2010-02-01(Mon)

フレッシュプリキュア! #50 笑顔がいっぱい!みんなで幸せゲットだよ!!

オカエリナサイ、そしてさようなら。

curefresh50_00.jpg

「みんなで幸せゲットだよ!」

curefresh50_01.jpg

シフォンからのビリビリに倒れたプリキュアたちへバインドをかけ、データを取得し管理下へ引きずり込むメビウス様。ラブさん身長159cmとか意外と大きい、すると身長比からミキは170cmくらいあるような? 今の子は成長が早いのかね。どうせならスリーサイズも晒してくれ(笑。他のメンツもバインドからデータ取得、一気に優勢となったメビウス様は前回壊れたリアルボディに変えてホログラムで姿を現し、塔を囲む国民たちを再び管理下へ。メビウス様のお出ましにあっさり服従してしまうのは長年の管理下生活が擦り込まれているのだろうなあ。

ずらりと並ぶデータモニタを背にメビウス様のホログラム。螺旋階段に重なって浮かぶ巨大顔はなかなか面妖な絵面です。バインドされて身動きできぬままデータを抜かれ、しかしラブさんは諦めず。メビウス様の理想論をバインドと共に引きちぎって立ち上がりました。それを受けて次々と立ち上がるみなさん、各々の持ちセリフを絡めてのセリフ回しは相変わらず少々無理を感じますね。このクライマックスシーンをして「ここでこのセリフを言わせるために1年引っ張ったのか!」と思わせる口癖だったら評価ストップ高だっただろうな。

curefresh50_02.jpg

立ち上がったみなさんのデータが次々と消えていき、と同時に羽根を広げメビウス様へ反撃開始です。異様に熱いBGMをバックに始まった最終決戦、メビウス様のホログラム集団と殴る蹴るの立ち回りはさすが動きまくりで目を離せません。足をグッと踏ん張ってパンチを繰り出すピーチのアクション、激しい空中戦の一瞬に見せるベリー&南さんの背中合わせカット、そしてまさかまさかのホホエミーナ再登場(笑。西さん&パッションの目配せも過去の対峙シーンからの変化を感じさせる一瞬でした。

curefresh50_03.jpg

メビウス集団を蹴散らす度に管理データが消えていき、モニタが消える度に自我が戻っていく国民たち。内部での攻撃を受けて巨大ホログラムが崩壊していく様子は視覚的にわかりやすい。次々と覚醒した国民はプリキュアへの応援を再開し、一方フルボッコ状態のメビウス様はプリキュアたちをウイルス扱いです。いや実際メビウスコンピュータから見たらウイルスみたいなものでしょうけれど(笑

「俺たちはドーナツの味を知ってしまった」

禁断の実を口にしたエデンの民はメビウス様が作り上げた「偽りの楽園」から解き放たれた。争いや絶望は無いけれど喜びや温もりも無い世界、無機質なまま延々と繰り返されるメビウスの輪をドーナツの輪が断ち切ってラビリンス国民を「人間」に戻したのです。まあこの辺の完全管理ネタは結構使い古された話ではありますけれど、主な視聴者層はこれが初体験と思われるので問題ないでしょう。

そしてまさかの自爆へ。あまりに古典的な展開に思わずあんぐりの私、いきなりタイムリミット60秒ってのはスピーディだなあ。刻々と時間が過ぎる中、「シフォンを置いていけない」と飛び立つみなさん。しかし肝心のシフォンがラスボス化しちゃって連れ帰ること叶わず?

curefresh50_04.jpg

「ラビングトゥルーハートフレッシュ!」

シフォンに対するみんなの気持ちを一つに合わせて放たれた最終奥義、マトモに会ったことないはずのホホエミーナまで何かお祈りしている様子は何だかなあな感じでしたがそれはそれ、タイムリミットギリギリに発動した巨大なハートはシフォンを包み込み…そのまま解決かと思いきや自爆装置のタイマーは無情に進んでそのままドッカーン! おいおい。

2つに折れて爆発するメビウス塔。周囲を巻き込む結構な爆発なのに真下で見ていた国民が無キズの不思議、肝心のプリキュアたちはホホエミーナに守られてこれまた無事でありました。ゆるい外見に反してずいぶん頑丈だなあ(笑。メビウス様の自爆によって管理下に置かれていたパラレルワールドは全て解放されてめでたしめでたし。ホホエミーナの背中に乗ってパラレルワールドを視察するみなさん、つまりホホエミーナは次元移動までこなしてしまうのか。遅れてきたゆるキャラがまさかこれほど役に立つとは。

