2010-06-28(Mon)

ハートキャッチプリキュア! #20 第3の妖精!ポプリはかわいい赤ちゃんです!!

新キャラ「ポプリ」登場。

heartcatch20_00.jpg

それはそうとつぼみは今回もえらいこっちゃ(笑

heartcatch20_01.jpg

コッペ様の股間に隠されたココロポットが光を放ち、シンクロするように心の大樹を覆っていた雲が切れて光が注ぎ、そして浮遊大陸ごと大樹が光に包まれると新妖精「ポプリ」が誕生しました。意外とあっさり生まれたなあ。大樹に光が注ぐ描写はキラキラと綺麗、生まれたポプリはいきなり大あくびでのんびり屋さんな雰囲気?

サバーク博士の城では何やら大モニタにて遠距離通信。通信の相手は「砂漠王デューン」…いよいよ大ボスの顔見せです。「地球及び人類の砂漠化計画」を急かすデューンはいったいどこに本拠を構えているのか。通信画面まで砂漠化して不安定な様子を見ると結構な遠距離通信? サバークの城の頭上に映っている月は地球の月と違って常に満月、ひょっとしたらデューンはあの月にいるのかも。そもそもサバーク博士の拠点も頭上の月の描写を見るに地球外、OPの志田パートアクションシーン(スナッキーをバッタバッタとなぎ倒す辺り)の舞台はどう見てもサバークの拠点(すなわち地球外)であり、ストーリーのラストは地球を飛び出してサバークの拠点からデューンの拠点へカチ込みという流れか? そのタイミングでシプレコフレのマント形態が発動するのかな。

そのデューンはキュアフラワーに敗れた経験があるらしい。心の大樹の遠景に映るキュアフラワーは細かいディティールまで確認できないけれど、何やらマントのようなものを羽織っている感じ。なかなか全容を見せてくれないね。ともあれデューンとキュアフラワーの因縁が気になるところです。またキュアフラワーが手にしたという「能力を高める何か」とは?

というわけでダークさんは調査のため心の大樹へ派遣。その存在に気付いて危機を察したポプリが展開するミントシールド(違)はマジンガーZに始まる伝統の東映バリアです。今のところ特に特殊能力を見せないシプレコフレと違ってポプリは防御系能力があるみたい。

ダークさんの眼力ビームに晒されてピンチを迎えると心の大樹の声が聞こえるらしいポプリはサッサと脱出、これまた東映らしく「パリン!」と割れたバリアを残して心の大樹もどこかへ消えてしまいました。大樹ごとテレポートできるならポプリ単体で逃げなくても…(笑

heartcatch20_02.jpg

さて今回のメインストーリー。もも姉から急遽モデルの仕事を頼まれたつぼみはいきなり顔芸全開、何やら「妹役」のモデルが降りてしまったための代役…ならばリアルの妹に頼めばいいじゃん!とツッコむ間もなく身長の都合と明かされるテンポがいい。不本意全開なえりか様の表情も良し。ビビるつぼみの脚に抱き付いてモデルを薦めるカットはそこはかとなくエロいな(笑

えりか様の力押しで引き受けたはいいけれど、いざ撮影となったら表情はガチガチ…というか固まりすぎだろう?(笑。しかしそんな表情ももも姉の一言でリラックス、きっと同じようなシチュエーション(初撮影に緊張する新人モデルとの仕事)を何度も体験しているのでしょうね。良き先輩です。

heartcatch20_03.jpg

和やかに撮影を進めるスタジオを覗く者あり。この子が今回のゲストキャラ、どうやら妹役を降りてしまったモデル(かりん)らしい。姿を見つけたもも姉が追っても逃げてしまうかりん、トラックの影で唇を噛むカットはいかにも確執がありそうな。肩で風を切って街を歩く姿は彼女の気の強さ・もも姉への反発を感じさせます。

撮影の仕事で必死に目立ちたいかりん。ファッションモデルはモデルがメインではなく、あくまで服を見せるもの。自分ばかり目立ちたいかりんに対してモデルの心得を説くもも姉、しかしかりんはサラブレッドなもも姉に反発心全開でした。まあ超有名カメラマンと元カリスマモデルの娘、という立場を考えれば「七光り」と思われるのも仕方ないかも。逆に言うとこの血統のせいで「どれほど自分で努力しても七光りと思われてしまう」ハンディがもも姉、というか世間の全ての二世を悩ませるのですね。七光りと思われるのがイヤで、素性を隠したままオーディションを受け続けた二世タレントの話とか聞きますし。

街をブラつくかりんがショーウインドに飾られた服を見入るシーン。啖呵を切って現場を飛び出したけれど、やはり服の仕事に未練ありありな様子です。仕事に戻りたいけれど戻れない、一般人の気持ちも知らず偉そうなことを言う七光りモデルと顔を合わせるのはイヤ…そりゃ心の花もしょんぼりするでしょう。

heartcatch20_04.jpg

というわけで今回は通りすがりの変な人(笑)が担当、サソリ姉さんによって心の花を抜かれてデザトリアンの発動です。今回のデザトリアンもフリーダムというか、サソリさんの言うことを聞かずに勝手に暴走しちゃってますね。無機物を怪物化していた今までのシリーズと違いデザトリアンの動力源は「人間のマイナス感情」なので制御しにくいのだろうか。それとも単に「金朋を制御するのは誰にも不可能」というだけか?(笑

デザトリアンに対しもも姉の真意を話して説得を試みるマリン。しかしその舌の根が乾かぬうちにキック!パンチ!とフルボッコです。とりあえず全力全壊からというコミュニケーション姿勢はKOしないと友達になれない某魔法少女の生き様を彷彿とさせますね。

