2011-04-18(Mon)

花咲くいろは #03 ホビロン

次郎丸に拉致監禁された緒花のピンチ! 

iroha03_00.jpg

縄・風呂・透けシャツと大サービス回でした。

そろそろレビューを打ち止めようと思っていたけれど30分間大笑いの上にサービス過剰な映像てんこ盛りの今回をスルーできずにまたしても突発レビューです。本日二本目なのでかんたんに。しかし突発も三回続けば連載だなあ、いったいいつになったらいろはのレビューを止められるのか(笑

iroha03_01.jpg

前回描かれた緒花の「腹いせ」を控えた二人から。桂剥きの仕込みをしながら緒花のことをぶつくさ言ってる民子、何だかんだ言いながらも民子の心に緒花が住み着き始めた感じ。一方の菜子も腹いせに対する覚悟完了? スーッと息を吸って心の準備の仕草がかわいいです。しかしそんな二人の覚悟は空振り、意気込んで食堂へ行くとまかない料理は並んでおらず緒花の姿も無い。緒花の所在を知らない民子は「裏切り」に怒り心頭、思わず発した「また徹さんに怒られる」ってなセリフが民子の胸中を表していたような?

「ひぃぃぃ! こんなに…」

すると鍋を見た菜子が何やら悲鳴を。中を覗くと鍋一杯に里芋が! さらに隣には山盛りのほうれん草が! あははははは! 言ってしまえばたかが嫌いなものネタでこれほどまで笑いを誘うとはさすがシナリオの妙、コンテの妙を感じます。

iroha03_02.jpg

腹いせネタで一笑いした後に始まった亀甲縛り、前回引きで次郎丸に迫られた緒花はそのまま部屋へ連れ込まれたようです。猿ぐつわで口を止められ和服に縄が食い込む絵面は薄暗い照明と合わせて艶っぽさ満点、身体を捻ってチラリと覗く襟元の肌色も隙間フェチには辛抱たまりません。ヘタクソな亀甲縛りが演出する肉感は強烈、はだけた裾から伸びる脚もいいねいいね。というか緒花ってこんな色っぽい顔できるのか!

次郎丸の真意を聞いた緒花は逃げ出しもせず、彼が書いた小説を読んでアレコレ。すると突然緒花・菜子・民子のあられもない映像ががが! いいのかこれは!? と思いきや盛り上がった所で次郎丸の顔が割り込んできて大笑い。まさか小説シーンの再現なんてテイでこんなサービス映像を見られるとは。それにしてもP.Aの本気クオリティでこんな映像を作られてはお色気で売ってる他作品が気の毒になりそう。会話シーンと再現フィルムをテンポ良く切り換えるカット割りも上手く、過剰に色っぽい映像なれど色気と笑いを巧みにミックスしてエロに傾きすぎない作りも良し。

「私、輝きたいんです!」

サービス映像はさておきここのポイントは次郎丸の観察眼と、それによって緒花が心に燻っていた「モヤモヤした気持ちの正体」を気付かされたこと。自分の才能の無さを嘆く次郎丸に対しポジティブな緒花の返し、その様子にいちいちあたふたする次郎丸のリアクションから彼の本質も見えてきました。しかし前回の様子から根っからの悪人では無さそうだったけれどこれほどまで面白キャラだったとは。

iroha03_03.jpg

さてそんな波の間へ女将から指示されて菜子が登場。もちろん女将は緒花の居場所がわかった上での指示だったのでしょうね。慌てた次郎丸はアレコレ言いながら追い返そうとしますが女将の指示を遂行せしめん菜子も引きません。そんなやり取りから次郎丸は言葉を荒げ…奥で聞いてた緒花が思わず飛び出してしまう流れも彼女らしさがスパークしていて思わずニヤマリです。あははは。バレたからには菜子も亀甲縛り! しかし次から次へと現れる従業員、巴さんはともかく豆じいのリアクションが予想外すぎる。何だこのアニメ(笑

