2009-11-21(Sat)

とある科学の超電磁砲 #08 幻想御手(レベルアッパー)

「だめ…かな?」 

railgun08_00.jpg

最強無敵のぶりぶりぶりっ子!?

railgun08_01.jpg

初春が休みで授業に身が入らない佐天さん、ボーッとしている所を指されるのはお約束です。授業の内容は「パーソナルリアリティ」について、不確定原理を元にする量子論が云々そして最近このテの話で頻繁に聞くようになったシュレーディンガーの猫の例へ。自分だけの現実、箱の中には普通人の自分と超能力者の自分が重なり合って存在し、後の初春のセリフからすると「思い込み・信じる気持ち」があれば望む結果を引き寄せられる、ってなこと? 超能力者になりたい!と強く思い込めば、自分が超能力者であると妄想しているうちに現実になるってな話でしょうか。「シュレーディンガーの猫」の用例としては微妙な気がしますが…あまり深く考えなくていいか。雰囲気雰囲気。

「手っ取り早くレベルアップできる授業してくれないかな」

自分が無能力者であることに劣等感を持ち続ける佐天さんはもちろん能力が欲しい。今まで何度となく描かれてきたその思いをアバンから強調する構成は、今回のサブタイトルからしていかにも彼女がレベルアッパーに関わっていくことを予感させます。しかし超能力って座学授業を聞いてどうこうできるものなのだろうか。たいていの場合超能力者とは先天的なもので、訓練によって能力を強化することはアリかもですが、常人が授業や講習を聞いて突然開眼するようなものでも無いような。もちろん「ある日突然超能力に目覚める少女」って話もたくさんありますが、それは事故による外的ショックや強い精神的ショックなど何かのきっかけを機に発動することがほとんどで、むしろそういうきっかけが描かれないと見ているこっちも納得しにくい。学園都市で受ける授業がきっかけになるのかと問われれば…学園都市のシステムがいまいちよくわかっていない私としては少々眉唾と言っておくしか。

本編Aパート。グラビトン事件のメガネくんの能力レベルについて訝しがる黒子、爆発現場を目の当たりにした御坂もその話に納得いきません。あれほどの破壊力はレベル4でなければ無理なはず…と煮詰まった所で気分転換にかき氷を食べましょう。店頭に下がった風鈴を見ての会話「風鈴の音を聞くと涼しく感じるのは何故か」、音による刺激が温感に作用して涼しく感じる「共感覚性」、すなわちこれは例のヘッドホンから漏れたノイズのような音楽が「何か」に作用するってな布石ですね。これもまた用例として合っているのか微妙ですが雰囲気雰囲気。というかクオリア(感覚質)と言ったほうがピンと来やすかったかも。

railgun08_02.jpg

てなところへ佐天さん登場。風邪で寝込んでいる初春のお見舞いへ向かう途中の一服です。友達同士で食べ比べはよくある話でありますが…スプーンは自分の使わないか普通? 普通って言うなあ! オンナノコ同士だとこういうのもアリなのだろうか。ともあれ目の前で行われる許し難い間接ベーゼに髪を波打たせて超反応の黒子、我も我もと差し出したかき氷はお姉さまと同じイチゴ味…確かに同じ味なら比べることないですね。自らの浅見を呪って地面へ頭を打ち付ける様子、さらにベンチへ座ってのカットも一人影濃くどよんどから抜け出せません(笑。ここは新井さんの芝居も絶好調でした。それにしてもいちいち絶妙なコンテだなあ。今回のコンテ担当「矢島サコ美」氏って聞いたこと無い人だけど…何者?

