2009-06-30(Tue)

宇宙をかける少女 #26 あしもとに宇宙

山積みの伏線をラスト1話で回収できるか?

sorakake0629_00.jpg

…そんな些細な事を気にしていたら8スタアニメなど見れません。

2009年年明けと共に始まった宇宙をかける少女たちのストーリーもいよいよ最終回、私は今までアニマスが8スタ最強作品(意味は察してください)でありアレを超えるものはそうそう出てこないだろうと思っていましたが…どうやらあっさりと記録更新してしまったようです。このソラカケに比べればアニマスのがどんだけマ(自重)だったか。いやさすがにもうこれを超える作品は出てこないでしょう。

sorakake0629_01.jpg

最終回らしくOP無しで始まった映像は最終決戦への準備を進めるみなさんの様子。ゆぴたんが分離して帽子レスとなった桜がかわいすぎ、ずっとこの状態でいればよかったのに。ほとんど出番無かったけど。出番なし仕事なし活躍なしの単なる頭数キャラで終わってしまった長老組の姉さん&ナビ人、特にこのナビ人は最終決戦にて神楽と組んでの最終兵器的役割かと勝手に想像しておりましたが…いや言うまい。同級生くん&後輩ちゃんもほとんど意味のないキャラでした。

レオパルド討伐のため続々と出撃するみなさん。その中で神楽だけはナミを救うため単身別行動を。出撃前に神楽は「ナミ、私の命が尽きる前に…」と命を賭してナミを救う覚悟っぽいセリフ、一方のナミは行くところまで行っちゃってる感じです。もはやどこからツッコむべきか考えるのすら面倒くさい。

sorakake0629_02.jpg

ソラカケの良心たる我らがつつじさま。結局生徒会のみなさんは何だったのだろう? レベルフリーがどうしたこうしたの前振り、シリーズ冒頭にて最初に箱人間が現れた時に見せたQTの力、学園へ潜入したいつきくんを監視する様子などなど「いかにも何かある」ような集団でしたがここまで活躍無し。そんな折りに最後の一花とばかり生徒会長がつつじさまに軽くちょっかいを出し…ほんとくだらない男でした。それでも心を乱され紅潮するつつじさまがかわいすぎ、空気を読まずにラーメンを持ってくるベンケイもいい味出しすぎです。

高嶺姉さんの影の薄さは最終回でも挽回できず。まさかこのカットが最後のセリフとは…ネルヴァルに洗脳されている時も誰から心配されるわけでもなく、まさかこれほどぞんざいな扱いのまま終わってしまうとは。

いつきくん&秋葉のエロアングルも今回で見納めかと思うと少々寂しい。しかし寂しさを感じるのがこれのみというのもまた寂しい話であります。

sorakake0629_03.jpg

神楽vsナミの対峙。あれだけのことしておいて「ゴメンねっ」で済ませようとする軽さ、これぞ8スタ作品の真骨頂です。しかしこのノリに理解を示さないナミは大激怒…そりゃ怒るのも無理はないでしょう(笑

先週の引きからしてナミは青パルドと組んで何かやらかすと思いきや、そんな展開など微塵も見せず神楽とタイマン開始。黒い神様が云々の話はいったいどこへ? この後しばらく他の戦闘シーンが挟まってこの二人は出番無し。さてどうなったんだろう…と思った辺りで現れたナミはKO寸前、そして神楽はナミのレイハを取り上げると目の前でぶち折って放置プレイのまま去ってしまいました。おいおいナミを救いに来たんじゃないの? 出撃前のあの決意は何だったんだ。というかそんな簡単に折ってやるなよ(笑