そんなこんなで事務室へ集合した従業員一同と女将さんの会話。ほぼ全員が証人という状況にてそれでも「お客様を疑えない」と貫く女将さんのプロ意識は凄い。しかし当の次郎丸は女将さんの言葉をあっさり裏切り旅館の軽トラに乗って逃亡を謀ります。

iroha03_04.jpg

いくら客がいないからって従業員全員でカーチェイスに参加することもなかろう(笑。そういや喜翆荘はこれまで見た感じ流行っているようにも思えず、今回も客がいない状態です。これはつまり今後描かれるであろう「経営難話」に関する布石かも。第一話にていかにもな経営アドバイザーも登場していますし。

逃げる次郎丸は信号をきちんと守り、追うみなさんも緊迫感がありません。ドライバーの蓮二さんは運転しながら新メニューを考えたり、リヤシートの緒花も遠足気分? ずっと座っていて疲れたのか巴さんは変な運動をしてます(笑。どうでもいいけど逃げる軽トラのエンジン音がじつに軽トラで素晴らしい。こういうのって結構テキトウに処理されがちだけれどこんな細かい拘りが作品の完成度・説得力に影響すると思う。

そんなこんなで旅館の軽トラを発見したみなさん、しかしそこに次郎丸の姿は無く…連ドラというより二時間サスペンスドラマの如き岸壁に立つ次郎丸を見つけました。これもまたすぐに場所特定されるんだろうなあ。

「善意じゃないですよ。女将さんは仕事だからそう言ったんですよ」

旅館に対する懺悔に盛り上がる次郎丸は女将さんが全てお見通しの上で「善意」で見逃してくれていたと語ります。しかし緒花は悲劇に盛り上がっている次郎丸を完全否定しシオシオにさせるドライなセリフを放ちました。あははは。緒花わかってるじゃないか。

「賞を取る気持ちを捨てない限り可能性は消えない」

例え今は売れない作家でも賞を取ってくれればトントン、嘘を嘘とわかった上でお客を信じる女将さんの気っ風はかっこよすぎでしょう。逆に言うとこの気っ風が経営難に繋がるのでしょうけれど昔気質の旅館の女将はこうでなくては!と爽快感抜群でした。ドラマ臭いベタな展開だけれどおっさんはこういう展開が大好きです。惚れるね。

しかし当の次郎丸は女将さんの言葉を全力で否定し崖からドボン! そこから飛び込む覚悟があればたいていのことは乗り越えられるだろうに、とりあえず目前の苦難から逃げてしまう辺りいかにも彼らしいです。おそらく逃げてばかりの人生だったのだろうね。

iroha03_05.jpg

ここでまさかの救助シーンへ。上着を脱いで崖の切っ先に立った菜子はスーッと息を吸うと綺麗なフォームで崖下の海へ飛び込みました。Tシャツで深呼吸する予告カットはこのシーンでしたか! おっとりした内気な少女は水泳だけは自信がある、飛び込み前の凛々しい表情は菜子の自信の表れですね。Tシャツの前を突き上げる立派なムネもこの時ばかりは恥ずかしがらず堂々と晒していました。

次郎丸を救助して岩場へ上がった菜子。薄いTシャツ一枚で水に入ったらさぞかし絶景が…との期待は裏切られませんでした。濡れたTシャツは肌へ張り付き、肌も透けて下着のラインもくっきりと、また濡れ髪や服がめくれて露わになった肌が醸し出す色気も素晴らしい。救助完了で気が抜けたのか気だるい表情も良し良し。Aパートの再現フィルムだけでも大サービスだったのにまさかの追い討ちサービスに私のハートはキャッチされまくり、上でも書いたけれどこの作画品質でこの絵面をやられては辛抱たまりません。

iroha03_06.jpg

助けられた次郎丸は相変わらずヘタレMAX、そんな様子に緒花は頬を打って気合一発、次郎丸の才能を認めると断言します。自分でも気付かなかった「輝きたい」という気持ちを教えてくれた、その観察眼を持つ次郎丸は本当に小説家であると。ズンドコに落ちていた次郎丸も緒花の力強い言葉についに立ち上がってめでたしめでたし。緒花のポジティブな気性は時に空回りしてしまうけれど、きちんと伝われば人を元気にする力があるのですね。