そして四葉町へ戻ったみなさん。結果的に世界を守ったドーナツ屋はいつもどおり「ぐは!」。カオルちゃんてば重要局面にいろいろ活躍したてくれたけれど、最終決戦の鍵まで握っていたのね。

curefresh50_05.jpg

中止になってたダンス大会の決勝へ。持ちセリフを入れ替えてのセリフ回しから「あまずっぺー!」の流れはなかなかあまずっぺー。大輔と面と向かってお返事のラブさん、返事前に泳ぐ視線がかわいすぎて鼻血出そう。さて何て返事するのやら? ドキドキの大輔に対し「言っわなーい!」と満面笑顔は言っているようなものです(笑。大輔もきっとラブさんの気持ちはわかっているのでしょう…あまずっぺー! まあ今後も仲良くケンカしててください。

決勝本番のダンスは「H@ppy Together!!!」、EDと違って2Dで描かれるダンス映像はちょっと厳しいけれどカット割りの工夫によって以前のようなショボさは感じず、要所要所でよく動いていましたね。しかしせっかく最終回の見せ場なのだからフルムービーで見たかったなあ。「ハイタッチ」のアクションがせつなとの別れを感じさせてちょっと切ない、「YEAH! YEAH!」にてノリノリ両ピースの西南コンビがかわいいです。お約束どおりクローバーの4人が優勝、しかし審査員の息がかかったチームが優勝って普通考えると出来レースっぽいよねえ(笑

curefresh50_06.jpg

家の前で記念写真パチリ。この辺になるといよいよ「終わり」を意識してしまって言いようのない切なさが襲ってきます。その写真を持ってスイーツ王国へ帰るタルトくんたち。以前せつなが孤独の中で一人うずくまっていた丘は一面花に覆われ、四葉町を見下ろす表情もあの時とは違って穏やか、横顔で呟く口パクはお別れの言葉でしょうか。ミキはモデルに、ブッキーは獣医の勉強にと各々の夢を追いかけている様子も見えます。

そしてラストシーンは登校前のラブさん。OPで見せる大慌てっぷりから少し成長した様子、「みんなで幸せゲットだよ!」のセリフと笑顔でフレッシュプリキュア一巻の幕です。ああ面白かった。

無印以来久々にドハマリしたプリキュアシリーズ、いやここまでハマったのはシリーズ初かもしれません。確かにツッコミ所に困らないし、投げっぱなしの設定も多いし、全体の構成を考えると微妙だったりしますが毎週毎週楽しかったなあ。パッション登場以降ミキがネタキャラに化けて存在感UP、しかしラブさん&せつなに主軸を置きすぎてあぶれたブッキーが本格空気キャラになってしまったのは残念、また数少ないブッキー回はスタッフに恵まれなかった印象なのも残念でした。その点ミキの当番回は女神作画が炸裂しまくってましたね。キャプを見返しても眼福眼福。

何だかんだで1年付き合うとお別れの寂しさもひとしお。1クール作が多数を占めて、キャラを覚えた頃には終わってしまうサイクルに追われる中での1年モノはキャラへの愛着も別格です。ほんと寂しい。そして来週にはこれもまた現在大ハマリのシンケンジャーが最終回を迎えます。仕方がないことだけどこの2本が連続で終わるとなるとしばらくポッカリしてしまいそう。

というわけでフレッシュプリキュアのレビューはこれにて終了です。この作品に限っては総括記事を書くかもしれません。今期はレビューすべき作品が極端に少ないため時間の余裕も多少ありますし。

ではみなさまお疲れさまでした。

hc_precure00.jpg

次のハートキャッチはとりあえず初回レビューをして、その後のレビューは出来次第ってことで。今までのプリキュアとあまりに方向性が違っているようなので現状ハマれるか不明…予告を見る限り結構壊れていそう? 何だこのメガネ?(笑 ともあれ初回を楽しみにしときます。奈々さんの声も楽しみ。

     

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

フレッシュプリキュア! 第50話「笑顔がいっぱい!みんなで幸せゲットだよ!!」(最終回)

フレプリもいよいよ最終回! 1年たつのって早いなあ… ちょっと駆け足展開でしたね。 最初の5分で形勢が逆転しまくり。 メビウスは洗脳させる能力あったのね。 プリキュアを管理することに失敗したメビウスは自爆を敢行! …ラスボス自爆とはなんて昭和ライダ...

フレッシュプリキュア! 最終話「笑顔がいっぱい!みんなで幸せゲ...

