2009-11-28(Sat)

とある科学の超電磁砲 #09 マジョリティ・リポート

山内節炸裂! 

railgun09_00.jpg

レベルアッパーを入手した佐天さんの苦悩、そして黒子の本気。

昨日今日と少々多忙で2日合わせて5時間くらいしか寝ておらず、今回のレールガンはレビューをパスする予定でしたが…何ということでしょう!? こういう時に限って山内重保氏(近作ではキャシャーンsinsの監督担当)がコンテ・演出って! こんな映像を見たらレビューを書かねばどうにも眠れないので睡眠導入代わりに簡単レビューをひとつ。

railgun09_01.jpg

かき氷の件で間接ベーゼを逃したリベンジか、寝ている御坂を禁断の手法で起こそうとする黒子。次の瞬間目を開いた御坂はスカートを翻すやいなや電光石火の逆襲です。さらに脱ぎ女登場で停電云々のシーンでは歪みを強調した独特のアングルから見せ、脱ぎ女の本領発揮シーンでは細かいカット割りで黒子の動揺を見せる。のっけから山内節をこれでもかのてんこ盛り。うはーどんだけご褒美だ。

railgun09_02.jpg

前回引きで怪しい雰囲気だった佐天さんは結局レベルアッパーをDLしてしまったようで、待ち合わせた初春へ嬉しそうに話を振るも詳細は先送り。その頃御坂&黒子は脱ぎ女と捜査協力の要請中、会話中に店の窓をこする手のカットから佐天さん登場の見せ方も面白いなあ。

「白井さんの脳に何か問題が!?」

脱ぎ女が脳科学者と聞いた初春…いきなりそのリアクションは(笑。

話は再びレベルアッパーの件。佐天さんは入手したブツを披露しようとポケットからプレイヤーを出し…しかし「所有者は保護」などキナ臭い話を聞かされるとすごすごと引っ込めてしまう。この一連の流れもじつにスムースで、佐天さんの心の動き、微妙な感情がよく伝わってきます。佐天さんがひっくり返した冷コーがストッキングにかかって脱ぎ女再びのカットから黒子大噴火の流れもいい感じ。

railgun09_03.jpg

店を出ると逃げるように一人サッサと帰ってしまう佐天さん、それを追う御坂。レベルアッパーに対する思いを呟きながら歩くフェンス際は「善悪の境界」を彷徨う様子、思い切った引きアングルの高架下は明暗を交互に抜けてこれもまた佐天さんの揺れる心理状態を表現していますね。使うべきか捨てるべきか、まさに普通の若者(マジョリティ)が犯罪に手を染める直前の心理でしょう。

追い付いた御坂の登場シーンは御坂に日が当たり、佐天さんは影。すなわちレベル5という学園都市の花形たる御坂と、レベル0の無能力者との立ち位置を明暗で対比させたもの。話しかけられた佐天さんは御坂から隠すようにプレイヤを握り締め、ポケットに収めた瞬間に落とした御守りから身の上話の回想シーンへ。ここで「家族からの心配」を印象付けるのは、それに反する出来事が佐天さんに及ぶことを予感させ、そうなった時の衝撃・悲壮をもレベルアッパーしそう。

「レベルなんてどうでもいいことじゃない」

御坂の言葉に拳を握り締める佐天さんの悔しさ。もちろん御坂に悪気は無く、むしろ佐天さんを励ますべく発した言葉でしたが、佐天さんからしたらこれは辛い一言。家族の反対を押し切り張り切って学園都市へ来たのに無能力と判定され、カリキュラムを続けても能力が発現せず能力者との差を突き付けられる毎日、なのにそんなことを、しかもレベル5の人間から言われたら…状況こそ違えどこれは先のメガネくんとの対峙シーンと同じ構図、強者の理屈です。あなたは高レベル能力者だからそんなことを言えるんだ! と叫びたかったでしょう。このカットは見ていて辛すぎます。

railgun09_04.jpg

レベルアッパー関連で不良連中とモメている声を聞いた佐天さん。心のざわめきを示す髪の揺れは芸が細かいなあ。現場から聞こえる声に自分がどうすべきか悩み、無能力者であることを自分に言い聞かせるシーンは青空バックにカーブミラーの長回し。自分の進む先を映すべく鏡に歪んだ十字路は行動の岐路を示し、また手前の橋は「向こう岸へ渡るべきか」すなわち「レベルアッパーを使うべきか」まで選択肢に入っているということかもしれません。

