2009-05-24(Sun)

涼宮ハルヒの憂鬱 #08 笹の葉ラプソディ

約3年の禁則期間を打ち破り…

haruhi0522_00.jpg

ついに新作スタートです。

この作品の知名度・人気を今さらくどくど書くことも無いでしょう。ふと気付けばハルヒ1期って2006年4月期、つまりあの大ヒットから約3年も経っているのですね。この4月から「憂鬱」の再放送が始まり、それは普通に再放送であってまたしても「新作やるやる詐欺?」とタカをくくっていた昨今…事前に噂はあったもののまさか本当に新作を混ぜてくるとは。

オタクの嗜みとして原作は既読、というか深夜アニメ愛好家に限れば未読の人のほうが少ないような気がしますが…その辺はどうなのだろう。一応ネタバレの無いようにレビューしときますか。まあ既読と言っても読んだのは3年前、内容もあらかた忘れちゃってるため私にしても半ば未読みたいなものかも(笑

haruhi0522_01.jpg

うちは最速ではないため事前に新作放送を知っていましたが…いざ「笹の葉ラプソディ」のサブタイトルを見た瞬間は感慨深いものがありました。これ単体だけ見ると「七夕の日に3年前へタイムリープして帰ってくる」だけの話、しかしじつは以降の前振りとして非常に重要な意味を持つエピソードになっています。これを見逃したら以降の話は理解不能に陥るかも。伏線の塊のようなものなので見たとしてもボーッと見てちゃ以降の話は以下同文。

キョンがドアを開けると部室風景。メイド服でいそいそと動くみくる、寡黙に読書を進める長門、相変わらずの口調でボードゲームに興じる古泉などなど、お約束の広角定点カメラ風映像も懐かしいです。

七夕なので笹を持ってきたハルヒ。さすが平野嬢の出世作だけあって3年経ってもハルヒの声はきちんと出ている感じ。みくるも長門も声に違和感はありませんがキャラデザが多少変わった? 1期のヒラメ顔より今回のほうが違和感無いけれども…少々幼く感じるため個人的には一長一短か。

「ベガとアルタイル」の蘊蓄を話すハルヒがアンチョコをチラ見する描写、窓外からの俯瞰アングル、そして窓の外を見て憂う表情など京アニらしい繊細な絵が続きます。

haruhi0522_02.jpg

七夕の短冊を使ってキョンを誘うみくる。ううむ、確かにかわいい(笑。去り際の長門は寡黙なまま短冊を置いて退室。この短冊が生命線になるとは…キョンが短冊を持たずにタイムリープしてしまったらどうなったのだろうね。

相変わらず「禁則事項」を連発しながらキョンと共に3年前へ跳躍。みくるが背後に立ち、一瞬のブラックアウトの次の瞬間、キョンは公園のベンチにてみくるの膝枕を堪能中でありました。目を覚ましたキョンの視点どおり横アングルから顔を覗かせるみくる、と同時に身を翻らせるキョンの動作などなど芸が細かい。跳躍前はメイド姿だったみくるは何故か制服姿に。あらしさんみたい(笑

haruhi0522_03.jpg

交代で寝コケてしまうみくる、すると背後からみくる(大)が登場です。同一時間に同一人物が2人、しかも頬をツンツンと触っちゃってますが大丈夫なのだろうか。みくる(大)の指令により東中の正門へゴー。そこには例の人物が門を乗り越えようとよじ登っている真っ最中です。いやはや体のサイズ以外そのまんまですね(笑

以前聞かされた中学時代のハルヒの逸話。その共犯者というか実行犯はキョンであり、暗がりで顔を見せず名前も偽名なれどその人物との出会いはハルヒの記憶にしっかり刻まれたようでした。北高での初対面時にハルヒが「初めて会った気がしない」みたいな事を言ったのはそのせい。

