2010-02-16(Tue)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #07 蝉時雨・精霊流シ

フィリシアの凄まじい過去。

soranowoto07_00.jpg

優しい笑顔に秘められた哀しみと覚悟。

soranowoto07_01.jpg

第5話で見せたタケミカヅチでの訓練とダブった今回冒頭のリアル戦闘シーン。休戦前の前線で生々しい戦いを見せる戦車兵少女たちの様子は、なるほどこれを効果的に見せるため第5話冒頭に同様の訓練シーンを持ってきていたのですね。しかし今回は訓練ではなく、また搭乗車両もハイテク満載のタケミカヅチと違って砲塔回転から砲弾装填など全て手動人力、照準やチラリと映った計器類もアナログな旧式多脚砲台のようです。

敵を一両撃破からの進軍喇叭も第5話の訓練と同じ流れ。銃弾の飛び交う中でハッチを開けて喇叭を響かせ…すると敵の砲撃が直撃…吹き飛ばされたフィリシアの目の前で多脚砲台の仲間は全員戦死してしまいました。死んでも喇叭を離さない腕が痛々しすぎる最期、ついさっきまで笑顔で話していた相手の変わり果てた姿にフィリシアは絶叫するしか。

いきなりの生々しい回想はお盆を控えた時節柄? ふと外を眺めると小銃を構えた兵士の姿が見え、気付いて視線を凝らすとその姿は消えていました。それはつまりフィリシアの所へ「帰ってきた」誰かさんなのでしょう、これらをきっかけに今年のお盆は精霊流しを行うことに。

soranowoto07_02.jpg

ペットのケースに忍ばせた手紙(?)を眺めるリオも精霊流しを思いついたようで「日本の夏グッズ」を売っている屋台へ、するとフィリシアと鉢合わせてお互いびっくり。さすが息が合ってます。カナタが作っている野菜の飾りはお盆の風習、キュウリの馬とナスの牛でお迎えするとは若いのによく心得てらっしゃる。そういえば幽霊回にてカナタの田舎ではお盆の風習が残っているようなことを言っていましたね。セーズの街も精霊流しが大々的に行われているのに何故かクレハはお盆を知らず。去年の夏は砦に着任していなかったのかな。

教会で精霊流しの灯籠を作っている絵面はナントモ不思議な風景です。戦災孤児の子どもたちは逞しくも灯籠を作り、両親の絵を描くミシオの表情に前回のような陰りはもうありません。それはともかく後に立ってるポニテの子がかわいいな(笑

魂が抜けたようにボーッと木を削るフィリシアはナイフを滑らせて手を削ってしまいました。妙にリアルな傷口の様子は痛い痛い! そして流れる血を見たフィリシアは再び忌まわしい記憶、全滅した小隊からたった一人生き残って彷徨った記憶へ沈んでいきました。

気を失ったフィリシアを囲んで心配顔のみなさん。特にカナタは心配の表情を見せますが意識を戻したフィリシアは一人退室、このワンシーンがラストへの伏線でしたか。なにやらリオとノエルはフィリシアがダウンしている理由を知っているようです。あの戦闘はノエルの故郷?

soranowoto07_03.jpg

在りし日の多脚砲台小隊の様子。雷の下で銃の手ほどきはモーゼルKar98、そういえばAパートにて崩壊した街を彷徨っているときちらりと映った戦死兵の側に九十九式歩兵銃らしきものが転がっていました。やはり「先の戦争」はWWIIの火器装備みたいな? 砲台にしても多脚であることを除けばWWII時代の戦車のような様相でしたし。

「ゆっくりした終末」はこの手の話でよく使われる背景。まあ人類の繁栄が未来永劫に渡って続くはずもなく、我々が住まうリアル世界もいつかは終焉を迎えるでしょうからあながち間違いでもないというか、極端な話がそれを言ってしまうと今の時代ですら生きることの意味が疑わしくなってしまう。もちろん我々は普段そんなことなど忘れて生きていくわけですが、ソラヲトの世界は終末の足音が聞こえてくる世界であり、ノーマンズランドや死んだ海の描写などなど今まで見せて来たどことなく退廃的な空気はその現れなのでしょう。ところがセーズの市民は終わりが近付いている世界で明るく必死に生きている…俯瞰から覗くとそのコントラストが何とも切ない。