はたして佐天さんは不良連中の前に立ち、しかし力の差は歴然であり、蹴りで威嚇された後に髪を掴まれて絶体絶命です。勇気を出して立ち向かっても結局「力」が無ければ何もできない、この実体験が佐天さんをレベルアッパー使用に向かわせるトリガーになるような気がします。

「今日の黒子は危ないですわよ」

てなところへ黒子登場。Aパートにて変態色を舞い散らしていただけにこのアクションシーンで見せる本気の表情が映える映える。静かに激怒する黒子の声も熱い。岩倉色の強いキャラ作画はある意味別人ですが、本気モードで目を剥いている雰囲気としては悪くありません。

ミニスカを翻しながらのアクションはギリギリ感あふるる際どさ。ニードル(?)を仕込んだレッグバンドとの間で見せる絶対領域もギリギリですね。テレポートのアクションを見せる静と動を巧みにミックスしたカット割りはとんでもなくツボに入りました。黒子なのに格好いい!(笑

railgun09_05.jpg

引き続き目くらまし男との対峙。パースを効かせたタイトなアングル、蹴られた末のショウウインドウ激突は宙に浮く黒子をスローで見せた上に歪む表情のアップ、さらにロードコーンが倒れるカットへ続き屋内で叩き付けられる黒子を想像させる演出が光りまくりです。どのカットを見てもさぶいぼが止まりません。

仕込みのニードルが残り1本であることを示す脚のアップ、それを使ってしまったら黒子の手の内がもう残っていない、常に不敵な彼女がいかに追い詰められているかわかります。ゆらゆら迫る男の凶悪な表情もいいねえ。ヒールはこうでなければ(笑

廃ビル内を逃げる黒子、追う目くらまし男。疲れが見え始めた黒子の前へふいに現れ、ホームグラウンドの有利さに余裕を見せる様子はヒールの死亡フラグを立てまくり。しかしこうしている間に表で寝ている不良連中は目を覚ましたりしないのだろうか。

railgun09_06.jpg

そしてバトルも最高潮、窓ガラスを背負った逆光で不敵な笑みを取り戻した黒子の凛々しさたるや! 男の目の前で建物構造へ窓ガラスをテレポートさせるデモンストレーション、コンクリート柱にガラスが挟まり、次の瞬間ガラスが砕けると柱がズレる一連は視覚効果ありあり。また事の重大さに気付かず毒を吐き続ける男のヒールっぷりも良いなあ。窓際を走りながら次々とテレポートで飛ばす様子も凝ったアングルを目まぐるしく続けて緊張感を煽り、ビルが崩壊する瞬間のカットも大迫力でした。もうお腹いっぱいです(褒め言葉

倒壊したビルの前にて黒子&男。先程までの勢いもビルと共に吹き飛び、男は殊勝な態度でレベルアッパーを差し出しました。これにてレベルアッパーの流通形態が判明、ブツが手に入ったことで捜査も進むでしょうが…やはり佐天さんの受難は避けられそうもありません。

現場から離れた佐天さんは再びカーブミラーの前へ。今度は橋を渡る方向へ走っていったような? またこのシーンの佐天さんは前出シーンと対比させるように「柵の向こう」に立っています。ということは「レベルアッパーを使う」ことを決意したのでしょうか。能力者と無能力者の差を嘆き、「これを使えばあちら側へ行ける」と手にしたプレイヤを握り締め…このいいタイミングで現れたのは佐天さんの友達たち。御坂が見たらどよんどになりそうな巨乳ちゃんが1人いますね。どこ見てんだ。

会話がレベルアッパーの話題になると先を歩く佐天さんが振り返って「レベルアッパーを持っている」ことを告げてしまいました。目元を震わせながらの表情、期待と罪悪感に葛藤しながら、しかし誘惑に勝てない絶妙な表情はじつに印象的でした。ついに使ってしまうのか、それともまずは友達を実験台(と言うと語弊があるけど)にするのだろうか? みんなで渡れば怖くないのか!? 果てしなく嫌な予感を視聴者に植え付けての引きです。