初春宅へ到着のご一行。3階建てアパートの一室が初春の部屋、普段こういう慎ましい部屋で生活している初春はなるほどお嬢様学校の寮を見て大騒ぎするはずです。ミニキッチンも備えられた部屋の設備は学生の一人暮らしに不自由は無さそうですが…機能が揃ってりゃいいってものでもないのでしょう。ベッドで寝込む初春の体温を測る佐天さん、さりげなく使う耳穴式体温計は科学都市っぽい小道具です。今でも普通に売ってますけどね(笑。頭のお花畑が無い初春はちょっと新鮮でした。あの花は何か意味があるのだろうか。

ここでレベルアッパーの噂についてあれこれ。隙間から覗く隠しカメラのようなアングルはいかにも「怪しい話」「眉唾話」をしている風な見せ方。

railgun08_03.jpg

レベルアッパーを使う連中の溜まり場情報が書かれたBBSを初春が発見、名無しの設定が「通りすがりのlvup」って。その情報を得た御坂&黒子はさっそく飛び出し…独断先行はいけないとあれほど言うてたのに(笑。怪しいBBSに書かれた情報の調査などいちいち上へ断ることも無いのか。

御坂&黒子が出動した後に残った二人。佐天さんの自嘲気味なセリフがいかにも、さらにレベルアッパーの話になると「ズルはダメですよ」と言われて赤面。会話の途中でうやむやになったけれども、どう見ても機会さえあれば使う気まんまん。こうして布石を積み重ねていくのですね。

キッチンコンロは電磁調理器、こういう生活道具は現代日本と大差ないのが学園都市の設定でしょう。まあコンロなどあと20~30年経ってもそれほど進化しそうもありませんし。

「あたしも信じていればいつかレベル上がるのかな」

パーソナルリアリティの自己流解釈を話す初春に、気負わない返事の佐天さん。こういう所を見ると能力を渇望しているわけではない感じですが、裏を返せば先の見えない現状に不満なのもありあり、とはいえ初春の言葉に軽く返す様子を見ればそれほど深刻ではないという微妙な立ち位置です。

railgun08_04.jpg

ファミレスへ潜入調査の二人。「あんたはジャッジメントだから面が割れてるかも」って…レベル5の面は割れていないのか?(笑。この点は以前から不思議で仕方がないのだけれど、学園都市に何人もいないレベル5、御坂ってそのナンバー3だっけ? 何かと言えば電撃をぶっ放すその名も高きレールガンの顔が一般に知られていないってのは不思議でなりません。特に不良連中などあちこちで痛い目に遭っているだろうに、そういう情報って仲間内ですぐ伝わるんじゃ? 「短パン履いた常盤台には気をつけろ」とか(笑

単身行動を開始した御坂が心配でならない黒子。いつになくぶりっ子な態度でいかにもな連中と交渉している御坂を離れた席から見守り…ガキ扱いでキレそうになったり、エロ目線をひらりとかわしてみたり、その度に黒子はソーダを吹くわ頭ガシガシだわ悶絶しまくり。ここも新井さんの芝居が光りすぎて画面を正視できません。あはははは!

railgun08_05.jpg

泣き落としの末にようやく話を付け、レベルアッパーの情報を得るため店外へ付いて行った御坂を待っていたお約束。ぶりっ子から豹変した御坂を取り囲む不良連中はじつにお気の毒でした。そして出てきた姐御。い、今どき一人称が「あたい」って…学園都市のアンダーグラウンドは昭和50年代で止まっているのか(笑

アスファルトを自在に操る姐御の能力はそれなりに強力なのだろうけどこれって場所を選ぶ、というか条件がえらく限定された能力ですね。自分の足元のアスファルトを波打たせて自分の足場は大丈夫なのか?と思わなくもないけれど雰囲気雰囲気。

自らの放つ電流によって磁場を作り鉄筋に吸い付いて壁の人となる御坂。壁の御坂を発見した姐御のセリフ「なんだそりゃ!?」に激しく頷いたのは私だけではあるまい。理論上この芸当ができるかどうかはともかく、御坂の能力からこういう応用を発想する点は評価できると思いますよ。割と本気で。