さてフィリシアの回想の続き。穴へ落ちたフィリシアが気付くとそこは地下鉄の駅? 横たわる兵士の死体の側に転がる89式小銃は…時代が逆流していますね。柱に刻まれたイデア文字は兵士の遺言、これらを総合するとフィリシアの眼前に広がる風景は「失われた文明時代の亡骸」ということ。

そんな状況でフィリシアへ話しかける兵士の亡霊。冒頭シーンで現れた兵士はこの人でした。過去の兵士が守りきれなかった時の敵はフィリシアたちの多脚砲台より遙かに進んだ技術による兵器(タケミカヅチ?)を持ってしても敵わず。爆発前に一瞬映った雰囲気からして敵は人間ではないのかも。第1話にてカナタが見た遺跡はこの敵の成れの果てか?

この絶望的な世界にて生き続ける意味。終末が見えている世界で生き続け戦い続ける意味は…生き続けること自体に意味があるのでしょう。堰を切ったように生への欲求を叫ぶフィリシア、その声に応えたのは…公女殿下!? これまで何度も出てきたあの喇叭手、首から鈴を下げた女兵士の正体はそんな偉い人だったとは。しかしそんな偉い人がなぜ最前線に?

soranowoto07_04.jpg

リオが相手でも決して弱気を見せないフィリシアの強さ、修羅場を潜った経験がフィリシアを支えているのだろうけれど、何でも一人で抱え込んでしまうのはよろしくありません。頼る仲間がいるのだから時には本当の意味で気を緩めることも大切でしょう。そんなフィリシアに「私だって心配したいです!」とカナタの言葉は浸みますね。思わず抱き締めるフィリシア、我も我もと続く子どもたちは確かにかわいかったです。フィリシアの母性は単なるお姉さんキャラによるものではなく、辛い経験を背景にした揺るがない覚悟、やっと見つけた「ここにいる意味」の表れでした。

かつての仲間に加えて例の兵士を連ねたフィリシアの灯籠、リオは母と姉、クレハは両親、カナタはご先祖の名を書いて供養の精霊流しです。ノエルだけ灯籠を持っていないのは供養の相手がいないのか、それとも他の理由があるのか。

灯籠を拝むリオを見て「あのお方は…」と呟く司祭。同じ街に住む間柄で何度か顔を見ていそうなものですがこれが初対面? ともあれリオを見る表情は尋常ではなく、また以前フィリシアとリオの会話にてリオの父親はかなり偉い人のようでしたし、例の鈴の件も含めてリオの出自が気になるところ。

オリンピックを見ながらのレビューなので全然まとまっていないのはご勘弁(笑

  

関連記事
スポンサーサイト




↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト第7話「蝉時雨・精霊流シ」の感想記事から兵器についての言及を集めてみた

初めて本格的に戦闘が描かれたソ・ラ・ノ・ヲ・ト第7話「蝉時雨・精霊流シ」。 感想の感想を書かれてる『所詮、すべては戯言なんだよ』のヨ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第07話 「蝉時雨・精霊流シ」

ソラノヲト 第7話感想です。 戦争の記憶

ソラノヲト #7「蝉時雨・精霊流シ」

んー・・・やはり、このままシリアス方面に向かうのか・・・?ただ、それだと現在の設定的に無理がある気もするし・・・過酷な戦争をしてるという場面も見せつつ、隊長他の変化を捉え...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #07

若きフィリシアが経験した戦争が今ここに。敵戦車1両撃破し突撃喇叭を鳴らすも、直後に砲火が直撃。助かったの投げ出されたフィリシアのみ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第七話「蝉時雨・精霊流シ」

Web予告と正反対なシーンで始まったので、一瞬番組間違えたかと思いました。フィリシアの過去の体験を採りあげて‘精霊流シ’の対象である死者に焦点を当てた、シリアスな重い内容のストーリー。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 7話 「蝉時雨・精霊流シ」

戦場への鎮魂歌

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話

第7話『蝉時雨・精霊流シ』ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]今回は・・・フィリシアの話です。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト カナタ スムース抱き枕カバー 前回はカナタの初任給とその出所にまつわる話でしたが、 今回は前回と一変してシリアスな...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 7話 『蝉時雨・精霊流シ』

ソラノヲトは第7話になっていよいよ戦争描写を前面に押し出してきました。フィリシア隊長のかつての部隊は全滅していたのですか…今回、旧時代の兵士の亡霊によって、かつて世界を崩壊させた旧時代の戦争について語られましたが、「僕等は負けた」という台詞から、?...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 7話 『蝉時雨・精霊流シ』