「簡単レビュー」と言いながら結局ダラダラと書いてしまった。さて寝るとしよう。

   

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

◎とある科学の超電磁砲第9話「マジョリティ・リポート」

ミサカとクロコが病院でまってると、脱ぎ女の人がやってくる。そして、また脱ぎ女さん脱ぎ始める。専門家としての意見をきく。ウイハルさんは、またスカートめくられる。サテンは、あのアイテムをみつけたと報告。そして、脱ぎ女にレベルアッパーについて訪ねる。そこに、...

とある科学の超電磁砲 第9話「マジョリティ・リポート」

ハナっから脱ぎ始めた脱ぎ女こと、木山先生(一応先生でいいんだよね?ww)と青のストライプの初春。 今回は初春がおもろかったwwスカー...

とある科学の超電磁砲 第09話 「マジョリティ・リポート」

とある科学の超電磁砲 第9話感想です。 幻想御手の正体は――――――

とある科学の超電磁砲 9話

とある科学の超電磁砲の第9話は、やっぱりレベルアッパーをDL(ダウンロード)した涙子。そして、レベルアッパーを使った凶悪犯に苦戦する黒子。

【とある科学の超電磁砲 第9話-マジョリティ・リポート】

ついに手にしたレベルアッパー。 揺れ動く佐天の気持ち・・・。

とある科学の超電磁砲 9話 「マジョリティ・リポート」

夢と現実の狭間で

とある科学の超電磁砲 #09

今回の敵であるトリックの敗因は、余裕ぶっこいて決めるときに決めないこと。三一のやられ役はこんなもんか。それよりも佐天が微妙すぎる方...

とある科学の超電磁砲 第9話の感想

アニメ とある科学の超電磁砲 第9話 『マジョリティ・リポート』 の感想です。 黒子がモラルを語るたぁ、世も末だね(マテ。

とある科学の超電磁砲9話 『マジョリティ・リポート』

超電磁砲の第9話は色々と考えさせられる話となりました。能力を"持つ者"と"持たざる者"の立場の違いだとか、"マジョリティ"と"マイノリティ"の問題とか…偶然"レベルアッパー"を入手してしまった佐天。その正体は音楽ファイルでした。いつものノリでスカートをめく?...

とある科学の超電磁砲 第9話 「マジョリティ・リポート」

レベルアッパーは、ただの音楽プレイヤー 取引に、お金が必要で、まるで薬物みたいな感じだ

とある科学の超電磁砲 第9話

#9 マジョリティ・リポート アーケードの下で、初春飾利が一人きりで立っていた。所在なげに辺りをきょろきょろと見ている。いつものセーラー服姿で右袖にジャッジメントの腕章をつけていた。今日は頭の上でちゃんをお花が一杯に咲いていた。 「遅いな、佐天さん&h...

【レールガン(Railgun)】 第9話 ~マジョリティーリポート~

レベルアッパーを探しています。その片鱗には出会いますがなかなか大本にはたどり着けないみたいですね。 そのうち、例の木山先生(例の脱ぎ...

とある科学の超電磁砲 第9話「マジョリティ・リポート」

(C)鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN

とある科学の超電磁砲 #09 マジョリティ・リポート

レベルアッパー ダメ、ゼッタイ!! とある科学の超電磁砲 1―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)(2007/11/10)鎌池 和馬商品詳細を見る...

とある科学の超電磁砲 第9話「マジョリティ・リポート」感想

≪あらすじ≫ 能力者とただの人、同年代の同じ女の子なのに どうしてこんなに違うんだろう 小さいころから、あこがれ続けた夢に一度は...

[アニメ感想] とある科学の超電磁砲 第9話 「マジョリティ・リポート」

とある科学の超電磁砲 第1巻 <初回限定版> [Blu-ray] (2010/01/29) 佐藤利奈新井里美 商品詳細を見る 取り調べ中、「虚空爆破(グラビトン)事...