本気の勝負にニヤマリの御坂はじつにいい表情。無理無理なぶりっ子よりやはりこういう表情が似合いますね。すると本気モードで電撃が走りまくる御坂を慌てて止めに入る黒子の姿が。ザコ相手に本気出したら死んじゃうよ!という意味かと思いきや…変電所の隣というロケーションで本気電撃をぶっ放したら、そりゃ大停電も起きますね。なるほどこれが上条さんちの冷蔵庫を全滅させた大停電の原因ですか(笑

railgun08_06.jpg

無能力者が学園都市で生活する意味。この辺の会話もありがちと言ってしまえばシマイだけれど初春がかわいいので無問題です。そりゃ佐天さんも抱き付きます。仲良くキャッキャウフフの様子は見ていて和むなあ。これが御坂&黒子だったら…みなまで言うまい。

大停電により信号も止まったため、交差点にジャッジメントの子が立って交通整理をしています。手信号の動きってこれで正解だっけ? それはともかくこういう業務は公安関係者がやるものではないのかね? これもまた以前から不思議なのですが…学園都市には警察施設は存在しないのだろうか。犯罪が起きて逮捕→護送のシーンに出てくるアンチスキル(?)はいわゆる「公安」なのか? そもそもここは日本国なのか? だとしたらこの街だけ治外法権になっているのか? 学園都市の治安管理システムをいまいち理解していない私は見る度に不安になります。

さてレベルアッパーを使ったと思われる人々が昏睡状態に陥っているとか。まあ何のリスクも無しにレベルが上がろうはずもなく、レベルアップの代償として脳のどこかが破壊されるのか、それともキツイ負荷がかかって一時的に機能不全が起きているのか。ともかく病院では手の施しようが無い昏睡、その救世主として現れたのは…脱ぎ女だ! ってなわけで初登場からしばらく経ちましたがこれにて本筋に参戦?

Cパートは待望のレベルアッパーをゲットしてしまった風な佐天さん。隠しリンクと言うにはあまりにお粗末な隠し方ですが…こんな隠し方では街中レベルアッパーだらけになってしまいそうな(笑

ここまで積み重ねてきた様々な布石が一つの道筋にまとまってきた今回。レベルアッパーを手にした佐天さんははたして眉毛ちゃんと同じ結末(?)を迎えてしまうのでしょうか。

   

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

◎とある科学の超電磁砲第8話「幻想御手(レベルアッパー)」

サテンは、超能力の授業をする。パーソナルリアリティーと量子論だとかいう。クロコは犯人のレベルが2だというが、ミサカは、前のメガネの人の力がレベル4くらいあったという。風鈴の音をきいてクロコは涼しく感じると、ミサカは、共感覚だという。そして、カキ氷を買っ...

とある科学の超電磁砲 第8話 「幻想御手(レベルアッパー)」

美琴と佐天が間接キスで、黒子ちゃんが・・・ 美琴のぶりっこにはわろた

とある科学の超電磁砲 8話

とある科学の超電磁砲の第8話は、レベルアッパー…詳細はわからず。涙子が何やら手を出てしまった!?

とある科学の超電磁砲 #08

佐天が病気の初春のために、以外に手際よくおかゆ(?)を作成しておりました。親元から離れての生活ゆえに、1人暮らしスキルをある程度所...

only my railgun TVアニメ「とある科学の超電磁砲」OPテーマ |fripSide

only my railgun TVアニメ「とある科学の超電磁砲」OPテーマfripSideジェネオン・ユニバーサル発売日 2009-11-04 爽快 2009-11-14 アニメのOPの映像と相まって素敵な歌と思ったので購入しました。フルバージョンももちろんかっこよく、疾走感と爽快感があり高音の部分の...