ソラノヲトは第7話になっていよいよ戦争描写を前面に押し出してきました。フィリシア隊長のかつての部隊は全滅していたのですか…今回、旧時代の兵士の亡霊によって、かつて世界を崩壊させた旧時代の戦争について語られましたが、「僕等は負けた」という台詞から、?...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」

ようやくシリアスな話に突入。 なんだか怒涛の展開だったなあ…。 ソラヲト7話の感想です。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」

あの子達には私みたいな思いは絶対させたくないわ フィリシアさんにあんな壮絶な過去があったなんて

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 『蝉時雨・精霊流シ』

これは演習ではない!! 若き日のフィリシアさん。いや、今が若くないっていうわけでは…(汗 いきなりハードな戦争描写から始まって...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」 感想

なかなか考えさせられた回でした。 ノエルだけ何故か 精霊流しに加わらなかったのは 興味深く感じました。これは自分には送るべき人がいない、 まだ生きていると信じたいノエルの気持ちの表れだったのかも しれませんね。 フィリシアと同じミネンランド戦線の中にいたノ?...

[アニメ]ソ・ラ・ノ・ヲ・ト:第7話「蝉時雨・精霊流シ」

先輩から残された伝えるべきメッセージと伝えないメッセージ。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話『蝉時雨・精霊流シ』

いきなりヘビーな内容になったソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話。 リオの持ってる鈴の前・持ち主は皇女殿下!? 話の雰囲気はかなり変わったけれど、考えさせられちゃう話だったのでは。 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray]出版社/メーカー: アニプレックスメデ...

【アニメ】 ソ・ラ・ノ・オ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 感想

こんな世界で生き延びることに 意味はあるのかい? ソ・ラ・ノ・オ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 の感想です。 第七話『蝉時雨...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」

 ここに、生きる意味    これまでになかった、フィリシアの若干の掘り下げ回。  といっても、フィリシアの過去の体験が重要なとこ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 『蝉時雨・精霊流シ』

フィーエスタ・デュ・ルミエール この世界で生き延びることに意味はあるの-?

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 感想

蝉の声が響く夏のある日。 どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていました。 フィリシアの脳裏に浮かぶのは、かつて...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト~第7話 感想「蝉時雨・精霊流シ」

ソ・ラ・ノ・ヲ・トですが、フィリシア隊長は壮絶な過去があります。砲煙弾雨のなか死線を超えてますが、上官や仲間も全て戦死して唯一生き残ったようです。 季節は夏まっさかりですが、フィリシアとリオ先輩は後輩に洗濯当番を押し付けてスイカを買いに行きます。(以下...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト第07話「蝉時雨・精霊流シ」感想

さぁ、色々と怪しくなってきました・・・。【送料無料選択可!】ソ・ラ・ノ・ヲ・ト1[CD付完全生産限定版]/アニメ早速感想。いきなりぶっとんだ展開。・・・といいたいところだけど、色々伏線があったからねぇ・・・。でもそんなの無視してお気楽アニメでいて欲しかった...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流」

今週も「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 」始まりました! 今回はフィリシアさんのメイン回。 主にフィリシアさんの過去の話でした。 フィリシア...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」感想

まさか、この先に鬱な展開とかも有得るのか (話が重いのでトップ絵は明るくしておきます)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 感想

★★★★★★★☆☆☆(7.5) セーズの街がお盆を迎える中、フィリシアさんが戦時中を思い出す話。 いつかは来るだろうと思ってたシリア...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

「この世界に意味なんかないのよ」 なければ自分で意味を見つければ良い―― フィリシアの過去が明らかに…    【第7話 あらすじ】 蝉...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 07話『蝉時雨・精霊流シ』

今とは違う仲間たちと戦っていた頃、ちょいと昔のフィリシア。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 『蝉時雨・精霊流シ』 ≪あらすじ≫ 季節は夏を迎え、セーズでは灯籠を流し死者の魂を慰める“フィーエスタ・...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」

 今回はフィリシアメインでした。カナタたちが彼女に擦り寄るところがお母さんと子どもたちという感じでしたね。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

世界の滅び ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/04/21)金元寿子小林ゆう商品詳細を見る

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

こんな世界で生き延びることに、意味はあるのか?