さて今回のタイトルである「ホビロン」。いったい何のことやら?と思っていたら一件落着の食事シーンにてその謎が明らかになりました。冒頭で空振りした腹いせがここで不意打ちの達成、緒花は満面笑顔で器いっぱいに盛られたほうれん草を差し出し、受け取った民子は悔しさを吐き出すように「ホビロン!」と叫ぶ。これは「死ね」を封印された民子が考えた新しい悪口、あれこれ考えた候補をノートに書き留めて決定した緒花に対するキメゼリフでした。言われたとおり律儀に「死ね」を封印し、代わる悪口一つにこれほど一生懸命な民子ってばかわいいなあ。どんだけ緒花が好きなんだ(笑。とはいえデレるのは後半以降にしていただきたいところ、この状態をもう少し楽しみたいです。

「馬鹿と鋏は使いよう、ってね」

今回の顛末を仏壇に報告する女将さん。やはり女将さんは単に厳しいだけではなく、緒花の気性を判った上で期待をかけて鍛えていたのですね。そんな本心をキツい言葉でごまかす女将さんがかわいすぎる。全2クールとのことなので女将さんのこういうシーンを見せるには少々早い?と思ったけれど、そろそろ女将さんの本音をチラ見せしておかないと誤解されたまま進んでしまいそうなので仕方ないか。たいていのレビューblogにて女将さんの評判は散々ですし、旅館ドラマの定番をご存じない世代にとってこの女将さんはロクな人間に映らなかったようで、それを理由に視聴を切られてしまっては元も子もありませんから。

いろは面白いなあ。これほど見ていて楽しいアニメは久しぶりかもしれない。

    

関連記事
スポンサーサイト

↓記事が役立ったら一票どうぞ。
にほんブログ村 アニメブログ 深夜アニメ

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

◎花咲くいろは第3話ホビロン

ミンコがオハナをウザイと思う。ナコさんは、復讐のまかないを食べる準備をする。嫌いなら食べるでしょとミンコがいうと、嫌いじゃないけどちょっと怖いいう。食堂へいってみるとま...

「花咲くいろは」3話の感想

「花咲くいろは」3話、観ました。原稿消失事件!そして、緒花にせまる魔の手!!さて、どうやってクリアする??

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 感想

本当にこのアニメは面白い。エロ小説家をこう使ってくるとは。 第3話「ホビロン」感想は続きから

花咲くいろは #3

小説家・次郎丸の正体が明らかになるお話でした。民子と菜子の嫌いなものを次の日のまかないで食べさせると言った緒花でしたが、民子たちが台所に行ってみると緒花の姿があ

花咲くいろは 第03話 『ホビロン』

自称作家先生はエロ小説家だった。そしてその秘密を知った緒花に危機が迫る。 普段も声大きいけど、こういう時も大きいんだ。 アナタ、輝きたいんでしょ。そのエロ小説の中身とは、緒花、菜子、民子によるレズものだった。 なんか路線が変わったエロ小説家は態度大きいだ?...

『花咲くいろは』#03

「馬鹿と鋏は使いよう」と、#3で女将のデレ登場。最初からツンデレなのはお約束でわかっていたけれど、このデレを緒花が直接見るのはまだまだ先でしょう。いっそ最後まで見せないのも有りなんですけどね。そ...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

「ホビロン」って何? と放送前思って調べたら外国料理の名前でした。 でも見た感じ食べたくない料理だった…。

(感想)花咲くいろは 第3話「ホビロン」

(感想)花咲くいろは 第3話「ホビロン」 初回、前回にかけてのドラマのような雰囲気は今回はちょっとなかった かなという印象ですが、それでも緒花の方向性が見えてよかったかなっ☆

