2008-03-13(Thu)

ef DVD-4 修正検証

せっかく発売日前にフラゲしたのになのはStS 8巻の検証に思いのほか時間を取られ、さらに年度末でいろいろ忙しい上に確定申告もやらねばならぬと先延ばしを余儀なくされたefの検証がようやく完了。

今回の第4巻はefを語る上で最も重要な第7話と第8話を収録、本放送時はあまりのインパクトに全身が震えたものです。この2話のおかげでDVDを揃える決意を固めたと言っても過言ではありません。特に第7話は何十回となく見ているはずなのに心臓鷲掴み、DVDのクリアな画質と相まって検証中にも関わらず画面を見入ってしまいました。

さて肝心の修正ですが第7話はご存知のとおり止め絵長回しシーンが多く元々の動画枚数が少ないせいか修正はほとんど無し、不安になるほど修正がありません。しかし本放送時からefにしては珍しく作画の崩れを感じさせた第8話はこれでもかというほど修正が入ってました。efの検証で100枚以上キャプったのは初めてであります。まあ100枚と言ったところでStSならば標準的な枚数なので今や何とも思いませんけれども(それもどうか

ではさっそく修正検証を始めましょう。まずは第7話「I...」から。
例によって画像左列がTV放映版(チバテレ)、右列がDVD版です。

ef_tv_dvd4_07_01.jpg

小説執筆中の千尋PC。背景処理修正。
モニタのアップもホワイトアウトから暗く修正。
シーン変わって海岸での会話、千尋の「ズレ」に気付いた蓮治のフラッシュシーン。
繋がれた千尋の背景をディティールアップ。

ef_tv_dvd4_07_02.jpg

シーン飛んでBパートのみやこの回想。
彩度修正。彩色修正。

第7話の修正は以上です。たったこれだけ。
ほぼ放映時ママと言ってもいいでしょう。

では続いて第8話「clear colour」。
衝撃の千尋リセットの回です。結末がわかっていてもココロが痛い…。

ef_tv_dvd4_08_01.jpg

アバンっから修正入りまくりです。
噴水前でたそがれるみやこ。噴水の描写を修正。
みやこにスポットライト追加。

ef_tv_dvd4_08_02.jpg

引き続き噴水前。
噴水の描写修正、投げ捨てたケータイの飛距離を修正。
噴水前に現れた紘。全体に彩色・明度修正、スポットライト追加。

ef_tv_dvd4_08_03.jpg

紘のアップも噴水の描写修正。
シーン変わって紘の部屋。
たそがれる景の後姿、シルエット表現を修正。
振り返る景、描き直し。

ef_tv_dvd4_08_04.jpg

落ちる雫に気付く景。彩色修正。
シャワーシーン。彩色修正。
後頭は後姿に描き直し。

ef_tv_dvd4_08_05.jpg

一連のシャワーシーンをモノクロ化で生々しく修正。
さらに上のコマは描き直し&シャワーヘッド消去。

ef_tv_dvd4_08_06.jpg

シルエット描き直し。
排水溝の描写も描き直し。

ef_tv_dvd4_08_07.jpg

鏡を覗き込む景。全体に描き直し。
そして湯気消去で画面がクリアに(笑

ef_tv_dvd4_08_08.jpg

引き続き湯気消去。
部屋を訪れるみやこ。描き直し。明度修正、手前に何か追加。

ef_tv_dvd4_08_09.jpg

壁をドンでみやこを遮る景。
ブレ追加、叩いた瞬間の画面ブレ追加。
ドアを閉められてボーゼンのみやこ。色調修正、手前の植え込みをボカシ。

ef_tv_dvd4_08_10.jpg

ようやくAパート開始。
図書室の千尋、描き直し。テーブル、本、椅子も描き直されています。
そこへ現れる蓮治。両者描き直し。積まれた本を消去。
シーン変わって病院帰りの景&紘。
紘を制服から私服に描き直し、手前に柵追加。