「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」7話 蝉時雨・精霊流シ

フィリシア回。 フィリシアがどうしてゆるい日常を求めるのかもわかる話だった。 あの兵士の幻はPTSDによってどうにかなってしまいそうなのを...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

冒頭からシリアス展開・・・ フィリシアの過去話・・・ってなんて重いモノ背負ってるのでしょう 戦車からなけ飛ばされ助かったフィリシア 戦友たちも燃える戦車から背出ようとするが戦車ごと爆発 一人の先輩の腕が・・・・ラッパを握ったまま・・・ いきなりハード?...

【アニメ】 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」

いきなり戦時中のシーンから始まる今回。 お盆(妙に長ったらしい横文字の名前がありましたが)という事で、新米だった頃を思い出して センチメンタリズムに陥り、それでも隊員の前では強がってしまう、そんなフィリシアの話です。 戦車での実戦中、敵の攻撃を受...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

『蝉の声が響く夏のある日。 どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていました。 フィリシアの脳裏に浮かぶのは、かつて...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

フィリシアは本物の戦場を経験した事があるのか…。 そしてその戦いで大切な仲間を…。 大切な仲間を失い1人だけ生き残る…。 そしてそしてやっぱり雷が苦手だったのか…。 時期はお盆(フィーエスタ・デュ・ルミエール)。 使者の魂を慰めよう! 世界は1度終わっ...

(感想)ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

【キャスト】  ・カナタ   金元寿子     ・セイヤ   平田真菜  ・リオ    小林ゆう     ・ユミナ   福圓美里  ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話『蝉時雨 精霊流し』感想

物凄いハイテクな兵器群なのに連絡時はラッパって、、、命がけで味方を鼓舞したかったのか??どうみてもマトにしか見えないよこの時点で世界は終わっていたのかも、、、久しぶりに観たらシリアスな回でした。フィリシアさんは実戦経験があり、それも小隊がほぼ全滅した中で

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 7話「蝉時雨・精霊流シ」

フィリシアにあんな過去があったとは・・・ てか、冒頭からショッキングなシーンの連続です(^^; ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版...

アニメ ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」感想

今回はフィリシア回。 彼女の笑顔の奥には、悲しい過去がありました。 ネタバレありです。

[感想][アニメ]ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」視聴

苦悩 7話にして始めて明確に戦争が描写されるさらにお盆て今回やけに鬱々としていて暗いいやいままでが明るすぎたんだけどいつカナタが今回のフィリシアさんの立場になってもおかしくないし あるいはすでに 急な戦争描写は死を連想せざるを得ないし今回皮切りにシリアス入っ

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流し」 感想。

戦争来るか……

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 感想

ここにいる意味―

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

公式HPより蝉の声が響く夏のある日。どこか元気のないフィリシアを、カナタたちは心配そうに見ていました。フィリシアの脳裏に浮かぶのは、かつての戦場での光景。戦火のなか生き残り...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 【感想】

「もうみんな…なんて可愛いの」 大切な仲間を失い、世界の終わりを肌で感じながらも、それでもフィリシアは絶望に打ち拉がれる事無く「...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #7「蝉時雨・精霊流シ」

 はいどうも、先週はなんだか知らないが仮面ライダーWネタが湧き出しちゃいましてすいませんでした。 ソ・ラ・ノ・ヲ・トなのに仮面ライダーWを見せられて“堪忍袋の緒が切れました!”とか“海より広いあたしの心も、ここらが我慢の限界よ!”とか思われても仕方あ....

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

世界に生きる意味。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

今回はまさかのシリアル展開。 フィリシアの過去が明らかに。 戦場で仲間達を失ったフィリシアは、絶望の中で彷徨いながら歩いていて、 爆発の衝撃を受け地下に落下した。 そして旧時代の兵士に話しかけられた。(あの兵士、顔きめー) 「世界は終わってしまった」っと。...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」

   い、いきなりシリアス展開 砲弾どっかんどっかん これは遂にそういう話になっていくのかと思ったらフィリシアさんの過去のお話。 現実は"フィーエスタ・デュ・ルミエール"という所謂、灯篭流しみたいなものがあってお盆の時期だそうな。 元気のないフ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 『蝉時雨・精霊流シ』 感想

フィリシアの回想の歩行戦車と、 幽霊兵士?の回想のそれはかなり違っていて、そこから歴史を読み取ることができるかもしれません。ソ・ラ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第七話「蝉時雨・精霊流シ」

先日の事。無性に鈴が欲しくなり、100均にて購入しました。 買って早速ひとふり&ひと言 「シャリ ♪」 「デーフラット ♪」(D♭) うん、...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 の感想