ハルヒに背を向けながらの会話シーンはロングとアップを交互に切り替えてテンポよく見せ、話が核心へ向かうとアングルを変えて印象を深く。北港の変わり者に興味を示すハルヒに対し「やれやれ」とでも言いたそうなキョンの表情がいい味でした。

haruhi0522_04.jpg

みくるがお道具を失えたため現代へ帰れなくなってしまった二人。しかしこの緊急事態にキョンは何故か冷静です。校庭に描かれた紋様を眺め何かに気付いて短冊を取り出すシーンは…見ているこっちもハッとする演出。

舞台は長門のマンションへ。ドアの中に立っているのはメガネ仕様の待機モード長門です。キョンが差し出した短冊には校庭の紋様と同じ文字(?)が書かれ、それを読み取った長門は現代の長門と同期完了、しかる後にメガネを外す仕草は何とツボを突いた見せ方か。

haruhi0522_05.jpg

隣の部屋に二組並んだ布団。これが「三年の時を越える」ためのアイテムであろうとは。それはともかく何畳なんだこの部屋は?(笑。超赤面で布団へ潜るみくる、腹を決めて隣の布団へ潜るキョン、それを見届け襖を閉める長門は閉じ際に呪文のようなものを呟き…キョンが目を閉じた次の瞬間に灯りが点灯すると一瞬で三年の時間跳躍が完了しました。この一連シーンも凝ったアングル&テンポ良い流れで長門の異能っぷりを見事に描写、やはり長門ネタは映像映えしますね。

「七夕の季節にはちょっと思い出があるのよ」

思い出し憂鬱に浸るハルヒ。3年前の七夕に交わした会話を思い出しているのでしょうか。せっかく北高へ入ったのに話に聞いた人物もジョンスミスも見つからず…ジョンスミスはあなたの目の前に、変わり者は鏡の中にいますが(笑

部室へ行くとキョンの背後のロッカーにみくるのメイド服が下がっています。それはつまり時間跳躍の際に部室で制服に着替えたということ? 何故わざわざ制服に着替えたのか謎は深まるばかりです。三年前の公園にてみくる(大)が遭遇した際にみくるは制服姿だったから、というのが理由になりそうな、ならなそうな。

というわけで笹の葉が終了。次の新作は時系列どおりなら孤島の後のエンドレスエイト? ハルヒの原作などほとんど忘却の彼方なれど…1期でやらなかった短編エピソードってこれの他に何があったっけ。以前別の所でレビュー書いてたときにいろいろまとめたはずなので3年ぶりに見ておこうか。

   

関連記事
スポンサーサイト




↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

◎涼宮ハルヒの憂鬱第8話笹の葉ラプソディー

七夕の話だった。ハルヒが笹をどこからかもってくる。そして、乙姫と彦星がいるベガとアルタイルは、地球から25光年と16光年離れているので願いがかなうのは25年後と16年後ということになります。と、ハルヒが持論をいいだす。ミクルちゃんは、・お料理が上手にな...

涼宮ハルヒの憂鬱第8話「笹の葉ラプソディ」

さて、久しぶりのハルヒ新作ですね前作を見たのが大分前であり、再放送も特に見ていなかったんでちょっと前後関係に苦労しましたかねまぁ相変わらずのハルヒという感じでしたけどただちょっと絵柄が前より丸っこくなった印象ちょっとけいおんやクラナドっぽいかんじかなぁ...

涼宮ハルヒの憂鬱 第8話「笹の葉ラプソディ」

助手「2009年4月期第16弾は・・・」博士「もう5月後半なんですけどwww」...

涼宮ハルヒの憂鬱 #08「笹の葉ラプソディ」

「短冊はベガ宛とアルタイル宛の二種類!で、25年後と16年後に叶えてほしい願い事

涼宮ハルヒの憂鬱第8話「笹の葉ラプソディ」

 ハルヒは時間の流れに沿って放送しています。今夜の放送は今まで放送しなかった七夕のエピソード「笹の葉ラプソディ」です。本ブログではハルヒの新作について新たなにストーリーを紹介します。今までの7話は1学期6月までの内容で、1期とは異なり時系列通りになって...