フレッシュプリキュア!の第50話を見ました。映画「プリキュアオールスターズDX2」主題歌シングル::キラキラKawaii!!プリキュア大集合♪~希望の光(仮)/プリキュアシリーズファンタジックメドレー(仮)最終話 笑顔がいっぱい!みんなで幸せゲットだよ!!次々に現れる恐ろし...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

タワー崩壊シーンは、やっぱり下の人達の被害を考えちゃいますよねぇw

せつな最後の丘のシーンはやっぱり24話との対比シーンなんでしょうね~
つぶやいた言葉はやはり「さよなら」なのかなぁ?
西さんはちゃっかりお土産にドーナツ持ってましたけど。

ハートキャッチは、今回の番宣を見る限り、すごくふたご姫やおジャ魔女っぽい匂いを感じました。

No title

ああ~
ついにレールガンがスルー~ (T T)

れすれす

>ぱにっくはぁとさん
あの大爆発大崩壊シーンは何よりまず直下のラビリンス人を心配してしまいました。さらにメビウス様最後の捨て身攻撃を完璧ガードしてしてしまったホホエミーナの高性能も特筆モノでしょう。ポッと出のゆるキャラが決戦の命運を決めてしまうとは。というかメビウス様、いろいろ昭和すぎです(笑

せつなのお別れシーンはちょっとあっさり目でしたが、決して悲しい別れではない前向きなお別れなのでこれで正解なのかも。せっかくフラグが立っていた南さん&ミキのお別れをもう少ししっかり見たかったなあ。まあいろいろ消化不良な点は多々あれど1年間楽しませてもらった感謝の方が上回っているので無問題、終わってしまったのは寂しいけれど次のハトキャに期待をしつつポッカリ感を埋めようかと(笑。いやむしろフレプリよりシンケンジャーの終了でポッカリしてしまいそうな…。靖子にゃんのシナリオはキレが良すぎて見ているこっちは既にズタズタです。

>T/Aさん
申し訳ありません。今回のレールガンはレビュー作業中途でどうにも書きようがなくなってしまって、その結果作った画像込みで全てボツとしてしまいました。自分が楽しめていない作品のレビューは無理なのです。この先がどうなるか不明ですがおそらくもう再開は無いと思います。ご勘弁を。

No title

はじめまして。

爆発から守ったのはシフォンのキュアキュアプリプーだと思いますよ。
ホホエミーナの翼に覆われてましたけど、実際に守ったのはシフォンの力です。
あと、せつなが最後に言ったのは「さようなら」とかの別れの言葉のような後ろ向きの言葉ではなく、「ありがとう」だと思っています。
自分を救って支えてくれたラブ、ラブママ、美希、ブッキー、そしてクローバータウンに対して。
フレプリのテーマは「本当の幸せ」なので、苦悩の末やっと本当の幸せを手に入れたせつなの最後の言葉が「さようなら」では寂しすぎますから。
あくまで私の希望と予想からですが。
最後になりましたが、フレプリは私の中でプリキュアシリーズ中最高傑作でした。
芯にあるテーマ性(「本当の幸せ」や家族愛)、各キャラの心の葛藤、そして敵キャラの魅力。
フレプリが終わって喪失感がすごいです。
今まではこんなことありませんでした。
ハートキャッチはこの心を埋めてくれるのでしょうか…

以上、通りすがりながら長文失礼しました。

れすれす

>通りすがりの東西南さん
まあホホエミーナの翼だけであの大爆発をガードできるとも思いにくいのでシフォンの力が効いていたと考えるのが合理的でしょう。ただ当該場面にてそういう演出が無かったため「ホホエミーナ無双」のような印象を持ったのも正直なところ、シフォン発動のタイミングも爆発後に姿を現してからですし。

丘から見下ろすせつなのシーン。四葉町とのお別れが決して後向きなもので無いのは今までの経緯から見て取れます。そして確かにあの口パクは「ありがとう」と解釈するのが正しいかもしれません。東西南さんの書き込みを読んだ瞬間にボーカルアルバム1の「サンチャイルド」が頭をよぎって不覚にも涙腺が緩んでしまいました。全然関係ありませんが…「最終回のEDがサンチャイルドだったらしばらく立ち直れないだろうな」とこの曲を聴いた時からずっと思っていたのです(笑

フレッシュプリキュアはほんと毎回楽しみに見ていました。本文でも書きましたがこれほどハマったのは無印以来、フィギュアなどの周辺グッズや「ダンスえほん」まで買い込んでしまい、ケータイにはパッションのマスコットがぶら下がっている始末です(笑。深夜アニメのレビューを何本か書いておりますが、正直言ってフレプリのレビューを書いている時が一番楽しかったかも。ほんと終わってしまって寂しいです。

No title

今度の、おジャ魔女どれみ?

れすれす

初回放送を見た限り、思ったよりもどれみっぽくなかった印象です。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2