2009-10-11(Sun)

WHITE ALBUM #15 見つからないものが、まわりを壊す。そこにないから、手の打ちようがない

「俺にも幸せの粉を振り撒いてくれ」 

whitealbum15_00.jpg

…弥生さんにも幸せを。

whitealbum15_01.jpg

3時半から起きてる父ちゃんが知らぬ間に病室から出て行った冬弥、その時彼は弥生さんと以下略であり、一回戦の後は自室へ戻って延長戦? ベッドで呆ける冬弥を置いてBMWに乗り込んだ弥生さんは呼び出し音が響く自動車電話に警戒心MAX…ストーカーからの電話をいかに恐れているかわかるカットです。これを筆頭に今回は弥生さんの追い詰められ感が随所に散りばめられ、その裏返しとして冬弥への依存もじんわりと描かれていました。

カテキョの連絡をマナに入れると「ゴーイヤー、カムイヤー、来ちゃイヤー」と吉本芸人のギャグのような捨て台詞を残して電話をガチャ切り。張り切って玄関先へ出るマナを迎えるのは常月さんでした。ロンリー者同士で意気投合でしょうか、その他坂道特訓やら初日の出合宿やらマナ&常月さんのツーショットが続き…もうこの2人は冬弥の毒牙にかかることは無さげ?

マナに振られた冬弥の前に現れた由綺。忙しいアイドルがほいほい見舞いに来るのは何故かと思えば本日はお休み、それどころか年内のレッスンは全てお休みとか。これをして英二から見放されたと勘違いする由綺。クリスマスライブの成功に1人浮かれていたけれど、周りの人は由綺のライブ成功など何とも思っていないのではないか?と疑心暗鬼から自信喪失へ。デビュー間もなく大イベントを成功させて戸惑う様子は痛々しいけれども増長して天狗になられるよりはマシのような(笑

冬弥が背中の指定席を勧めても由綺は断り…しかし結局冬弥の背中へ。くどいほど描かれたシーツの海は揺れる女心、波打つ男心の象徴だろうか? ゴメンナサイの後にシーツへ影が落ちるところを見ると後者が優勢?

文字演出の「お金の問題です」は確かに現実的ではありますが、彼が言うと不誠実さの象徴のように捉えてしまうね。

whitealbum15_02.jpg

由綺が緒方邸を訪ねても留守、続いてエコーズへ向かうとあらら「臨時休業」の札が降ろされて由綺は行き場無し。そんなところへ買い物袋を下げたマスターが戻ってきました。この後由綺を連れて店内へ、例の隠し部屋でインナースペースにダイブしている英二の前へ連れて行くのでしょう。

その頃弥生さんは冬弥の部屋の前で待ち伏せ、腕時計をチラリと見ると時間的に帰って来ないと判断したのかクルマを発車。なんだか彼女は見る度に病的になってますね。誰より最初に壊れてしまいそうな…もう手遅れかもしれませんが。

病室で冬弥へ語る父ちゃんの話はなかなか奥が深いです。これまでの人生で経験したいろんなピースが唐突にハマって涙腺へ繋がる。ここ数年はまんがでもアニメでも小説でもちょっとした表現が琴線に触れただけですぐに涙腺決壊しがちな私は、いつの間にか父ちゃんの言う「仕組み」が組み込まれていたのだろうか(笑

「仲間」ねえ。確かに若い頃は誰かと連むことが多いけれども…やがて1人減り2人減り、最終的には自分一人になってしまうのはこれもまた真理。一人になりたくない冬弥は…自業自得で一人街道まっしぐらなことに気付いていないのか?

whitealbum15_03.jpg

例の絵に対する英二の思い。絵を見た途端に涙が止まらなくなった…姿を見たことすらない母親の面影を絵に見つけた英二は「母親がいない」ことに対する様々な経験・願望が一気に溢れ出したのか。いや英二によれば「涙の理由」ははっきりしているようなので冬弥父ちゃんの言う「仕組み」とはまた別の、芸術家らしい感受性の高さ故に溢れた直情的な涙だったかもしれない。

「目の前にあるのに手に入れられない悲しみ」

これは後のセリフからして由綺に対する感情も重なっているような。幸せを渇望する英二に歌の女神は微笑むのだろうか。というか舞台演劇風のオーバーアクションから由綺へ向き直った時はそのまま狼と化すのかと思った(笑

そんな幸せ談義花盛りの頃、冬弥部屋前から移動した弥生さんはいつもの土手にて目も虚ろ。ラジオから理奈の曲が流れた瞬間にスイッチを切り、鉄橋の電車をこれまた虚ろな表情で見つめるのみ。これはかなり危険水域のような…。

その後別の日、TV局駐車場にてクルマのガラスをノックされた瞬間の反応はストーカーへの恐怖心・警戒心が色濃く窺えます。その直前に受けた電話は英二が言った「由綺の幸せを増やそう」を実現させるべく指令、この状況を弥生さんはどう受け止めているのやら。

whitealbum15_04.jpg

各メンツの大晦日風景。一時帰宅した冬弥父ちゃんは先輩&春原と共に過ごし…君らいつの間にそんな間柄になってんだ? 後のシーンで春原が「1ヶ月」と言ってましたが…ゲネプロ舞台裏の乳繰り合い騒動で「罰を受ける」の流れから本当に付き合いを始めたのだろうか?