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

「花咲くいろは」は労働の厳しさを教える真面目なアニメ(キリッ とはなんだったのか。 少し当てが外れてしまったようで若干残念な気持ちの「花咲くいろは」第3話の感想。 無駄に質の高いポル産ばかりが増えていくという風潮。

花咲くいろは 3話「ホビロン」

相変わらず、すごい出来ですよ! 花咲くいろは 1 [Blu-ray](2011/07/20)伊藤かな恵、小見川千明 他商品詳細を見る

花咲くいろは 第03話 「ホビロン」

同じ喜翠荘で働く同年代の女の子達からどうもハブられてしまっている緒花。 そこに原稿紛失という事件まで起こってしまう「花咲くいろは」の第3話。 「うざい、小っちゃいクセに声デカイ、『死ねって言う...

『花咲くいろは』 第3話 感想

今作は今期トップクラスの面白さだと確信しました。 う~~ん!実に面白い。 エロ小説家・次郎丸の使い方が上手すぎです。 ようは「才能」を理由に勝手に諦めていただけなんですよね。 あとは自信が...

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

今週も「花咲くいろは」始まりました! 今期は個人的に微妙な作品が多いのですが このアニメは本当におもしろいですね! 3話からという形になってしまいましたが 今回から感想記事を書くことに...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

OP「ハナノイロ」いろは最高! 今週は萌え豚にとってはブヒブヒ鳴ける神回でしたね(笑) それ以外の人でも、話の内容的にも満足できたんじゃないでしょうか?

花咲くいろは 03話『ホビロン』 感想

前回の続き(*^ω^*)

花咲くいろは 03話『ホビロン』

「うざい。ちっちゃいくせに声でかい。死ねって言うなって何なのアイツ。ふざけんな死ね」

花咲くいろは 第三話『ホビロン』

まさか「ホビロン」の意味がそんなんだったなんて・・・(笑) 緒花の言う通り、ここまで気合い入れて嫌われるといっそ気持ちイイかも。 相手をよく見て自分の気持ちと向き合わないと あそこまでノートに書き綴ることはできませんよ。 “好き”の反対語は“嫌い”じゃなく…

花咲くいろは:3話感想

花咲くいろはの感想です。 緒花がいろいろ頑張った。菜子も頑張った。民子も頑張った(笑)

花咲くいろは 第3話 感想「ホビロン」

花咲くいろはですが、民子と菜子は新参者の松前緒花に振り回されます。賄いには腹いせのほうれん草と里芋が大量に用意されていますが、肝心の緒花がどこにもいません。その頃、緒花は自称・小説家の次郎丸に監禁されて縛られていますが、あまり緊迫感もなく、緒花もまった...

花咲くいろは 第03話「ホビロン」 感想

前回はとんでもないところで終わったけど・・・。 【27%OFF】[Blu-ray](初回仕様) 花咲くいろは 1価格:5,979円(税込、送料別) 早速感想。 今回も面白かった・・・これまた予想外の方向で。 予想外...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

「自分でも気付いてない私の事、分かってくれてました!」 私 輝きたいんです――! 嘘がばれて旅館から逃げ出した次郎丸を追う緒花達!    緒花の復讐のまかない と言う事で文句を言う民子に潔く復讐さ...

[アニメ]花咲くいろは 第3話「ホビロン」

あぁ、好きだ。この世界のみんなが好きだ。もうね、そのうち「好き」という言葉の変化形略も民子に作ってもらいたい。

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

「私… 頑張るよ。 この場所で輝けるように…………」 うん、最後はうまく締りましたね。最後は・・・ねw 緒花が新たな決意をしました、どんどん成長している姿が描かれていますね。 さて、下の文章で色々書いていきますか・・・www

花咲くいろは  第3話 「ホビロン」

花咲くいろは  第3話 「ホビロン」 よいではないかよいではないか

【花咲くいろは】3話 緊縛シーン美味しゅうございました

花咲くいろは #03 ホビロン 345 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/04/17(日) 22:34:22.23 ID:kQva//NO0 おもしろかった こんなにオリジナル豊作でいいんだろうか ...