涼宮ハルヒの憂鬱 第8話『笹の葉ラプソディ』

新作マジで来ましたねっ!!な涼宮ハルヒの憂鬱『笹の葉ラプソディ』。 感想書くとしたら新作があってからにしようと思ってましたが… まさか噂が真実になろうとは! 涼宮ハルヒの憂鬱 超月刊キョン&古泉 (NEWTYPE HARUHI COLLECTION)ニュータイプ ニュータイプ SOS...

(アニメ感想) 涼宮ハルヒの憂鬱 第8話 「笹の葉ラプソディ」

涼宮ハルヒの憂鬱 超月刊みくるクチコミを見る ☆<5/22更新>前回、けいおん!(第7話 「クリスマス!」)の感想をポットキャストにて収録! 「唯のTシャツの文字が気になった」、「唯と憂の関係は不健康な依存?」、「さわ子先生がどんどん悪化している件について?...

ハルヒちゃん

涼宮ハルヒの動揺商品価格:540円レビュー平均:4.74ハルヒ二期!!昨日の放送でやっとハルヒ二期見れたよ^^ ヤバい待ったかいあったよガチでw 全体的に作画が可愛くなってる〜(>_<) キョンがイケメンになってるw(笑) 古泉もよりおのでぃっぽくね!(笑) キャラ...

アニメ 涼宮ハルヒの憂鬱(第2期) 笹の葉ラプソディー

 何気にこれも視聴していたのですが、唐突ともいえるタイミングで新作が挿入されたことには驚きましたし、その内容がこちらにとって思って...

涼宮ハルヒの憂鬱第2期第8話「笹の葉ラプソティ」

涼宮ハルヒの憂鬱第2期第8話「笹の葉ラプソティ」の感想です なつかしいキョンの語り口、待ちに待ったハルヒの新作が来ましたよ。OPはなし。 部室をノックすると、なかからみくるちゃんの声が。何か帰るべきところに帰ってきた感がありますね。 *** 笹を裏...

涼宮ハルヒの憂鬱 第8話の感想

アニメ 涼宮ハルヒの憂鬱 第8話 『笹の葉ラプソディ』の感想書いてみました。 遂に、そしてとうとうこの日がやって来ました!。 今回...

涼宮ハルヒの憂鬱 「笹の葉ラプソディ」(茂木健一郎的視点)

●茂木健一郎視点と「涼宮ハルヒ」を結びつけて脳科学をお勉強です。(ネタw ・予測可能なことと、意外性が混在すると人間の脳は楽しく...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

笹の葉を観るためにまさにリアル3年待機モードでしたね。
そして原作や一期を見直すために、みんな三年前にタイムトラベルするんですねw


タイムトラベルものでは同一人物が接触すると存在が消し飛んだり、いろいろと大変な事が起こるって設定が多いですが、この作品では普通に触れてますよね~


エプロンドレスと制服の着替えに関しては、原作だとキョンが疑問視する描写があるんですけど、アニメではそれが視聴者に委ねるかたちに変えられているのがさすがって感じです。


短編としてはヒトメボレとか雪山とか編集長★一直線!とかワンダリング・シャドウとかありますね。
溜息に関してもEp00ではシャミの登場やみくるのカラコン騒動なんかはまだ描かれて無いので、出てくる可能性はありそう…

No title

自分は原作は消失まで読んでますね。
でもできたらアニメで見始めたものはそのままアニメ初見でいきたい方かも。
ネタバレを見てしまうと見る気が半減するっていうか、もういいやーってなってしまうんですよね。
自分は少数派かも><

ハルヒは相変わらずおもしろかったです。
見る前はああ、放送したんだくらいでしたが、実際に新作を見てみるとやっぱりハルヒおもしろいなー(笑)って感じでした。

>何故わざわざ制服に着替えたのか謎は深まるばかりです

みくるはたしか指令通りに行動しているだけでなかったでしたっけ?
もしくは、時間跳躍とはいえ外にでるのにメイド服はないんじゃ・・・って感じなのかなー
まあ撮影でメイド服みたいの外で着ていましたが、もともとみくる自体の意思で外でコスプレするようなことはないような。
あれーここ何かの伏線でしたっけ?
自分ももうかなり内容忘れてます。
でもそのほうが嬉しいかも(笑)