とある科学の超電磁砲 第9話

第9話『マジョリティ・リポート』とある科学の超電磁砲 第1巻 初回限定版 [Blu-ray]今回は・・・引き続きレベルアッパー事件です。

とある科学の超電磁砲 第9話「マジョリティ・リポート」

今回は黒子と佐天さんが大活躍する展開でした! そして、 『力なき正義は無能であり、正義なき力は圧制である』byパスカル そんな名言が頭...

とある科学の超電磁砲 第9話「マジョリティ・リポート」

「では、ここで目覚めのキスを…」 冒頭から相変わらずの変態っぷりの黒子w しかし、今回は変態なだけではなくジャッジメントとしてのカ...

とある科学の超電磁砲 第9話「マジョリティ・リポート」

「能力者とレベル0では、何もかもが違う…」 黒子が不良に絡まれてる佐天達を助ける話。 黒子の戦闘場面はともかくとして、終盤でレベル...

「とある科学の超電磁砲」9話 マジョリティ・リポート

レベルアッパーを手に入れて浮かれる佐天。 佐天の状況って親に反対されつつも突き進んだらダメでまさにわかりやすく夢破れるという状況なん...

とある科学の超電磁砲 9話 「マジョリティ・リポート」 感想。

気になったので、タイトルにある 【マジョリティ】 って言葉の意味を調べてみました。 人が集まる集団や集合のことを指してるみたいです 。...

とある科学の超電磁砲 第09話 「マジョリティ・リポート」

手は出さないと言いながらも偶然レベルアッパーに出会ってしまった佐天。力を求めていた 佐天は本当に自重できるのか?の、アニメ「とある科...

とある科学の超電磁砲 #9「マジョリティ・リポート」 感想。

寝ぼけなまこ……まなこにonly my railgunはいい活力剤です。

とある科学の超電磁砲 第9話「マジョリティ・レポート」

レベルアッパーに関係している犯人たちが次々意識不明になっていることに 専門家ってことで大脳生理学者・木山春生が招かれた 美琴たちはその木山に相談をするため病院で待ってたと訳 ようやく登場~~~と!相変わらず脱ぎ出します! 流石のセクハラ黒子が正常なこと...

とある科学の超電磁砲 第9話 『マジョリティ・リポート』

脱ぎ女いいわ~ 熱いから脱ぐ。濡れたから脱ぐ。どこでも脱いじゃう脱ぎ女。 自分の身体が起伏に乏しいって言ってたけど、何という節...

とある科学の超電磁砲 第9話 「マジョリティ・レポート」

 沈む佐天    ああ、佐天があらぬ方向へ…。  今回は佐天が周囲からどんな影響を受けているかが、はっきりと描かれていました。  ...

とある科学の超電磁砲 第9話 「マジョリティ・リポート」

今週も始まりましたレールガン! 今やってるレベルアッパーの話も ようやく中盤あたりまで進んできましたね。 そして、今週は黒子の戦...

とある科学の超電磁砲 第9話 「マジョリティ・リポート」 感想

迷い、戸惑い、劣情―

とある科学の超電磁砲 第9話 「マジョリティ・レポート」 感想

レベル・アッパーを手に入れた佐天。 利用者に副作用があるとのことだけど…

とある科学の超電磁砲 #9 『マジョリティ・リポート』(感想)

佐天の気持ちは分かるよ! 「レベルアッパー」を手に入れ気持ちが揺れる佐天。 「レ

とある科学の超電磁砲 第9話「マジョリティ・リポート」

とある科学の超電磁砲 第1巻 [Blu-ray](2010/01/29)佐藤利奈新井里美商品詳細を見る 黒子が珍しくツッコミにw

とある科学の超電磁砲 第9話「マジョリティ・リポート」

病院で木山春生を待つ美琴(睡眠中)と黒子。 美琴が寝ている…これはチャンスだ! 目覚めのキスで美琴を目覚めさせようとする黒子。 もしここで本当にキスできてたら黒子はどんな喜び方をしたんだろう? 今日は青のストライプかぁ。 前回遂に見つけたあのアイテムを...

とある科学の超電磁砲 第9話「マジョリティ・リポート」 【感想】

佐天さん、レベルアッパー所持を公表する話。 家族の期待や、美琴の「レベルなんて関係無い」という言葉がさらに佐天を追いつめる。 佐天...