とある科学の超電磁砲 8話 「幻想御手(レベルアッパー)」

天へと引き上げる神の御手

【とある科学の超電磁砲 第8話-幻想御手(レベルアッパー)】

ついにレベルアッパーの手掛かりを掴む美琴達!? しかし時は残酷にも進み、魔の手を伸ばしつつあって・・・。

とある科学の超電磁砲 第8話の感想

アニメ とある科学の超電磁砲 第8話 『幻想御手(レベルアッパー)』 の感想です。 OK、とりあえず落ち着こうか!。

とある科学の超電磁砲 第8話「幻想御手(レベルアッパー)」

「これはつまり、つまり~~~どういうことなんでしょうね?」 こっちが知りたいわ!w レベル2の能力者がレベル4クラスの力を使う。都市伝...

とある科学の超電磁砲 第8話

#8 幻想御手(レベルアッパー) 窓の外でセミが騒がしく鳴いていた。こんなコンクリートばかりの街でどこにいるんだろうっていうくらい、セミの鳴き声がいくつも重なり合っていた。 「……以上のことから、学園都市で行われている能力開発カリキュラム...

とある科学の超電磁砲 第08話 「幻想御手(レベルアッパー)」

とある科学の超電磁砲 第8話感想です。 上条当麻の消失

とある科学の超電磁砲 第08話

[関連リンク]http://www.project-railgun.net/#8 幻想御手(レベルアッパー)佐天達の学校ではパーソナルリアリティについての授業が行われていた初春は風邪で休みのようですぼーとしていた佐...

[アニメ]とある科学の超電磁砲:第8話「幻想御手-レベルアッパー-」

花飾りのない初春のかわいさと、美琴の本気のカッコ良さ。

とある科学の超電磁砲 第8話「幻想御手(レベルアッパー)」

鉄の意思。 お前はどこのラインバレルだ とある科学の超電磁砲 第1巻 [Blu-ray](2010/01/29)佐藤利奈新井里美商品詳細を見る

とある科学の超電磁砲 第8話

第8話『幻想御手(レベルアッパー)』とある科学の超電磁砲 第1巻 <初回限定版> [Blu-ray]今回は・・・美琴がかわえぇ。

とある科学の超電磁砲 第08回 『幻想御手(レベルアッパー)』

ぶりっこなのにかわいい

とある科学の超電磁砲 第8話「幻想御手(レベルアッパー)」

パーソナル・リアリティ=自分だけの現実を獲得する事が重要だと言う教師。でもその授業に身が入らない佐天。どうやら今日は初春が風邪で休みだそうで、それが心配なのと・・・。理論やたとえ話などはもういいので、佐天的には「手っとり早くレベルアップ出来る授業してく...

とある科学の超電磁砲 8話 「幻想御手(レベルアッパー)」 感想。

幻想殺し登場せず原作殺しな超電磁砲リメイクスタート!!(カミヤーン・・・(;-;) でも、そんなことはどうでもいいことですねw面白け...

とある科学の超電磁砲 第8話「幻想御手(レベルアッパー)」

公式サイトはこちら→http://www.project-railgun.net/ 「虚空爆破(グラビトン)事件」の犯人を捕えた美琴たち。しかし、彼は「低能力者(レベル2)...

とある科学の超電磁砲 第8話「幻想御手(レベルアッパー)」

超能力を開発する都市だけに学校も そう言う授業が多いようです 佐天の学校も例外なくそんな感じ で、パーソナルリアリティー・・・「自分だけの現実を獲得する事」 なんか確率論が如何とか言い出してます それが能力開発には重要と言う先生 しかし当の佐天は初春が...

とある科学の超電磁砲 第8話「幻想御手(レベルアッパー)」

とある科学の超電磁砲 第1巻 [Blu-ray](2010/01/29)佐藤利奈新井里美商品詳細を見る停電問題で、よく美琴は捕まらないなぁ~ あれだけのことをして...

とある科学の超電磁砲 第8話「幻想御手(レベルアッパー)」

頭ぶつけ過ぎて馬鹿に(ry とある科学の超電磁砲 第8話「幻想御手(レベルアッパー)」の感想です。 評価…★★★★★★★☆☆☆

とある科学の超電磁砲 第8話 「幻想御手(レベルアッパー)」

今週も始まりましたレールガン! 今回は原作通りレベルアッパーの話。 そう確かに途中までは原作通りだったんですが・・・・ あれ、上...