ef_tv_dvd4_08_11.jpg

正面アングルも紘を制服から私服へ。背景パース修正。
閉じ込められたみやこのシーン。明度修正、赤スポット追加。
舞い散る羽根を描き直し。

ef_tv_dvd4_08_12.jpg

必死にドアをガチャるみやこ。明度・色調修正。
こちらも舞い散る羽根を描き直し。

ef_tv_dvd4_08_13.jpg

千尋の小説朗読シーン。
画面に浮かぶテキストの表現を変更。
シーン変わって海岸を歩く蓮治&千尋。アングル修正。

ef_tv_dvd4_08_14.jpg

千尋横顔アップ、描き直し。
2人の高さ修正。
再びロングショット、2人の立ち位置修正。

ef_tv_dvd4_08_15.jpg

崩れた砂の城に気付いた千尋。色調修正。
そして砂の城を直して笑う千尋、描き直し、色調修正。
シーン変わって廃墟のみやこ。俯くシーンの中割りを描き直し。

ef_tv_dvd4_08_16.jpg

シーン変わって教会の火村&蓮治。火村の立ち位置修正。
シーン変わって学校屋上の紘。彩色修正、クリームパンディティールアップ(笑
ケータイもディティールアップ。

ef_tv_dvd4_08_17.jpg

手前のパイプをシルエットっぽく修正。
屋上シルエットを描き直し。
シーン変わって3人で帰り道。手前の柵を変更。

ef_tv_dvd4_08_18.jpg

景のアップ。坂道を下るタイミング変更。
景&紘。背景パース修正。
景のアップも背景修正。

ef_tv_dvd4_08_19.jpg

紘と口論する景、描き直し。動くアクションを追加。
怒り心頭で立ち去る景。立ち位置修正。

ef_tv_dvd4_08_20.jpg

ここからBパート。アイキャッチも描き直されていました。
小説執筆中の千尋モニタ画面をディティールアップ。
いよいよ電池切れが近づく居眠り千尋。髪のハイライトを修正。
このシーンの千尋髪ハイライトは同様修正多数のため略。

ef_tv_dvd4_08_21.jpg

目を覚まして慌てる千尋。彩色変更。
落ち着いて作業再開の千尋。髪ハイライト修正、他各部彩色修正。
モニタ画面のアップをディティールアップ。

ef_tv_dvd4_08_22.jpg

シーン変わって京介&景。
カメラモニタ内の景、口元を描き直し。
会話中に一瞬切り替わるカットを削除。
二人乗り背景をキラキラに修正。

ef_tv_dvd4_08_23.jpg

景のアップ。背景キラキラに、明度・色調修正。
京介の後頭も明度・色調修正。
京介横顔アップ。背景キラキラ、明度・色調修正。浮いてた白目も修正。

ef_tv_dvd4_08_24.jpg

景の横顔アップも同様修正。
シーン変わって久瀬さんのバイオリンをBGMにみなさんの日常シーン。
原稿執筆中の紘、照明表現追加。
ビデオ編集中の京介、ズーミングなしに修正。

ef_tv_dvd4_08_25.jpg

シーン変わって火村家で食事中の2人。
テーブル周り小物をいろいろディティールアップ。
お皿の上もディティールアップ。背景をテーブルクロスに修正。
実相寺アングルの火村。花瓶や燭台など小物をディティールアップ。

ef_tv_dvd4_08_26.jpg

千尋正面カット、2人の横カットもいろいろディティールアップ。
このようにこの一連シーンは全てテーブルクロスに模様が入れられています。
千尋入浴シーン。湯気が消えて画面スッキリ。

ef_tv_dvd4_08_27.jpg

後姿も湯気スッキリ。顔アップは赤面線を消去。
シーン変わって就寝中。明度・色調修正。

ef_tv_dvd4_08_28.jpg

夜中に起き出して日記を反芻する千尋。明度・色調修正。
月明かり表現を追加。

ef_tv_dvd4_08_29.jpg

引き続き同様修正。コントラストを強めに。
「まだ覚えてる」千尋。描き直し。
火村に見つかって振り返る千尋、明度・色調修正。

ef_tv_dvd4_08_30.jpg

日記を取り上げられて取り乱す千尋。明度・コントラスト修正。
シーン変わって坂道を下る千尋&蓮治。恋は下り坂なのであります。
手前に柵、植え込み追加。
千尋アップ、表情修正。

ef_tv_dvd4_08_31.jpg

電池切れ直前の「手を繋いでもいいですか…?」シーン。
わかりにくいけれどもなぜかニーソになっていた千尋の靴下を修正。
倒れた後の千尋小説朗読シーン。
テキスト表現を修正、画面に動きを追加。

ef_tv_dvd4_08_32.jpg

引き続き朗読シーンを同様修正。
時間切れで眠り続ける千尋。明度・色調修正、エフェクト追加。
眼帯を外してびっくりの千尋。彩色変更。

ef_tv_dvd4_08_33.jpg

ショックでうずくまる千尋、鏡を追加、明度・色調修正。
このシーンは何度見てもキツい…。明度・色調修正。
シーン変わって電話を受ける紘。
ケータイの画面色を修正。上段のハートマークを消去。

ef_tv_dvd4_08_34.jpg

画面アップでもハートマーク削除。ジャギ追加でケータイ画面っぽく修正。
みやこ側の公衆電話をディティールアップ。


以上でef DVD4巻の修正検証は終了です。ふと気付くと検証そっちのけで画面を見入ってしまうことが多かったためおそらく抜けもあるでしょうがご勘弁。

ターニングポイントの7話8話を過ぎ、efのストーリーはここから最高潮の盛り上がりを魅せるところ。本放送時の次週を待ちきれない感を思い出しますね。ほんと一週間が待ち遠しかった。そして期待を裏切らない30分は一瞬で過ぎ、再び一週間待つのが長かったっけ(笑

   


関連記事
スポンサーサイト




↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
09  03  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2