No title

東中出身、たままるですw

実はあの門、北門(裏門)なんですな。
正門はもっと南にあるんですが、県道に程近いので人が来やすく進入がばれ易い、もうひとつは東門もあるんですが、ここはここで団地に近くてばれ易い。
ってことで、やや奥まって薄暗い北門がまだマシってことで選んだのかなと。

ガキの頃(小学校前とかですよ)よく進入して遊んだ人間としては、他にも色々と便利な進入路を知っているのですがw

れすれす

>ぱにっくはぁとさん
ほんとリアルで3年待ちましたねえ。まさかこれをやるために3年置いたとか(笑。さすがに3年も経つと当時の熱狂も冷めちゃってましたけど…新作映像を見るとそれなりにココロが踊りますね。ハルヒのレビューは生体エネルギーを大量に消費するのでこの記事も書こうかスルーか考えたんですが結局書かずにいられない(笑

> ヒトメボレとか雪山とか編集長★一直線!とかワンダリング・シャドウとか

うは。サブタイトルはナニゲに憶えているけど内容をすっかり忘れている! これは原作を読み直すべきか、はたまた初見の気分で放送を待つべきか。とはいえストーリーの構造上、原作を熟知してから見るのが正解っぽい?

>るーるーるーさん
作品によってネタバレの可否が変わる私です。先を知った上で見る映像も良し、知らずに展開を見守るのも良し。ちなみに全力でハマったとらドラは後者でした。まあ既読で見る場合は「どう表現されるか」を重点に見るわけで、それはそれで面白いものですよ。

みくるの着替えについては原作を読んだときに考察した気がするのですが今となってはすっかり忘却の彼方…。確かにみくるはみくる(大)の指令通りに動く子なので「制服に着替えてからキョンと共に3年前の7/7へ時間異動せよ」と言われていた可能性は大きい。しかしみくるの自由意志で制服に着替え「結果的に」3年前の公園で出会う際に制服姿だった(という経緯をみくる(大)は知っているのであえて服装に関する指令は出していない)のかもしれません。卵が先か鶏が先かの話みたいですけどね(笑

>たまさん
日常生活が聖地巡礼の人キター!(笑
なるほど忍び込む門の環境まで反映されているのですか。相変わらず仕事が細かいなー。

No title

レビュー待ってました。実は私は数少ない原作未読者です。
.>ハルヒに背を向けながらの会話シーンは・・・
たしかに距離、目線の配り方、月明かりと顔の隠れ具合などなど、計算されています。力、入ってますね。
>伏線の塊
1話の「もしかしてあなた前に会ったことある?」は3年越しフラグ(ストーリー上。視聴者も?)で、これがやっと解消されたわけですね。
こういうのを見ると、予定28話?が終わるまで、もったいなくて、原作が読めませんよ。

PS.
ぱにっくはぁとさんの、「みんな三年前にタイムトラベルするんですね」・・・上手い言い方ですね。

れすれす

>T/A さん
ハルヒのレビュー、需要ありましたか。新作映像の時はこんな感じでぼちぼち書いていく予定です。原作未読とのことですのでその辺の配慮も気にかけつつ(勢いでネタバレしちゃったらごめんなさい)。

「3年前の出来事」にかけて1期の放送から3年寝かせるとは予想以上の拘りでした。まあ結果的にそうなっただけだとしても良い方へ解釈しときましょう。しかしこの3年は長かったです。あれほどハマった「消失」の内容を忘れてしまうほどに(笑

というわけで今回の「笹の葉」は来るべき「消失」に向けての布石回、1話まるごと伏線と言っていいほどです。「消失」の放送はもう少し先ですがぜひぜひお楽しみに。ここまで来たら未読のまま見たほうが楽しめると思います。特に時間モノがお好きならなおさら。

ぱにっくはぁとさんは私など足下にも及ばないハルヒ研究者なので的確な表現に毎度唸らされます。ちょっと悔しい(笑
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
09  03  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2