とある科学の超電磁砲 第8話 「幻想御手(レベルアッパー)」  感想

前回のグラヴィトン事件の犯人はレベル2。 けれど、あの爆発はレベル4クラスはあったようで、 バンクのデータに誤りが…?

とある科学の超電磁砲 第8話「幻想御手(レベルアッパー)」

とある科学の超電磁砲 第1巻 [Blu-ray](2010/01/29)佐藤利奈新井里美商品詳細を見る 左天がどんどんヤバい方向に…。

とある科学の超電磁砲 第8話「幻想御手(レベルアッパー)」

「こうなったら、レベルアッパーについて洗いざらい吐いて貰うわよ」 美琴が書き込みをしてる連中から、レベルアッパーの事を聞き出そう...

とある科学の超電磁砲 8話「幻想御手(レベルアッパー)」

なんか退屈そうに授業を受ける佐天だけど・・・ とある科学の超電磁砲 第1巻 [Blu-ray](2010/01/29)佐藤利奈新井里美商品詳細を見る

とある科学の超電磁砲 第8話 『幻想御手(レベルアッパー)』 感想

いくつかのキーワードが出てきましたが、今後ストーリーに関わってくるのでしょうか。とある科学の超電磁砲 第8話 『幻想御手(レベルア...

とある科学の超電磁砲 第08話 「幻想御手(レベルアッパー)」

グラビトン(爆弾)事件は解決したものの後味の悪い謎が残ってしまった アニメ「とある科学の超電磁砲<レールガン>」の第8話。 ネタ「見...

とある科学の超電磁砲 第8話「幻想御手(レベルアッパー)」

佐天ちゃんお当番エピソードもいよいよ核心へ。 レベルアッパーの話がだんだん具現化していく描写が見事でした。 「共感覚性」がカギになるのかな。 メガネ犯人君のレベルが2なのをいぶかしむ黒子。 「行き詰ってる」黒子に美琴は一休みを提案。 …ここで使ってた...

とある科学の超電磁砲 #08 幻想御手(レベルアッパー)

初春は花が無い方が可愛いな とある科学の超電磁砲 1―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)(2007/11/10)鎌池 和馬商品詳細を見るとある科...

とある科学の超電磁砲 #8 『幻想御手(レベルアッパー)』(感想)

佐天が危ない!! 偶然にもレベルアッパーの隠しリンクを見つけてしまった佐天。きっ

とある科学の超電磁砲 第8話 美琴の可愛さはスカウターも壊れる破壊力!

■第8話 幻想御手 「レベルアッパー」 1話、3話、さして前回の7話を経て、いよいよ学園都市の都市伝説の一つ「レベルアッパー」に物...

「とある科学の超電磁砲」8話 幻想御手(レベルアッパー)

レベルアッパーというものを探して騒ぎになる話。 あのファミレスでの美琴の見事な演技は笑った。ああいうことできたんだ。あんなぶりっ子...

とある科学の超電磁砲 8話 「幻想御手」

今回は、派手さは無かったけど、バトル要素、シリアス要素、黒子さんの変態要素、百合要素、全てキッチリ押さえていて、なかなか見所の多い...

とある科学の超電磁砲 第8話「幻想御手(レベルアッパー)」感想

≪あらすじ≫ 初春さんが大変ことになってしまったようです 頭の熱があがって、お花が枯れてしまいました そのせいで学校を休んでしま...

とある科学の超電磁砲 第8話 『幻想御手(レベルアッパー)』

何この可愛さ・・・ 美琴のブリっ子演技が堪らない。 色仕掛けでレベルアッパーについて情報を収集する美琴。 ブリっ子しまくりで...