これにてソラカケに於けるナミの仕事は終了。周囲に馴染めず孤独な日々を過ごしてきたナミは神楽の誘いで力を得ると全世界を否定し、しかしそのしっぺ返しか全世界から否定されてのこの結末です。結局この後も誰一人としてナミを心配する者はおらず…いくら何でも救いが無さすぎ。敵キャラとしてすら扱ってもらえないなんて…。

sorakake0629_04.jpg

そんなナミと裏腹に全力で存在感をアピールしていた我らがつつじさま。もたもたしている長老連中、身動きできない風音軍を尻目に超テンションでリモコンドリルを構えレオパルドへ突っ込むよ! 黒目を絞って叫ぶ表情はソラカケ全キャラの中で頭3つくらい突き抜けて凛々しく熱い。いいねえ、逝っちゃってるねえ。何故か光る虎縞ビキニもつつじさまの異常なテンションを演出していました。素晴らしい。最終回でまさかここまで活躍してくれるとは。

「すごいわ、つみれさん!」

最後まで名前を覚えてもらえないつつじさまが果てしなく愛おしい。

sorakake0629_05.jpg

空間断層によって足止めを食らっていた秋葉たちの所へイモちゃんを連れたいつきくんが登場。QTアームズの改造がどうとか言うてましたが、本編にてほとんど活躍がないQTアームズをどう改造されようと視聴者的にはどうにもこうにも。QTアンプリファイアのリミッターが云々…QTアームズの理屈やら、そもそも秋葉のQT関連の説明がほとんど無かった所で唐突にこんな話を振られても。

怒濤の秋葉キックにより自我を取り戻したレオパルド。というかレオパルドがああなってしまったのは「妖刀」のせいじゃなかったのか? この辺に差し掛かるともはやいちいちツッコむのも面倒となり、今までの伏線(らしきもの)など気にせず、目の前で起きている異次元な展開を薄笑いで眺めるのみです。いつものことですけど。

フォンの操作により青パルドを人型ネルヴァルの中へ転送。「迷わず撃て!」「よろこんで!」の流れは酷すぎる(笑

sorakake0629_06.jpg

レオパルドキャノンで決着の後、もちろんネルヴァルさんも死んでいません。倒れたまま放置されていたナミは脱出ポッドで漂っているところをつつじさまが発見し収容。この二人は共に周囲から認められない存在だったわけですが、後ろ向きだったナミは全てを失い、無駄に前向きなつつじさまは置かれた状況を跳ね返し自らの帝国建立を目指すところまで来た。同じような立場でも考え方ひとつでこれほどの違いが出るということか。

あれほど秋葉秋葉言うてたなしては神楽が戻った途端にこの調子。あれほど切迫していた死亡フラグも「さっさと治療せんとほんとに死ぬぞ」のセリフでご破算です。わかっていたけど何だかなあな気分。

一方何の取り柄もなく自分では何も判断せず最後まで流されるだけだった秋葉は周囲全てに受け入れられて幸せいっぱい。主人公補正を考慮してもこの差は…26話を通して成長の跡がこれほど見えないキャラも珍しいです。クサンチッペの背後モニタにミクが並んでいるのは…ミクの歌のほうがマシ、という意味?(笑

そういやえにぐまに貼られた神楽メモも完全スルーのまま終わってしまいました。その他伏線と思われたネタを挙げればキリがありませんが…全てをちゃぶ台返しで形だけ綺麗にまとめるやり方はそろそろ改めないとマズいような。

   

関連記事
スポンサーサイト




↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

◎宇宙をかける少女第26話「あしもとに宇宙(そら)」

プリンス・オブ・ダークネスになったレオパルドを倒すために、レオパルドルームに向かうアタシたち。ブーミンさんたちの助けもあって、なんとかレオパルドコロニー内部には侵入できたんだけど、プリンス・オブ・ダークネスは超空間断層とかいうバリアみたいなのを張り巡ら...

宇宙をかける少女最終話貴様は最低だ…レオパァルゥドォォォォォ!!

「レオパルド!今だ…私を撃て!!残りの一撃で撃て!このカテドラル・ヴェンティスカを…私の中にいるプリンス・オブ・ダークネスと共に」「バカな…撃てるものかレオパルド。ネルヴァルは貴様の父親…実の父に手を下すというのかッ」「迷わず撃てレオパルド!!撃つのだ...