冬弥の部屋へは由綺が参上。大晦日を一緒に過ごせる喜びを表情に表す由綺に対し、遅れて階段を上ってきた弥生さんの貞子っぷりがナントモ…ていうかこの場面になぜマネージャーが付いて来るんだ? 由綺も「二人っきりにさせて」くらい言えばいいのにね。この状況をすんなり受け入れる冬弥の心理もようわかりません。

弥生さんが買い物に出掛けた隙のツーショット。相変わらずモジモジくんの由綺はいくらなんでもカマトトすぎて少々歯がゆい。言いたいけど言えないドキがムネムネの由綺に対して「何だよ 言えよ」の文字演出は…これはひどい。そして突然のキス。目を開けたまま冷めた表情で由綺を抱き締めながら視線は弥生さんへ向けている冬弥は地獄の業火に焼かれるべき。1クール目では冬弥に対して世間が騒ぐほどの悪感情を持たなかった私ですが今回は景気二番底三番底を過ぎても底がまだ見えない株価急降下です。

whitealbum15_05.jpg

年明けと共になぜか記念写真を撮るみなさん。各所の様子を撮影シーンで繋ぐ見せ方は何か意味があるのかしらん。はだけた先輩に夜這いの春原、気持ちはわからんでもないが場所を選べ(笑。めのう&後輩ちゃんは夜行列車にてどこかへ旅立ち? それとも海から帰る道中だろうか。進行方向右側に日の出が見えるということは北へ向かっている列車、内房から都内へ戻る行程なら山越しの日の出も状況に合致しますが電化されていない風でもあるのでちょっと違うか。

秘密の約束で弥生さんと待ち合わせのエコーズへ。ちょうどそのタイミングで起き出した英二は店のドア外に立つ冬弥に気付いて声をかけ…ようとしたら弥生さんがオムカエデゴンス。そのままクルマに乗り込んで早朝フリータイムへしけ込もう(かどうか知らんが)とする二人を狙う一瞬の光。これはパパラッチか、はたまたストーカーによる監視か? 英二の様子を見る限り前者が正解っぽいですが…売り出し中アイドルの移動車が頻繁に現れる喫茶店、ってことでパパラッチが陣取っていたという状況かな。構えていた所へ移動車が止まって男を拾って立ち去ったとなればスクープ間違いなし、思わぬ流れで冬弥&弥生さんの関係が露呈してしまいそうです。

ああ…この作品は見るのもレビュー書くのも体力が要るなあ。尺に対して内容が濃密過ぎるんだよねえ。これでもかなり端折っているのに執筆後の疲労感がハンパ無いわ(笑

   


関連記事
スポンサーサイト




↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

見たアニメ「WHITE ALBUM」第15話

●第十五頁「見つからないものが、まわりを壊す。そこにないから、手の打ちようがない」 ・推理パート(BGM:Reasoning) 前回からスポットの当た...

[アニメ感想] WHITE ALBUM 第15話 「見つからないものが、まわりを壊す。そこにないから、手の打ちようがない」 

WHITE ALBUM Vol.4 [Blu-ray](2009/07/23)水樹奈々前野智昭商品詳細を見る 1話に続き1週間遅れになってしまいましたが、少し感想書きたいと思います。 ...

WHITE ALBUM 15話 「見つからないものが、まわりを壊す。そこにないから、手の打ちようがない」

頬を伝う涙 移り行く年に思いをはせて

[White Album]『White Album』第十五頁

アニメ『White Album』第十五話(第二期第二話)となる「第十五頁 見つからないものが、まわりを壊す。そこにないから、手の打ちようがない」を観た。 「類似の誘惑」とでもタイトルをつけて、今回の話の構成を振り返ってみたい。結論を先に言ってしまえば、今回の話は、あ

WHITEALBUM第15話 感想

「見つからないものが、まわりを壊す。そこにないから、手の打ちようがない」【送料無料選択可!】WHITEALBUMVol.1/アニメ早速感想。冬弥君の快進撃はまだまだ続きます。・・・お金の問題です(笑いや、笑いじゃないよね、切実な問題だよね。親父の語り。思い出、経験。そ...