[感想][アニメ]とある科学の超電磁砲 第8話「幻想御手(レベルアッパー)」視聴

レベルアップ レベルアッパー能力底上げとかそんなチートみたいな技術がほんとうにあるんなら大変だな世界の法則が乱れる 美琴はレベルアッパーの情報を求め色々やってるようだけど絶賛迷走中知らん人相手に電撃ビリビリしてたり血の気が多すぎるやはりこんな人間兵器みたい

とある科学の超電磁砲 第8話 「幻想御手<レベルアッパー>」 感想

「虚空爆破(グラビトン)事件」の犯人を捕えた美琴たち。 しかし、彼は「低能力者(レベル2)」で、あれだけの被害を出すほどの力を も...

とある科学の超電磁砲 第8話「幻想御手(レベルアッパー)」

まやかしの誘惑。

とある科学の超電磁砲 08話『幻想御手(レベルアッパー)』

能力を得るために大事なのはパーソナルリアリティ。 そんな授業に飾利は風邪で休み、涙子は集中できず。 そして理論なんかどうでもいいから、手っ取り早くレベルアップできる授業をやってくれないかと思い始める。

せっかくの変身バンクシーンを…(けんぷファーとか超電磁砲とか)

【ささめきこと 第7話】村雨さんと朱宮くんのデートの回。女装で現れた朱宮くんに対し、村雨さんは「朱宮くんといるところを誰かに見られて噂になっても…」って言ってましたが、その格好の朱宮と一緒にいるところを風間さんに見られたら一番ヤバいんではないかと&...

とある科学の超電磁砲 第8話 「幻想御手(レベルアッパー)」 感想

不可解な存在―

とある科学の超電磁砲 第8話 「幻想御手(レベルアッパー)」 (アニメ感想)

アニメ とある科学の超電磁砲 第8話 「幻想御手(レベルアッパー)」 とある科学の超電磁砲 第1巻 [Blu-ray](2010/01/29)佐藤利奈新井里美商品詳細...

とある科学の超電磁砲 第8話「幻想御手(レベルアッパー)」

自分だけの現実、パーソナルリアリティ。 飾利は風邪で学校をお休み。 左天が飾利のスカートを捲ってるから…。 介旅初矢はレベル2。 レベル4クラスの力を持っていたのに実際はレベル2。 レベルアッパーを使って2も上げたのか。 食べ比べ。 黒子はほんっとにい...

とある科学の超電磁砲第8話幻想御手(レベルアッパー)

「連続虚空爆破事件・グラビトンの犯人を捕まえた美琴達でしたが学園都市のバンクに乗っていた犯人のレベルはレベル2の低能力者でした」「バンクを調べていると他にもレベルが食い違う案件が複数あって美琴は都市伝説にあった幻想御手(レベルアッパー)に思い至る」「と...

とある科学の超電磁砲 第8話「幻想御手(レベルアッパー)」

今回は、初春の頭の花が行方不明! きっと、本体が出張中だから元気ないんですね( *´艸`) 佐天さんが毎回スカートめくるので、冷えて夏風邪...

とある科学の超電磁砲 #8「幻想御手<レベルアッパー>」 感想。

能力があること、能力がないこと。

とある科学の超電磁砲 第8話 「幻想御手(レベルアッパー)」

グラビトン事件の犯人のレベルであれだけの力は使えないはず。 同じようにバンク以上の力を使われた事件も頻発してる。 都市伝説「幻想御手...

『とある科学の超電磁砲』第8話

第8話「幻想御手(レベルアッパー)」レベルアッパーを使ったらレベルが上がるのかな?佐天が何だかヤバそうです。

とある科学の超電磁砲 第8話「幻想御手(レベルアッパー)」

とある科学の超電磁砲 第1巻 [Blu-ray](2010/01/29)佐藤利奈新井里美商品詳細を見る 簡単に超能力者としての能力が上がる幻想御手。都市伝説のよう...