宇宙をかける少女 #26

いよいよ2クール26話費やしてきたこのトンデモ話もついに完結。つーか、突っ込みどころ満載過ぎて突っ込んだら負けなのがこれほど明白な作品...

宇宙をかける少女 第26話(最終回)「あしもとに宇宙(そら)」

プリンス・オブ・ダークネスとなったレオパルドを倒す為の作戦を敢行する獅子堂家とその同志達。獅子堂風音は改めて作戦概要を説明する。レオパルドを倒すには、7つの太陽からのエネルギーを遮断し、ブレインを守るQTローズを無効化しなれけばならない。7つの太陽は人工...

宇宙をかける少女 第26話「あしもとに宇宙」(最終話)

復活感想記事第1弾はやっぱりこれ! これ書かないと6月終了アニメが締めらんないんで(^_^;) 面白さ という点では今期終了アニメの 他の追随を許さなかったと思います! 最終回、状況的にはかなり深刻なはずなのに 爆笑 の連続でした(*^o^*) 最終回1番動い?...

宇宙をかける少女 第26話 あしもとに宇宙

作戦が始まり、秋葉達はレオパルドの元へ行く事に。

宇宙をかける少女 26話

あしもとに宇宙(そら) つつじを主人公にすればよかったんだ!! いろいろ伏線無視、獅子堂家は身勝手の一族、ナミが哀れに見えてくるとは思っていませんでした。なんか神楽に振り回された感がしてねぇ。ネルヴァルをまったく躊躇なく「喜んで!」...

宇宙をかける少女 最終回

宇宙をかける少女 最終回 「あしもとに宇宙(そら)」 の感想です。 ●キャスト 獅子堂秋葉:MAKO 神凪いつき:遠藤 綾 河合ほの...

宇宙をかける少女 第26話「あしもとに宇宙」

最後の敵はレオパルドの別人格、プリンス・オブ・ダークネス 序盤あんなに騒がれてたネルヴァルは結局投降という形。

アニメ 宇宙をかける少女 第1話~第26話 感想まとめ

アニメ 宇宙をかける少女 第1話~第26話 感想まとめ 宇宙をかける少女 Volume 4 [Blu-ray](2009/07/24)MAKO遠藤 綾商品詳細を見る宇宙をかける少女DVDはこ...

宇宙をかける少女 第26話 「あしもとに宇宙」

宇宙をかける少女 第26話最終回キャプ感想です。 あれ?伏線……(滝汗

■宇宙をかける少女【#26】あしもとに宇宙

宇宙をかける少女 #26の視聴感想です。 総員発進。 最終決戦。 蹴撃一閃。 決着封印。 足元宇宙。 じゃぁ帰ろっか♪ ↑さぁポチッとな

宇宙をかける少女 第26話 「あしもとに宇宙」 (終)

コロニー達の親であるカテドラル・ベンディスカの手にも負えなくなった黒レオパルド。 敵味方入り乱れてのレオパルド殲滅作戦を開始する、ア...

宇宙をかける少女 第26話『あしもとに宇宙』(最終回)

『自分の道は自分で切り開く。それだけのことよ』 26話をかけた宇宙をかける少女、ラストセリフはつつじでした。 …これだけは納得したね。痛い目見ながらも最後まで自分の道を爆走した つつじにしかそう言えはすまいよ。 宇宙をかける少女 Volume 4 [Blu-ray]MAKO, 遠...

宇宙をかける少女 最終回26話「あしもとに宇宙」

いよいよレオパルドと決着を付けるんですね・・・ お気に入りキャラだからなんとか元に戻ってほしいけど。 宇宙をかける少女 Volume 4 [Blu-ray](2...

宇宙をかける少女#26(終)

第26話「あしもとに宇宙」 広げた風呂敷をもの凄いで畳むように終わった感じだねえ...

