と密かに二人きりで会っていることを知る。由綺をアイドルとして成功させるためには、何でもやりかねない弥生。しかも、冬弥を邪魔者だと考えて...

WHITE ALBUM 第12話【感想】

冬弥はオフの日にやよいといる事を理奈に告げ、 理奈は再度冬弥にデートしようと誘うがそれを断られる。 理奈は冬弥を解雇しやよいとも関係...

WHITE ALBUM 第十二頁「縛ること。欺くこと。奪うこと。与える...

WHITEALBUMの第12話を見ました。WHITEALBUM DVDvol.1WHITEALBUM BDvol.1第十二頁 縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと十二月十六日(火)理奈は冬弥をご飯に誘うのだが、弥生と約束があると言われてしまい、密かに2人きりで会っている...

WHITE ALBAM 第十二頁 『縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと』

WHITE ALBAM 第十二頁 『縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと』

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

いよいよ次で1期最後ですね。

とりあえず常月部長は被害届けだして逮捕してもらったほうが自分もいいと思います(笑)
普通に殺人未遂で実刑ものですよね><

冬弥がなぜここまでもてるのか、それは主人公だからとかしか言いようがないよな。
人気アイドル+新人アイドル+美人マネージャー+巨乳お姐さん+スポーツお兄さん娘+妹系女子高生、これ全てに惚れられるとはもうファンタジーの領域かなと思います(笑)
ほんと羨ましい限りですね。

彰はなんかへたれすぎかなーと。
なんか勝手に自己完結してぷっつんしてましたが、どう考えても自分の愛する人が救われて胸をなでおろす場面ですよねあれ。
すぐ側にいて守る行動すらできなかったのだから・・・
美咲さんはやっぱり男運が最低な幸薄いイメージのキャラなのかな><

自分は総集編とかをたくさん入れられるほうが嫌なので、分割放送方式は嫌いではないのですが、とりあえずの区切りは最終回に期待したいです!

れすれす

>るーるーるーさん
冬弥のモテっぷりは…一人でいいからこっちへ回して頂きたいくらい。とは言えどの女子も地雷臭が漂っているので…やはり見ているだけでいいです(笑

彰のグダグダさは序盤から気になっていました。世間的に評判最悪の冬弥より彰の方が私的には腹が立つキャラです。おっしゃるとおり今回の現場ではまず美咲先輩の心配をするべきであって、冬弥の影に引きつり笑う姿はあまりに恐ろしい。

これまた評判の悪い分割2クールですが、私もるーるーるーさん同様この方式はあまり嫌いではありません。中途半端な作りで一気2クール放送より間を置いてもキッチリ作ってもらったほうがありがたいです。問題は1クールラストがどう終わるかですけれども…あまり悶々とさせない形で半年待たせていただきたいところ。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
09  03  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2