[アニメ]WHITE ALBUM:第15話「見つからないものが、まわりを壊す。そこにないから、手の打ちようがない」

有象無象、愛憎渦巻く年末年始。親不孝と子知らず的な・・・。

アニメ感想『WHITE ALBUM』編:第十五頁

アニメ感想『WHITE ALBUM』編  第十五頁:『見つからないものが、まわりを壊す。そこにないから、手の打ちようがない』 (感想・ネタバレあり)

WHITE ALBUM 第15頁 「見つからないものが、まわりを壊す。そこにないから、手の打ちようがない」

冬弥からの見舞いを断る観月マナ。マナは、河島はるかと知り合ってようやく冬弥離れ出来そうです。森川由綺は、折角冬弥から離れたのに舞いも戻ってしまいました。

WHITE ALBUM 第十五頁「見つからないものがまわりを壊す。そこにないから手の打ちようがない」

   それぞれの初日の出、そして涙  前回2期目がスタートして、まず話題になったのが繋ぎも何もなしに唐突に続きが始まった点。  これ...

WHITE ALBUM 14頁、15頁

   ここのところ仕事のことで嫌気が差してばかりでした。それはともかく、久しぶりにまともな休みになって最近溜まっていたアニメやらDVDや...

WHITE ALBUM 第15話「見つからないものが、まわりを壊す。そこにないから、手の打ちようがない」

「明けましておめでとう、冬弥く…」 冬弥達が年末年始を過ごす話。 とりあえず、もう冬弥って弥生さんルートで良いんですよね? 弥生さ...

WHITE ALBUM #15

父の涙に何を思う、息子よ。3時半からおきて息子の動向をあれこれする父親ってのがなければ、もうちょっと感動できたか? それにしても弥...

WHITE ALBUM 第15話

それぞれの大晦日、なんかいろいろ波瀾含みですね。 マナは冬弥は家庭教師をパスして、はるかとのツーリングに行きます。 何時の間にそんな...

WHITEALBUM 第十五頁「見つからないものが、まわりを壊す。そこ...

WHITEALBUMの第15話を見ました。夢幻/水樹奈々 赤い糸/Suara第十五頁 見つからないものが、まわりを壊す。そこにないから、手の打ちようがない冬弥がいつ帰ったか看護婦に聞く父は起こさないように気を使ったのではないかと答えられるも、3時半から来ていたのだった。...

WHITE ALBUM 第十五頁『見つからないものが、まわりを壊す。そこにないから、手の打ちようがない』

WHITE ALBUM 第十五頁『見つからないものが、まわりを壊す。そこにないから、手の打ちようがない』

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

コメント

レビューお疲れ様です


ほんと一瞬も見逃せないですね…
始まった瞬間から緊張して見てましたw
●弥生さんは冬弥に重度に依存し始めたから
ユキと冬弥が絡むシーンでは目つきがキツくなってるのかなと思いました。
もう直ぐ関係バレルんだろうなぁ

篠塚さん悲惨なことになりそう…
カワイソスギル…
OTL
ゲーム化したら絶対幸せにしてやる
と誓いました(-_-)

●緒方兄は私も狼になるかと思いましたwww

最後のシーンですが
篠塚さんを使って冬弥をユキと離れさせようとは思ってるんでしょうかね(・◇・)?
よくわからん

でも美術館でギター弾いてたのは吹いてしまった(-_-)
●めのうさんと後輩はなんのためにでてるんだろ…
桜団と違って
めのうさんは素人じゃないですし…
緒方プロに行けばいいのに(°□°)
●春原…気づかなかった
美咲さんはやっぱり冬弥を忘れられないんだろうな…


■何となく
最後は理奈ルートになる気がしてます( ̄ω ̄)


またコメント?させて頂きますw
お休みなさい

れすれす

>隙間さん
弥生さんと冬弥の関係は…まもなくバレそうな雰囲気でしたね。誰かが口を割るとは思いにくいのでやはりラストで映ったパパラッチ(?)が関わってくるような。この逢瀬を店内の英二は知らなかったようなので「作戦」として仕込んだものではないでしょう。少なくとも今回に限っては。

美術館での単独ライブは私も目が点になりました。いくら思い入れがあってもアレは無いだろうと。まあその常識外れっぷりがゲージツ家たる所以なのかもしれません。

道具のような扱いから逃げ出しためのう。商売よりもゲージツ家肌の緒方プロに拾われて…てな流れを勝手に想像してます(笑。いつまでも理奈vs由綺の構図では単調になりそうですし。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
08  03  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2