(アニメ感想) 宇宙をかける少女 第26話 「あしもとに宇宙」

宇宙をかける少女 Volume 4 [DVD]クチコミを見る プリンス・オブ・ダークネスを倒すために向かった秋葉達。コロニー内部への侵入は成功するが、展開された超空間断層により先に進めなくなってしまう。同じ頃、レオパルドの周りにはネルヴァルとベンケイ、クサンチッペが?...

宇宙をかける少女 第26話(最終回)「あしもとに宇宙」

大団円…? 宇宙をかける少女 第26話「あしもとに宇宙」の感想です。 【あらすじ】レオパルドとネルヴァルの決着は! そして、秋葉とナ...

宇宙をかける少女 第26話(最終話)「あしもとに宇宙」

見上げると宇宙 宇宙をかける少女 第26話(最終話)「あしもとに宇宙」の感想です。

宇宙をかける少女 第26話「あしもとに宇宙」

「たまたまジャンプしたらお前が居ただけだ、勘違いするな!」 全ての戦力を駆使して、プリンス・オブ・ダークネスを破壊する話。 今回が...

宇宙をかける少女 第26話 「あしもとに宇宙」

おい…本当にサンライズこれでいいのか…? 展開はまぁともかくとして無理やり終わらせた感が凄い。それでいて様々な伏線がおいてけぼ...

「宇宙をかける少女」26話 あしもとに宇宙

終わった。 でもなんか無理やり終わらせた感も無きにしもあらず。 展開が速くて怒涛の勢いなのはいつもどおりといえるけど、それだけにエピ...

宇宙をかける少女 Mission 26「あしもとに宇宙」

 最終回です。強引に終わらせたような感じのお話ですが、一気に収拾をかけるにはこういうドタバタ的なラストでないと無理なのかも。

宇宙をかける少女 最終回「あしもとに宇宙」

わぁ、ゆぴたんだぁ! 最後にまた見れるなんて。 レオパルド撃退作戦開始。 つつじはいつまで水着着用? もうあれが普段着ですか? それともただ単に服がないだけ? ブーゲンビリアとミンタオの強味は鉄壁のコンビネーション!! 黒ナミVS神楽。 神楽のキャ...

「宇宙をかける少女」第26話(終)

   Mission26「あしもとに宇宙」(終)自分の道は、自分で見つけるモノ。レオパルドを倒すために、まずはプロキシマの冠の切り離しへ。作戦開始それぞれ出撃!ネルヴァルはカークウッドに戻ることに。イモちゃんはリカバリーを手伝う。クサンチッペとベンケイに協力を...

宇宙をかける少女 第26話(最終回) 『あしもとに宇宙』 感想

宇宙をかける少女  第26話(最終回) 『あしもとに宇宙』より感想です。 宇宙で少女は大団円で・・・?

今日の宇宙をかける少女 #26(最終回) 「あしもとに宇宙(そら)」 ★★★★☆

(C)サンライズ・バンダイビジュアル ポッと出のラスボス・悪霊ルルーシュに蹴りを入れる少女。 やっつけ御都合EDは黒神もタユタマも目じゃないね。この 酷さが最高!そらかけは身勝手。ナミちゃんの明日は!? CLANNADは人生、けいおん!は生きがい、宇宙をかける少女

宇宙をかける少女 第26話 「あしもとに宇宙」 感想

手を取り合って―

宇宙をかける少女 第26話 最終回 感想

 宇宙をかける少女  第26話 最終回 あしもとに宇宙 感想  変わり行く人々  -キャスト-  獅子堂秋葉:MAKO  レオパルド:...

『宇宙をかける少女』第26話最終回

第26話「あしもとに宇宙」最終回が近づくにつれ二転三転と展開が変わり、どう最終回を纏めるんだろうと思ったら…これでいいのか!? 

宇宙をかける少女 第26話(最終回)「あしもとに宇宙」

なぜだかラスボスはレオパルドということで、最終決戦に赴く秋葉たち。 1人仲間はずれのナミは宇宙で吠えまくり!あぉーんw 神楽と母娘...