キャラ顔描写は少々微妙さを感じる河野作監回ですがアクションはなかなか。もっさり感の無いメリハリの効いたキャラの動きは悪くありません。というかアクションだけ見れば河野回ってかなり上位ですよね。ダッシュするブロッサムが地表を蹴ってジャンプするカットなどかっこよすぎて何事かと。滑る着地のマリンと入れ替わって飛び出すブロッサムの一瞬、そこからのアクションも良し良し。

テンポいいフルボッコアクションにKO寸前のデザトリアン。さっさとトドメの一撃をお見舞いするよ! ってなタイミングで現れたコブラさん&クモジャキーさん。プリキュアの2人ちっちぇえ! あっさり確保されていきなりピンチです。

heartcatch20_05.jpg

一気に形勢逆転で壁へ埋め込まれてしまったプリキュアの二人。身動きできない二人へコブラさん&クモジャキーさんの攻撃ががが! そんな絶体絶命の状況に目を瞑って最期の時を待つ…あっさり諦める二人はそれでもプリキュアか!? 何があっても絶対諦めないのがプリキュア魂でしょうに!

てなところへポプリが参上しバリア展開。かつてこれほど実戦に対応した妖精さんがいただろうか? 妖精さんそのものが変身アイテムだった頃以外はたいてい「安全なところへ隠れていて!」的な扱い…どうでもいいけどこの定番セリフ、戦闘真っ最中の現場にて「安全なところ」ってドコやねん!と毎回ツッコまざるを得ない。あ、戦闘妖精ってば無双ミルクがいたか。とはいえアレは自前の力じゃないから別カウントにしたい。

壁に埋まった二人を守ったバリアのデザインはひまわりの形、すなわちこれが第3のプリキュアのモチーフなのでしょう。パッと見だとひまわりというよりメロンパンみたいだけど(笑。バリアに跳ね返されたカードによって美しい顔を傷付けてしまったコブラさん、これは相当な因縁になりそうな。

戦闘中にも関わらずポプリの話題で盛り上がってるプリキュアサイド、ポプリがかわいいのはわかるけれど少しは現場の空気を読みなさい(笑

heartcatch20_06.jpg

堪忍袋の緒が切れたブロッサムに続いて我慢の限界なマリン。やっぱりマリンのキメゼリフは長すぎてテンポが悪いな。二人続けてキメゼリフを言ったけれど発動したのはマリン一人のブルーフォルテウエイブ、緒が切れたブロッサムは成り行きを見てただけか(笑

意識が戻ったかりんを連れてスタジオへ。かりんはデザトリアン状態で聞いたマリンのセリフが真実と判ってもも姉と和解、今後はもも姉のアドバイスも素直に聞けるかな。この辺の展開は少々あっさり、メイン視聴者層を考えればこれで十分かもですが大友的にはもう一ひねり欲しかったかも。そういや今回の演出は第8話に続いての志水氏…ひょっとしてもも姉担当? フレッシュのシリーズディレクターだった志水氏の演出&今作シリーズ構成の栗山氏(山田隆司氏)の脚本とナニゲに豪華な顔ぶれのもも姉回ってサブキャラの割に優遇されてる?

プリキュア名物の夕陽に包まれたラストシーン。第3の妖精が現れたということはプリキュアも!? と息巻くみなさんの中で糸目で眠るポプリがかわいい。ポプリ的には3人目が誰なのかわかっているのかな。それとも「例の夢」を見る人をこれから探すのか。ともあれ近日中にプリキュア新メンバーが登場しそうです。楽しみなり。

heartcatch20_07.jpg

ついに私の出番ね!(違います

    

関連記事
スポンサーサイト




↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

◎ハートキャッチプリキュア!第20話「第3の妖...

心のタネが輝きはじめる。そして、新しいインキュベーター誕生。サバーク博士とダークプリキュアが話す。デューンから連絡が入る。プリキュアのことを報告する。そして、モモコねえ...

ハートキャッチプリキュア!第20話。

いろいろと新展開が見られた点で面白かった今回。ラスボス(仮)なデューンが若くて美形そうなのがプリキュア初ではないでしょうか・・・それにしても前作(倒すべき)敵サイドが勿...

主役より目立っちゃ駄目でしょう「ハートキャッチプリキュア」

主役を殺すに刃物は要らぬ。悪目立ちする脇役が一人いれば十分なのです。それでも世間には、当然色んな趣味の人がいるのでロリコンやデブ専...

ハートキャッチプリキュア! 第20話「第3の妖...

ハートキャッチプリキュア!の第20話を見ました。第20話 第3の妖精!ポプリはかわいい赤ちゃんです!!ある日、妹役のかりんが急にやめてしまったためにスタッフが困っているのでももか...

ハートキャッチプリキュア! 第20話

今回はポプリなる新たな妖精が誕生する話。 砂漠の使徒側でもサバークよりも上の存在が明らかになって、新たな展開を見せてきた印象です。 3人目のプリキュア登場もそろそろでしょうかね。 心の大樹が輝いて何事かと思ったら、なんと妖精誕生。 妖精の赤ちゃんとい...

ハートキャッチプリキュア! 第20話「第3の妖精!ポプリはかわいい赤ちゃんです!!」

「ハートキャッチプリキュア!」挿入歌::つ.ぼ.み~Future Flower~/スペシャル*カラフル(2010/04/21)水樹奈々水沢史絵商品詳細を見る 少女漫画を描いてい...

ハートキャッチプリキュア!第20話「第3の妖精!ポプリはかわいい赤ちゃんです!!」

グリリバキタ――(゚∀゚)――!! 敵の首領はサバーク博士かと思ってたんだが、どうやら彼もまた幹部の一人であり、更に上の大ボス的なキ...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
09  03  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2