花咲くいろは 第3話 ホビロン【伊藤かな恵さんの仕事】

第3話 ホビロン 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201104/article_22.html 注意事項 こちらからはメインブログでTBをお送りしますが、送信先に記載...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」 感想!

すげぇぇぇ! このアニメすげぇ!(二回目)

花咲くいろは#03

第3話 『ホビロン』 おのれ次郎丸…我らが緒花ちゃんに、なんて“うらやまけしからん”コトをww しかしナンだね、“この婆ちゃん”にして“この孫”あり。 婆ちゃんの正しさと優しさを、当の緒花ちゃんが一番理解してたのは さすがの血筋というか…『似たモノ同士?...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

いい話 えちい話 ギャグ展開 …見事なブレンドでしたわw 一歩間違えばえらいことに(すでになってたけど)、どんと来い緒花ちゃんにはぴんく小説家も降参。 とんでもないいっぱい食わせ物でしたが、こ...

花咲くいろは 3話

はよう泡まみれになろうや。 というわけで、 「花咲くいろは」3話 緊縛少女の巻。 憧れのカンヅメ生活。いや、憧れんなよ。 でもまあ、その気持ちは分からんでもない。 形だけ真似してみて、作家...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

準備をしながら緒花に対して文句を言ってる民子が(苦笑) でもちゃんと緒花がいったとおり腹いせも受けて立つなところが潔いなぁw 菜子ちゃんは嫌いというよりも慣れないタイプで苦手だったんですね~ 意を...

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

「花咲くいろは」は日曜日を待ち遠しくさせるほど視聴していて面白いですし、今回は色っぽい女の子の姿を見ることもでき満足です それにしましても今回はいつも以上に蝶が映し出されていたように思われのですが、蝶はもちろんのこと鳥や花の象徴から作品と結び付け...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

私、輝きたかったんだ――。 予想もできない面白展開(笑) サービスシーンまであって、本当にいたれりつくせりですね♪ お約束もバッチリだし(?) 旅館で起きた事件の解決はやっぱり断崖絶壁ですw    ▼ 花咲くいろは 第3話「ホビロン」  復讐のまかな?...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

第3話「ホビロン」の感想です。ホビロンって一体と疑問に思って検索とかしたらめっ!

微妙になってきた・・・(花咲くいろは 第3話レビュー)

花咲くいろは 第3話「ホビロン」 ★★★★☆

花咲くいろは 3話「岡田磨里さんはエロイのかも」(感想)

「ホビロン!」 [ホビロン] 「ほんとにびっくりするほど論外!」の略の意味である。 -岡田磨里用語の基礎知識(2011年度版より)-  

花咲くいろは  第3話 ホビロン

 ほんとに  びっくりするほど  論外

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 感想

今回も面白かったですね。 エロシーンには、ビックリしましたが(笑) 喜翆荘に長逗留している売れない小説家、次郎丸太郎。 彼の書きかけの原稿を掃除中にゴミと勘違いして捨ててしまった緒花は、 ...

花咲くいろは 第03話

[関連リンク]http://visual.ponycanyon.co.jp/hanairo/第三話 ホビロン次郎丸に迫られた緒花果たして緒花の運命やいかに!?_さて民子と菜子は緒花の作るまかないに覚悟しながら部屋に入るもな...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

>女将さんの評判は散々・・・
この辺の役回りがしっかり描けているとしまりますね。でも、まだ一波乱、二波乱は女将さんに頑張って頂かないと。
プロフィール

nobuma


Author:nobuma
リンク、TBはご自由にどうぞ。
※連絡先(☆を@に):
seaside_megane☆yahoo.co.jp

イヴの時間
当blogはイヴの時間を応援しています。
アイカツスターズ! ステージソングまとめ

アイカツ! ステージソングまとめ

アイカツ! ライブステージムービーの変遷

Twitter
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08 
ブログ内検索
Bookmark
RSSフィード
Amazon
Powerd by FC2