宇宙をかける少女 第26話(最終回) 『あしもとに宇宙』 感想

SF的に興味深い設定がいろいろあったのに、ほとんど生かされなかったのが残念。宇宙をかける少女 第26話(最終回) 『あしもとに宇宙』 の感...

[アニメ]宇宙をかける少女:第26話(最終回)「あしもとに宇宙」

 なんとかうまくまとめたハッピーエンドと大団円。

宇宙をかける少女 第26話「あしもとに宇宙」

最後まで、あなた最低です!な…レオパルドでした(^^; 敵となったレオパルド(青)相手に最終決戦。 時間の都合か、ナミは神楽にボコ...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

>アニマスが8スタ最強作品

ああ、ありましたね・・・
あれもすごかった、自分の理解の範疇を超えてました。
でもあれはまったく理解できないけど、そらかけ程なにもかも投げ放しというわけでもありませんでしたよね。
まさかアニマスのほうがここがいいよなんて言う日が来るとは当時は考えてもみなかったな(笑)

>長老組の姉さん&ナビ人~同級生くん&後輩ちゃんもほとんど意味のないキャラでした

生徒会、メガネの兄ちゃんも含め、つつじとブーミン以外ほぼみんないらなかった。
この一言で片付いてしまうというのもある意味すごい。

>これにてソラカケに於けるナミの仕事は終了。

これには少々びっくりしました。
この作品のストーリーを考えていた人達も途中から、おそらくはもうだめだろうこれってわかっていて作ったとは思います。
あとはせいぜいナミやつつじやブーミンあたりが好きな、変化球好きなファンくらいしか取り込めないだろうに、なぜにここまでゾンザイな扱いだったのだろう???
これじゃナミをスキーって人もこれ無理ってならないのかなー
それともこの放置が最高!って人を狙ったのかなー
レベルが高すぎてよく分からないです。
とりあえず神楽は今年一番むかついたキャラ筆頭になりました(笑)

いやー最後まで見ましたけど、黒神のラストもひどかったけど、そらかけも最後まですごかった。
というかこの二つサンライズ製作か・・・
そらかけは前半はそれなりに先の展開を楽しみにさせてくれる作りだったと思ったのだけどなー><

ある意味自分の中で伝説になったので、ここまで見てきた時間損したまでは思わなかったのが不幸中の幸いかな。

nobumaさん最後までレヴューお疲れ様です。
作画は結構頑張ってましたよね。
製作者もお疲れ様です。
アニメは作画がとても大事だけど、やっぱりストーリーがだめだとどうしようもないと教えてくれたアニメでした。
次は良い脚本に当たることを願っています。

最後にあらし続編決定嬉しいな!
始まる時期的に2期というよりは分割2クールが始めから予定だったて感じがするけど。
またレビューを楽しみにしています!



れすれす

>ひらめさん
いやはやついに終わってしまいましたね。終盤のグダグダはある程度予想していましたけどまさかここまで全うっちゃりで終わるとは…私も長いことアニメを見てきてますがここまで放り投げちゃってるのは初めて見たかも。

何せいろいろ欲張りすぎたのでしょう。登場キャラも多すぎて結局一人一人の掘り下げなど皆無のまま、それがチョイ役キャラならともかく準主役のいつきくんやなしてまでまったく掘り下げられぬまま終わってしまいました。そもそのこの騒動の発端となった50年前の顛末すら何も明かされず、えにぐまメモは燃えて終わり、箱人間連続死の謎、終盤出てきた桜の設計図はどうなった?…ああもうキリがないからやめましょう。ともかくパッと浮かぶだけで両手の指を超えるくらいのネタを全て放り出しての締めはポカーンとするしか。と言いつつ8スタが新作を作ったらまた見ちゃうんだろうなあ(笑

キャラ作画や背景美術、さらに言えば世界観やキャラ設定などなど素材は一級品、宇宙を舞台にしたAIコロニー&人間の交流やせめぎ合いという点も興味深かったのに…なぜこんなことになってしまったのか。

あらしの2期はほんと楽しみです。メンツも揃ってここからがまた面白いのですよ~。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
09  03  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2