とある科学の超電磁砲 09話『マジョリティ・リポート』

美琴と黒子は病院の待合室で木山から詳しい話を聞くことに。

とある科学の超電磁砲 9話「マジョリティ・リポート」

病院で寝ている美琴を起こそうと目覚めのキスをする黒子w そりゃ殴られますw

とある科学の超電磁砲 第9話 「マジョリティ・リポート」 感想

取り調べ中、「虚空爆破(グラビトン)事件」の犯人が突然、意識不明に陥ったとの 報せを受けて、病院へ向かった美琴たち。 他にも同じ症...

一番のサプライズは次回予告(レールガンとかDTBとか)

【ささめきこと 第8話】今までモブでちらほら登場していたメガネっ子キャラの本格登場の回。というか、また新たな変人が登場した回w村雨が同好の士と勘違いした後のあずさの行動力&積極性は、ヲタの生態としてリアルすぎて見ていてちょっと痛かった。(前回のキモオタ?...

とある科学の超電磁砲 第9話「マジョリティ・リポート」

現実との葛藤。

[アニメ]とある科学の超電磁砲:第9話「マジョリティ・リポート」

黒子の大捕物帳に対比する佐天さんの心の中での葛藤。

アニメ とある科学の超電磁砲 第9話「マジョリティ・リポート」 感想

黒子に振るわれる『幻想御手』の猛威。 『幻想御手』を持つ佐天は、彼女の戦いを見て何を思うのか。 ネタバレありです。

[感想][アニメ]とある科学の超電磁砲 第9話「マジョリティ・リポート」視聴

トリックアート 同程度の露出でもなぜ水着はよくて下着は駄目なのかこれはほんと謎だよねまぁ着エロ需要もかなり高いしとりあえず下着と着エロの合間をとってもうすぐ新しいファッションとしてストパンスタイルが一世を風靡するだろう うん それはともかく本編今回は黒子が

とある科学の超電磁砲 第9話 「マジョリティ・リポート」

佐天は「幻想御手(レベルアッパー)」を入手するが。 美琴たちの使用の際の副作用などの会話を訊き、言い出しそびれる。 悩む佐天は、「幻...

とある科学の超電磁砲 第9話「マジョリティ・リポート」

また脱いだー?(*´Д`*) 暑いから脱ぐ! 脱ぎ女、非常に合理的です。 黒子が着せてあげてるww 黒子の普段の言動を考えると、なんかおか...

とある科学の超電磁砲 第9話 「マジョリティ・リポート」

 佐天の微妙な心の動きがよかったですね。彼女がどういう行動に出るのか気になります。

とある科学の超電磁砲 第9話「マジョリティ・リポート」

とある科学の超電磁砲 第1巻 [Blu-ray](2010/01/29)佐藤利奈新井里美商品詳細を見る 涙子が「幻想御手(レベルアッパー)」をダウンロードしてしま...

『とある科学の超電磁砲』第9話

第9話「マジョリティ・リポート」レベルアッパーを偶然手に入れた佐天。美琴たちに言い出せず、使うのを躊躇いながらも手放せずに悩んでいるけど…。

とある科学の超電磁砲 第9話「マジョリティ・リポート」

揺れる佐天の心。 今回は佐天の葛藤を描くお話でした。 今日のパンツは何色かな?ということでパンツ履いてるか確認です。 恥ずかしがる...

とある科学の超電磁砲 第09話

[関連リンク]http://www.project-railgun.net/#9 マジョリティ・リポート病院で木山春生に出会った美琴達そして木山にレベルアッパーについて聞いて見る事に木山が戻ってきた時美琴は眠ってい...

とある科学の超電磁砲 第09話 「マジョリティ・リポート」

生まれてきたこと。ここにいること。レベルアッパーは、誰が作ったのか?何の目的で、生み出されたのか?それも知らずに、今ある能力をただ受け入れている。人は、なぜ生まれ、生き....

とある科学の超電磁砲 第09話 「マジョリティ・リポート」 ~ ふたたび ~

廃墟ビルと失われた自覚人が離れたビルに存在価値はない。人が鉄筋を組み上げ、コンクリートを固めて作ってもその中にいるべき人がいなければ、意味はない。人が作り出した擬似能力も...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2