とある科学の超電磁砲 第08話 「幻想御手(レベルアッパー)」

科学の進化と現実の進化科学は、深く知ることによって価値を高めるもの。人がどれだけ創造し、作り出せるかが試されている。意識の中の現実が人それぞれ違うのは何を見て、何を感じ....

とある科学の超電磁砲 第8話『幻想御手レベルアッパー』感想

犯行当事者のレベルに見合わないような事件が続き、いよいよ噂レベルの話であったレベルアッパーを使うと能力が格段に上がるという噂を調べることにする美琴と黒子。レベルアッパーに関する掲示板への書き込みから使用者がよく集まるファミレスに聞き込み調査美琴の涙ぐまし

アニメ とある科学の超電磁砲 第8話「幻想御手(レベルアッパー)」 感想

レベルを上げることができる道具、「幻想御手(レベルアッパー)」。 それを突き止める美琴と、その力を追い求める佐天・・・。 ネタバレあ...

とある科学の超電磁砲 第8話 『幻想御手-レベルアッパー-』 感想

『理論や例え話なんてどうでもいいから。 手っ取り早くLvアップ出来る授業・・・してくれないかなぁ~。』 あれ?フラグ(^^ゞ 捕まえた爆弾...

とある科学の超電磁砲 第8話 「幻想御手<レベルアッパー>」

 ファミレスでぶりっ子な演技をしている美琴がかわいかったですね。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

>新井さんの芝居

最高です。

能力と治安

基本、少年漫画のノリで「細かいことはいいんだよ!!」という作品ですが、一応設定があります。
(詳しくはwikiがありますので簡単に)

左天涙子は現時点ですでに「能力者」です。全ての学生は学園都市に来た時点で脳に改造を受け、
後天的な能力者になります。
左天のような能力が発動しない能力者のことを無能力者<レベルゼロ>と呼びます。ちなみに、能力者であることはAIM拡散力場という能力者特有の力場が観測されることで確認できます。

また能力開発は座学だけで伸ばすのではなく、脳への外的刺激や投薬もカリキュラムとして存在し、本来それで能力が向上するはずなのですが、レベル0が1になることはほぼないようです。

学園都市は東京西部全域を占める私有地に存在します。よって国家的治安機関は存在しません。
学園都市の治安は教師、大人の有志による警備員<アンチスキル>、これに学生有志による風紀委員<ジャッジメント>が主に学校および関連施設の治安活動を行うことで成り立ちます。

両組織に上下関係はありませんが、風紀委員の街での活動には警備員の了解を得る必要があります。白井黒子はよく手順を無視するので始末書の常習者です。
ひどく脆弱な治安機関ですが、そもそもこの都市を作った理事長が能力者を使った「計画」を進めることを最優先しているので、「計画」の邪魔にならなければ何があってもかまわないというスタンスです。

なお、理事長の下に都市を運営する統括理事会という組織があり、「計画」を妨げる者を排除する私設部隊も秘密裏に存在します。

れすれす

>T/Aさん
今回の黒子はいつも以上に神がかっていたと思います。
ぶりぶりの御坂が霞んでしまうほどに(笑

>kybさん
ご丁寧な説明ありがとうございました。なるほど各々設定はあるのですね。全員脳改造を受けた上で能力が発動しない者が「無能力」、つまり下地はできているため例えレベルゼロであってもレベルアッパーの聴覚刺激によって力技的に能力を発動させてしまうという流れでしょうか。本文でも書きましたが1を5に「増強」するのは可能でも、どんなカリキュラムでも0を1にするのは難しかろう、ましてやレベル「アッパー」ってくらいだから0に何をかけても0ではないのか?と思っていました。

治安関係の設定もなるほどです。しかし先の無能力者の話もこの治安関係の話もアニメ版でほとんど触れられておらず、アニメしか見ていない私としては少々説明不足を感じます。ご都合主義的な超能力描写は気にならない(これにツッコんだら負けだと思う)のですが、こういう舞台背景などに生じた疑問、説明無しに話が進んでいく作りはどうも気になってしまって。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
09  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2