光の旋律(初回生産限定盤)(DVD付)Kalafina by G-Tools ついにシリアスへ・・・ -公式サイト- ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 公式サイト -作品概要- 気鋭...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

フィリシア戦場経験者だったのか これまでがほのぼの展開だっただけに強烈なインパクトだったフィリシアの過去。 仲間が全員戦死とはヘビーだなあ… しっかり過去の戦争も描いてきてたのには好感。 乗っていた戦車はタケミカヅチでいいのかな。 話が一枚の織物を...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」です。 -キャスト- カナタ :金元寿子 リオ :小林ゆう クレハ :喜多村英梨 ノエ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

ラッパを吹いて伝令中、突如機兵からの熱光線が! 弾が雨のように飛び交っていたので、このシーンは、吹奏者の頭が打ち抜かれ、側にいたフィリシアに血がべったりと。そんな展開を期待していたんですが、邪魔が入ってしまいましたw

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」 感想

 今回は、フィリシアの過去と現在の想いを通してこの作品のテーマをあらためて示したのかな、と管理人は思った、そんなお話。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

やはりどうしても、漫画版ナウシカを想起させずにはおかない「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」。こういう話、見たかったんですよねぇ。

タチコマ・・・?(ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話レビュー)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」 ★★★★☆

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第07話 「蝉時雨・精霊流シ」

これを待ってた!俺のターン!! ソ・ラ・ノ・ヲ・ト第7話の感想を綴ります。 蝉のこえ、雷鳴の轟き、風鈴の音。 蝉のこえは、戦...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

フィリシアの過去-----------------。ずっと気になっていたフィリシアの先輩たちの話。どこへ行ってしまったのか、それが冒頭で明らかにされました。かつてフィリシアがカナタと同じような新人だった頃。先輩たちと戦場で戦っていた彼女は、後続に続けという指令をする通...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」

戦場の記憶…フィリシアもハードな体験を持っているんですね。 セーズでは灯籠を流し死者の魂を慰める“フィーエスタ・デュ・ルミエール”が...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話 「蝉時雨・精霊流シ」

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/04/21)金元寿子小林ゆう商品詳細を見る いつもの牧歌的な雰囲気とは一転して、シリアスな惨...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流」

シリアス来たー?(゚д゚) 急に雰囲気変わりすぎですw 季節は夏。お盆の“フィーエスタ・デュ・ルミエール”の日。 死んだ人が帰ってくる...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第07話 「蝉時雨・精霊流シ」

予告の台本はふざけていたけどフィリシアさんのつらい過去話になりそうな アニメ「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」の第7話。 次回、2月22日は30分遅れ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト (ソラノヲト) 7話「蝉時雨・精霊流シ」 レビュー キャプ

約2年前、まだフィリシアの髪が短く、彼女が新米兵士だった頃 彼女はユキコ率いる第1147小隊に配属されていた。戦争の最前線で ユキコが指揮するヘルベチアの量産型多脚砲台アラクーネの乗組員として 今のカナタのように、まだ何もできないけれど一生懸命だったあの頃、 ...

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第07話

[関連リンク]http://www.sorawoto.com/第07話 蝉時雨・精霊流シいきなりシリアスなシーンからどうやらフィリシアの過去ぽいですがどうやら昔はタケミカヅチが動いていて戦闘を行っていたよ...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

戦闘全般、そして花火のシーンも、画面の暗さが夜をいっそうリアルにしていました。
花火のシーンっていろいろあるけど、花火を背にしてシルエットと声だけでしたね。
戦闘のシーンが出始めてから思ったのですが、似堀口キャラが本作で使われているのは平時と戦時のギャップをより大きく描くためなのかな、と。全員に死亡フラグが立っているような不穏さを感じます。いかがですか?

れすれす

戦渦の火花を回想していたフィリシアが平和な花火を眺める様子もなかなか感慨深かったです。今でこそゆるゆるの小隊長ですがキツい経験をしていたのですね。冒頭からあまりの生々しさに番組を間違えたのかと。

死亡フラグはどうなのでしょう。とりあえず現時点では休戦中ですし、水中に沈んだ鳥の人が復活するとも思いにくいので、もしかしたらこのまま平和な日常描写だけで終わるような気がしないでもありません。終末に向かう世界でいかに明るく逞しく生きていくか? を描いていくような。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
08  03  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2